2013年06月11日

仮面ライダー バトライド・ウォー

 タイトルの通り購入しました。ついでに取り急ぎストーリーもクリア。


貧乏性を抑えきれず通常版での購入となりましたが・・・サントラとか揃えてないので、部分的とは言えTV準拠の楽曲が入っていれば良かったなあ、と。
ゲームなんてたまにしかしないので、そこでケチるべきではなかったと初っ端から後悔。
 先にプレイした人の情報によれば「無双系ゲームそのもの」と言う事でしたが、そもそも私はその手のゲームをやった事がなかったので、その表現が確かなのかどうかは分からぬまま。
ただ、モノにもよりますが必殺技で雑魚敵がゴミのように吹っ飛んでいくさまを見ていると「無双している」と感じます。
 基本として攻撃ボタン連打で敵の群れを圧倒できるので爽快感はありますね。
それだけで各キャラ固有のコンボに繋がりますし、そこから必殺技に繋げるもよし。いい流れを探すのが面白いです。
 ただ攻撃のバリエーションというのは基本的に通常攻撃と必殺技3種(稀に追加入力でバリエーションもあり)なので、当然ながら収録されてない技が多いのが残念。
また無双っぽいシステムとライダーの最強フォームのギミックの折衷を図ったところ、最終フォーム変身時に超必殺技が一発出るだけであとは何となく微妙な技ばかりという。
 また、CEROレーティングの都合かライダーブレイク・・・俗に言う轢き逃げアタックと言うものが不可能なため、肝心のバイクアクションに爽快感が薄く、それ以上に龍騎はサバイブ状態でのファイナルベントを封じられるという悲しい状態に・・・。
素の性能も残念になっているため、正直かなりの産廃キャラです。
声はオリジナルなんですけどね・・・。

 オリジナルキャストの充実ぶりはなかなか目を見張る所がありまして、主役ライダーだけでもアギト、龍騎、ブレイド、モモタロス、ディケイド、ダブル、オーズ、フォーゼ、そしてウィザードはオリジナル。
サブライダーでもアクセル、メテオ、ビーストはオリジナルでしかも使用可能。
バースも使えますが伊達さんで、幻の伊達バース・デイも登場します。後藤ちゃんは犠牲になったのだ・・・。
 さらに特筆すべきは、その他NPCゲストライダーや敵怪人もオリジナル多数と言う所ですね。
ギャレン橘さんやイクサ名護さん、敵からは恐竜グリードのドクター真木やウェザー伊坂といった最近のものからカッシスワームやジョーカーといったそれなりに時間のたったものまで。
サジタリウス理事長がご本人だったのは流石にビックリしましたね・・・大物感のあるラスボスだっただけに。
 ただ、そういったこだわりが裏目に出たのか、敵キャラのバリエーションの少なさがとにかく際立っていたのが残念。
各作品につき1人か2人で、それも何度も出てくるものですから・・・オリジナルなのは嬉しいんですけどね。
マップも少なかったり、全体に3Dモデルの制作をサボったんじゃないかと思える仕上がりでした。
スパロボで言う所の特殊台詞のようなものも少なかったので、やはりウィザードに間に合わせようと制作が急がれたのか・・・ところどころ惜しい作りです。

 一応ストーリーがあって、オリジナルストーリーが軸になっています。
割りと短いので、殆ど使わないライダーが出てくるのが残念。
展開が微妙に読めてきたりと、どうもボリューム不足と言う感がありましたが・・・終盤の各ライダーとのやり取り、そしてスタッフロールの後にもグッと来るものがあり、ライダーゲームとしては良好なプレイ後の感慨になりました。
 個人的にライダーゲームだと、同じく据え置き機でのクロスオーバーものとしてPS2の「正義の系譜」が思い出される所でしたが、あれも複数のライダーがオリジナルストーリーのもとで集結するという話でしたね。
アレも中々良ゲーでした・・・アギトが最新ですからもう10年以上前、時のたつのは早いものです。

 とりあえずストーリーをノーマル難易度でクリアしてみての感想ですが、先述の通りキャラ格差が凄まじいです。
今のところ最強はダントツで響鬼。
基礎攻撃力その他のスペックは低いものの、鍛えすぎとしか言いようのない空中機動力と、烈火弾による遠距離攻撃。
特に後者は雑魚をゴミのように吹っ飛ばす上、高威力かつボス的をダウンさせないので、当て続ければ黙々とライフが減っていくという恐ろしい技です。
 それ以上に恐ろしいのが音撃。
太鼓連打でとにかくコンボ数が稼げる上、一旦音撃に入ってしまえば大抵の攻撃は通らないという文字通り鬼のような仕様。ダウンを取ってそこに太鼓を設置すると無限コンボ。作中の描写からしてアレでしたが本当に容赦ありません。
 あとは発売後にDLCで追加されたウィザード・インフィニティスタイル。
これも普通のウィザードが馬鹿らしくなるぐらいの強さです。そりゃTVでエピソード前半から出せないのも頷けますよ。
 雑魚の掃討能力についてはダブルがピカイチ。
コンボ数はそれほど稼げないものの、ジョーカーエクストリームの攻撃範囲はもはやギャグの領域。
えらい数の雑魚敵がズコーと吹っ飛んでいく様とか・・・。
 他にもアクセルは通常モードで重たいものの、トライアルになった時のギャップが最高に爽快ですし、カブトのクロックアップ&ライダーキックの操作法は再現度と言う意味でかなり上位に入ります。
バース・デイの圧倒的火力で敵の群れを蹂躙する等、楽しみ方を見つけるのが楽しいゲームですね。
 難易度を上げるとそれこそ鬼のようなゲームになるようですし、やり込みゲームとしては中々・・・。
作中の台詞に基づいたトロフィーを集めるのもいいものです。

 とまあ足りない部分はありますが、細かい所で気の利いている所もあり、なかなか良い買い物であったと思います。
声が変わっちゃってる人も多いのですが、久々に声が聞けた人も居ますし。マニア向けアイテムかと。

Posted by jerid_and_me at 22:41│Comments(2)TrackBack(0) 特撮ネタ | 仮面ライダー

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/jerid_and_me/52079635
この記事へのコメント
龍騎に関してですが、レベルを上げてアドベントを使用可能にすれば中々使えるキャラになりますよ。
基本的にアドベントでドラグレッダー召喚→通常技でかなりのコンボ数が稼げます。
ドラグレッダー万能過ぎる…(笑)
あと意外に思われるかもしれませんが、ビーストが予想外に使えます。
レベルを上げればカメレオマントの派生技が使えるんですが、自分はこれで2400コンボ叩きだしました。
欠点に関しては概ね管理人さんと同意見ですが、これもライダージェネレーションシリーズやクラヒーシリーズの様にシリーズ化されれば化ける可能性がありますよね。

あとこのゲーム、致命的なバグがあります。
通常ボスの体力を減らしてフィニッシュアイコンが表示された状態で△+○の必殺技で倒せばいいのですが、
電王 ガンフォームのワイルドショット等、遠距離タイプの超必殺技でフィニッシュアイコンが出る前に撃破してしまうとスタートボタンと移動以外の操作が出来なくなってしまい、ステージから離脱する以外なくなってしまいます。
この作品、遠距離タイプの攻撃って使い勝手のいい技が多いので、(ファイズのクリムゾンスマッシュ除く)注意してくださいね。
それではまた
Posted by taka at 2013年06月12日 07:28
>>takaさん
毎度コメントありがとうございまーす。
本当だ、通常コンボと並行して呼べるとか便利過ぎますね・・・うっかりニュートラル状態で呼ぶとフクロにされたりしますが。
ビーストは確かにそこそこ使えますね。が、バイクが無くて不便だったり、超必殺技が微妙といった欠点がチラホラ。
 このゲーム、遠距離攻撃が確かにダメージソースとして優秀です。それは敵側とて同じで、ゲルニュートや投擲系の戦闘員の厄介なこと・・・。
コンボ切られた時のイラッとする感じがひとしおです。
クリムゾンスマッシュは使いにくいことは使いにくいのですが、発動シーケンスが劇中のそれを完全再現しているのもあり決まると気持ちいいですよね。
Posted by ジェリドと管理人 at 2013年06月13日 22:13