I LIVE FOR THIS by "j"eter

MLBに貢ぎ続ける負け犬中年♂の YANKEES中心の極私的MLB”観戦”日記。                                  ほかにもいろいろキーボード叩くよ...。

2006MLB

まさか...

MLB.com より。

アメリカンリーグのMVPにわがキャプテン...では
なくて、ジャスティンモーノー。
最終的な投票結果が現時点で出ていないのだが、接戦で
負けちゃったらしい。

本当かよ〜〜!


リーディングヒッター争いに続いて、またしてもMINNESOTA
勢に最後かわされてしまった。サンタナに取られたってのは
まだわかるが、明らかにノーマーク、十万馬券級の大穴である。

アンチ・YANKEEのへそまがり票までは集められなかったのか?
はたまた楽勝ムードの中、「どうせ決まりだろうから、オレぐ
らいはいいだろう」票が集まってしまったのか?

まあ今さら言ってもしょうがない。
要は勝たにゃあいかんってこと。特にわがYANKEEはリーグ制覇
くらいでは勝ったうちに入らない。
今シーズン、ケガなく通年働いて、先頭に立って勝ちに向かって
いってたが、結果的にリングが取れなかったってことは、後に誰
もついてこなかったってこと。
シビアだが、これもニューヨークのチームの宿命。



ジーター


また来年!






ごちそうさまでした。

一騎打ちの軍配はケガで休まず働いたほうに

MLB.com より。

ナショナルリーグのMVPはライアンハワードが受賞することに。


ライアンハワード 日米野球


数字は文句ナシ。
今シーズンは日本巡業までよく働きマシタ。






アルバートプホルズ 2006MLBALLSTAR WORKOUT 

ケガしてなければ、恐ろしいSTATSが出てたかも?
脅威的な回復力でワールドチャンピオンに貢献。





ごちそうさまでした。

文句なし

MLB.com より。

アメリカンリーグのサイヤング賞は、サンタナ。
1位の票は全部いただきだった模様。
そりゃそうだ...


カノゥ、リリアーノ 2006 MLBALLSTAR copyright by jeter1128



まだ27歳って...
あ〜、怖っ!





どうなることやら。

でも来シーズンは放送ブース

MLB.com より。

アメリカンリーグ最優秀監督にリーランド、
ナショナルリーグはジラルディに。

これは大方の予想通り。

あれだけ選手を大放出してしまいどうなっちゃうのか?
と思いきや、シーズン通じて壊れずに、何人ものルーキ
ーを使いモノになるようにしたジラルディ。
なまじ格好がついてしまったために、口は出すが金は出
さないオーナーがしゃしゃり出てきてしまい、結局ケンカ
別れすることに。
とりあえず来シーズンはどこのマネージャーにもならず
YESのコメンタリーに復帰のようだが、今回の勲章で
今後いろんなところで監督候補として名前があがることに
なるだろう。
トーレの後継候補レースもマッティングリーと一騎打ち。

どうなることやら。



日本人リリーバーは8位だった

MLB.com より。

ナショナルリーグのサイヤング賞に、ブランドンウエッブ。

てっきりホフマンかカーペンターかと思っていたが、
かなり意外。序盤の投球内容が評価された?
なんとLADの斉藤にも3位の票が1票入っていた。

Player, Club 1st 2nd 3rd Points
Brandon Webb, Diamondbacks 15 7 7 103
Trevor Hoffman, Padres 12 3 8 77
Chris Carpenter, Cardinals 2 16 5 63
Roy Oswalt, Astros 3 3 7 31
Carlos Zambrano, Cubs 1 3 6
Billy Wagner, Mets 1 1 4
John Smoltz, Braves 1 3
Takashi Saito, Dodgers 1 1




ブランドンウエッブ

スカパーでもそんなに見てないんで何とも言えないが、
ちょっと印象薄いこのピッチャー。
オールスターでもさらっと投げて、わがキャプテン・
オルティーズ、A-RODを打ち取ってたが...





どうなることやら。

マグロの稚魚が豊漁だった

MLB.com より。

ルーキーオブザイヤーにバーランダーとヘンリーラミレス。

バーランダーは妥当なところ。
ナショナルリーグはてっきりアグラが取るかと思っていたが、
だったらジマーマンにあげたかった。

城島、斎藤も票は入ってたが、お話にならず。
もう日本人選手は資格はあれど、新人とはみなされずってこと?


2006 National League voting

Player, Club 1st 2nd 3rd
Hanley Ramirez, Florida Marlins 14  11  2 105
Ryan Zimmerman, Washington Nationals 10  16  3 101
Dan Uggla, Florida Marlins 6 31 6 55
Josh Johnson, Florida Marlins 2 1 11
Matt Cain, San Francisco Giants 1 1 4
Andre Ethier, Los Angeles Dodgers 1 1 4
Prince Fielder, Milwaukee Brewers 2 2
Takashi Saito, Los Angeles Dodgers 2 2
Russell Martin, Los Angeles Dodgers 1 1
Scott Olsen, Florida Marlins 1 1
Anibal Sanchez, Florida Marlins 1 1
Josh Willingham, Florida Marlins 1 1


2006 American League voting

Player, Club 1st 2nd 3rd
Justin Verlander, Detroit Tigers 26 1 133
Jonathan Papelbon, Boston Red Sox 20 3 63
Francisco Liriano, Minnesota Twins 1 3 16 30
Kenji Johjima, Seattle Mariners 2 4 10
Jered Weaver, Los Angeles Angels 2 2 8
Nick Markakis, Baltimore Orioles 1 2 7
Ian Kinsler, Texas Rangers 1 1




ライアンジマーマン

意外と票が伸びていたが...
残念デシタ。





どうなることやら。

1億4千万円持ってSAYONARA

日米野球2006第5戦を結果だけ。

ホテルを13時半チェックアウトで15時発のANA便に乗るため
ひたすら猛ダッシュでバテバテ状態。イエ着いてからそのまま
朝まで爆睡...

延長までもつれたようだが、レイエスのホームランで決まった模様。

選手編成の時点で勝負はあったようで、試合は大きく壊れなかったが、
攻めのきっかけが作れず大事なところで隙が出てしまった日本チーム。
点差は僅少差の試合が多かったが、それ以上の差を感じさせられた
このmatch-up。

機構は、ボンズ・クレメンスに次ぐ次世代の選手の売り込みには成功
したようだが、第4戦地元大阪でラジオ中継がなかったり、テレビの
延長対応、CSの中継がないなど、メディアへのセールスはうまく
いってなかったようで、この状況をどう見ているか?

試合数はいい感じ。東京はあんなザマならもう1試合減らして、地方
に1つ持っていってもいいのでは?てか、次はあるのか?

どうなることやら。

トイレでとなりにブロスがおった@日米野球2006第4戦 大阪ドームでんがな。

メッチャ寒いデェ〜@大阪。

大阪ドーム

HIROMI GO が名義貸し?のイタメシ屋探すの忘れた。
(まだあるんだろうか?)続きを読む

所詮こんなもの

日米野球2006第3戦を、途中まで映像テレ朝、音声はTBSラジオで。

まさか、日本でやっている試合で最後MLB.comのgamedayのお世話に
なるとは思ってもみなかった。続きを読む

オーバー"塀"@日米野球2006第2戦 東京ドームデシタ。

東京ドーム


イエ出るちょっと前に雨。
地下鉄の駅から地上に上がっても、すっきりしないお天気。続きを読む

連チャンは4人

MLB.com より。

アメリカンリーグもやったので。
ナショナルリーグのほうのゴールドグラブのみなさん。

C: Brad Ausmus, HOU
1B: Albert Pujols, STL
2B: Orlando Hudson, ARI
3B: Scott Rolen, STL
SS: Omar Vizquel, SF
OF: Carlos Beltran, NYM
OF: Mike Cameron, SD
OF: Andruw Jones, ATL
P: Greg Maddux, LAD

昨日気がつかなかったが、アメリカンリーグのほうは
外野3人だけでなく、合計7人が連続受賞。
ナショナルリーグもオーランドハドソン入れると4人
が連続受賞。
数字ではなく投票モノな分、イメージってかなり影響
するってことか?

どうなることやら。



【追記】
わがキャプテンの守備を数字で見ると...続きを読む

貧打戦だがやる気あり

ケーブルテレビ経由G+ 日米野球。音声はニッポン放送で。

どうやらフィリーファナティックは来てないらしい。
ニッポン放送のブースに入っているAKI猪瀬サンによると、
広報とスタジアムオペレーションは、SEATTLEのスタッフが
やっているとのことで、ムースくんが来ている。
トレンドはラリータオルだが、こっちのほうが安いのか?
今回もサンダースティックが配られている模様。
あと、PAが全く進歩ナシ。あのPAが本場?と誤解されて
しまうとマズイんじゃないの?

聞くところによると、当日売りはあったようだが、昨日と違
ってほぼ客席は埋まっている模様の東京ドーム。

試合は、動きまくるブルースボウチー、野手の交代全くなし。
井口&城島の顔見世もなし。
投手交代もシーズン中と同じノリ。どうやら本当に勝ちにいっ
ている、と見た。

ランナーがいて内野にボールが転がれば、確実にアウト2つ
取るは、内海がけん制でランナー刺すは、外野の中継プレー
は安心して見てられるは、と細かいプレーは、選手の格が落ち
ても、シーズン終わった後の疲れている状態でも、守備の方は
日本の方が上。
打つほうは、ラッキー、シールズクラスは無理だが、メインく
らいなら楽勝で捕まえられるはず。4安打というのはある意味
この面子では仕方ないところだが...

とはいえ、投げるほうでは涌井、打つほうでは小笠原がちゃん
といいプレーをしていた。

MLBのほうは、ジャーメインダイが一発、ハワードもレフト
にいいヒットを打っていたが、打線は全般的にまだ時差ボケ?
今日は、二番目に出てきたメインがややあやしかったが、ピッ
チャーが試合を壊さず、投打に隙を見せないで、なんとか辛勝。
マウアーが盗塁2つ刺した、というのはちょっと笑えた。

首位打者がいるは、今シーズンと昨シーズンの二冠王がいるは、
左右のバランスが良く、リーグを代表するブルペンを擁した豪華
メンバーだが、チーム全体が若く、長丁場を戦った後の長距離移
動で異国の地にやって来ての人工芝での戦い。
スターターの弱さと若さが際立っている分、隙は多いにアリ。

この試合のような僅少差で、残りの試合は消化されていく、と
見た。

どうなることやら。

記録より記憶で押しまくり

MLB.com より。

American League のGold Glove発表。
受賞されたのは次のみなさん...

C: Ivan Rodriguez, DET
1B: Mark Teixeira, TEX
2B: Mark Grudzielanek, KC
3B: Eric Chavez, OAK
SS: Derek Jeter, NYY
OF: Torii Hunter, MIN
OF: Ichiro Suzuki, SEA
OF: Vernon Wells, TOR
P: Kenny Rogers, DET

外野に関しては、もはや指定席状態。
妥当な面子なのだが、内野はちょっとどうよ?
って感じのみなさん...


ジーター守備


わがキャプテン、ちょっと賞もらいすぎ?
続きを読む

こんな感じであと5試合

ケーブルテレビ経由G+ 日米野球親善試合、MLBオールスター
VS讀賣をチラ見。

観客席ガラガラの花相撲。それでも31,329人入っていた模様。

まあどちらも調整モードなので試合云々は...まあ言っても
しょうがないが、ライアンハワード、アンドリュージョーンズ
の連発、最後はライトの"SAYONARA〜!"で、もし行ってれば、
入場料の元はとれていただろう。

打つほうとブルペンはけっこう豪華版だが、スターターの面子
が悪すぎるオールスターご一行。
今日もそうだったように、あと5試合、乱打戦になると見た。
レイエスをはじめ、シーズン闘った後のバテバテの体に、人工芝
は大丈夫か?


ライアン・ハワード 2006MLBALLSTAR  copyright by jeter1128


ホームランキングのタイトルは、今日に関しては額面どおり。






どうなることやら。

赤い鳥、逃げた

ケーブルテレビ経由NHKBS1、ワールドシリーズ第5戦 
DETROIT VS St.LOUIS。

第4戦をもう1度見せられているような試合展開。
スターターが良くもなく悪くもなく、St.LOUIS側が優勢。
序盤はケーシーのワンマンショー、ダンカンの危ない守
備のおまけつき。
モリーナ塁に出て、半袖の田口が繋いで、エクスタイン、
ローレンが打つ。間にプホルズのフォアボールとDETROITの
ピッチャーの悪送球が入ってくる...

打って、投げて、走ってという自分たちの野球で相手を
攻め立てる戦法ではなく、それができないことを十分
承知の上で、相手の自滅をじ〜〜っと待つという、は
っきり言って、見ていてつまらない、てか疲れる戦法で
制覇したSt.LOUIS。まあ勝てばなんでもありなのだが、
思い入れがないと、こういうチームとつきあうのはつ
らい。

バーランダーは、どこか悪かったのではないのか?
てか、無駄な球投げすぎとスピードが全然なく、
シーズン中に放っていた威圧感が全然なかった。
なんか今日もマウンドのスパイクに絡んだ土を
気にしていたようだったが...

打線で調子がよかったのはケーシーだけ。
結局見殺しにしてしまったのは残念。寒さなのか
疲れなのか、硬くなってしまったのか?続きを読む

雨に泣いてる?

スカパーMLBライブ DELAY放送、ワールドシリーズ第4戦
DETROIT VS St.LOUIS。

昨日は雨で結局中止。この試合も予報は悪かったようだった
が、傘さしている人もいなかったようで、試合には支障なし。

ここまでスターターの出来が結果に直結している両チームの
試合展開。
スーパン、ボンターマン共に見た目可もなく不可もなく、という
ピッチング。ボンダーマンはマウンド降りた後、ベンチでちょっ
とだけ荒れていたが、どちらも試合を壊さず、合格点とは決して
言えないが、及第点のピッチング。

序盤は、ここまで好調のケーシーと、当たりの全くなかった
グランダーソン、パッジにようやくヒットが出て、試合は
DETROITが支配していたようにも見えたが、決定力に欠けてズル
ズル。一方一足先に復活してきたエクスタインが今日は4安打
の大活躍のSt.LOUIS。ローレン、モリーナが好調なものの繋がり
の悪さにラルーサはプレストンウイルソンにバントをさせて
チャンスを広げていくという、らしい攻撃を仕掛けてモメンタム
を引き寄せていく。さらに相変わらずドン臭いダンカンに替えて
スタメン落ちの田口に代打でバントをやらせる手堅さ、そして
当たり前のように決めてくる田口の堅実さで試合が動く。

試合途中、ボンダーマンがスパイクの歯に挟まった土をとったり
7回逆転のきっかけになってしまったグランダーソンが転んで
エラーしたり、と直接ではなかったが、雨でグラウンドの状態が
悪かったことが影響してしまった?
あとDETROIT、ここ一番のところでピッチャーのエラー多過ぎ。

結局、8回から出てきたウエインライトを打って同点にしたもの
の、裏にズマヤが壊れてしまい、エクスタインに決勝打でTHE-END。
モンローのダイビング、あと一歩及ばず。てか、これも雨のいたずら
で足元がしっかりしていれば、モンローの最初の一歩の駆け出し
が違っていたかもしれん。

やっとパッジに当たりが出たが、ポランコとグランダーソンが
まだまだ寝ている状態で打線がつながらず、守備でここ一番で
致命的なミスで自滅しているDETROIT。かなり厳しい。

どうなることやら。

やっぱりね。

スポーツ報知より。

日米野球、ベルトラン、サンタナ、フランキーロドリゲスが回避。
替わりはメインとヘンズリー。

かなり格落ち。まああと2〜3人はあるだろう。
どうも話がうますぎるとは思ったが、まあよくあることだし、
織り込み済。
ただ、これ興行的にはかなりの打撃だろう。
サンタナ目当てでチケット買われたマニアのみなさんには払い
戻ししてあげてもいいのでは?

監督はブルースボウチーってまた身分が安定してないところ
をもってきた。素直にトレーシーやマニュエルにしておけば
いいのに。


ボーチー


おフランス生まれのブルースボウチー。
S.Fのマネージャー候補らしいが、
途中で帰っちゃったりするんじゃないの?




どうなることやら。

ピザ屋の自滅で

ワールドシリーズ第3戦 DETROIT VS St.LOUIS をカイシャのテレビ
でチラ見。

スカパーすまん、夜のDELAY放送は見るんで。

NHKによると気温が摂氏4℃、さすがに観客席は冬の装い
の人が多かったが、それでも何人かは半袖でプレーの
クソ寒そうなセントルイス。

今日はカーペンターのピッチングがすべて。途中、足攣ったかなにか
あったようだったが、大事には至らず。このピッチングで完全に
DETROITにモーメンタムが行くのを止めてしまった。

対して、DETROITは完全にピッチャーのマウンド上の独り相撲がすべて。
4回はロバートソンがパッジのサインに首を振り自分の組み立て?で
被弾、7回はズマヤがインジと息の合わないプレーで、悪送球。
てか、あそこでサードに送球は有り得ない。大事な局面でベースボール
IQの低いプレー・対応が致命傷となってしまった。

結局、我慢比べで先に自滅のDETROIT。滅多打ち喰らって完敗だったら
切り替えようもあるが、今日もじわじわ気がついたら負け、という
なんともすっきりしない、いやらしい負け。
それにしても、カーペンターは、原則ここで今シーズンオシマイは
なんとももったいない。

どうなることやら。


土曜日はウチにいて

ESPN.com より。

FOXが全米ネットで中継しているワールドシリーズ。

初戦のレーティングが8.0%で2試合目が盛り返して
11.5%、平均が9.8%で去年のここまでよりも悪化。
地元ではかなり数字をあげているようだが、これはある意味
当たり前。両チームとも全国区・大都市圏のチームではないし、
日本と違って多チャンネル前提での調査のはずなので、まあ
こんなもんだろうとは思うのだが...

だから、という訳ではないとは思うが、土曜日がイマイチ
ってことで来年のワールドシリーズは火曜日スタートが
決まり。まあ動いているお金が違うってことで。

どうなることやら。

あっちもこっちも(メディア辞令)

ESPN.com より。

出る、出ない、来る、来ないでガチャガチャやっている日米野球。

先日来るって言ってたフランコーナが入院中で無理、とのこと。
まあ監督なんで、特に誰でも問題ないのだが。

松坂だの新庄だの福留だのが辞退で、次はむこうの番。
ケガしているレイエスあたりが来ないと言い出しそうだが。

どうなることやら。


おっかない前厄オヤジ

ワールドシリーズ第2戦 St.LOUIS VS DETROITをカイシャのテレビ
で9回最後だけ。

今日のケニーロジャース、8回まで投げてベンチで待機で
9回、トッドジョーンズが打たれて、ヤバい雰囲気。
結果、1点で納まったが、ケニーロジャース爆発寸前。
あれで同点、逆転なんてことになろうものなら、マウンド
に行って殴りかかりそうな鬼の形相。これで23イニング
無失点って...このオッサンもバケモン。

最後のバッターを打ち取って、選手がベンチに帰ってくるとき
もパッジをはじめ笑顔なし。トッドジョーンズが首をすくめて
苦笑いが精一杯。

それにしてもしぶとい赤い鳥ご一行様。

MLB.comでstatsだけ見ると、ギーエンが絶好調。ワールドシリーズ
で5番打つような選手だったとは知らなかった。

グランダーソンがまだノーヒット、片やエクスタインも同じく
不調。両チームの切り込み隊長いまだ音なし。

もつれれば、もう1回ケニーロジャース登場でDETROIT、断然有利?
このオッサンがシリーズ2回投げられるというのはDETROITにとって
は好材料。逆に前回よかったスーパンを1回しか投げさせられない
のはどう出るか?逆に7戦までいけば、カーペンター登場なので
これまたわからなくなるし...

どうなることやら。

まずは鳥がピザを食う

ケーブルテレビ経由NHKBS1ワールドシリーズ第1戦 St.LOUIS VS DETROIT。

リーランドはスターターの順序をかえてきたが、結果的に失敗。
バーランダーは悪くなかったが、やはり修羅場慣れ、短期決戦慣れし
ているSt.LOUISが一枚上だった。
隙を衝いてモノにしていく、先週やってた野球をそのままコメリ
カパークに持ち込んで、2回以降完全に試合を支配。
特に6回はお見事。3回にホームラン打ったプホルズがフルカウント
からフォアボール。これがケチのツキはじめ。バーランダーけん制
悪送球、インジのホームへの悪送球&ローレンにぶつかれる、という
スカッと打たれて取られた点ではなく、なんとも気持ち悪い点の取られ
方で試合が壊れてしまった。

一方中1日で順番?で回ってきたスターターのレイエスが、いいんだか
悪いんだか、淡々と投げていて気がついたら2回以降打たれたヒットは
1本だけ。ボールが高く甘いところにけっこういってたが、DETROITの打線
が捕まえ損なっていた。

先週からずっとそうだが、プホルズ以外どこがすごいんだかよくわからん
St.LOUIS。一方少なくとも今日のDETROITは、ほぼ普段どおり。
いい当たりは飛んでいたが、ちょっと打てなかっただけ、ほぼいつもどおり
投げることができたが、ちょっと打たれただけ、6回はたまたまちょっとエ
ラーしただけ、だったがこの"ちょっと"の積み重ねがこの点差となり、自滅
してしまった。

短期決戦恐るべし。

どうなることやら。

代役はフリース好き

機構のオフィシャルリリースより。

やはりケンモッカ、来日せず。
日米野球の監督はフランコーナがやることに。

興行的には"かつて中日でプレーしたことのある〜"が
使えなくなってちょっとつらくなることだろう。

どうでもいいが、フランコーナのユニフォーム姿、
1度お目にかかりたいものである。
なんでかねえ?この人、体弱いからなんか事情でも
あるのか?

どうなることやら。

ミラコーも金では買えず

NLCS St.LOUIS VS メッツをカイシャのテレビで、ウチのカイシャ
のボスたちと最後チラ見。

さすがに両チーム後がないこの試合、やっと緊張感が充満していた。

初回に点も取ったし、6回にチャベスがあわやホームランの飛球を
捕ってDPになったあたり、ミラコーの雰囲気が漂っていたが...

9回、ウエインライトの例のカーブは健在だったが、ストレート
はやや上ずっていた?がどうにも攻めきれず。

見てないところをダイジェストで見たが、ここ1番どっちが
普段着の野球をしているかというと、red-birdsのほうに見えた。

それにしても、言い方はちょっと違うかもしれんが、ここまで
虐げられてきた?田口のうれしそうな顔が印象的。

ごちそうさまでした。


肝は1回

ケーブルテレビ経由NHKBS1リピート放送、 NLCS St.LOUIS VS メッツ
をイエのテレビで最後ちょっとだけ。

てか、NHK、リピート放送をいいことに端折りすぎ。

大変わかりやすいここまでの両チーム。
シーズン中の野球ができたもん勝ちのようで、今日はメッツお得意
の初回得点で先行逃げ切りパターンを作れたようで、なんとか勝ち。

この"なんとか"というのが曲者で、後になってみると貴重な追加点
となった2点も、せっかくモリーナがうまく外しながら盗塁を刺せ
なかったことから生まれた隙を衝いての攻撃。さらにワグナーが天敵
田口にまたしても打たれてしまい、2点差まで迫られる。
最初からバカスカ打ちまくって、ハイオシマイ。という展開ではなかった。

続きを読む

光る1打の七光り野郎

スカパーMLBライブ リピート放送、NLCS メッツVS St.LOUIS
を途中から。

第1戦と同じく雨で流れて、グラビンVSウィーバーだったが、
両スターターがマウンド下りてから、視聴開始。

第1戦はタグチが途中交代でwalk-offの一発かましたが、今日
は6回、ダンカンが代打で inning off の一発をぶちかます。
ちょうどベンチの画が抜かれていたが、オヤジ大喜び。

ウェインライトがムチャクチャいいピッチング。
ストレートとだいたい20マイルくらい差のある"twelve to six"
のカーブがバッチリ決まっていて、メッツ打線、手も足も出ず。
それにしても、イズリングハウゼン負傷でルーキーながら、
この大舞台であのピッチングはお見事。下手すりゃベテラン
クローザーでも職を失ってしまうかも。

これで後がなくなってニューヨークに戻るメッツご一行。
ロデューカ、ライトが全然ダメ。
レイエスは普通、ベルトラン、デルガドはそこそこだが、
起点になる選手がいない。
特にライトは並の若造になってしまっている。出てきても
何かやらかしそう?というオーラが全然出ていない。
自分の調子が悪いことに精一杯で、勝ちに行っていないよう
に見える。
この2人がシーズン中のような活躍を明日しないと、このチーム
はたぶんオシマイ。

どうなることやら。

目下のところ(メディア辞令)

FOX Sports.com より。

ベルトラン、ジャーメンダイ、フランシスロドリゲスが
新たに日米野球メンバーに内定したようだが、ケンモッカが
A'sのマネージャー職を解任される模様。
やはりビリービーンとうまくいってなかったようで。
日米野球、来れるのか?

でもってA'sのところの後任候補の中にラリーボーアの名前が。
まあマネーボールは監督はあんまり関係ないはずなので
誰でもいいってことか。

まともなところでは、ハーシュハイザーやベンチコーチの
ロンワシントンら内部昇格組の名前が。

どうなることやら。

買うと$15,000也

CX めざにゅ〜より。

今シーズン用のワールドチャンピオンのトロフィーがニュー
ヨークのティファニーのウインドウに飾られているらしい。
そのまま5番街からクイーンズ行きか、はたまた違う土地
に行ってしまうのか?

お値段、意外と安い。ボスも買えばいいのに...って訳に
はいかないが。てか、ティファニーって法人担当呼んで頼め
ばいろんなことやってくれるようで。

どうでもいいが、久下香織子サン、他人のこと言えんが、しば
らく見ないうちに、ちょっと太った?

どうなることやら。

打ってナンボのニューヨーク

NLCS メッツ VS St.LOUIS をMLB.comより結果だけ。

打ちまくって、ブルペンがふんばるというシーズン中の
いいところが出たメッツと、プホルズ打てない、スター
ターがふんばれない、というシーズン中の悪いところが
出てしまった。

そういやあ、マルダーもいなかったSt.LOUIS。今日の
負けはある程度覚悟してたかと思うが、今まで寝ていた
ライトとベルトランを起こしてしまった?

やはりけっこうもつれそう。てか、もつれてもらわないと
つまんないんで。

どうなることやら。

Back-TO-Backで予想外の一発

スカパーMLBライブ、NLCS St.LOUIS VS メッツ。

雨で1日順延、移動日ナシの2戦目。
昨日は、試合後自分も予想してなかったとコメントを出した
タグチの一発。今日は2回にスターターのスーパンがレフト
ブルペンへの一発。投げても8回を3安打無失点と完璧な投球。
休みナシの連戦でイズリングハウゼン不在のブルペンを休ま
せられたのもデカイ。
打っては、LAAの時も確かそうだったが、今日スタメンレフト
のスピージオが大活躍。サードに戻ってきたスコットローレン
もベアハンドキャッチを見せるなど守備できっちりお仕事。
観客席共々、乗ってきたか?

メッツは、トラクセルが誤算。それでも二番手ダレンオリバー
が試合を壊さないロングリリーフで援護を待ったが、スーパン
の方が上。ランナー出なければお話にならない。
レイエスは元気だが、デビッドライトがブレーキ気味。まだ調子
の波を自分でコントロールできないか?

スターター不在のメッツ、これで2連敗。
ちょっと展開が向いてない。

どうなることやら。
MLB
YANKEE


Archives
jeter

■生年月日:カートシリングの2週間後
■住所:東京都の山手線の中
■職業:インチキな勤め人
■家庭:なし
■贔屓球団:NEWYORK YANKEES
■贔屓選手:Derek Jeter
■贔屓日本人選手:Hideo Nomo
■推奨観光地:函館、大阪ミナミ、札幌、金沢、ニューヨーク、ボストン、ニース、台北、サンフランシスコ、三浦海岸、上海、神戸、マカオ、小樽
■推奨ホテル:ハイアットリージェンシー・ジャージーシティ・オン・ハドソン
■贔屓だったお馬さん:メジロパーマー

My Visited BALLPARKS
1.ドジャースタジアム
2.ヤンキースタジアム
3.ネットワークアソシエイツコロシアム
4.フェンウエイパーク
5.シェイスタジアム
シティフィールド
6.パシフィックベルパーク
7.コメリカパーク
8.カウフマンスタジアム
9.セーフコフィールド
10.オリオールアットカムデンヤード
11.シチズンズバンクパーク
12.グレートアメリカンボールパーク
13.トロピカーナフィールド
14.ドルフィンズスタジアム
  マーリンズパーク
15.USセルラーフィールド
16.リグレーフィールド
17.ペトコパーク
18.RFKスタジアム
19.PNCパーク
20.クアーズフィールド
21.ミニッツメイドパーク
22.レンジャースボールパークインアーリントン
23.チェースフィールド
24.ミラーパーク
25.エンジェルスタジアムオブアナハイム
26.ターナーフィールド
27.ターゲットフィールド
28.ブッシュスタジアム
29.プログレッシブフィールド
30.ロジャースセンター

【おまけ】
・Wukesong Stadium(中国・北京)
・蚕室野球場(韓国・ソウル)
・HIRAM BITHORN STUDIUM(プエルトリコ・サンホアン)
・天母棒球場(台湾・台北)
・台中洲際棒球場(台湾・台中)
・ESTADIO LATINO AMERICANO(キューバ・ハバナ)

※名称は訪問当時。
Recent Comments
Recent TrackBacks
さらば“King George”──ヤンキース中興の祖 (上田龍公式サイトRyo's Baseball Cafe Americain Annex  「店主日記」)
葬儀は身内だけで...
「カネに使われた」Aロッドの野球人生 (上田龍公式サイトRyo's Baseball Cafe Americain Annex  「店主日記」)
出で立ちは青いセーターで
Attention!
TB、コメントをいただきありがとうございます。現在スパム防止のため、TB・コメント確認後手動で反映させております。

■当BLOGは、単なる野球好きの素人勤め人♂が気まぐれで運営しております。掲載内容については当事者・関係者からの直接取材で得た内容ではありませんので、事実と異なる場合も多々あります。詳しくは主催者発表のものとご照合ください。

■当BLOGの内容・趣旨に合わないTB・コメントは削除させていただきます。空気の読めないお子様のお立ち寄りはご遠慮ください。

■TB、コメントを利用して、アダルト、出会い系、エロサイト等公序良俗に反するサイト、アフリエイト等商業目的のサイト、および法令を遵守していないまたはその疑いのあるサイトへの誘導はお断りいたします。また特定の政治・宗教等に関わる案件もご遠慮くださいますようお願いいたします。

■野球の勝敗、結果を利用した賭博行為(ファンタジーベースボールは除く。晩飯程度は見なかったことにします。)に参加・関係のある方の当BLOGへの立ち寄りその他一切の関わりについては、お断りいたします。

■当BLOGの美観向上を主目的に、記事に関連すると思われる楽天市場およびamazonの商品紹介を掲載させていただく場合がございます。また同様の目的で、独断と偏見で当BLOGにふさわしいと判断した広告バナーを、設置させていただいております。各リンク先と当blogとは特別な利害関係等はございません。万一各リンク先とトラブルが発生いたしましても当blogは一切関知いたしません。購入等のご判断はあくまで自己責任でお願いいたします。


■当BLOGにご用の方はコメント欄よりお願いいたします。


当BLOGで使用している文章・画像等の"無断"での複製・転載を禁止します。

Copyright (C) 2005-2015
jeter1128, Some Rights Reserved.
楽天市場
  • ライブドアブログ