2011年02月15日

11号

 表紙&巻頭カラーは新連載「ドイソル」
LIGHT WINGがいくら瀕死とはいえ、終わらない先にサッカーもの(しかもどう考えても無理そう)をぶつけてくるとか、編集部はせっかちと言うか・・・それ以前の問題じゃないかという気がします。
 この人、前に格闘モノの漫画描いて普通に打ち切られた人じゃありませんでしたっけ。その前にも1回見たような気がせんでもありません。
となると、これがラストチャンス・・・?なんでしょうけども。
 主人公の行動理念がまんまLIGHT WINGにかぶってくるのと、全体的な空気が既に紙面末期でひとり円熟の時を迎える「打ち切り漫画」のそれ。
 「ONE PIECE」
・ルフィが非常識な事をして危機的状況に陥る
・戦うなと言われている相手と戦う
・そして勝つ
少々のことワンパターンな気がします。

 「NARUTO」
急に出てきた頭脳戦。
・・・なんですけど、何か絵的にはすごくシュールな戦闘。
口から何か出たり、「あつい」「クール」ってのがまた。
出てきてから短いキャラなので、「あ、やられた」程度にしか思わないってのは痛いですよ。

 「トリコ」
なるほど、『環境』ってのはそういう事ですか。
単なる野蛮人とかそう言うのではない、と言うところに光明が見えた感があります。
あとモモタロスとかそれ系の愛されキャラの匂い。

 「家庭教師ヒットマンREBORN!」
ですよねー、としか言えない流れです。週をまたぐ意味なんて微塵も感じません。
自動的に彼女は死ぬ、とかも、どうにも子供だましのご都合展開って印象があります。
 「BLEACH」
バカと狂人じみたのの集まりですか・・・これは愛染編の仮面の軍勢同様、「あいつら何だったんだろう」という扱いになりそうですね。
それにしてもチャドに今更色々主張されてもな・・・と。それ以前にオサレイズムが強すぎて目が眩みます。

 「銀魂」
やっぱりいい話にされちゃうんですね。
しかして、どうも短いので無理矢理感が。

 「バクマン」
尻尾を出してきてからというもの、どうにも小物感が強まってきましたよ。
だんだん編集部も違和感を覚えてきましたしね・・・。
『彼等』ってのが結局ネット界隈にいそうな、いかにもな人らだった所を見ると少々のきっかけで空中分解してフェードアウトってことになりそうです。
 そして個人的に気になったのは、今でこそ王道ですが当時の石ノ森ヒーローってのは邪道の最右翼だったという事です。
かの仮面ライダーが生まれた時、石ノ森氏は番組制作側とまとめたヒーローを「異形が足りない」と急遽ボツにしているぐらいですし、キカイダーなんてのは「気色悪い」というクレームが相次いだそうですし。
 流石に現職の漫画家がそんな事も知らないとは思いませんが、例に挙げるにはどうなんだろう・・・と。いや結果として確かに王道ですが。
王道キャラで邪道バトル、という着眼点は理解しましたけども。
むしろ邪道キャラで王道バトルってのも見てみたいですね。

 「黒子のバスケ」
で、これが王道スポーツと言う物ですね。
正義は勝つ、卑怯者は敗れる。そう言うのは何だかんだ言って良いものだと思いますよ。

 「スケットダンス」
冷静に考えるとリアルに洒落になってなくて笑えます。
やっぱりこの手の話の方が良いんですけども。この人は長編やらしたら駄目ですね。

 「べるぜバブ」
あまりのどうでも良さに、「泣いたら何だっての?」などと思ってしまいました。
基礎設定すら頭をすり抜けていくとは・・・大した漫画だ。

 「エニグマ」
まさか、と思ったら本当にやりました。
「ひとかけらも残さず集めて」の辺りの流れが個人的に好みです。何と言うか、覚悟が感じられるシーン。
演出も良かったかと思います。

 「いぬまるだしっ」
細かいところで面白いです。
毎度おなじみ誰得園長とか、伊賀と甲賀とか、両親のタイムカプセルとか。

 「めだかボックス」
王道キャラの邪道バトルってある意味こう言うのを指すんじゃないか、と思います。
もっとも、キャラも中二病センスであって王道かどうか判断の分かれる所ですが・・・。
今回のマイナスは予想以上に凶悪で良いですね。

 「こち亀」
扉絵だけで読む気が消え失せます。
本当、誰が得するんでしょうね・・・大阪組とか。

 「ぬらりひょんの孫」
毎度この人はモブ女性キャラが上手いです。
と言うか、あの陰陽師(兄)が高校生ということに未だ馴染めません。
なんという老け顔・・・。

 「保健室の死神」
この経一、出てくるたびにろくな目にあわないし、直接的に病魔に対して勝ちを収めたこともないし・・・。
過去キャラとして鳴物入りで出てきた割りにヤムチャキャラだな、などと思っていると、ここでようやく活躍の兆し。

 「逢魔ヶ刻動物園」
相手方があんまりにも畜生すぎて何だかな・・・という所です。
今から新章入っちゃうとぶった斬りになりそうで心配。

 「LIGHT WING」
ああ、これ次回あたりでもう終わりなんでしょうね・・・。
飛翔せんばかりの速さです。展開が。

 LIGHT WINGの終了を待たずに、新たにサッカー漫画(しかも明らかに駄目そう)が投入されたり、驚きの迷走ぶりだと思います。
次の新連載は既に絶望でしかありませんしね。
どうも、また暗黒期色が濃くなったんじゃないかと。

Posted by jerid_and_me at 21:51│Comments(7)TrackBack(0) 漫画 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/jerid_and_me/51906182
この記事へのコメント
新連載にはガッカリです。
そもそも未だにジャンプでサッカー漫画をやろうって時点でダメですよね、運動量は野球の比じゃ無いですけど野球と比べると地味で人気のないっていう不遇なスポーツですからねぇ。
派手さが無く人気取りが難しいサッカーで連載しようとする時点でサッカー好きな作者の自己満足か編集が無能としか思えません。キャプ翼だけですよ大成したのは、まあプライドもなく金稼ぎのためだけにブリーチみたいなクソを描き続ける漫画家よりは応援したいですけど。

こち亀ほんと終わってほしいです。腐敗しすぎ。
Posted by ユT・Lキ at 2011年02月18日 11:08
>>ユT・Lキさん
毎度コメントありがとうございまーす。
ジャンプでサッカー漫画ってのは悪くない着眼点だと思うのですが・・・。
ただしそれは「成功すれば」の話。
野球漫画ってのは基本的にバッターとピッチャーの1対1という構図でも自然ですが、サッカーは11対11人が同時に動いて行うスポーツですからね。
毎度のこと思う事としては「新人如きには到底不可能なジャンル」だと思います。
1対1のバトルものだって難しいのに、何を合計22人などと・・・と言わざるを得ません。
 今回のも、監督を主人公としたサッカー漫画ってのはあまりにも無謀としか。そうなるとLIGHT WINGのように視点を絞るってことも出来やしません。
本格的にやるならブラジル、って辺りに悪い意味で作者の趣味性も感じます。

仰る通り、金や記録のために延々と続く漫画ってのは論外と思いますが・・・。
Posted by ジェリドと管理人 at 2011年02月19日 21:22
もうすぐ打ち切られるのだろうと分かってはいますが、『LIGHT WING』がまだ続いているのに別のサッカー漫画の連載を始めてしまったのですね。編集部の感覚が理解出来ません。
此方では12号が並んでいますが、コンビニで見掛けても手に取る気にはなれませんでした。ええその表紙が(略)、察して下さい…。せめて『LIGHT WING』の行方くらいは確認すべきでしたか。
『こち亀』は…もうどうしようも有りませんよ。長く続いている事に意義が有る漫画→長く続いている事しか意義が無い漫画→長く続いている事で悪影響を及ぼしている漫画…此処まで落ちてしまいました。終わり損ねるとこうも見苦しくなるのですね。
Posted by 特命鬼謀 at 2011年02月20日 14:53
>>特命鬼謀さん
毎度コメントありがとうございまーす。
ここまで来ると、もう打ち切りありきで連載を決めるなんてのは当たり前で、実際の紙面で被るなんてことはどうでも良いのかも分かりません。傍から見るとヤケクソにしか見えませんね。
 私も早売りを入手したのですが・・・新連載が2つ連続でこれほどとは、とだけは現状で感じました。
ここまで来るとどうやってもフォローできません。
一方で続いているこち亀等も・・・と言う具合ですし。
終わりがないのが終わり、それがゴールド・E・レクイエムとはよく言ったものです。
Posted by ジェリドと管理人 at 2011年02月21日 00:32
ドイソル第一話感想
「高校生監督」というのはオリジナリティはありますが、華=魅力がないと思います。ですから、プレイングマネージャーとして(もうほとんど治りかけで)いよいよ(リハビリ代わりに)短い時間プレーする――とかいう展開を考えたのですが、さて……?
改めて第一話を読み直してみると、「初めは無名の弱小少年FCをたったの3年で全国へ導き、次はまたもや無名中学へ行き、二年連続の県大会進出! そしてやはり3年目には全国大会へと導いた!!」という謎の多い台詞がありました。今高一ですよね?(笑) 彼は小四の時から“監督”をしていたんでしょうか……。
Posted by グーパーすると車酔いしにくくなるよ at 2011年02月21日 22:33
ちなみにですが、「2秒で忘れろ」(ライトウイング)は名言でしたね。打ち切りか……さよ〜なら〜。
Posted by グーパーすると車酔いしにくくなるよ at 2011年02月22日 14:18
>>グーパーすると車酔いしにくくなるよさん
毎度コメントありがとうございまーす。
本当、設定が斜め上ですよね・・・。LIGHT WINGがかなりリアリティをぶっちぎっているのに対し、さも真面目な顔で斜め上の設定を立ち上げているのが奇妙な対比です。
 確か前の格闘漫画でも、主人公に無茶な能力や特性みたいのをつけていたような・・・それも真面目な顔して。
どうにも同じパターンじゃないのか、と思います。
「2秒で」ってのは本当に良いセリフだと思いますね。
作中の使われ方も上手かったと思いますし。
Posted by ジェリドと管理人 at 2011年02月22日 18:17