【現地2月23日 19時30分】

南米方面のトランジットのお客さん満載で満席のDLで
ほぼ定刻どおりATL着。例によって食う・寝る以外
何もしなかった機内。思ったほど寒くは無かったが、
喉が渇いてつらかった。それでもまあなんとか到着。
ATLのイミグレも10数分で抜けられるという、
なんともスムーズなトランジットで、17時半すぎTP
A着。


TPA

ATLもTPAのいい天気デシタ。
TPAについて、ホテルの送迎シャトルバンに乗ろうと思ったが
予想通り、現れる気配ナシ。ホテルにケータイで電話したところ
30分間隔ってことでお話にならないので、タクシーでホテルまで。


ヒルトンタンパエアポートウエストショア


部屋はまあこんなもん。
冷蔵庫ナシ@ヒルトンタンパエアポートウエストショア。
ボヤキは後ほど...






レイモンド・ジェームス・スタジアム


バッカニアーズの本拠地デス@ホテルの窓から。
ピンボケですまん...






日が暮れると、さすがに長袖じゃないとつらい。


どうなることやら。


【追記】HILTON TANPA AIRPORT WESTSHORE

あれだけHYATTに世話になって奴隷としての忠誠を誓っておきながら、
舌の根も乾かないうちに空港からの無料シャトルバンとインターナシ
ョナルプラザまで徒歩エリアという立地に負けて、あっさり裏切り。

あと20ドル出せば、ラウンジ使用&ベランダ付の部屋だったが、
週末はラウンジが閉まっているので意味ナシと判断。あと"なんちゃっ
てゴールド"のアップグレードを目論んで、最安レートで予約。

空港到着後、10分程待つもシャトルバンの来る気配ナシ。
ケータイで電話したところ、30分間隔のスケジュールなので待て!
とつれない対応。マイアミの時はすぐ来たのだが、そう甘くは無かった。
待っているのもかったるいので、結局タクシーでホテル入り。このタク
シー代をケチりたかったのに、何の意味もナシ。

チェックイン時にラウンジがクローズしているからってことで、朝飯の
バッフェのチケットいただき。ここまでは目論見どおりだったが、部屋
のアップグレードはナシ。よってベランダ付の部屋は、虫のいい話だった
ようでありつけず。
ムカついたのは、T/Cの換金を頼んだところ、$50しかダメだとふざ
けた対応。片言でブツクサ文句言ったら、$100までOKになった。
ここで替えとかなければ、翌日ほぼ衝動的に決めたセントピーターズバー
グには行くことができなかったので、ここでゴネておいて正解。

部屋は、平均的なヒルトン仕様。広さはそこそこ。眺望は駐車場ビュー。
レイモンドジェームズスタジアムが見られたのは、ちょっとしたオマケ。
風呂のお湯の出も問題ナシ。テレビのチャンネル数はまあまあ。
アメニティはマウスウォッシュ有りは好印象。バスローブはナシ。
冷蔵庫がなかったのと、無線のネットがやや遅め。あと窓が汚いのが
マイナスポイント。あと隣の部屋、廊下からの遮音性もゼロ。最も最悪
だったのがベットのやわらかさ。一応、ヒルトンを名乗ってこのような
ベッドを用意されてしまうと結構つらいものがある。命がけでご就寝の
2日間。つらかった。

朝メシのバッフェは普通。お約束のクロワッサンはなかったが、オレンジ
ジュースは美味。

こんなことなら素直にハイアットにしておけばよかった。

どうなることやら。