非常にテンポのいい試合展開で、16時には試合終了、札幌
ドームを後にすることができた。地下鉄で札幌駅へ。
今日の行動のほうも非常にテンポ良く、乗る→着く→乗る
→着く→試合開始...のシームレス。席も立たずに試合に没頭。
ここまでメシ食う暇ナシ。
3日前から決めていたみそラーメンを、ってことで駅ビル
の中にあるよし乃。おのぼりさんなので、変な能書きは不要。
単純に味噌は札幌で。化学調味料風味だろうが気にしない。
札幌で味噌ラーメン食うことに意義がある、以上おしまい。
で十分なので店の選択はかなり適当。確か旭川ラーメン?まあいい。
細工のあまりない無難な味噌ラーメン。ちょっと辛め?味は結構深め。
おいしゅうございました。


ヒルトン小樽B僚天


体重計@ヒルトン小樽。
余計な備品...
せっかく"夏の臨時週末肉体労働"でやせたのに...
当初、札幌に宿を取ろうかと思っていたが、各ホテルとも
観光シーズンの稼ぎ時ってことで強気のお値段。ちょい自粛
ムード蔓延&魚、食いたいってことで、まともな店は日曜休
業のすすきのに見切りをつけて、前回に懲りず小樽へ。
例の民宿に泊まりたかったが、予約なしでこちらに着いて
電話するもなぜか繋がらず。結局HHonorsの忠実な奴隷として
ご奉仕することに。どうでもいいが、イシングループって外資
だったとは知らなかった。てっきり地方の温泉宿やらゴルフ場
などでひと山当てた大名かと思っていた。

18時前、チェックインして一休み。
ゴールドの特典は前回とほぼ同じであまり感動はなし、だったが
しっかりチョコとクッキーとクリスタルカイザーはいただき。
ごっつぁんでした。
これも前回同様、同じモールに入っているコナミのスポーツクラブ
で風呂入って、一服。

晩飯は、日曜ってことで市場は休みだし、おのぼりさん向けの鮨屋
はロクなことがないはずってことで、前回来た時から気になってた
"ザンキ"を攻めることに。
タクシーで小樽駅近くのなると【若鶏時代 なると本店】へ。
お会計前払いの昭和にトリップした感じの店。鶏専門店かと思いきや、
寿司もお取り扱い。ちょっとここで寿司はないだろうってことで、
魚系はパス。ただ店の雰囲気はさながらファミレス状態。地元のみな
さんではありなのだろう。
メインディッシュのザンキは、名古屋の手羽先くらいのインパクトを
期待をしてきたのだが、極めて普通のお味。わがB級のご用達
麻布十番のエリートのから揚げ定食と変わりなし。ただお味は美味。
我々おのぼりさんは、魚三昧で飽きたお昼に行くといいのかも?
タクシーの運チャンもこのおのぼりさんのオーダーに驚いていたが、
けっこう地元の普通のファミレスでおのぼりさんはあんまり近づかな
い模様。まあB級を追求しているこの負け犬中年にとっては、ザンキ
って何?が判明したので、それなりに収穫。おいしゅうございました。

このまま帰るか、と思ったが、前回全く小樽夜の街徘徊をしていなかった
ので、さらっと。時間・曜日が微妙だったというのもあったが、ゴースト
タウン状態にちょっと驚き。ここでキャバクラやったら儲かるのにと思っ
たが、他人の話によると、国立公園の中だかなんだかで、風俗営業が制限
されているとかでいかがわしいところは表向きナシ。
これだけ人がよってくるのに、寿司だけ食わせて帰すにはちょっともった
いない。

小腹が空いてきたのと、明日メインイベントの青塚食堂突撃に備え、
青塚食堂で調子乗って、目移りしてメニュー全部持ってきて、など
と言いかねないので、少しだけ魚を食うことに。

海鮮居酒屋の聖徳太子本店へ。
居酒屋、なのだが、衛生的には最悪。いまだカップ麺を認めない
ウチのオバちゃんなどを連れてきた日にゃあたぶん卒倒してしまう
だろう。お約束のいくら丼、八角のお刺身等何品かいただく。さ
すがに日曜ということで品薄だったが、お味・お値段共にOK。
おいしゅうございました。

さすがにもう腹が...コルセットのマジックテープがミシミシ
音を立て始めたので撤収。

おいしゅうございました。


ヒルトン小樽


戦利品もおんなじ@ヒルトン小樽デス。
前回と違うアングルで。





ヒルトン小樽


景色はおんなじ、海側デシタ。





ごちそうさまでした。