2010年10月31日

今週のSTAR DRIVER 輝きのタクト「第5話 マンドラゴラの花言葉」

 今回は、ある意味では今までにないぐらい勢いがあると言うか。
飛ばしてるなぁ・・・と思った次第です。
どこからツッコんでいいのかと思う反面、大体のところは既に作中でツッコまれてしまっているのが唯一微妙に感じた所です。
 ツッコミどころの飛ばしっぷりは尋常でないのですが、そこに対しても作中でかなりキツくツッコまれているという。
もうちょっとツッコミの余地があれば良かったかな、などと。

 珍しく、アバンタイトル一切なしでOPが入ったので、話の流れのボリューム感が大きかったように思います、今回。
冒頭から、演劇部の練習をハートマークで傍聴する大勢の生徒に、ファンサービスと堂々と言う部長。
 保険医にして、綺羅星十字団では第6隊・科学ギルドの隊長プロフェッサー・グリーンを務めるオカモト・ミドリ先生。
他の科学ギルド構成員は大学部の研究員として潜入しているのに、彼女のみが高等部の保険医。
その理由は、重度の美少年好き・・・という変態ぶり。
 今回、全体的に色ボケしていた感がありますね。
もっとも、こういう全力でバカをやるような話は大好きですが。
やはりこの作品に求められるのは、シリアスとかそう言うのではなく、こういうハジけたノリのようだと再認識しました。

 本当・・・とことん自重しないんですよね、このミドリ先生。
職場の壁には美少年ポスターが張り巡らされ、机の中には「美少年の夏」などという如何にもな本が・・・。
何かもう、初っ端から「本物」でしたよ。
 その実、同学園の十数年前の卒業生と言う事で、年齢はおよそ30歳周辺という、アニメ界隈における「ババア」ぶり。
これは、好きな人には相当ストライクな設定なのではないでしょうか。
 それがあんな格好で綺羅星十字団として活動し、電気棺でサイバディに乗り込んで声を上げている訳ですから、好きな人にはたまらないでしょう。
個人的には、他の女性キャラは大概派手キツ系なので、そういう意味ではアリな人です。
 他にも、ジャガーやタイガーと言った他の女生徒も、イケメンに対して異常にアグレッシブですし。
どこまで色ボケ学校なんでしょうか。
まあガラス越しのキスなんて遊びが流行る学校ですから・・・間に一枚挟んでれば何でも良いのかと。
そのくせ女生徒から誘ったらルール違反のような空気。なかなか面白い校風ですよ。
 主人公のタクトからして、敵の手を探るフリをしてやりたい放題されてみたいという風に、中々例外がありません。
 そんなミドリ先生の第1フェイズの能力は、自身を若返らせるという物。
自分を若返らせて、その上でマンドラゴラから抽出した惚れ薬を用い、当時の同年代の男子生徒(=現在目線では美少年)にチヤホヤされるという、まっこと自身の欲望に素直に振舞っています。
 しかも、その能力は時空を歪ませ、その反動として地震すら引き起こすという意外と強烈な能力。
しかして相手を魅了する手段は、ウインクや投げキッスと言った前時代的なもの。
流石にジェネレーションギャップですよね。
 サイバディ戦においてもタウバーンを圧倒していましたが、とことん能力の使い方を間違えた人という感じでしたね・・・。
一時は銀河美少年を色仕掛けで落としかかっていた風に見えましたが、アレは確実に単なる趣味ですし。
 マンドラゴラの惚れ薬は、10代が服用しなければ効果は発揮できないし、実際に10代が使用すれば死ぬ。それを使えるのはただ一人、ミドリ先生のみ。
その支配力は注目すべき所であったようですが・・・単なるハーレム形成でした。やりたい放題。

 サイバディ戦において、その勢いはさらに加速。
何せ、毎度おなじみ
「颯爽登場!銀河美少年・タウバーン!」
でときめき大喜びですからね。なるほど、美少年趣味なら相手が銀河美少年ともなると大変なことになると言う事ですか。 
 が、戦闘における優位性はまさしく絶対的。
さながらニュータイプのように相手の動きを先読みすることで、最初から二刀流で全力のタウバーンを圧倒。
 しかしここでまた悪い癖が・・・。
サイバディ・ヨドックの超能力的システムのモードを変更することで、今度は相手の次の動きばかりか、衣服の下が見えるという変態システム。
 その名も「おたのしみモード」。
これを見たときは、本当にもう「大したアニメだ・・・。」と思ってしまいました。
 そして、タクトの肉体に見とれるあまり、先読みしていたにも関わらず、銀河十文字斬りをまともに受けて即敗北。
倒した本人もビックリの幕切れです。
初の幹部クラスだというのに、何ともマヌケな退場となってしまいました。
 極めつけは、電気棺を降りた後、イヴローニュに敗北の理由を言い当てられてしまった上、「本物」呼ばわりされてしまう始末。
ここまで駄目な幹部はそうそう居ませんよ・・・スタードライバーがこの人でさえなければ、科学ギルドは間違いなく勝利を収めていたでしょう。

 その上ここで終わらなかったのは、さらに大したアニメです。
先程の準部員のツバサが保健室を訪ねてきたと思えば、まさかのミドリ先生にお熱。
 若返った時のフェロモンが通用しなかったのは、彼が特別精神が強いというのではなく、ミドリ先生が美少年趣味であるのと同様にババア趣味であったと言う事。
 そうして、相思相愛でゴールイン、そしてベッドインとは・・・。
「大したアニメだ・・・まさかこれほどとは。やはり公式が病気・・・。」
と、まさしく驚嘆してしまいました。
 本当、夕方の5時にここまでやるか?と。
保険の先生と生徒が真昼間から保健室のベッドでそんな事を。
今回で流石にちょっとハマってしまった感がありますよ。

 今回明らかになった綺羅星十字団の新事実といえば、やはり
「メンバー同士、お互いの表の生活を知らない」
と言う事でしょうね。
アレで気付かないのか・・・ということには驚いてしまいます。
やはり、90年代のアニメにおける仮面の効果は絶大ですね。ちゃちな仮面1つで正体不明になってしまうという。
「綺羅星!」ってやられると条件反射的に「綺羅星!」と返してしまう悲しい体質。
 と言うか、あの学園にも相当数の構成員がいるでしょうし・・・。
集まっている場所でやったら、結構な数が釣れるんじゃあ。

 今週のサカナちゃん&ヘッド。
どんどんテンションが上がっていますサカナちゃん、クルクル回ります。
一瞬ヘッドが頭を抱えて耳を塞いでいるように見えてしまい、そこで笑ってしまいました。
 1話では眠れないからと歌を要求したのに、今となってはそのせいで眠れないのか、と。
実際にはただ寝そべっているだけでした。奇妙に残念。

 とまあ、色々なところがノリノリで実に面白い30分でした。
やっぱりこのアニメはこうでないと、と5話にして痛感。
次回はちょっとシリアスになりそうで少々ばかり心配です。
この手のアニメって、おそらく失速が凄く響くと思いますよ。

Posted by jerid_and_me at 19:40│Comments(2)TrackBack(7) アニメ系 | STAR DRIVER 輝きのタクト

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/jerid_and_me/51874191
この記事へのトラックバック
 今回の戦闘がバカすぎて面白すぎ……
STAR DRIVER 輝きのタクト 第5話 「マンドラゴラの花言葉」【つれづれ】at 2010年10月31日 20:15
美少年大好き―
STAR DRIVER 輝きのタクト 第5話 「マンドラゴラの花言葉」 感想【wendyの旅路】at 2010年10月31日 20:15
タイトル「マンドラゴラの花言葉」
STAR DRIVER 輝きのタクト 第五話感想【サイネリア??わたしのひとりごと??】at 2010年10月31日 20:24
美少年オタク登場っ--------------!?ファンサービスの一環で、外で体力作りを始める「夜間飛行」両サイドから見下ろされたテラスには、男女の見学者が♪やっぱ「夜間飛行」はみんな人...
STARDRIVER輝きのタクト第5話「マンドラゴラの...【◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆】at 2010年10月31日 20:26
STAR DRIVER 輝きのタクト 第5話 「マンドラゴラの花言葉」 なんだ,まともな化学実験セットも組めるぢゃん(笑) 前回のは何だったんだろう? 作画スタッフが違うのか,それとも,前のは私みたい...
STAR DRIVER 輝きのタクト 第5話【Kyan's BLOG IV】at 2010年10月31日 20:49
先生は美少年が好きだから^^
STAR DRIVER 輝きのタクト 第五話 マンドラゴラの花言葉【Ηаpу☆Μаtё】at 2010年11月01日 00:08
 今回もワコの妄想は絶好調!!(笑) シリーズ化ですか?  南十字島では最近地震が起きていました。巫女の封印が解かれたことによって北島にも影響がでているとか。  そんな中、学園にヒナという転校生がやって来て男子から超モテ! ガラス越しキスを誘う様子を見...
STAR DRIVER 輝きのタクト 第5話「マンドラゴラの花言葉」【たらればブログ】at 2010年11月01日 01:58
この記事へのコメント
そうですね、今回はかなり好印象でした。やはりこのアニメはシリアスよりコミカル/コメディですよね。
受けた点
「ウインク→投げキッス攻撃」「しまった!→趣味に溺れて負ける」
いやいやいや、ベッドインまでは描写してませんからセーフでしょう。
Posted by 嵐山 at 2010年11月01日 00:17
>>嵐山さん
毎度コメントありがとうございまーす。
そうそう、見た目は若返っても行動がまったく若返れていないとか、そして限りなく能力の使い方を間違えながら自制を知らないという。
・・・ラストのアレはギリギリセーフでしょうか。
限りなく黒に近いグレーでしょうけど、そこまでやるかと言う感じで面白かったので良しでしょうね。
Posted by ジェリドと管理人 at 2010年11月01日 21:17