【現地 2月24日 はれ】

再度しつこく。

レジェンズフィールド・入り口

入り口の看板デス。ここを左折するとレジェンズフィールド。

レジェンズフィールド

みなさん、車で来ます。
レンタカーじゃない場合はタクシーでってことに。






レジェンズフィールド・オマケ

相変わらず、芸が細かいデス。






三塁側サブグラウンド

三塁側のサブグラウンド、2面。
ここにはクルデンシャルがないと近づけません。
レジェンズフィールドの三塁側のコンコースから
なら、様子がうかがえマス。






一塁側サブグラウンド

一塁側のサブグラウンドの方。
屋根の下にトイレ、公衆電話、チケットブースあり。
ここは簡易の観客席アリ。






一塁側サブグラウンド

一塁側のサブグラウンド1面◆
お隣はレイモンドジェームズスタジアム。
この景色見てるだけで、いい感じデス。






レジェンズフィールズ・ブルペン

一塁側、てかライトポールの裏にあるブルペン。
ちっちゃいデス。






ブルペン

上からノゾケマス。
黒い壁の向こうが、メイングラウンドへの通路になってマス。






レジェンズフィールド・ブルペン裏通路

こんな風に。






【オマケ】

DEREK JETER @A−RODとキャッチボール

キャッチボールはA−RODと。
これはお約束。
となりはアブレイユ、カノゥ、カブレラらラテン組。






DEREK JETER @サブグラウンド

サブグラウンドでの投内連携。
どうやらホントにこの帽子が気に入らないらしい。
ちょっとお行儀良くない、わがキャプテン。






DEREK JETER@BP


11時すぎからのBP。
ついにわがキャプテン、帽子脱いじゃいマシタ!
結局帽子まともに被ってたのは、最後ちょっとだけ?



ホントに選手を近くで見るなら、絶対にココ。
スプリングトレーニングが始まってしまうと、チケット
入手しないと無理、なんてことになるかもしれんが、
WORK-OUTだったら全然問題ナシ。

ここには8時半すぎに着。
すでに人手ありで開門にむけて、百人程度?の行列あり。
去年行った宮崎のソフトバンクほどの人手はない。
なんともったいないことで。
とりあえず開門まで、周辺をうろうろ。
サブグラウンドでは90番台の背番号をつけた招待選手
が早出の練習。

10時開門とほぼ同時に選手(野手)がアップ開始。
わがキャプテンはポサーダ、カブレラ・カノゥ・
アブレイユ組...とロッカー近いもん同士で仲良く
アップ。注目?のキャプテン&A-RODは最初ずっと離
れてたが、キャッチボールは一緒にやっていた。
今日一日見た限りでいうと、たぶん練習の組み分けの
関係で、一緒になる選手・ならない選手があったり
するのだろう。派閥的なモノができて云々というのは、
今日一日見た限りではまだ被害妄想かもしれん。
バーニーはいないのはしょうがないとして、デイモンも
結局探せず。今朝(っていつ?)のニューヨークポストに
よると、私事都合で数日休むとのこと。人がせっかく
わざわざ行ったのに...

メイングラウンドでは外野の守備練習からスタート。
残りの選手はサブグラウンドに移動して二班に分かれて
投内連携。といっても日本のようにシビアなものではなく
確認程度の軽いもの。30分くらいで終了。

11時過ぎくらいにスターター連中が投げるBP開始。
その前にチェンミンワン、パバーノのブルペン調整を
見ることが出来たが、チェンミンワンはすばらしかった。
唸ってしまうほどのいい球投げてた。まず問題ナシ。
パバーノは、ワンバウンドの球を投げてたり、まだ力み
が見られた?野球経験のない素人が見てもわかるくらい
投げ方がかなりぎこちなかった。打てと言われれば無理
だが、フォアボールなら何かの間違いで選べるかもしれん
という内容のブルペン。まだ時間かかるだろう。

ブルペンと若い投手をちゃんと見られなかったのは
残念だが、ブリトンはデブだった。

13時に終了。係員に追い出され、クラブハウスショップへ。
品揃えはヤンキースタジアムのショップほどではないが、
マンハッタンの中にあるショップ並みには充実。
アディダスのスウェットジャージの新作もあり。
久々に爆発。

未練たっぷりでウロウロしていたら、サブグラウンドでは
片やペティットが子供相手に家族サービス、ライト側の
ほうのグラウンドでは、カノゥが居残り練習。
カノゥはホントたくましくなった。練習中はずっとジーター
に後についてやってたが、あどけなさがだんだんなくなって
きている。今シーズンもケガさえなければ大丈夫?
これもおいしかった。

もうちょい早くここを後に出来れば、RAYSのファンフェスタ
をゆっくり見ることができたのだが、まあそれはそれ。


あらためてごちそうさまでした。