2016年01月05日

2016年始と私

私の生態みたいな事を書くのもすっかり年の変わり目ぐらいになってしまったな・・・と言うか去年はちゃんと年始直後に書けていたのに今年はこのザマかとか、もう1年経ったのか等色々ツッコミどころはありますがまあ置いておいて。
 去年は確か私の艦これ元年であって、その時の編成なんぞ晒したんでしたっけね。
見返してみると殆ど練度に変化がないことに涙。
熱心にやっていないかと言うとそんな事はなくて、相変わらず睡眠時間がやってない時から毎日30分減ったままなのですが。
 やってる人にだけ伝わる言い方をすると、今年はついに伊401を迎えて大型建造を終了したり(陸軍艦はそれぞれサッカーチームができるぐらい出た)、イベント報酬は風雲以外お迎えできました、という所です。
 意外なことにケッコンカッコカリ艦は去年から増えていません。
これは自分でも驚きでした。主にケチさ加減と先送り気質に。
いやまあ、見えない所で中堅の底上げを行ったりはしてるんですけどね・・・。
 一応、今年の我が艦隊のトップを貼るので暇な人は去年と見比べて頂ければ。殆ど変わっていないのが伝わると思います。
0104

コンテンツとしては成熟期にあると思われるだけに、今後どうなるかと言う所ですね。モチーフがモチーフだけにネタと一定のファンが尽きにくいものではあると思いますが、思いの外長く続いたせいか中の人が先に引退しちゃったりとか・・・いま現在の市場規模からすると考えられない問題もあるようです。

 そんなゲーム事情に関しては、渡米の際は米国からのアクセス制限もあり、どうにか掻い潜る方法はあっても不安定だとかで暇つぶしを求め、スマホで「けものフレンズ」に手を出したり。
・・・艦これと比べるとドマイナーもいいところで、同じスマホゲーでも猫も杓子もパズドラやグラブルなんて言っているご時世に反逆的な話です。
 どういうゲームかと言うと、種々の動物を美少女擬人化したキャラクターを集めて5人程度のチームを組み、謎の生命体と戦うというアクションと言うか、ジャンルがパッと思いつきませんが・・・動いてるところを見たら伝わるような奴です。
 何が魅力かと言えば、キャラデザがケロロ軍曹の吉崎観音氏で、各キャラに声がついていたりで、有り体に言うと可愛いという事。
また、これに関しては先述の艦これとも重なりますが、いま流行っているスマホゲーのビッグタイトルと違い、積極的、あるいはリアルタイムで他人と協力する必要がないという事。
つまりぼっちでもゲームが成立するという極めて私向けのゲームでした。
 ほんの手慰みのつもりでしたが、艦これと違ってちょっとしたストーリーやキャラの掛け合いなどもあってなかなか面白い。やり始め特有のものですが、ガチャを回して知らない子が出たりレアリティの高いのを引けた時の射幸心にまんまと乗せられてしまいます。
とりあえず、課金するところまでは言っていませんが・・・。
 ただし今更ながら、先ほどチラリと触れたようにドマイナーでぶっちゃけ流行っていないので、攻略情報が入手しづらく2chのスレぐらいしかないと言うのが辛いところ。
 もしも今から始めようという奇特な方が居られたら、例によって「ジェリドと私」でプレイしているのでフレンド登録してもらえると私のパーティが救援に向かったりします。
あとは友達紹介という所で、私のゲームID「418046779」を入力して頂けると、私にちょっとした利益があるのでさらに暇な方は是非。

 以上2つがゲーム関係の話。
それと去年から引き続きと言えばバイク関係でしょうか。
上半期は結構乗れていて、一昨年に引き続きお気に入りプレイスであるしまなみ海道をはじめ、呉や舞鶴など海上自衛隊絡みの場所にも足を運んだのが今年です。
艦これ効果恐るべし。ひと目でわかる同類が多いのも凄い。
 下半期は職場の配置換えで、控えめに言ってクソみたいな部署に回されたのであんまり乗れていません。
上半期で年間走行距離の9割は乗ってるんじゃないでしょうか。
ラストチャンスの時期に1ヶ月渡米とかあったので尚更ですけども・・・。
そんな中で今年の抱負と言われれば、呉に舞鶴ときたら時間を作って横須賀も回っておきたいなという所。
・・・ただ、横須賀は一度行っていて、その時の行程と照らし合わせると明らかに公共交通機関の方が楽で便利という事実が一番の問題。京急が便利過ぎるのがいけない。
 あとは今年に限らず、九州は未踏の地なので一度渡ってみたいのですが、それこそ四国と比べてもさらに時間がかかるので中々難しいのが現実・・・。
IMGP0174

写真は連休前の舞鶴にて、護衛艦ひゅうがと。

 特撮モノに関しては、鎧武人気が謎の好調でVシネが2つも出るという異常事態。
1の斬月&バロンは感想を書いていたかと思いますが、実は2のデューク&ナックルも正月休みを利用して視聴済みだったり・・・発売当初はアメリカだったもので。ザックとおそろです。
 そんな事情もあってドライブには今ひとつ乗りきれないな・・・と思ったら後半で不思議と既に心を掴まれている、というタイプの作品でしたね。
それだけに、冬映画でのドライブ要素の扱いが残念・・・というのも今年でした。
 今にして思えば、ドライブって前作が異色作でファンもその空気を引きずっている中で割りと従来のスタイルに忠実に作った作品・・・という事で、電王の後のキバを思い出す扱いだったかと思います。
キバもついこの間までニコニコで配信されていましたが、ところどころアレなところは無きにしも非ずながら通して見れば面白い作品でした。
 同じく映像作品系の話だと、これもタイミングの悪いことに「鉄血のオルフェンズ」放送開始時に渡米していたもので、やむなく見逃してしまった悔しさから今に至るまで未視聴だったりします。
周囲から面白いという評判こそ聞こえてくるものの今更どうにもならないのが現実。

 とまあ、それとなく1年を振り返ってみると、仕事の絡みでいろんなことができなくなったのが辛い1年だったなあ・・・と。暮れ近くの1ヶ月アメリカに代表される話ですが。
そうした状況を考えるたびに、いつまでこういう事をやれているんだろう・・・と不安になるのが現実的な話ですが、かといって終わらせたいかと言うとそうでもないのが実際。
 そんな具合に、もしかすると風前の灯なのかも分かりませんが、やれる限りは続けたいと思っておりますので、今年も等ブログをゆるくよろしくお願い致します。
グダグダながら新年のご挨拶にて。  

Posted by jerid_and_me at 22:59Comments(0)TrackBack(0)

2015年01月01日

往く年くる年2014→5

このところ完全にライダーとジャンプの感想書くマンと化しているので、年末年始ぐらいは私事を・・・というお話。
確認してみたら去年はそれっぽいこと書いていません。我ながらボンクラにも程がある。

 別に何をするでなく、私的な事について今年1年を振り返ろうという話。むしろ「さあ、今年の罪を数えろ」という所ですか。
このところ日記やつぶやきというモノについてすっかり遠ざかってしまったので、思い出すのが既に大義だったりしますが。
 ともあれ今年は夏ぐらいから仕事が結構暇になった事もあって、プライベートは・・・まあ無駄な所も多いのですが、時間を割けていたように思います。
その最たるものがブラウザゲーム。タイトルを限定するなら「艦これ」ですね。
 私がいわゆる「提督」として着任致しましたのは、ちょうど14年1月の第1週だったか第2週だったか・・・年明け早々ではありながら正月休みでもないという微妙な頃合いだったと思います。
 既にソッチ方面の世界では大きなムーブメントとなっており、私などかなり遅い部類に入るかとは思いますが、もう1年近く前ともなれば感慨深いものがあります。1年は短い。
ご存じないという方はググってみればどんなものかすぐに分かるかと思いますが、第二次世界大戦当時の帝国海軍(一部例外あり)の艦艇を萌え系美少女に擬人化して収集して戦わせるというものですね。ごく端的に言うと。
 知らない人が聞いたら「頭おかしい」と思われそうに思いますし、実際私もバカバカしいなんて思っていた口ですが・・・一旦興味を持ってみたら、新規着任の制限という状況にあって規定の時刻にPCの前にかじり付いたりと、よくよく時間をよく使ったもので。
 そこまでさせる魅力としては、さんざ語り尽くされた事ではありますが
「プレイヤー同士が奪い合って強者が弱者を食い物にすることなく、ただひたすらに自分の戦力を磨いて敵と、そして運と戦う」
「キャラ種の縛りは多少あっても、その中での性能差については『キャラ愛』で賄うことが十分に可能である。強キャラなど知った事か!」
というバ論が通用する強者ゲーであることが大きな要因であったかと思います。
都合、特定キャラへの偏愛を抱えながら攻略を続ける変た・・・猛者が多いジャンルと言うのも特徴ですね。

 長々と書きましたが、私もソレにどっぷりとハマってしまい、せっかくノー残業で手にした時間の結構な割合を食わせていた・・・と言うのが今年でした。
0101

無意味に最精鋭を晒してみたり。分かる人には変態とか呼ばれそうです。
ただゲームを進めるだけに飽き足らず、上京を伴う他の用事のついでとはいえ横須賀まで護衛艦を見に行ったりして・・・同じ名をもつ艦艇を今でも見られると言うのはプラス効果だと思うんですよね。戦う船は芸事のごとく襲名制。
 もともとガンダムとか自動車・バイク等々、機械モノが好きで、それはふとした事からミリタリーに繋がっていく・・・という現象を自ら体験した思いです。
ヲタ方面では、今年は特にのめり込んだアニメ作品もなく、どっちかって言うと特撮を含んで三次元寄りな一年だったんだな、と振り返れば改めて感じますね。
DD107いかづち_ASE6102あすか

虚飾を排し機能のみを追求したモノは美しい、というのを生で体感できます。

 三次元寄りといえば、今年は特に夏が過ぎてから比較的休みが取りやすかったので、とりわけよくバイクに乗った1年でした。
先週のドライブのアオリに倣うなら"このライダーヲタ、ライダー"とでも言った所で。
 東北に四国に富士に、などとあちこち遠乗りをした結果、1年で1万5千キロ弱という、通勤を除くレジャー運用のみとしては結構「お前頭おかしいだろ」的な距離を乗り回しておりました。知人にはよくそう言われます。
 やはり、幼少期から仮面ライダーが好きだったりで「大きくなったらきっとバイクに乗るんだ」なんて思っていたのが、免許取得可能な年齢から5年ほども遅れて免許を取ったと思えば、就職してなかなか乗れなくなって、ふと仕事が暇になって大型免許にバージョンアップしてまた乗れなくなって・・・なんて事を繰り返した果ての今年。
 毎年、「いま乗らなきゃ来年は乗れてないかもしれない」なんて刹那的な考えでもって死に急ぐかのように乗ってるんですけど、今年は上述の理由で遠乗りが増えましたね・・・。
とは言え、ブログに書くほど取り立てるネタはなかったり。東北に行ったと言ってもとにかく青森まで突っ込んで戻ってきたという程度のもの。
被災地とか見ておけば、きっと自分の肥やしになったのにな・・・なんて思わなくもありません。
 四国の方はとにかく気候の良い所で、北陸なんぞに住んでいると天気が良いだけでひたすら羨ましい思いでした。しまなみ海道はまこと絶景道でしたね。
もし、これを読んでいる方でそこそこ時間と少々のお金があって無趣味という方はバイクの免許を取ってみては、とは常々言いたい所であります。仮面ライダーにも一歩近づけますし・・・と思ったら今年は四輪車。何ともタイミングの悪いことで。
DSC_0381

遠乗りをすると行程を急いで写真をあまり撮れない、という事が多くベストショット候補もあまり見つからない・・・。
因みに車種としてはかなり珍しいらしく、県内はもしかして1台だけかも、とはバイク屋さん談。
希少という響きは嫌いではありませんが、迂闊に画像を貼ると即リアバレしそうな諸刃の剣です。

 あとはやっぱり特撮の年でしたね・・・毎年のこと、と言われたらそれまでですが。
作品としても、もはや殆ど「鎧武」単一の1年間でしたが、それだけにどっぷりとハマっていましたね。振り返ってみると。
 シリーズ構成の虚淵氏からして外様で、どこかマンネリ閉塞感のあった平成ライダーにあって、それまでとは違う作り方にすっかりやられてしまったという思いです。
謎を投げっぱなしにしたり、かといってさっさと明らかにして想像の余地を潰すのではなく、大きな展開のその時まで開示を溜めたり、不要なものはさっぱり投げてしまったり。
まどマギの時もそうでしたが、衝撃的な展開で引き込んだ後に視聴者の想像力に火をつけるような作り方で、もう毎度次回が楽しみで不安で待ち遠しくて・・・という、ある種童心に帰るような体験でした。
 去年の私じゃあ、そんなにハマってライブビューイングとは言えファイナルステージをお金を払って見るなんて信じもしないでしょう。そのぐらい、印象が急変してのめり込んだ作品でした。
年の後半は上述のようにバイクに乗ったり充実していたのですが、前半は公私ともけっこう閉塞していてしんどい時期があったのですが・・・毎週の鎧武には結構救われていたんだな、と思います。

 艦これ、バイク、鎧武とooo風に3つの出来事になった1年・・・なんて事を書いていたら、とっくに年を越していました。「良いお年を」なんて言う間もありませんでしたね。
ともあれ、大きな病気や怪我、事故などもなく1年を過ごせたのですから、それは多分上出来なんでしょう。
 来年の話をしたら鬼が笑う、などと言いますが年が変わってもその年がどうなるかなんて分からないもの。
「いつだって未来は闇の中だ。だからこそ、光を灯しに行く価値がある。」とは神・紘汰の言葉にもありましたが、正直このブログも今の形であと何年やれるか、なんて不安がリアルに付き纏ってきているのを無視できなくはなってきていますが、今年1年ぐらいはまだお付き合い頂ければ、続けていければなどという所存です。

と言った所で、新年明けましておめでとうございます。今年も当ブログをよろしくお願い致します。
と〆にしたいと思います。  
Posted by jerid_and_me at 00:46Comments(2)TrackBack(0)

2012年12月31日

2012年終了のお知らせ

 今年もいよいよもって終わりと言う事で、久々の日記カテゴリ。
すっかりジャンプと仮面ライダーだけのブログと化してしまいましたが・・・。
 今年1年を振り返ってみると、先述の通りブログの更新密度が減ったなぁ、と言うのを感じます。
やはり寄る年波には勝てないか、と言う具合に時間とエネルギーが足りなくなった感があります。
アンテナが低くなったと言うのもありますが、いったん間隔が空くと中途半端なことは書けないな、という変な神経質みたいのがありまして。
我ながら難儀な性分だと思います。
 そういう発信力がごく弱まってしまったのが今年の残念なポイントのひとつですね。
アクセス数もいつの間にか40万アクセスを数えているため、それに見合った活動をしたいものです。

 そう言う薄めの活動内容を振り返って見ると・・・いや本当、アニメ見なくなってますね。
ガンダムAGEを早々にリタイヤしてしまったり、その後の日5枠もスルーしてしまったりと。
 あ、まどマギの映画はきっちり2本連続で見たり、付き合いでエヴァQとかも観てきたんですが。
あんまりここで感想書くような内容でも無かったな・・・と。
前者は基本的にはリファイン、後者は私がガチのエヴァヲタではないため下手なことを書くものでもないなという所で。
来年はちゃんとしたガンダムの新作でもやってくれないかしら・・・。

 特撮方面では、ライダー1本に絞られた感がありますが、フォーゼ→ウィザードと震災の影響でか明るいテーマに縛りがかかったような作風となったため、以前からの平成ライダー好きには良し悪しな面もありました。
特にフォーゼは学芸会的な雰囲気やキャラ付けの微妙さ等で、今から思うとちょっとアレだったなぁと思います。
 一方でウィザードは希望と絶望という表裏一体で一歩間違えれば即ダークという話になっています。
光と影という理屈で、絶望があるから希望が輝くという構図。今年は地味な印象でしたが、来年が本番ですね。
 今年は劇場作品については「スーパーヒーロー大戦」「みんなで宇宙キターッ!」「MOVIE大戦アルティメイタム」の3本にとどまっており、去年一昨年あたりと比べると少なかったかと思います。
前半2つについては個人的にかなりアレな出来だったのが残念・・・。

 もはやブログ内容の2本柱のうち1柱となっているジャンプについては、毎年恒例の打ち切り漫画を回顧してみると・・・。
「鏡の中針栖川」に始まり「magico」「パジャマな彼女」「恋染紅葉」など、ラブコメが現れては消えていた1年でした。
果ては、編集部が血迷ったとしか思えない3つ同時に新連載などという蛮行にまで至りましたし。
「ニセコイ」のみが余裕を持って生き残っているという結末・・・。
 また、上述の「magico」を初め「ST&RS」「現存!古代生物史パッキー」「タカマガハラ」といった、それなりのポテンシャルを持った作品が惜しくも打ち切られていった1年でもありました。
特に後半3つについては、今も続いていたらどうなっていたかな・・・という漫画ばかりです。惜しい。
毎年こういうのが出てくるんですけど、その度に惜しいなと思いますよ。
 一方で、アニメ化もして中堅安定かと思われた「ぬらりひょんの孫」が振るわないまま左遷となったり、長らく続いた「家庭教師ヒットマンREBORN!」の円満終了。
もしかして、と思ったら本当に終わってしまい打ち切りともリタイヤとも見当のつかなかった「いぬまるだしっ」の終了など、中堅またはその上クラスでも動きのあった年です。
 いぬまるはギャグ枠として確固たる地位を築いたかと言う所での終了でしたから、これも惜しい作品でした。
REBORNは路線変更等の紆余曲折ありながら、よく続いたと感心する作品です。
ジャンプシステムに苦しめられながら、よく頑張ったと思いますよ。

 また今年はゲームをよく買った年ですね。
PS3では年明けからアーマード・コアVに始まり、のめり込みながらもネット主体ゆえの廃人ゲー化ゆえに脱落してしまったのも苦い思い出。が、これもブログつながりでオンラインプレイができたという意味では意義深いものでした。
 その後は遅まきながらPSPを購入し、ライジェネ2に始まって、その後は第2次スパロボZの破界編と再世編をひっそりと立て続けにプレイしていました。
スパロボについては完全に旬を外していたためレビューも載せられず・・・。
超クラヒーも未購入ながら既に若干外した感が。

 さて私事としましては、今年ブログのネタになりそうな大きなポテンシャルを秘めながら、更新不足に一役買ってしまった一大イベントと言うのが他でもない、バイクの購入でした。
全くもってバイク漬けの1年であり、夏場ともなれば天候不順がなければ休みのたびに乗っていましたからね。
4月後半の納車から既に1万キロ近く走行しています。
 休みが2日あると、土曜日は全力でバイクに乗って日曜は半日ライダー感想、下手をすればその後もちょろっと乗るような日々だったため、日5枠とか物理的に視聴不可能という事も多かったです。
長野のビーナスラインとか志賀草津道路とかがお気に入りだったため、いっそ長野に住みたいという1年でした。
海抜ゼロから1日で2000メートル級まで登って寒さに震えるのが定例となってしまいました。
低体温の危険性を身をもって味わった1年です。
 何度目か分からない職場の配置換えのため繁忙職場に飛ばされてしまったため来年は流石にペースダウンしそうですが、先ほど更新不足について触れた事もあり、ツーレポのひとつも載せられるようなブログにしたいものです。
 暮れにあたり今年の写真整理をしたため、いい機会なので良さげな写真をピックアップ。
IMGP1113

IMGP1152

何れも上記お気に入りスポット。やはり天気さえ良ければそれなりに絵になりますし、何より気持ちが良いです。
高い買い物でしたが、十二分の価値がありますね。

 写真ついでに、9月にお台場ガンダムを見たのでその写真も。
これも旅行記がついに上げられなかった・・・。
IMGP1234

実物大はやはり迫力がありました。いくら理不尽な暴行を受けたとは言え、このサイズの兵器で生身の人間を追い詰めたカミーユは最初からどこかおかしかったと実感します。
部分的とは言え光って動くのには大人気なく感動。

 さて、これでようやくブログへの書き漏らしなく1年を締めくくれた感があります。極めて略式ながら。
この後は残すところ数時間ですが、良いお年をお過ごし下さい。  
Posted by jerid_and_me at 15:11Comments(2)TrackBack(0)

2012年07月07日

26

えー、また1つ歳を取ってしまったという話です。
『5』はともかく『6』って言うと、いよいよもって後半という感じですね。圧倒的現実・・・。
去年のうちから感じていた得体の知れない息の詰まるような気配がより強まってきたという所でしょうか。真綿で首を絞められるってのはこういうのを言うんでしょうね。
 流石に・・・このブログを初めて8回目ですからね。自分の誕生日に絡む自虐ネタ。
いい加減に書くことがなくなってきました。と言うか8年も続けてる自分が得体の知れない何かに感じます。
 毎度触れている事と言うと、七夕は1年に1度だけ、織姫と彦星が直接会ってどうたらこうたら・・・と言う話ですが。
つい先日、通勤中のラジオで面白い話をやっていまして。
 と言いますのは、織姫と彦星の距離という話。
距離と言ったら、そりゃあ天の川を隔てていても心はひとつでゼロ距離・・・と言った話になるかも知れませんが、そういうファンタジックな熱愛の話ではなくて物理的な距離の話。
 ご存知の方も多いとは思いますが、昔から夏の大三角形の一角である琴座の最輝星であるベガを織姫、同じく一角である鷲座のアルタイルを彦星に見立て、その間に広がる天の川という構図から成り立っている話でありまして。
 ではベガとアルタイルの距離は?と言うのを天文学的に、数学を用いて計算すると・・・ざっと15光年弱だとか。
読んで字の如く、光の速さで15年を要する距離。
1年に1回しか会えない、いや『1年に1回は会える』のに、その距離は『光の速さで15年かかる』。
つまり・・・どういう事だってばよ?となります。
 2人がお互いまっすぐに相手に向かって進んだとして、速度が同じとすればひとり片道7.5光年、往復15光年を移動し、それを1年1サイクルで行わなければならない。
となると、2人は超光速も超光速、実に光速の15倍のスピードでかっ飛んで年に一度の接触を果たす訳ですね。
さらに再会してアレコレしようと思ったら、ますます速度は上昇するという衝撃的事実。
・・・そうなると、ロマンティックな夏の恋人の物語はその実、SFロボットアニメもビックリなハイスピードラブストーリーだった、と言う話。

 ちなみに補足しておきますと、ラジオで言っていたのは『2星の距離が15光年』ぐらいまでですよ。
その後の超時空ロマンスについては私が勝手にでっち上げたもので、平日の通勤時間にそんなイカれた番組はオンエアされていませんので悪しからず。

 それはそれとして、ベガやアルタイルと言うとやはり思い出されるのは電王・・・と言うかゼロノス。
夏の大三角形の最後の一角が白鳥座のデネブですね。
ここで再び夏の大三角形の構図に戻ると、天の川の両岸に織姫ベガと彦星アルタイル、川のど真ん中にベガという形になっています。
 これって、同じ粒の集まりと言うことで時の砂漠を挟んだ侑斗と愛理、そして時の砂漠の住人(イマジン)であるデネブが見守っていると言う構図にも見えます。
ゼロノス周りはこんな感じで夏の大三角形から着想を得たのか・・・?と言うのは流石に考えすぎのこじつけでしょうね。
 なるほど時の列車があれば光年単位の距離なんて関係ない、という気はします。
過ぎた分だけ遡れば良いので。

 結局、やはり今年も雨。
こうなっては大三角形の位置関係を確認することも、織姫と彦星の超光速ランデヴーの真相を見ることも不可能となったわけです。
が、こうして雲の向こうの星空に思いを馳せることも風流でありロマン・・・って事は無いですね。下世話です。

 とまあ齢26ともなれば、奇しくも日を同じくした七夕の見方もますます捻くれてくると言うもの。
ブログの運営は縮小していますし色々と年寄り臭くなっては来ましたが、今後も仲良くして頂けると嬉しいです。  
Posted by jerid_and_me at 17:23Comments(2)TrackBack(0)

2012年01月28日

アーマード・これ

 何だか久しぶりに特撮・漫画関係以外の記事・・・年明け以来でしょうか。
今回の話題はこれまた久しぶりにゲームを買いました、というお話。
12月にガンダムのEXVSを購入しているので、割りと立て続けではあるのですが。
・・・そっちはもうボコボコに負けまくりで早くも辛い状況になっています。やはりアーケード系のゲームって弱いとつまらない仕様になっていますからね。そりゃあ廃れる。
 一方、今回買ったのは同じロボットゲームでありながら圧倒的な自由度と戦略性、そして泥臭さを持った、同ジャンルの中では正反対とも言えそうなものです。
ARMORED CORE V(アーマード・コア ファイブ)(特典なし)
ARMORED CORE V(アーマード・コア ファイブ)(特典なし)
クチコミを見る

 もう1年近く前になるのでしょうか、前作となる「アーマードコア・フォーアンサー」にハマっているという記事を書きましたが、同ACシリーズの最新作となるものです。
と言ったものの、世界観から登場兵器のタイプからゲームシステムから操作系統から、何から何まで別物となっていますが・・・。まあ、FFだって大概そんなもんですよね。
 前作は謎粒子を撒き散らして、スタイリッシュなロボットが縦横無尽に飛び回り既存兵器を駆逐するという「ガンダム00」のような世界観でしたが、今回はいきなり「装甲騎兵ボトムズ」の如く泥臭くなった・・・と言えば分かりやすいと思います。
機体構成にもよりますが、ムービーによく出てくる構成や初期機体を見るに「四角いティエレン」という印象。
 戦車や簡易自動メカにも苦戦し、上空高く飛び回る事も不可能ならばバリアなんて以ての外という、技術的にかなりローテクになった感があります。が、これはこれでメカメカしていて良いと言う面もあり、好みの問題もありそうです。
 ゲームシステムとしては、特筆すべきは何といっても最大5人(オペレーター1人含む)というオンラインチームプレイ・・・にあるのですが、このフロム・ソフトウェアという会社はとかくネットワーク関連が弱いようで。
発売日が今月26日であるのに対し、わずか1週間前に体験版が公開され、さらに21,22日の週末のみオンラインが体験できると言う触れ込みだったのですが、ピーク時間には早々とサーバーがダウン。
 その時点で嫌な予感はしていたのですが、何せ直後の製品版であるだけに何の改善もされていないらしく、発売日からずっと、プレイしたい時間はだいたいサーバーが落ちています。
こりゃあ、この週末も駄目だったら手放す人も出そうだな・・・という勢いの落ちっぷり。
初回特典がヘッドセットなぐらいですから、オンラインができないとなるとかなり辛い状況になりそうです。
 もっとも、オフラインで出来ることもかなり幅広く充実しているので、オフラインでもEXVSほど残念ではない、と言うのは明白だと思いますが。

 オンラインでは仲間内で盛り上がったり、ネットの交友関係を訪ねたりだの色々とやりたい事はあるのですが、いかんせん繋がらないのでは・・・と言うのはもとより、操作系統がガラリと変わっているので現状ロクに動けていないという現実が立ちはだかっている所です。
 体験版でも、ようやくサーバーが復活して対人が出来たと思ったらボコボコにされましたからね・・・。
このまま狩られゲーになってしまうと逆に辛いんじゃないか、という一抹の不安がよぎります。
まあ、まだまだ様子見と言った気配が濃厚なので・・・何とも言われませんね。

 今回もPSNのIDを晒しておくと「jerid_and_me」ですね。
・・・とは言っても、このゲームの場合はID単体で呼び出したりと言う物でもないようですし。とりあえずプレイヤーネームが「ジェリドと私」なのは相変わらず。
作った機体を一応晒してみるテスト。IMGP0969

驚きの黄色さ。

まあ、また何かあったら書くかも分かりません。  
Posted by jerid_and_me at 01:49Comments(0)TrackBack(0)

2012年01月02日

2012年開幕

 読者の皆様、明けましておめでとうございます。
今年も当ブログをどうかよろしくお願いします。

 と、先ずは挨拶からと言った所ですが、これといって書くことが見当たらないと言うトラブルに見舞われています。
結局のところ、元日の更新がとうとう不可能になるという・・・なんという失態。
元日って、親戚の家に集まって朝から飲酒などさせられてパフォーマンスを劇的に低下させた上で、両親の年賀状代行、初詣なんかで意外と自由な時間や能力的余裕と言うのは確保し難いと言うのが現実だと思います。
それに大晦日ってつい夜更かしして寝不足になってしまいますし・・・などと言い訳。
 ううむ、結局滑り出しは見事にしくじってしまった感があります。
これまで毎年、一応のこと元日のうちに更新できていた気はするのですが・・・。
ガンダムAGEも上述の理由でごく普通に見逃してしまいましたよ。

 とりあえず、去年の振り返りは去年のうちに済ませたので、ここは2012年の抱負を。
去年はいよいよ日曜5時枠にも見切りをつけつつあり、さらにジャンプも褒める所が見つからない、という事が多く、非常に淡々として殺伐としたブログになってしまったような・・・と言う風に恥じ入っている所があります。
 仕事関係も割りと忙しく、定例以外の更新があまり出来なかった事はもとより、定例のものについても何のためにやってるんだか・・・という所が多かったのが現実。
そこで今年は、もう少し物事を好意的に見られる年に出来れば、などと考えています。
 とは言ったものの、現実問題としてジャンプの現状やガンダムAGEがアレなのは如何ともし難い事実だと思っているので、この際それは置いといて・・・。
もうちょっと、私自身が興味を持ったものとか面白いと思ったものについて取り上げていけるようにしたい、と思います。
でないと、このままではこのブログの存在意義がますます黒ずんだものになっていく・・・という可能性が見えてきたもので。
 ここはひとつ、私自身が変革していかねば、と思っています。
そんな言い方をするのも、最近EXVSを始めたこともあってガンダム00(主に劇場版)熱が再燃していると言うのが大きくて。
クアンタのキットでも買おうかとか、BDでも買ってしまおうか、などと思案している最中。正月休みは誘惑がいっぱいです。

 ともかく、つまらないことをつまらないと書き綴った所で何にもなるまいと言うのを悟りつつあり、それを実践に移すのが今年であると思っています。
しかし大きく出ましたね私・・・。  
Posted by jerid_and_me at 00:51Comments(5)TrackBack(1)

2011年12月31日

2011年終了のお知らせ

 あっという間に年末です。
今週はジャンプが休みだったので、フォーゼ感想から1週間近く空白となってしまいました。
年末に向けて仕事が忙しかったりで、雑記等を上げる暇もなく・・・と言った所。
年末の操業が止まる時に設備の入れ替えをやるので、その段取りとかでてんてこ舞いとなっておりました。
本来なら正月休みの時に出社じゃなかっただけいくらでもマシ、という言い方もできますが・・・。

 まあ、ともかく今年もあと残す所数時間となりました。
という訳で今年をさっと振り返りたいと思います。
大きな出来事からざっと振り返ってみますと・・・。

・年明け早々からPS3購入(1月)
今年の正月、あんまり暇だからってんで購入したんでしたっけ。ソフトはグランツーリスモ5。
後に『AtoZ 運命のガイアメモリ』でBDデビューをし、驚愕の映像性能を実感しました。
しかも、後に盗まれて買い戻すハメになるという・・・このゲーム機にはよく振り回された1年です。

・職場の部署異動(3月)
残業ゼロ生活から一気に残業漬け生活に。
専門家から何でも屋への格下げ、上位下達のなっていない雑然とした環境、しかも近い将来土人の土地に飛ばされる・・・と悪いことづくめの部署。
しかも消去法で放出されたのがほぼ明白なため、モチベーションが最低レベルです。

・震災(3月)
私は仕事で外を出歩いていて、全く揺れを感じなかったので帰ってTVをつけた時、火の海と津波の映像が延々繰り返されていた時の驚愕ぶりは未だに忘れられません。
にも関わらず、私はその週末に予定されていたイベントの中止を受け、腹いせに突貫で関西旅行を敢行したという外道っぷりもよく記憶に残っています。

・某イベント(5月)
ビッグサイトでけえ、と行くたびに思います。
そういや今年もコミケ行かれませんでしたね・・・今年の冬は行けそうだったのに。

・車を新調(6月)
・・・と言っても中古ですけどね。しかも100万もかけていないという節約ぶり。
が、普通車になったので全域で余裕が持てるようになりました。(嵩むガス代から目を逸らしながら)
今年もそれなりの降雪となっているので、車高のある四駆車にしたのは正解でした。

・ACfA(6月)EXVS(12月)デビュー
アーマードコア・フォーアンサー及びエクストリームバーサス。ついに我が家にもネット対戦ゲームの時代が到来。
と言っても、どちらも修練が足りず終始ボコボコにされているゲームでしたが。
年明けに発売予定のACVではどんな風にボコボコにされるのやら。

・空き巣被害に遭う(6月)
正直、これが一番のビッグイベントでした。
まさか盗まれるとは・・・という衝撃。しかも相手が私の元同級生で、最初からそれ狙いの犯行であり、他の同級生も多数被害に遭っているとか。笑えない冗談です。
 私もPS3、ノートPC、Wiiを盗まれるという被害に。うちノートPCは先日戻って来ましたが中のデータは当然なくなっていますし、大体にして同タイプを買い直しています。
PS3も絶望的とみて買い直しましたしね・・・10万ばかり余分に出費していますよ。
そう言えば、判決とかについて聞いていませんね・・・今更知りたいとも思いませんが。

で、ここからブログの趣旨的なところに移っていくと
・どんどんリタイヤ気味になっていく日曜5時
『スタドラ』は何だかんだ言って楽しんで半年間突き抜けてくれたのですが、その後の『青エク』は早々にリタイヤ。
前者はとにかく勢いで突っ切ってくれたアニメでしたが、後者は雰囲気がのっけから陰惨で・・・。
そして『ガンダムAGE』は、正直言ってこれがガンダムか?と言うレベルの体たらく。
驚くことに今週休んで元日放送。色んな意味で罰ゲームですよ・・・。

・オーズ→フォーゼ
震災の影響もあったものの、基本としては高評価で幕を閉じてくれたオーズ。
実は、震災のため明るい方向への路線変更があり、実はもっともっとハードなストーリーだったという噂も。
が、誰のテコ入れでもなく明るい話に切り替えたのは、小林さんが人の心情などを大事にした脚本を作られることの根拠とも言えるかと。
 そして、開始前は圧倒的なマイナス評価でスタートしたフォーゼ。
デザインしかり、設定しかり。とにかく期待度の薄かったライダーですが、始まってみると見事にひっくり返されました。
キャラ使いや描写が巧みで、ギミックの使い方も絶妙でデザインが普通に見えるという快挙。
 さらに、前年のダブルからの流れを素晴らしい形でまとめ上げた『MOVIE大戦』。
去年、今年と仮面ライダー躍進の年であったと思います。
・・・ただ、『レッツゴー仮面ライダー』についてはもう忘れてます。

・ウルトラマンゼロ・シリーズ
年始の事であったので忘れがちですが、前年の『ウルトラ銀河伝説』から続編となる『ベリアル銀河帝国』も傑作映画であったかと思います。
 腐女子向け声優キャスティングか・・・などと前評判は微妙でしたが、中身はキッチリと作られた王道ストーリー。
ウルトラシリーズであることを過剰に意識しなければ、実によく出来た映画だったかと。
それだけに、その後はOVAシリーズに引っ込んでしまったのが残念ですが・・・ここは是非ともTVシリーズに踏ん張って、ライダー・戦隊と並び立つ3本柱の復権を測って欲しかったものです。

 他には・・・ジャンプは今年は、と言うか今年も混迷を極めるというレベルでしたし、他にコンテンツ関係で特筆すべき点があるとすれば『まどマギ』の大ブームぐらいでしょうか。
PS3と一緒にDVDを盗まれた嫌な思い出もありますが・・・なるほど確かに、アレは面白かったと思います。
今年のアニメの顔とも言える存在でした。

 私的な所をさらに振り返ってみると、そう言えばあちこち出歩いた1年だったな・・・と思います。
特に出張や旅行など電車を使った移動が多く、他にも友人が車を新調したのでドライブに付き合ったりなど、遠出をする機会が多かったかと。反面バイクはいよいよ故障して殆ど乗れませんでしたが。
 ざっと数えてみると、1月東京、3月関西、5月東京、6月名古屋(出張)、7月大阪(出張)、11月東京、と。
電車移動だけで6回も主要都市圏に行っています。尤も、仕事内容によっては「なんだこのぐらい」という人も多いんでしょうけどね。
後は日帰り圏でも結構ちょろちょろしていますし、とかく移動距離に関してはアクティブな年でした。
1月の東京で新調したデジカメが早くも猛威を振るっていましたね。

 後は厳密には今年のことになりませんが・・・去年の暮れに飼い犬を亡くしてから、かなり精神的にキツいと1年でした。もう1年か・・・という実感があまり無く、つくづく豆腐メンタルだなぁと実感させられる1年でしたね。

 とまあ、並べてみると何だかマイナスのイベントばかり多い年だったように見えますが、こうして生存しているだけで良しとするべきでしょうね、特に今年は。
来年はもうちょっと良い年にしたい所です。具体的な抱負なんかはまた年明けの更新で。(逃避)
 それでは、これで本年最後の更新とさせて頂きます。
読者の皆様はどうか良いお年を。

・・・年末年始の家族の集まりってやはり憂鬱ですね。お年玉を貰える歳でもないとなると尚更。  
Posted by jerid_and_me at 18:17Comments(4)TrackBack(0)

2011年12月06日

スマホ

 やはりたまには日記的な記事も、と言う事で。
突然ですが私、ついにスマホデビューを果たしまして。
いずれ使うようになる、とは思っていましたが、なかなか踏ん切りがつかず数ヶ月ばかりウロウロしていたかと思います。
 と言うのも、金額が結構なものだと言う事が第1の問題で、それなりのを買おうと思うと5万円超と言うのは結構なものです。私が今使っているノートPCが6万円足らずという事を考えると、事の深刻さがよく理解できます。
 第2に、要求される事柄の量・質が結構なものであったと言う事。
基本的に、私がこう言うお高い道具に対して「どれを買うか?」で悩む時は、かなり贅沢な要求をします。車の時も大概でしたしね・・・。
今回の場合は、出来ればワンセグが見たい、出来れば防水がいい、出来れば画面の大きい奴がいい・・・とか。
後は「評判が悪くない」と言うのも大事です。それらを同時に満たす選択肢が無かったのが苦しい点でした。
 そんな具合にあれこれと悩んでいたのですが、どうせ買うし値下がりもあまり期待できないものを先送りするのもアレだ、と敢えて夜勤明けで脳が半分死んでいる状態で迷いを殺してショップへ。
そうして最終的に手にしたのが「カシオ計算機 IS11CA『G'z One』」と言う訳です。
K0000251734

・・・ヲタ臭いって思われたでしょうが、ヲタがヲタ臭い物を所持して何が悪い?と開き直る他ありません。
 だってほら、何か変身できそうなデザインじゃないですか。
平成ライダーの如くスタイリッシュに構えるか、デカレンジャーの如くズイっと前に突き出すか悩む所です。ジャッジメント。
 色としては赤・緑・黒とある中で赤が一番人気のようですが、それは流石にいかにも過ぎるという印象で敬遠・・・と言うか品切れでした。黒は黒でいささか無個性だな、と言う事で緑。
もとより緑ってのは好きな色の部類に入りますし、長く身近に置くものとしては目に優しい色の方が良いだろうと言う事で。
 それに緑は特撮モノには欠かせない色ですし。
パッと思いつくだけでも、
昭和ライダー・・・緑率高し
ペガサスフォーム(クウガ)・・・過敏症のスタミナ不足スナイパー
ギルス(アギト)・・・2回も死ぬ
ゾルダ(龍騎)・・・スーパー弁護士
レンゲル(剣)・・・最強(笑)
キックホッパー(カブト)・・・カブトライダー一番人気(当社比)
ゼロノス(電王)・・・裏主人公
バッシャー(キバ)・・・バッシャーフィーバー(苦笑)
サイクロンメモリ(W)・・・半分メイン
ガタキリバ(オーズ)・・・(劇場版で予算が)本気出して戦うのなら負ける気しないはず
ウヴァさん(オーズ)・・・言葉にできない
戦隊モノ・・・出演率はかなり高い
シシレンジャー(ダイレン)・・・名乗りのキレNo.1
マジグリーン・・・アニキ
 とまあ、こんな具合でかなりの数が浮かんできます。多少アレなのも混じっていますが・・・。
ガンダムだとザク色とかゴヒぐらいでしょうか。

 話を携帯端末に戻しますと、特筆すべき点としては第1に防水です。
私は、高校時代より今までで携帯電話と言うのは5代目ですが、そのいずれもが一度は水難に遭っています。
軽症で済んだもの、乾かせば奇跡的に復活したもの、重い後遺症を残したもの、メーカーから別人が帰ってきたもの等、私が阿呆なのか、とにかく水周りのトラブルに見舞われる事が多いです。
先代を5000円払って別人にした時は「次は防水にしよう」と固く誓ったものです。
 で、今回こその防水。
パッキンのせいでカバーの開け閉めが面倒といった別の問題こそ出てきていますが、この安心感は実に良いものです。
雨の中でも、洗面所のチョイ置きでも、胸ポケットに入れたまま前屈みになっても何の問題もないと言うのは素晴らしい・・・。
それどころか、汚れたと思えばおもむろに丸洗いをしても平気ですし、何となれば入浴しながら使えるという代物です。
・・・まあ、それだけの地形的汎用性があるだけにワンセグが使えないと言うのが痛いのですが。
 出先で日曜朝を迎えた時の非常手段としては割りと有効活用していましたからね。
そういう遠出の時は先代との二刀流で行く、と割り切る事としました。

 そしてスマホ全般の特色となるネットワーク機能については感動するレベルです。
携帯向けにデチューンされた使い物にならない画面とは違い、タッチパネルにより直感的な操作が可能で、ほぼPC並みの表示が可能というのは実感すると大したものです。
 無線LANがなければお荷物となりがちなPCと異なり、携帯の電波がある場所なら何処でもそれが可能というのが何より偉大です。それも無線LANが使える所では、より高速で安定的に繋がると言うのですから感動的です。
が、うちの無線LANルーターとは相性が悪いようで時々途切れます。だが無意味だ。
 携帯のように月額利用料を払って質の悪い地図機能を買う必要が無いというのは、出先ではかなり便利です。
Googleマップの見慣れた形式ですし。
 反面、Web検索や閲覧の履歴、現在地などを事細かにGoogleに記録されていると言うのは薄気味悪いものがありますね・・・何せ、ログインしないと履歴が消せないとか。
迂闊なことをすると手が後ろに回る可能性もあると言う事でしょうか。恐ろしい話です。

 操作に関しては・・・覚悟はしていましたが、中々にしんどいです。
文字を打つにもWebサイト上のどこかをクリックするにも、誤タッチが多くてひどく難儀する日々。
実はもう1週間前に買ったのですが、慣れるのはまだ先になりそうです。
PCキーボードと同じQWERTY配列も使えるので、使いこなせば早くできそうですが・・・。
 また、各種機能を向上させるアプリが好きにインストールして使えると言うのは強みであるようですが、その辺りはまだまだ情報不足・・・。
電池も、フル使用ならば丸一日も危ういレベルなのでなにか対策を打ちたい所です。

 とまあ、悪戦苦闘している日々なのですが・・・ちょっとした休憩、会社の休み時間、移動中などにネットし放題というのは素晴らしすぎて「えらいものに手を出してしまったのかもしれない・・・」と不安になる事もありますが、それ以上に画面を覗き見られると困る機会が明らかに増えたかと思います。
 ゴルゴ13ばりに「俺の後ろに立つな」と言いたい気分ですね。
会社で何をやっているんだ、と言う話でしょうけど・・・。
IMGP0967
  
Posted by jerid_and_me at 20:20Comments(4)TrackBack(0)

2011年11月07日

ハシビロ公に謁見&ガンプラ

 今週は駅伝ゾディアーツのためにフォーゼもお休みと言う事で、たまには感想以外の記事も書かなくては・・・と言う所。
とまあ、逆に考えればライダー感想に時間を割く必要が無いわけか・・・と言う事で急に月曜に有給休暇を取り、突如として夜行バスに乗って何の目的もなく東京に来たりしております。
 このところ人出が足らないとかで会社では一時的に現場に逆戻りとなってしまい、夜勤だ深夜勤だとやっているため生活はガタガタなのですが、反面人数に余裕のある昼間勤務の週であれば休みが取りやすいために可能となった芸当なのですが。
何せ休みの申請をしたのは金曜です。本当に急ですね・・・。
 都合、まったく何の予定も無かったのですが、前から興味のあった上野動物園のハシビロコウとの対面を果たしてきました。
やたら人相が悪いとか、とにかく動かないとか。そういう噂は前々から聞いていましたが、実際に見てみるとまさにその通り。
IMGP0858

うち一羽については、こんな風に植え込みの上に藁が敷かれた巣(?)のようなところに乗っかったまま、とうとう動きませんでした。
 が、目は時折まばたきをしますし、顔を近づけると首を回して目を合わせてくることも多数。
IMGP0827

なるほど確かに目つきは悪いです。後頭部のハネ毛が素敵です。
IMGP0834

さらにアップ。こんな感じにウインク的な・・・『キラッ☆』とかコラしたい衝動に駆られます。
 この子はこんな具合に顔と目以外は動かしてくれなかったのですが、裏手にいたもう一羽については恐らく希少であろう、捕食シーンに立ち会う事ができました。なんという僥倖。
IMGP0852

こんな具合に、池に足を突っ込んで佇んでいたのですが・・・。
IMGP0844

次の瞬間、おもむろに水面にその大きな嘴を突っ込んだかと思えば
IMGP0845

生きた魚の頭をキャッチ。お見事!としか言いようのない手際でした。
IMGP0846

後はもう、つるりと丸呑み。見た感じ的にはペリカンに近いのか?と思いましたが、コウノトリの仲間なんですね。嘴の広いコウノトリでハシビロコウ、と。
 一連の流れを歓喜とともに見ていると、
IMGP0854

「何見てんだよ」とばかり。いずれの子も視線をこちらに向けてくることが多く、存外サービス精神には満ち溢れ手いるようです。出来れば翼を広げているところもお目にかかりたかったものですが・・・。
IMGP0864

また、他に見られた動きとしては上図のように朽ち木や枯れ枝を嘴で攻撃したり、その大きな嘴をカスタネットのごとく打ち合わせて「工事か?」と思うほどの大きな音を響かせたりと。
檻の中では、どうもこの巨大な嘴を持て余しているようで、時折荒ぶる一面もありました。

 世間一般では現在の上野動物園と言うとパンダですが、そちらもバッチリ見る事ができました。
しかも、普段は寝ている事が多いらしいのですが、ちょうど餌やりの時間に当たったため、こちらも捕食シーンをゲット。
IMGP0755

竹筒から人参を引っ張り出して
IMGP0754

ムシャムシャと。何とも美味しそうに食べるものです。
係の方に聞いた話だと、このような野菜類の他に大豆や小麦の粉を練り合わせた通称「パンダ団子」を併せて与えるようです。何でも、笹の葉だけでは殆ど栄養にならないとか・・・意外な新事実。
 その他、動物園の人気者と言えば
IMGP0813

荒ぶるシロクマ。
IMGP0817

反面、暇そうなツキノワグマ。
IMGP0808

理由は分からないながら反り返るオットセイ。
IMGP0797

何故かワラまみれのゴリラ。
IMGP0782

コアメダルのイメージに反して強そうなトラさん。
IMGP0840
IMGP0840

顎のせで脱力中のワニ。目が意外と優しそうという。
IMGP0773

ショッカーマークのごとき迫力のコンドルの類・・・でしたっけ?看板を見損ねました。
IMGP0772

そしてこのドヤ顔である。
まあ動物園での写真は他にも無くはないのですが、綺麗に写っているのはこの辺りと言う事で・・・。
この手の施設っていうのはフェンスやガラスがあるので、なかなか綺麗に写らない事も多くて。
 日曜ってことでもっと混雑しているかと思ったら、流石にスペースに余裕があるのと小雨模様の天気だったことから予想に反してかなりスイスイ見る事ができました。
入場料もお安いので中々良いスポットかと。但し、やはり臭いですね。

 後、秋葉原UDXで開催されていたガンプラEXPOワールドツアージャパン2011とか言うのが日曜まで開催中と言う事だったのでフラリと見てきました。こちらは混雑・・・。
列に並んでいざ会場に入っても、展示物の真ん前に陣取ってデジカメだの携帯だので何回も撮影するようなのが居て、えらい渋滞でした。
ああ言う周りの見えない人はその命を神に返したって良いように思えます。
 素人よりも遥かによく撮れている写真がウェブ上に多々アップロードされているようなので、興味の有る方は検索されてみれば良いかと思いますよ。
多数の展示の中で、(ネタ的に)一番印象的だったのはこの「ニャッシマー」で決まり。
IMGP0889

ご覧の通りの猫です。変形メカニズムも完全に維持されているのが何とも。
 他にも、このように多色の発光メカニズムを組み込んだ物や、
IMGP0913

こう言う、まさしく質感に拘ったような物も。この重量感なんかはどうやって出てくるんでしょうね・・・?
IMGP0909

こんな完全なる「俺MS」のようなものも。これはスーパージム3とかそんな感じでしたっけ。
でもこう言うのって誰しも考えはしますが、自分で立体にしてしまうというのは凄いです。
IMGP0890

ここまで来るともう何が何だか。これ全部百式らしいです・・・百式で人体錬成って感じですね。
IMGP0901

ちなみに日本大会での優勝作品。何かもうこれだけ世界観が違います。
多少中二病っぽい印象はありますが、どこか生物っぽい質感など技術はバリバリの本物なんだろう・・・と感じる一品。
 こういった公募の作例の他にガンプラの歴史についての展示、やはりリアルタイムと言う事でAGE推し、また設計プロセスの実演や工場ライブ中継、製造工程紹介など。
ここまで見せてくれるか、と期待以上の部分もありました。
渋滞処理などスタッフの方の仕事ぶりがちょっと残念でしたが、無料にしては中々太っ腹なイベントだったかと。

 とまあこんな具合で。
唐突に思い立った割に面白かったかと思います。
あと日曜と言えば、イベントでも推されていたガンダムAGEですが・・・どうしたもんでしょうね、アレは。
また改めて書くと思いますが、正直言ってどうにもならないような。  
Posted by jerid_and_me at 06:05Comments(2)TrackBack(0)

2011年09月17日

帰ってきた粗製

 今日はわざわざ休みまで取って家の田んぼの収穫作業にあたる予定だったんですけどね・・・ここにきて降雨の憂き目にあい延期という形となってしまいました。
1週間まるまるカンカン照りだったくせに今になって雨となると、流石に悪意すら感じる空模様ですが・・・まあ近隣兼業農家の過半もそう思っている事でしょうからあまり恨み言を言うのもよろしくないでしょう。
大体にして、地震だの大雨だの土砂ダムだので、それどころでない人も多いとなればこれも贅沢な悩みだろう、ぐらいに受け止めておくべきでしょうか。

 かといって、気兼ねしながらとった有給を無駄に過ごしたなら確実に後悔する、と言う事で。
先だっての出頭でおよそ奪還が絶望的となったPS3を再度購入してきました。
つい先日から値下げしたことですし。
店頭にて、ひと月半ほど先に赤と青の新色が限定発売されるというPOPを発見し心が若干揺らぎましたが、『色が変わったって性能や使い勝手など変わるまい』とシャア専用機を真っ向から否定して標準型を購入してきました。
 ちなみに、盗難に遭った先代は黒でしたが、今回は白を購入。
正反対の色だけあって、何だか手触りまで違うかのような印象を受けました。多分気のせいですが。
白と黒って言うとファングジョーカーみたいですね(敢えてプリキュアとは言わない)。

 しかし、先代でせっかく進めたゲームが完全にゼロのスタートとなってしまうのは痛い・・・。
とりあえず再開したアーマードコア・フォーアンサーでは数えるほどしか選べない初期パーツと無チューニングによる基本性能の低さに四苦八苦。
 先代の時点では、ようやくシンプルモードでの操作を脱却しようとしていたところを標準モードの操作で開始したため、ろくに動けもしないという情けない目を見ました。
初期と方向性を変えてみても、躓く所は同じという進歩のなさにも軽く涙です。
 グランツーリスモ5に至っては、それなりの時間をかけて集めたガレージがまったくの空車状況になると言うのは辛い・・・これもブランクと技量の低下の相互関係が実に分かりやすいゲームですし。
もっとも、プレイ中のゲームが2本しか無かったと言うのは不幸中の幸いでしょうか。
ゲーム漬けのような生活を送ってたら、と考えるとゾッとします。

 ともあれ、これで初心者ドライバー兼新参の粗製リンクスとしてやり直す事となりました。
あまり時間に余裕のある生活をしているわけでは無いので、どれほどまで行けるかは微妙ですが。
・・・今後発表されるソフトに気になるものがかなり少ないのも問題です。  
Posted by jerid_and_me at 22:45Comments(0)TrackBack(0)