2010年08月23日

今週の戦国BASARA弐「第7話 最南端・薩摩の地へ! 幸村、新たなる漢の出逢い!」

 第7話、早いのか遅いのか分かりませんが幸村らが九州上陸を果たしましたよ、と言う話。
いち兵士のように情に任せた結果として小山田を失ってしまったことを悔いる幸村。
 小山田、モブキャラかと思いきや武田騎馬隊の中でも髄一幸村を買っていた男のようで。
明らかに分が悪いと知りながらも幸村の「長宗我部に加勢する」という命令を飲んだのは、それによって犠牲になったとしても、それで幸村を一段成長させられるなら・・・という覚悟があったのでしょうか。
 死を覚悟し、己の見込んだ男のために圧倒的な数の敵陣に突っ込んでいった小山田・・・何とも漢ですね。
モブキャラとか言ってすいませんでした。
 しかして、当の幸村はと言うと失意のどん底・・・。
死んだ部下やお館様に謝り通しなところを見ると、彼は武将の器では無いのでは・・・などと思ってしまいます。
 が、多くの人に期待されているのは間違いなし。
こういうタイプの主人公が、自分の行動に疑念を感じ始めると言うのは割りとあることだと思いますが、7話でそれをやるのは中々ハイペースだと思います。
そういう意味では期待できるんじゃないか、と。
・・・しかし、これって一体何クールの予定なんでしょうか?

 そんな事を考えているうちに、薩摩にて宮本武蔵と遭遇。
何と言うか・・・予想以上にアホっぽいと言うかガキっぽいと言うか。
今日び宮本武蔵って言うとバガボンドとかのイメージが強すぎて。
これじゃ、どうしても「MUSASHI-GUN道」だなぁ、と。
 しかも汚い・・・こういう事言っちゃアレなんですけど、こういう小汚いキャラってどうやっても腐女子人気に繋がらないんじゃあ・・・?
それとも、この作品は存外ソッチ方面を意識していないとか?
いや、それは流石に無いと思いますが・・・夕方と言うことで少年人気を狙ったのか、それとも。
 戦い方が外道で、それゆえにまた幸村のバカ正直さが際立つ格好となりました・・・。
吹っ飛ぶ幸村を、武田と薩摩両軍の兵がぼーっと見送っている画がツボに入りました。
 で、その武蔵が「じっちゃん」と呼ぶ薩摩の長が島津義弘。
島津・・・って名前だけ知ってる気がします。
ハンモックで焼酎あおってたりとか、どうも九州が誤解されているような、いないような・・・?

 伊達勢は大阪に向かう途中、甲斐を通るにあたって豊臣の待ち伏せに遭う格好に。
しかも、姑息にも武田軍になりすまして、武田との対立を狙うという手に。
 もっとも、これは信玄本人の介入によって無に帰する事になるのですが。
幸村に対し、一国の主である正宗もまた信玄に買われているようですね。
東日本を縦断する防衛網の構築に一枚噛まないか、と誘われるも、やはり小十郎を取り戻して秀吉に仕返しするのが先決・・・と。
何とも命知らずと言いますか。
 ところで今回の正宗は、アップの止め絵が多いですね・・・。
OP直前とか、異常な跳躍力といい無駄に劇画調なところとか。カッコいいけどどこか笑えてしまう画です。
 小十郎もまた、正宗の無事を信じるとともに、半兵衛の焦りに勘づきつつあります。
その半兵衛の口から出た「新兵器」発言・・・余程強力なモノのようですが、果たして何を持ち出すつもりなのか。
豊臣の時代に出て来た新しい兵装って何かありましたっけ?
 その豊臣方には、裃姿で前田家当主として現れた慶次。
何とも、話が色々と予想外に動いていて面白くなってきました。
 結構、最初からクライマックス感が続いています。
EDが変わるのもやけに早いですよね・・・半クールでチェンジとは。

 今回は書くことが少なめなので書いてしまいますが、この作品って秀吉をラスボスにすると、どうにもスッキリしないような・・・という不安があります。
何と言うか、秀吉って別に悪人でもないじゃないか、という。
 徴兵や侵略をはじめとして確かにやることが極端で、しかも戦力はまさしく規格外のバケモノですが、やり方その他の問題だけで根本的には悪人でも無いだろう、という。
海外は実際に結構大変なことになってたんでしょうし。
 最終的には幸村と正宗のダブルアタックでラスボスをブッ倒して終わり・・・という作品という印象なのですが(今のところ)、これじゃあそう言うパーリィ的な展開で倒してもスッキリしないんじゃないか?という。
 もっとも、来週辺りに控えているであろう「新兵器」の概要とか、歴史の授業で時々感じた「小物感」が出てくるなりすれば分かりませんけどね。

こんなふうに書いてますが、このアニメには存外期待していたりします。

Posted by jerid_and_me at 21:00│Comments(0)TrackBack(12) アニメ系 | 戦国BASARA

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/jerid_and_me/51853060
この記事へのトラックバック
 離れていても通じ合っているっぽい小十郎と政宗がいいですね。
戦国BASARA弐 第七話 「最南端・薩摩の地へ! 幸村、新たなる漢の出逢い!」【つれづれ】at 2010年08月23日 21:29
甲斐を包囲した豊臣軍。 西進する伊達軍が近づくと武田軍になりすまし襲い掛かる。 これも半兵衛の策略でしょうか…。 ▼ 戦国BASARA弐 第...
戦国BASARA弐 第7話「最南端・薩摩の地へ! 幸村、新たなる漢の出逢い」【SERA@らくblog】at 2010年08月23日 21:30
第七話 『最南端・薩摩の地へ! 幸村、新たなる漢の出逢い!』
戦国BASARA弐 第七話 『最南端・薩摩の地へ! 幸村、新たなる漢の出逢い!』【Happy☆Lucky】at 2010年08月23日 21:43
戦国BASARA弐 第七話 『最南端・薩摩の地へ! 幸村、新たなる漢の出逢い!』 宮本武蔵。 どうして二刀流に開眼しているのだろう?(笑) 若いし。 ま,考えるだけ損なわけですが(笑)
戦国BASARA弐 第7話 感想【Kyan's BLOG IV】at 2010年08月23日 22:03
んー、もっとボロッボロに落ち込んでいるかと思ったけど、思ったより幸村が元気でいてくれて良かった良かった。 一時はかなり落ち込んではいたようだけど。
戦国BASARA弐 第7話「最南端薩摩の地へ! 幸村新たなる漢の出逢い!!」【見ていて悪いか!】at 2010年08月23日 22:10
豊臣軍にフルボッコの長宗我部軍に加勢しようとしてお供の小山田さんや たくさんの部下を失ってしまった幸村。 ただ戦うだけでは日本を平和に出来ないのか?と悩んじゃう幸村に薩摩で衝撃の 出会いが起こる?
戦国BASARA弐 第7話「最南端・薩摩の地へ! 幸村、新たなる漢の出逢い!!」【まざまざの萌えを叫べ!】at 2010年08月23日 23:13
「薩摩の地へ」
戦国BASARA弐 第7話「最南端・薩摩の地へ! 幸村、新たなる漢の出逢い!」【マリアの憂鬱】at 2010年08月24日 00:11
 九州に渡った幸村の前に現れた野武士たち。そのリーダーが宮本武蔵! 武蔵は幸村に勝負を挑み、正攻法では適わないと見ると幸村の話を聞こうとするフリをして不意打ちを仕掛けました。  ブッ飛ばされてもヘコたれない幸村に感心した武蔵は「ジッちゃんに会わせてやる」...
戦国BASARA弐 #07「最南端・薩摩の地へ!幸村、新たなる漢の出逢い!!」【たらればブログ】at 2010年08月24日 00:16
戦国BASARA弐 第七話 最南端薩摩の地へ!幸村、新たなる漢の出逢い! 期待してなかったのに蒼紅爆裂だった! はい…ブログ一週間以上放置ですんません…語れば長くなりますが、 空想野郎はここ一カ月、まさに BASARAリア充そのもの! ええまあ…上田軽井沢で史実真...
戦国BASARA弐第7話「最南端薩摩の地へ!幸村、新たなる漢の出会い!」【空想野郎の孤独語り】at 2010年08月24日 15:11
「俺には先ず 取り戻さなきゃならねぇものと つけなきゃならねぇ落とし前がある」 伊達軍はこのまま一気に大阪へ…!! 今回からエンディング??.
戦国BASARA弐 第7話「最南端・薩摩の地へ! 幸村、新たなる漢の出逢い!」【WONDER TIME】at 2010年08月24日 21:39
小山田の戦死を乗り越えなくてはならない幸村はついに薩摩の国に辿り着く。 そこで待ち構えていたのは宮本武蔵、そして島津の頭首島津義弘だ...
【宮本武蔵】戦国BASARA弐 第7話「最南端・薩摩の地へ! 幸村、新たなる漢の出逢い!」 【感想】【失われた何か】at 2010年08月24日 22:25
伊達は武田の軍をみかける。サスケが小山田さんが死んだこと武田に報告。豊臣軍は武田を見張ってた。そして、マサムネが戦ってたのは武田軍になりすました豊臣軍だった。サスケが武...
◎戦国BASARA弐第七話「最南端・薩摩の地へ!幸...【ぺろぺろキャンディー】at 2010年12月20日 20:17