スカパーMLBライブ BALTIMORE VS YANKEE。

凄い試合だった...

井川の大乱調に外野手非常事態と完全負けムード。
それを振り払ったのが、A−ROD。
初回の2ランshotをはじめ、8回、観客席からはA-RODコールに答え、見事に
フォアボールを選んでジアンビーの3ランホームランに繋げることができた。
そして圧巻は9回。1点差でクリスレイ登場。その前の守備でリベラが登場し
きっちり0で抑えて、8回からのモメンタムを無事引き継ぐことに。
ミントケイビッチがいい当たりを打ったが、クリスゴメスのファインプレー。
カブレラが全く歯が立たず、これでモメンタムを切られてしまうかと覚悟して
いたが、2アウトからカノゥのヒット、わがキャプテンがしぶとくフォアボール。
これで動揺したか、売り出し中のクリスレイ。アブレイユにhit-by-pitch。
明日以降を考えるとこちらもかなり動揺。1点差で2アウトフルハウス、
最高の場面でMLB最高給取りの真価が問われる時がやってきた。
ここで何かが起これば、今日の負けムード、チームの序盤の沈滞ムード、本人
の評価...いろんなことが変わる瞬間を自分のバットで変えることが出来た。
コメンタリーの出村サンも言ってたがジアンビーがトレードでやって来た時を
彷彿させる瞬間だった。
それにしても、後だしジャンケンだが、バッターボックスに入る前、いい眼を
していたA−ROD。センターバックスクリーンにぶち込んで、ダイヤモンド
を一周し、ベンチに迎えられ、カーテンコールに答えるまで。とにかく今まで
見たことのないようないい顔をしていたA−ROD。時間はかかったが、これ
でやっとピンストライプの一員に?

A−ROD@LEGENDS FIELD

参りマシタ...
あとはflukeじゃないことを願うのみ。
やっとホンマモンを予感させる今日の働き。
ただ勝ったからよかったようなものの...

4回、突然カイロがゴジラ松井のところでバッターボックスに登場。
どうやら、ハムストリングをやっちまった模様。
さらに9回クリスレイにぶつけられたアブレイユ、何とか出てきたデイ
モンと外野手全員がキズモノに、さらにカブレラがsophomore jinks中
と非常事態。チェンミンワンに今日も出てはいるが何だかぎこちないわが
キャプテンと野戦病院は今シーズンも大忙し。
これで、外野手ホントに足らなくなってきた。負ければこの日のタイトル
にしようと思っていたのだが、これってバーニーの呪い?
望みどおり、メジャー契約でお迎えできることになりそう。ちゃんとトレ
ーニングしてるんだろうか?キャッシュマンはいつ、どっちに電話するか、
本人orボラス?

井川は、スプリングトレーニング初戦に逆戻り。
デイゲームの防御率が7点台は額面どおり。サングラスは全く効果なし。
守備に多少足を引っ張られたにしてもストライクが入らず2回で40球目
が押し出しではどうしようもない。変化球が決まらず、単調で打ち頃の高
めに来るストレートが来れば、もうお話にならない。今日は日本からの輸
入品が不良品だったため、マウンドに3回行かされたロンギドリーが本当
に気の毒。

スターター陣大乱調とは対照的に、酷使気味のブルーニー、マイヤーズ、
ビスカイーノ、リベラの完璧な仕事には頭が下がる。
ただ、この段階で全開モードってことは、これがジャブのように効いて来て、
シーズン深くなったところで必ず無理が来るはず。まあ今はある意味非常事態
なので、先のことを心配している余裕はないのだが。

わがキャプテン、今日はなんとか出てこれたようだが、危なっかしくて仕方な
い。2回のモーラーに打たれた時の返球の処理ミス、3回に右中間へ打った当
たりなどは、たられば、だが、足の具合が良ければ、もっと違ういい結果が出
ていたかもしれん。とはいえ、9回の勝ちを呼ぶフォアボールはまさにこの人
の執念。

それにしても恨めしい、この寒さ。
相手も同じ条件なので理由にはならないが、序盤は半袖のトラクセルに良い様
にやられてしまった。8回、ジアンビーの一発で1点差まで迫ったが、この段
階でジェイミーウォーカーがまだ控えている今シーズンのBALTIMOREは侮れない。

勝ったはいいが、明日以降、それはそれで心配の種は山積。
問題児が1人、改心してくれたのは大きい。この試合、どうせ初登板の日本人
投手が7点取られて負けがつかなかった、で日本メディアは済ませるに違いな
いが、悪い意味でもいい意味でも、そんな程度で済ませられる試合ではなかっ
た、いろいろ満載の今日の試合。

どうなることやら。