今年もほざきマス!@とりあえず上海。





GH上海△佞


窓付きの展望風呂@グランドハイアット上海。
東方明珠電視塔からなら、望遠鏡使えばたぶん覗き可能。











GH上海Dの窓から


天気とカメラと撮影者がイマイチの東方明珠電視塔。












GH上海ぬ省


G.H上海名物33階分の吹き抜け。
怖ぇ〜〜〜!
高所恐怖症につき勘弁シテクダサイ!
【追記:上海金茂君悦大酒店(GRAND HYATT SHANGHAI)】
※以下、ホテル・ラブズ・ユーに投稿。


浦東地区のランドマーク、ジンマオ・タワーの53階から上。
おそらく世界で一番高いところにあるホテル。ジンマオタワーの展望台自体、
観光名所のひとつなので、宿泊そのものがネタになる。
浦東空港からはタクシーで3〜40分(130〜150元)、地下鉄の駅まで
徒歩10分程なので、たいへん便利。
(空港からリニアモーターカー→地下鉄も可)。
地下鉄の駅からさらに歩いて数分のところに、スーパーブランドモールなる
デカいショッピングモール(地下に大きなスーパーあり。※コンビニは地下鉄
の駅に小さいのがあるくらい)もある。また東方明珠電視塔も徒歩エリア。
とにかく景色は文句なし。上海市街を見下ろせ、足元にはライトアップされた
外灘地区と黄浦江。これだけで"ごちそうさま"状態。さらに圧巻はホテルのア
トリウムが53階から87階まで吹き抜けになっており、これも絶景モノ。
従業員さんは基本的に英語対応だが、母国語でないので、インチキ英語でも必
要最低限のことは事足りた。(てか、英語力は私立文系負け犬中年の勝ち!)
一般的に中国の人って無愛想な人が多いが、非常にフレンドリー。
すべてにおいて文句なしだが、高所恐怖症の方は要注意。とくにあのアトリウム
は"なんとかサスペンス劇場"の突き落としポイントとしてお勧め。あとで片平
なぎさに見抜かれてしまうかもしれんが...

広さ・雰囲気はいわゆるハイアットの教科書どおり。
アメリカ系のホテルながら、部屋に備え付けのティーパックがジャスミンティー
だったり、湯のみが中国の茶器だったりと、部屋全体の雰囲気はアールデコ調に
まとめているが、備品や調度品のちょっとしたところに中国のテイストを取り入
れていてなかなかお洒落。アメニティーもちよっとしたオリジナルのロゴマーク
を施したものが置いてあり、思わず持って帰りたくなる衝動にかられてしまう。
客室は全面ガラス張りで雲の上状態。ただし天気が良くないとホントに雲の中で
なんにも外の景色が見られなくなるので、こちらも要注意。バスルームも窓付き
で優雅な時間を過ごせるが、ブラインドをうまく下ろさないと、近くの東方明珠
電視塔の望遠鏡から覗かれる?のでこちらもまた要注意。唯一不安というか心配
ごとは水事情。上海の水事情はあまりよろしくないと聞くが、風呂にお湯を貯め
たところ、色つき(緑)だった。うっかりその水を沸かして飲んでしまったが果た
して大丈夫だったろうか?(とりあえず無事)

ひさびさの大ヒット。ごちそうさまでした。