2018年12月27日

仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER

 今回は休日に割と早起きして、初日の初回で観に行ってきました。
今回に関してはそれが大正解だったようですね・・・なんか炎上したみたいで。
実際、そのシーンでは劇場内にどよめきが起こりました。
ギャグシーンで一斉に笑いが出ると言うのは割とありますが、どよめきが出るというのは初めてと思います。
実際、それだけのインパクトのある内容だったかと。

 それ以外にも、とにかく胸熱というシーンが多いです。
この手の集合映画について、仮面ライダーをメタな視点で見るのは結構多いんですけど今回はそれがすごく上手くできていたなと。
春映画と冬映画のいいとこどりのような、そういう雰囲気があります。

細かいことは追記へ。  続きを読む

Posted by jerid_and_me at 22:20Comments(6)

2017年12月11日

劇場版 仮面ライダー平成ジェネレーションFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー

 今回は個人的に事前期待度かなり高だったので前もって予約して初日一発目で見てきました。
結論から言うとその期待は大当たりと言うか、正直ビルド本編とここまで密接に関わっているとは思わなかった・・・。
 レジェンドライダー目当てだと若干出番少ないかという感はありますが、それでも尺がギリギリに感じるぐらいにはみっしり特濃の内容。
が、ひとりひとりのレジェンドライダーに対するリスペクトや尊重が感じられ、すごく良い客演だったかと思います。
 時系列的には今日でも問題ないようですが、たぶん明日の放送の後と言うのがピッタリのタイミングなんじゃないかなと。
大抵このタイミングが一番良いですよね、映画。始まったばかりでスクリーンも大きいし回数も多いし。

 細かい内容についてはネタバレになるので追記にて。  続きを読む
Posted by jerid_and_me at 22:41Comments(6)

2016年12月17日

仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー

 タイミング的に公開2周めからネタバレとか本編との関与(有る場合)が厳しいところになってくるので滑り込みで観てきました。
基本、前情報とか進んで予習はせずにレジェンドライダー目当てのつもりでしたが、意外にして面白い映画だったと思います。
結局、いわゆるMOVIE大戦の前年ライダーパート、現行ライダーパート、合体ライダーパートという分割は前年のMOVIE大戦ジェネシス同様無くなったようで。そう言えばタイトルからもMOVIE大戦が消えています。

細かいところは追記にて。  続きを読む
Posted by jerid_and_me at 22:13Comments(2)TrackBack(0)

2015年03月22日

スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号

 ふと公開初日に鑑賞。オリキャスが目当てみたいなものなので、誰がいつでて云々とかいうネタバレを聞いちゃうと魅力半減だなと言う事もあって。
全体的な印象としては、オリキャスの登場とかすごくテンションの上がる所はあったのですが、まあ基本的な本筋と呼ぶべきところは「いつもの春映画」と言った具合だったり・・・。
 とは言え前述のとおり目当てにできる程度のオリキャス数であったり、目玉要素であるレース要素が中々面白かったりで悪からぬ映画だったかと思います。
惜しむらくは、そのオリキャスの扱いだったりしますが・・・。
まあ、細かい所は追記にて。以降ネタバレにご注意。  続きを読む
Posted by jerid_and_me at 22:54Comments(9)TrackBack(0)

2014年12月14日

仮面ライダー×仮面ライダードライブ&鎧武 MOVIE大戦フルスロットル

 今回は初日初回の上映で見てきました。どんだけ期待してたんだ私。
しかし中身は期待を裏切らないもので、全編通してけっこう楽しく見ていられたと思います。
さすが初回だけあって結構席は埋まってたんですが、結構「子供連れ以外」の観客が多かったように思います。
やはり鎧武は大きなお友達人気が高かった?
 荒天の土曜で車社会という事で朝から劇場は非常に盛況で、毎度おなじみソロの私としてはSAN値が下がる思いでした。
みんな朝から気合入れて映画見に来るもんだなあ・・・と。そのためドリンクの列の捌けがやたら悪く危うく遅刻する所でした。諦めても良かったんですけど、呉島兄弟の晴れ舞台にメロンソーダは外せないじゃないですか。
・・・あと、入場で私の前に並んでいた男性がソロでアイカツ!見に来てました。彼は紛れも無く強者です。

閑話休題、中身については追記にて。  続きを読む
Posted by jerid_and_me at 00:46Comments(12)TrackBack(3)

2014年04月05日

仮面ライダー対仮面ライダー 仮面ライダー大戦feat.スーパー戦隊

 先週の合体SPを受け、気になって鑑賞してきました。
相変わらず客の入りが微妙です。が、内容としては予告の印象からすると面白かったと思います。
ペース配分とか戦隊の必要性とか、あとは投票による平成対昭和の決着とか。
 しかしオリキャスが結構多くて嬉しい。晴人、翔太郎、士、巧それに草加。
草加はその・・・凄い役どころでしたね。まさかこういう使い方をされるとは思っていませんでした。

ネタバレしちゃうのもアレなので、あとは追記にて。  続きを読む
Posted by jerid_and_me at 23:36Comments(4)TrackBack(2)

2013年06月11日

仮面ライダー バトライド・ウォー

 タイトルの通り購入しました。ついでに取り急ぎストーリーもクリア。


貧乏性を抑えきれず通常版での購入となりましたが・・・サントラとか揃えてないので、部分的とは言えTV準拠の楽曲が入っていれば良かったなあ、と。
ゲームなんてたまにしかしないので、そこでケチるべきではなかったと初っ端から後悔。
 先にプレイした人の情報によれば「無双系ゲームそのもの」と言う事でしたが、そもそも私はその手のゲームをやった事がなかったので、その表現が確かなのかどうかは分からぬまま。
ただ、モノにもよりますが必殺技で雑魚敵がゴミのように吹っ飛んでいくさまを見ていると「無双している」と感じます。
 基本として攻撃ボタン連打で敵の群れを圧倒できるので爽快感はありますね。
それだけで各キャラ固有のコンボに繋がりますし、そこから必殺技に繋げるもよし。いい流れを探すのが面白いです。
 ただ攻撃のバリエーションというのは基本的に通常攻撃と必殺技3種(稀に追加入力でバリエーションもあり)なので、当然ながら収録されてない技が多いのが残念。
また無双っぽいシステムとライダーの最強フォームのギミックの折衷を図ったところ、最終フォーム変身時に超必殺技が一発出るだけであとは何となく微妙な技ばかりという。
 また、CEROレーティングの都合かライダーブレイク・・・俗に言う轢き逃げアタックと言うものが不可能なため、肝心のバイクアクションに爽快感が薄く、それ以上に龍騎はサバイブ状態でのファイナルベントを封じられるという悲しい状態に・・・。
素の性能も残念になっているため、正直かなりの産廃キャラです。
声はオリジナルなんですけどね・・・。

 オリジナルキャストの充実ぶりはなかなか目を見張る所がありまして、主役ライダーだけでもアギト、龍騎、ブレイド、モモタロス、ディケイド、ダブル、オーズ、フォーゼ、そしてウィザードはオリジナル。
サブライダーでもアクセル、メテオ、ビーストはオリジナルでしかも使用可能。
バースも使えますが伊達さんで、幻の伊達バース・デイも登場します。後藤ちゃんは犠牲になったのだ・・・。
 さらに特筆すべきは、その他NPCゲストライダーや敵怪人もオリジナル多数と言う所ですね。
ギャレン橘さんやイクサ名護さん、敵からは恐竜グリードのドクター真木やウェザー伊坂といった最近のものからカッシスワームやジョーカーといったそれなりに時間のたったものまで。
サジタリウス理事長がご本人だったのは流石にビックリしましたね・・・大物感のあるラスボスだっただけに。
 ただ、そういったこだわりが裏目に出たのか、敵キャラのバリエーションの少なさがとにかく際立っていたのが残念。
各作品につき1人か2人で、それも何度も出てくるものですから・・・オリジナルなのは嬉しいんですけどね。
マップも少なかったり、全体に3Dモデルの制作をサボったんじゃないかと思える仕上がりでした。
スパロボで言う所の特殊台詞のようなものも少なかったので、やはりウィザードに間に合わせようと制作が急がれたのか・・・ところどころ惜しい作りです。

 一応ストーリーがあって、オリジナルストーリーが軸になっています。
割りと短いので、殆ど使わないライダーが出てくるのが残念。
展開が微妙に読めてきたりと、どうもボリューム不足と言う感がありましたが・・・終盤の各ライダーとのやり取り、そしてスタッフロールの後にもグッと来るものがあり、ライダーゲームとしては良好なプレイ後の感慨になりました。
 個人的にライダーゲームだと、同じく据え置き機でのクロスオーバーものとしてPS2の「正義の系譜」が思い出される所でしたが、あれも複数のライダーがオリジナルストーリーのもとで集結するという話でしたね。
アレも中々良ゲーでした・・・アギトが最新ですからもう10年以上前、時のたつのは早いものです。

 とりあえずストーリーをノーマル難易度でクリアしてみての感想ですが、先述の通りキャラ格差が凄まじいです。
今のところ最強はダントツで響鬼。
基礎攻撃力その他のスペックは低いものの、鍛えすぎとしか言いようのない空中機動力と、烈火弾による遠距離攻撃。
特に後者は雑魚をゴミのように吹っ飛ばす上、高威力かつボス的をダウンさせないので、当て続ければ黙々とライフが減っていくという恐ろしい技です。
 それ以上に恐ろしいのが音撃。
太鼓連打でとにかくコンボ数が稼げる上、一旦音撃に入ってしまえば大抵の攻撃は通らないという文字通り鬼のような仕様。ダウンを取ってそこに太鼓を設置すると無限コンボ。作中の描写からしてアレでしたが本当に容赦ありません。
 あとは発売後にDLCで追加されたウィザード・インフィニティスタイル。
これも普通のウィザードが馬鹿らしくなるぐらいの強さです。そりゃTVでエピソード前半から出せないのも頷けますよ。
 雑魚の掃討能力についてはダブルがピカイチ。
コンボ数はそれほど稼げないものの、ジョーカーエクストリームの攻撃範囲はもはやギャグの領域。
えらい数の雑魚敵がズコーと吹っ飛んでいく様とか・・・。
 他にもアクセルは通常モードで重たいものの、トライアルになった時のギャップが最高に爽快ですし、カブトのクロックアップ&ライダーキックの操作法は再現度と言う意味でかなり上位に入ります。
バース・デイの圧倒的火力で敵の群れを蹂躙する等、楽しみ方を見つけるのが楽しいゲームですね。
 難易度を上げるとそれこそ鬼のようなゲームになるようですし、やり込みゲームとしては中々・・・。
作中の台詞に基づいたトロフィーを集めるのもいいものです。

 とまあ足りない部分はありますが、細かい所で気の利いている所もあり、なかなか良い買い物であったと思います。
声が変わっちゃってる人も多いのですが、久々に声が聞けた人も居ますし。マニア向けアイテムかと。  
Posted by jerid_and_me at 22:41Comments(2)TrackBack(0)

2012年12月16日

仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム

 このままだとネタバレがどんどん集まってしまいそうなので観てきました。
このところ、公開初日からそう日数が経っていないのに空席の目立つライダー映画が多いですね・・・。
結局のところ田舎だという事もあるのでしょうが、顧客がついて来られなくなったという要素もあるんじゃないかという疑念を感じます。
そんな私は結局観に行っちゃう駄目なファンなのですが。

 ネタバレ抜きにしてざっと述べさせて頂きますと、意外とうまくやれていましたし、やはり当然ツッコミ所はかなり多いのですが「もはやツッコんでいる場合じゃねえ!」という具合で楽しめました。
 生身のアクションや目玉の装甲車戦など、映像的見応えもあり、昭和石ノ森キャラの使い方も先の映画からはかなり向上しており、さらにまさかのオチというサプライズも用意されていたりと時間以上のボリュームを感じます。

 とまあ、ネタバレを含む細かいことは「続きを読む」から。  続きを読む
Posted by jerid_and_me at 19:12Comments(0)TrackBack(3)

2012年08月15日

オール仮面ライダー ライダージェネレーション2購入

 今年は地味に盆休みが長く、それでいて悪天候続きで中々バイクに乗れない・・・と言うことで刹那の暇潰しにPSPを購入してしまいました。
随分と今更ですが・・・まあ持ってなかったんですよね、今まで。
 ネットワーク機能としては無線LANを搭載しているなど今時の携帯ゲームという感はありますが、ディスクドライブのため作動音がうるさい、タッチパネルではない、Bluetoothが無いなど、スマホがこれだけ普及している現代となってはあくまで単なる「ゲーム機」であり、時代遅れの代物だな・・・と感じる所です。
 その辺りは後に発売されたPSP GOやPS VITAで改善されている所なんでしょうけど、所詮ディスクレスのDLサービス自体が不便・割高・不信用というものなので買う気にならなかった・・・と言う事からこの購入に至りました。
中古市場がなければ値下げもあまり期待できず、トラブルでデータが消えたりしたら損を被ると言うのも御免ですからね。

 ともかくまあ、ハードとしては旬を過ぎているものの純然たるゲーム機として捉えればお買い得かも知れないなどと思うこととしましょう。
で、ソフトは先日発売されたばかりで絶賛CM中の「ライダージェネレーション2」を購入。
以後はネタバレも含みますので、買う気のある方は先の楽しみがなくなるかも分かりません。
 子供向けかと思いきや意外とマニアも遊べる、と言うことで購入となりました。
実際プレイしてみると、成る程確かにマニア受けしそうです。
何せ登場ライダーが多く、主役だけでなくサブライダーもちゃんと出てきます。
CMでしきりにサブライダー推しだったのを見るに、私みたいなのの需要を見込んでいたんでしょう・・・。
 またライダーによっては声がオリジナル。最新のフォーゼはもちろんオーズ、W辺りは当然のようにオリジナルで、以外な所だとブレイド・ギャレンがオリジナルです。リブラ校長効果か?
・・・が、オリジナルでないライダーはやはり似ていません。仕方のない事ですが。
Blackや響鬼などは今ちょうどニコニコで無料配信している事もあり、ちょっとガッカリでした。

 必殺技の演出なども結構凝っていて、こういう手の込んだドット絵のゲームって言うのは何だか懐かしい感じがして好ましいです。ベルトスクロールアクションと言うのも懐かしいですね・・・ファイナルファイトを思い出します。
敵との軸合わせが難しい辺りに懐かしさが。
 メインライダーとパートナーの2体での進行(2人プレイの場合はパートナーが有人操作)で、パートナーに攻撃が当たらない所に親切さを感じます。
昔、この手のゲームだと味方にも当たり判定があることが多く、時として友情ブレイカーとなり得たので。
みんなの絆で宇宙を掴むどころか、果てしないライダーバトルにならなくて本当によかった。
 組み合わせによっては連携必殺技もあり、フォーゼとメテオではダブルキック、ダブル&オーズではMOVIE大戦COREでのCJGXとタジャドルのキック挟み撃ち、ダブルバースではダブルブレストキャノン等。
個人的に印象に残ったのはBlack&RXで公然とてつをが2人いるコンビで、まずBlackがライダーパンチからのライダーキック、この時点で相手は確実に死んでいるのですが、ここでさらにRXがリボルケインをブチ込むという外道コンボ。相手は死ぬ。
 ちなみにRXは死にかけると「その時不思議な事が起こった」で復活します。
スタッフの空気の読み方が尋常じゃないゲームですね・・・。

 そんな具合にネタ関係もかなり凝っています。
各ライダーにはパワーアップアイテムがあるのですが、ギャレンのそれが「パズルのピース」と言うのはズルい。
ブレイドがラウズアブゾーバーなのにギャレンはパズル。
カイザもウエットティッシュって。設定をよく分かっていますよ。
イクサに至っては753Tシャツ。公式が病気・再びです。
オーズも明日のパンツとか。他に無かったのかと。
 そんな具合に設定や当時の話をよく理解した作りになっています。
ダブルVSエターナルをやると、ちゃんとVシネの設定も拾ってあったり、そこからの「お前の罪を数えろ」「今更数えきれるか」等、因縁の対決にもちゃんと考慮してあります。
 ドクタ真木(恐竜グリード)と戦う所では、オーズ・プロトバースともに特殊ボイスがあったりと気が利いています。
似ては居ますがご本人じゃないらしいのが残念。
 これまで絡みの無いライダーでも戦闘前台詞などはうまいこと考えられており、地獄兄弟戦にバースで行ったら、そのやさぐれぶりに後藤さんが「俺にもそんな時期があった」と言うのには吹きました。
まだまだ組み合わせを試しきれていませんが、この辺りの探索に関してはかなりやり込み甲斐のあるゲームかと。

 それとこのゲーム、淡々と敵を倒していくばかりではなく、道中の状況を我らがKENGOさんが声付きでアナウンスしてくれます。ごく小さなドット絵でもよく見える鼻・・・。
アイテムショップではドット絵でよく動くユウキが対応。しかもやはり声付き。
色々と似せてあってこれが中々可愛いです。全アイテム読み上げとか、かなりセリフ量は多いですね。
 この2人は、フォーゼはもちろんメテオでも専用台詞ありと、流石にフォーゼ周りに関してはかなり凝っています。
フォーゼは40のスイッチを様々に組み合わせて使えたりと、1人だけボリュームが段違いですし。
そう言う意味では、これは半分ぐらいフォーゼのゲームであると言えます。
・・・昭和は割りと空気かも。

 とまあ思いの外遊べるゲームです。
難易度も結構幅があって、育ててないキャラで挑むとあっという間に囲まれて死んだりするので時間も地味にかかる・・・。
たかがアクション、すぐ終わるだろうと思っていたら中々どうして・・・。  
Posted by jerid_and_me at 20:41Comments(2)TrackBack(0)

2011年04月02日

オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー

 公開2日目にして観てきました。
いやしかし・・・大した人出でしたね。地震とかあまり関係ない地域だと言う事もあって。
駐車場の埋まり具合から見るに、施設全体としては減ってるんじゃないかと思われましたが。
 今回は先んじて前売り券を購入していたため、たとえ内容がハズレでもダメージは小さいぞ、という心構えで観に行ったのですが・・・結果としてその心構えは良い具合に裏切られたと思います。
予告のアレさ加減は、CM担当者が単に残念な編集をしていたんだな、とも思える出来。
や、歌はやっぱりアレですが。

ともあれ、ネタバレが混じりそうなので以下は追記へ。  続きを読む
Posted by jerid_and_me at 22:50Comments(6)TrackBack(0)