I LIVE FOR THIS by "j"eter

MLBに貢ぎ続ける負け犬中年♂の YANKEES中心の極私的MLB”観戦”日記。                                  ほかにもいろいろキーボード叩くよ...。

2007MLB

ボスがカジってバラバラに?

FOXSports.com より。

どこまでホントなのかよくわからんが、ワールドシリーズ
のウイニングボールを持ち帰ってたらしいパベルボン。
そのパベルボンちの犬が、そのボールを噛みちぎってバラ
バラにしてしまったらしい。

ボール絡みの話、ミントケイビッチに続いてってか。

どうなることやら。

See You in 2012!

スカパーMLBライブ ATLANTA VS HOUSTON をHDDレコーダーに
録画して。

記録だけでなく記憶にも残る選手、クレイグビジオのラストゲーム。
ようやく見ることができた。

今さらSTATS並べて20年の功績を言うのもいいが、この試合の1打
席目にそのすべてが凝縮されていた。果敢に、かつ当たり前に二塁
に向かう姿勢。二塁へのこだわりがこの20年を支えたと言っても
過言ではない。普段仏頂面の四十男がこの試合だけはいい顔で笑って
いた。順番に自信ないが、オーツマス、リー、バークマン、ロレッタ
とシーズン最後のいわば消化試合ってこともあり、中心選手が次から
次へとグラウンドから引き上げていく。そのたびに一人ひとりと短く
言葉を交わし、7回自分の最後の打席を迎える。
1つの仕事をやり遂げ、区切りを迎えた涙目の四十男。
ちょっと早い気もするが、引き際を心得た職人らしい最後だった。
1つの場所で20年もプレーすることはこのご時勢奇跡に近いことで
ある。そして、1人の選手の最後の試合がここまでクローズアップさ
れたことも、そうそうあることではない。そして見事にその試合をdo
minateし、最後の一挙手一投足まで釘付けにしてくれた。挨拶もコメ
ントも奇をてらったものではなく極めてシンプル。このシンプルさが
またこの人の人柄が出ているようでもあり、湿っぽさが少なかった分、
逆に来シーズンになってから背番号7の穴がくっきり目立つことにな
るだろう。

クレイグビジオ

くどいが、見といてヨカッタ
最後の年にロベルトクレメンテ賞受賞って、
カッコ良すぎ。





月並みながら、GOOD LUCK!

17ポイント差

MLB.com より。

ネタ的に古いが、2007 NL MVP Award Votingはジミーロリンズに。

極私的にはナマ見物をしてたのでマットホリディに1票だったが、
妥当な結果。なぜか3割打ってないが、トリプルダブルは強烈。
一方で休みナシの全試合出場というのも地味ながら重要。アトリー
が数週間いなかった分、余計これが目立った気がした。


マットホリデイ

ここ一番の勝負強さが10月最後の最後で
失速してしまったのが、残念。
HOL(L)IDAYはEVERYDAYじゃなかった...





どうなることやら。

3回めも三塁手で

MLB.com より。

大方の予想通り、A-RODが2007 AL MVP Award に。

マヌケなFA騒動でもうちょっと票が割れるかと思ったが、
とりあえずお金持ちの力を借りて自分で始末つけたってことで、
収まってはいないのだが、発表日にはケチがつかなかった。

打つ、走る、守るではとりあえず文句ナシ。チームも本来の目標
の到達からは程遠いものだったが、まあ10月野球できたってこ
とで。

ただこの賞がすべてではないが、パッと思いついただけでも、
トロントでホテルにねぃちゃん連れ込んだり、これまたトロント
で汚いプレーをやったり、そしてここんところのボラスとの騒動
と品位については甚だ疑問。どうでもいいが、アブレイユにポイ
ントが入るってどういうこと?

A-ROD

世界で2番目の金持ちらしいWarren Buffettに
ステーキハウスで奢ったらしい。





どうなることやら。

さすがに今年は

ESPN.com より。

2007 Gold Glove Winnersは次のみなさん。

Pos. AL          NL
P Johan Santana    Greg Maddux
C Ivan Rodriguez    Russell Martin
1B Kevin Youkilis   Derrek Lee
2B Placido Polanco   Orlando Hudson
SS Orlando Cabrera   Jimmy Rollins
3B Adrian Beltre    David Wright
OF Torii Hunter Carlos Beltran
Grady Sizemore *Jeff Francoeur
Ichiro Suzuki Andruw Jones
*Aaron Rowand


STATSはともかく、だいたいいい線。
フランコーア、ラッセルマーチンというのは投票権お
持ちのみなさん、よくご覧になっている。
(【追記】投票は現場の選手・監督・コーチたちデス。)
とはいえ、デレックリーとデビットライトは...?
再契約が決まったマダックスとパッジはちょっともら
いすぎ。ベルトレーはもはや守備の人か?
贔屓目込みで城島、トロウィツキー、メルキーカブレラ
は残念。

DEREK JETER

去年やや物議を醸し出してしまったわがキャプテン。
ついに化けの皮が剥がれてしまったか?記録より記憶の
人なので、そもそもどうよ?という話はあったが、それ
にしても今年の守備はおかしかった。




どうなることやら。

三途の川を見てきたもん同士

WS Game 4 BOSTON VS COLORADOをカイシャのテレビでチラ見。

レスターVSクックの中途半端じゃない病み上がり同士が、試合をきっ
ちり作ったものの、クックの隙をうまくつくことができたBOSTONが、
結局一枚上だった。
あと1本が結局出なかったCOLORADO。せいぜい後半試合をわからなく
するところまでで精一杯。昨日スカパーで豊浦彰太郎さんがおっしゃ
ってたが、8月後半からの魔法が解けてしまってた。ブルペンと打線
のつながりが起こすケミストリーは生まれなかった。

逆にBOSTONはエルズバリーとペドロイア、ユーキリスにローウェルと
オルティーズ、ラミレス以上に、最高の状態での横綱相撲を取っていた。
岡島への過度の依存という采配の失敗はあったが、フランコーナの
チョンボを埋めて余りある活躍をこのチームの選手たちはやってのけた。

来シーズンも厄介だわ。このチーム。

congratulatio〜n!

松井稼頭央

よくぞここまで残ったもの。





どうなることやら。

FROM THE MOUNTAIN♪...だったが

ケーブルテレビ経由NHKBS1 WS Game 3 BOSTON VS COLORADO
を6回途中から。

7th-inning-stretch はフィリップベイリー登場のクアーズフィー
ルド。デンバー出身とは知らなかった。

6回ルーゴの今日2回目(らしい)いい守備で2点止まりだったが、
7回出てきたマットハージェスがすんばらしいピッチングで三者
三振。これでルーゴに切られそうだったmomentumを裏の攻撃にう
まく繋いだCOLORADO。
今日は結局使えなかったタベラスを下げて1番のスポットに入った
松井カズオ。三塁に打球が最後ホントに殺してしまういいバントを
決めて二塁へ盗塁。トロウィツキーが繋いで、Game 2でお目覚めに
なったホリデイが、センター深いところにぶち込んでの1点差。
ここで終わらずヘルトンが塁に出て、やっと型ができてきたのか?と
思いきや、岡島が辛抱で後を抑えmomentumを掴めず。
今度は岡島が次の攻撃に繋いだ格好となって、フェンテスが試合を
壊してしまう。8回またまたランナー2人置いて、ホリデイ登場。
見た目だるそうなパベルボンから初球いい角度でレフトに上がった
が...これスタンドインだとミラクル復活だったが、そうそうう
まくはいかなかった。

せっかく型が出来つつありながら、詰めがまだ甘い。こうなって
くると勝負慣れてしているBOSTONの地力の差か?
ただ岡島もそうだし、パベルボンもイニング跨ぎが続いているし、
疲れがボディーブローのように効いて来ているはず。

どうでもいいが、今日はベンチスタートだったユーキリスの格好、
グレーのパーカーのフードかぶって、二の腕まで近くある真っ赤な
ウォーマーみたいなものをつけてのあのヒゲ面。新種の山男のよう
なイデタチだったが、相当寒そうなクアーズフィールド。

トッドヘルトン

松坂の内容はスカパーのディレイ放送で見るとして、
ヘルトン1人に対して投げた球数が今日投げた球数の4
分の1に相当。地味ながら大きな援護射撃だったのに。





どうなることやら。

「もしや?」は苦しい?

スカパーMLBライブ(DELAY放送) WS Game 2 COLORADO VS BOSTON。

ガンエーが出てくる展開ではなかったが、今日も勝ちの展開に持ち込
めなかったCOLORADO。

立ち上がりの"誕生日1週間違い"のシリングを攻め込んで先制、
裏に、くどいが、今シーズンナマを含めて1番良く見ている
ヒメネスが、ワールドシリーズ・アウェイ等全く関係のない
危なげの無い立ち上がり。これはいけるか?と思ってたが、
さすが40歳、シリングはその後尻上がりに合わせてきて、
自分のお仕事をトットとやり遂げてしまう。
あと、圧巻だったのはもういろんなトコで言われているが、
日本人初のワールドシリーズのマウンドに上がった岡島の完璧
なロングリリーフ。余計なブルペンを使わず、パベルボンまで
繋いでしまった。

ヒメネスをあそこで降ろしても試合を壊さず最後まで繋いでいける
ブルペンは健在だが、頼みの打線がまだ"線"を作れていない。
ホリデイが当たり始めたのはいいことだが、他がダメ。特にタベラ
スが全く機能不全。DHのスビルボーグもハズレ。トレアルバに多く
を望むのは酷だが、この人も塁に出ないとミラクルではない。とにか
く雑で淡白。
痛かったのがホリデイが9回牽制でやられてしまうあたり、やはり勝ち
をホントに知らないことが露呈してしまった。せっかくブルペンが
今までどおりの仕事をしているのにmomentumを呼び込めていない。

フェンウエイで1つ勝っておければ、かなり有利に事が進められる
と見てたが、キツい。
たぶんデンバーではユーキリスを外さざるを得ないはずで、松坂も
大舞台の強さとやらを発揮しない限り、より低めに投げないととん
でもないことになる特異環境の中で、この2試合よりはかなりハンデ
を貰える。とはいえ相手は腐ってもBOSTON。一枚落ちの打線とメンタ
ルの強さという不確実なものに頼らなければならない東洋人投手相手
とはいえ、ホームで3つ取るのは至難の業。雪降ってるらしいし...

Ubaldo Jimenez

今日見たのが1番良くなかった?
実質3回までしかもたなかった。
ただいい経験にはなっているはず。





どうなることやら。

HOL(L)IDAY、取り過ぎ

ワールドシリーズ第1戦、COLORADO VS BOSTON をカイシャのテレビ
でチラ見&MLB.com より結果だけ。

中8日明けってのがやっぱり響いたか?
このオッサンとは鍛え方も貰っているサラリーも違うので
単純比較はできないが、休み明けって立っているだけも
つらいのに、寒い中、肉体労働の野球するって相当キツい
はず。
傍目、イケイケ・ドンドンだったが、よくよく見ると
ヘトヘト状態、サメのごとく止まったら死んでしまい
そうな果敢無さと隣り合わせで勝ち進んできたCOLORADO。
momentumを手放してしまってなければいいのだが、ベケット
の初回三者三振をはじめ、ホリデイもまだ目覚めてないし、
タベラス、松井カズオの脚も使えていない。モラレスが試合
を壊してしまい、今後のブルペン起用も不安あり。
フェンウエイパークで1つでも取れれば、あわや?もあり
そうだが、今日見る限り、ちょっと厳しそう。
やはりBOSTONは勝ち慣れしている。ペドロイアがいい感じ
になってきているし、ここんところガンエーが出てくると
勝ちが確信できるようになった。ある意味このピッチャー
を打ち崩せれば、ミラクルってあるかも?

松井カズオ

三振こいたが、1打席目、何とも言えないいい表情で
打席に入ってた、カズオサン。舞台栄えしていたとい
うか、派手な場所が似合う選手である。




じゃまが入ってスカパーが見られそうにない。残念。

どうなることやら。

ンな訳なかった。まあ当然だが...

NHKのサイトより。

やっとワールドシリーズの放送スケジュールの(たぶん)確定版が出た。

しばらくの間録画放送のみの掲出で、この期に及んでまさか?と
思い...続きを読む

トラウマ

スカパーMLBライブ ALCS CLEVELAND VS BOSTON。

またヒゲが伸びてきたウェッジと相変わらずユニフォームを
着ようとしないフランコーナ。

今日スターターのカルモナ、球はえらく走ってたがコマンド
が決まらず。ラミレス、オルティーズの打席を終わらせて、
気が抜けた?という訳ではないだろうが、ここまでいいトコ
無しのJ.Dドリューにグランドスラム。フェンウエイパーク
でかつてえらい目に遭ったカルモナ、シーズン19勝も型ナ
シ。まだまだ若い。どうやらBOSTONこれでお目覚めのようで、
エルズバリー、ルーゴもきっちり仕事をして、後はバリテッ
クくらい。
カートシリングは、立ち上がり決して良くは見えなかったが、
3回のビックイニング以降は、余裕のピッチング。
余裕ついでに10点差で最後ガンエーも良い時を少し彷彿さ
せるピッチングできれいに抑えて、明日に繋ぐ。

いや、強ぇ〜わ。今日のように打線が繋がればBOSTONはその
まま行くだろう。
対してワンツーパンチが機能せず、ハフナー、サイズモアがブ
レーキでカギになって欲しい選手が沈黙ではかなり苦しい。
その上敵地のフェンウエイパーク。逆に窮地のCLEVELAND。

どうなることやら。

負け知らず

Clint Hurdle

MLB.comより結果だけ。
ブルペンの勤続疲労と落ちてきた打線が心配。
とりあえずcongratulatio〜n!





どうなることやら。

"PURPLE REIGN"

スカパーMLBライブ NLCS D-BACKS VS COLORADO を HDDレコーダー
に録画して。

雨模様のクアーズフィールド。

打線がやや下降気味のCOLORADOだったが、堅い内野守備と深い
ブルペンで、不調の打線をカバー。
ここまで売り物が打線とバブルっぽかったが、ファンダメンタ
ルもきっちりこなして、ホンモノ感が醸し出されてきた。
さらに脇役の日替わりヒーローが出てくる等、いい条件が
揃ってきた。

トレアルバ

以前バッテリーを組んでたリバンヘルナンデス
から、試合を決める大きな一発を打ったトレアルバ。






緩んでなければ、このままイクだろう。

どうなることやら。

担いでなかった?

スカパーMLBライブ ALCS CLEVELAND VS BOSTON をチラ見。

ALDSの時は、"髭ぼうぼう"だったウェッジ。
今日見た目揃えてきたようで。てっきり験を担いでいるのか
と思ってたが...

10月入って、あまり良くない模様のC.Cサバシア。
球速の出すぎが入れ込み過ぎを表してたようで、緩急を使う余裕が
なかったのか?見事に自滅でしっかりBOSTONにつけこまれてしまう。

正攻法・セオリーどおり・投打のバランス...でいけば、BOSTON
に死角見られず。穴はせいぜい松坂とガンエーくらい?

どうなることやら。

コロラドが先

スカパーMLBライブ NLCS COLORADO VS D-BACKS をHDDレコーダー
に録画して。

タベラスの故障復帰が間に合って、久々に松井カズオと1・2番コン
ビ。一方ここまで来れた功労者オーランドハドソンの方は、ひょっと
したらワールドシリーズのほうは間に合う?という状況。

今日のウェッブは、良くなかった。
もともとこのチームと相性は良くなかったようだが、汗かきまくり
で体が重そう。まだ暑いらしいフェニックス。

打つほうは、COLORADOはここまでの連勝パターンを崩さず、取れると
きにしっかり得点。さらにタベラス復帰で足もさらに絡められるよう
に。対して、D-BACKS は大雑把すぎ。あと1点・もう1点取れるとこ
ろが取れてなかった。守備妨害だの9回の暴走だの若さが出たと言っ
てしまえばそれまでだが、エースを出して、こんなに隙の多い試合
をしているようでは、10月の戦いは厳しい。

松井カズオ


削られまくりだったが、D.P3つはお見事。
打つほうも3回の逆転打でMVP級の活躍
は継続中。





COLORADO、ひょっとするかも?

どうなることやら。

one-two-punch!

スカパーMLBライブリピート放送 BOSTON VS LAA。

サルは入場OKのエンジェルススタジアム。
今年はサンダースティックではなく、デンデン太鼓のようなモノ
を応援グッズとして配ってたが、思い届かず。
てか、BOSTON強ぇ〜わ...

投げては、"タメ歳"カートシリングが7回100球ジャストで
全くの危なげのない完璧なピッチング。ベケットといいこの人
といい、羨ましい限り。フランコーナはまだ二番手で松坂を
使うのだろうか?余裕の選手起用である。余裕というと今日は
最後ガンエー投入だし、このシリーズ、確かロースターにキャ
ッチャー3人って...

打つほうでは、マニーラミレス、オルティーズのback-back。
なんと今年初めてだったらしい。このback-to-backも凄かったが、
ラミレスの初回の全力疾走もなかなか笑えた。まだできるらしい。
てか、9月休んで調整したのがよかったのか?

LAAは全くと言っていいくらいいいところナシ。
打線が絶不調。マシューズが欠場だし、ゲレーロが全く怖くなかっ
たし、ギャレットアンダーソンは途中でいなくなるし、代役の選手
が思うように穴は埋められないし、毎年恒例のマイクソーシアのミ
ス采配はあるし...ブルペンの使い方がワンテンポ遅れた?
これまた恒例のマイクソーシアの忍の一字がぴったり似合う自虐的
コメントがまた今年も出るに違いない。

やっぱり、投打に2人いるのって絶対有利。

どうなることやら。

尽きどころか...

NLDS COLORADO VS PHILLY を MLB.com より結果だけ。

このmatch-upを見る限り、どうやらここまで睨んだとおり、
1番打者の成否も勝負のカギを握ってた模様。
ロリンズを完璧に抑えた投手陣を抱えるCOLORADOがあっさり
SWEEP。

松井稼頭央

第2戦からMVP級の活躍のカズオサン。
くどいが、腰だけはくれぐれも...






CUBBYの99年振りも幻に終わり、D-BACKSが上がってきたのは、
こちらの予定通り。なのだが、問題の明日の試合のほうがぶち
壊してくれる?

どうなることやら。

ヤギとヘビに睨まれて

スカパーMLBライブ NLDS CUBBY VS D-BACKSをHDDレコーダー
に録画して。

91°Fで屋根が開いてたチェイスフィールド。

金のかかった豪華FA軍団VS 格安&自前no-name軍団という対照的
なチーム構成でこれはこれで笑えるmatch-up。

今日は審判のストライクゾーンがあってたようで、ザンブラーノ
はガッツポーズでごきげんな立ち上がり。気合が空回りすることなく
エースらしい額面どおりの活躍。打つほうでも3回にダブル打っちゃ
うし...
一方、ウェッブもザンブラーノに引けを取らないピッチング。
特に3回そのザンブラーノに打たれた後のソリアーノ、ジョーンズ、
リー相手に三者連続三振はお見事。

どうオチがつくのか?と見ていた7回、85球しか投げていない
ザンブラーノを降板。確かにポストシーズンという尋常じゃない
雰囲気の中で"獣系"のザンブラーノをマウンドに置いておくのは
不安といえば不安。妙なことになって試合を壊されるより、数字
を見れば、マーモルを投げさせたくなるのは仕方ない。
が、"スィート"ルー采配は裏目。レイノルズの一発は仕方ないとし
て、そのままマーモルを引っ張ったのは余計だった?

ウェッブはきっちり7回まで投げて、ライオン→バルベルテの必勝
パターン。派手さはないが、普段勝っていた野球をそのままするこ
とができた。

Game-1ならでは、だからこそのエース対決。

どうなることやら。

1日休んで

スカパーMLBライブ NLDS COLORADO VS PHILLYを半分寝ながら。

この段階で見るには惜しいmatch-up。

先制COLORADOでいつもの展開だったが、何か危なっかしい試合
運び。それを見透かしてか?ゴードン、ロメロ、マイヤーズと
勝ちパターンの継投策で来たが、ロリンズ、アトリー、ハワー
ドが音なしでお話にならず。
あと一攻めあれば完全にdominateできたのだが、それでもブル
ペンが完璧に抑えて、あまり"らしく"ない勝ち方でまず1勝。
ただ勢いだけではなくこういう勝ち方ができるようになってく
ると、冗談がホントになってくる。

Garrett Atkins

今日の先制はこの人。
ちょっと早いが来シーズンはこのユニフォーム?






どうなることやら。

"Rock tober"

スカパーMLBライブ NL tie-breaker game S.D VS COLORADO を
HDDレコーダーに録画して。

どうでもいいが、今シーズンから中継権を取った赤坂の方じゃないtbs
のレポーターのジャケット、大橋巨泉でも着ないような青いストライプ
がかなりまぶしかった。
この試合、結果は昼間確認済みだが、よもやこんな展開になろう
とは。まさかと思い、HDDレコーダーの録画時間を長めに設定して
おいて正解。尺ギリギリセーフで全編確認することができた。

試合は満を辞してピービーが中4日で登場。昨日無理せずってことで
ピービー唸りまくりで、COLORADO打線、手も足も出ずであっさり決まり
と思いきや、松井カズオが出鼻をくじくダブルで先制の足がかり。
スライダーが甘く入って、投手三冠王のピービーとは程遠い内容。
エイドリアンゴンザレスが3回グランドスラムで逆転するも、COLORADO
ご自慢の打線が小刻みに点を取って、6回までに6失点。
てか、COLORADO的にはもっと追加点取れたはずだし、ピービーにとって
気の毒だったのは、キャメロン不在で代役センターのブラッディクラーク
の守備。打球が飛んでからの一歩目が遅い。5回のトロウィツキーの当たり
はダイブ及ばず。6回の松井カズオのフライもsacrifice flyにしてしまう。
さらにその後のトロウィツキーのトリプルも...よく最小失点で抑えた。

Matt Holiday

決勝のヘッドファースト、大丈夫だったか?
RBIもハワード抜いて見事二冠王のマット
ホリデイ。ひょっとして"*"付?


続きを読む

同じ"トラ"の穴の出

MLB.com より。

The Comeback Player of the Year Awardにドミトリーヤング
とカルロスペーニャ。

文句ナシの妥当なところ。
共にDETROITの最悪の時を知っている選手。ホントは今の
黄金時代の中心にいるべき選手だったはず。
DETROITでは結局お払い箱になってしまったが、見事に他所
で開花。
ペーニャについては、Comebackどころかオオバケもいいとこ
ろ。

ドミトリーヤング

弟も暴れん坊だが、面目躍如。
シーズン中に長期契約もしてもらえたし、
新ボールパークでもう一花?





どうなることやら。

オッサンの明暗

スカパーMLBライブリピート放送、FLORIDA VS メッツをHDD
レコーダーに録画して。

300勝投手のタメ歳、グラビンが初回にぶっ壊れて、あっけなく
オシマイ。
てか、外のボールを審判に取って貰えず、結果としてボール先行で
カウントを悪くし、打たれてしまう。あとカストロのキャッチング
のミスでリズムを悪くした?
球そのものは最初は悪くなかったが、いろんな細かいことが重なっ
て、4点目はカバーに入った自分の悪送球、さらにD-TRAINにHit-by
-pitchと、やや気の毒だったとは言え、もろかった。
今シーズン、アウト・セーフ、ボール・ストライクで審判が絡んで
のトラブルやら何やらがいろいろ目立った今シーズン。
いい歳した大人なんだからそれくらい乗り切ってくれ、と言えば
それまでだが、この試合の前に見てたモイヤーと比べると、ちょっと
気の毒ではあった。

頭からこんなことになってしまい、せっかくD-TRAINもおかしかったが、
打線も攻めきれず。やはりmust-win-gameの先制点の威力、恐るべし。
エルデュケが出てトットと降りてしまったところで、もう決まり。

"ミラコー"は起こらなかった。

どうなることやら。

揺れるラリータオル

スカパーMLBライブリピート放送、NATS VS PHILLY をHDDレコーダー
に録画して。

どうでもいいが、そこまで暇じゃないんで数えちゃいないが、
コメンタリーのAki猪瀬サンは、今日何回このフレーズを使った
だろうか?いい感じにクドくて笑えた。

通算10,000敗したチームが見事にDIVISION-CRINCH。

やはり強いチームにはいい1番打者が必要で先制点が試合をDominate
する上でどれだけ重要か?が手に取るようにわかった試合。
初回のロリンズはお見事。二塁への盗塁は並の1番打者だが、三塁に
果敢に攻めて、きっちり塁を落とせるのが、超一流。アトリーがきっちり
外野に飛ばして、あれよあれよで1点先制。これでキッチリmomentumを
引き寄せ、シーズン通してローテーションを守った44歳モイヤーが、
最高のピッチング。
6回にはグランダーソンに次いで20-20-20を達成してダメ押し、
さらにトドメは7回のライアンハワードの優雅な弧を描くライトスタンド
への一発。
ゴードン→J.Cロメロ→マイヤーズの必勝リレーでTHE-END。

点差と流れは明らかにPhilly圧勝だったが、NATSも拗ねずによく渡り合っ
た。

COLORADOばかり見てたここ数日、比べてみるにこっちのほうがオトナの
野球をしている。見事な差し切り。

7th-inning-stretchのGod Bless Americaをトランペットのちびっ子、
凄すぎ。

どうなることやら。

やっと「"クビの皮"1枚」

スカパーMLBライブ D-BACKS VS COLORADO。

レギュラーシーズン最後の中継、どれを見ようかと迷ったが、
ここまで来た以上、トコトンいくしかないと判断。

序盤はCOLORADOに似合わない投手戦。てか、ヒメネスはよく投げたし、
ペティットも昨日ディビジョンクリンチしたのに全く手抜きナシ。
ペティットが降りたところでやっとアトキンスのタイムリーで先制。
あの後、スピルボーグがあっさりツーアウトで自分も生きようとする
バントしたが失敗で、ちょっとmomentumを切ってしまったように
見えた。案の定、7回ヒメネスのコマンドがおかしくなって、替わった
フリオが打たれて同点。ただその後のオールスタークローザー、フェン
テスがピシャリと抑え、S.Dの負けが一足早く決まった瞬間、堰を切った
ように、アトキンスとホープで3点。
最後、ヤバかったが、どうにかこうにか逃げ切りのすげぇ試合。

ただこれでやっとone-game-play-offって...

クアーズフィールド

今シーズン、ナマを含めて恐らく1番良く見たピッチャー。
ケガさえなけりゃあ、柱になれそう。




明日も楽しみ。

どうなることやら。

「"皮のクビ"1枚」

スカパーMLBライブ D-BACKS VS COLORADO。

ホフマンが壊れてS.Dが負け、D-BACKSのDIVISION-CLINCH確定。
というのもあってか、途中からは流しモード。
こう考えると、大事な試合・負けられない試合での先取点の重要さを
痛感させられたこの試合。このチームにおける松井カズオの存在は、くど
いがホント大きい。
初回の4点でmomentumを握って、昨日の鬱憤を晴らすかのような展開。
投げては、マークレッドマンが1失点で序盤を抑える。チェンジアップが
よくきれていた。この選手を10月使えないのは痛いが、最後にベテラン
らしいいい仕事をした。
終わってみれば、主力をほとんど後半休ませることができるほどの点差を
つけてTHE-END。
願わくば、ブルペンをもうチョイ休ませたかったのだが、たぶんあさって
より先のことを考えてられない状況でもあるので、まあこんなトコか。

とりあえず明日のS.D次第となってしまうが、今日いい形で勝ったことで
悔いなく明日を迎えられそう。

Troy Tulowitzki

今日の一発もいい一発の末恐ろしい大型遊撃手。
シーズンRBI100越えとルーキーオブザイヤーも見えてきた?





どうなることやら。

あと4人のところで

スカパーMLBライブ FLORIDA VS メッツ。

まさかこの時期"Let's GO NATS"のバナーが観客席から上がるとは
思っても見なかった今日のシェイスタジアム。最後の最後でPhilly
が差して来たこのDIVISION。
そんな中、あわやのミラクルが起こりそうだったのだが、8回、
レイエスと揉めて退場になったオリボに代わって出てきたフーバー
のボテボテのゴロが内野安打で、ジョンメインのno-hitterがパァ。
昨日、Phillyに差されてキレるかと思いきや、打つほうでも4回
以外は全部得点。その上危険球騒動にも十分臨戦態勢を取ってるし
まだまだモチベーションは保てている模様。
それにしても、ジョンメイン、100球越えてからややボール先行
気味だったが、三振14個はお見事。
今日メッツが勝って、覇権決定は明日までもつれることに。

ジョンメイン


レイエスが揉めた時もよく落ち着いてたのだが、
もったいなかった。





どうなることやら。

コロラドの尽き

スカパーMLBライブ D-BACKS VS COLORADO。

昔の人の言うことは正解である。
野球はやはりピッチャーということらしい。

打つ。以上終わりのCOLORADOに対し、キワモノ度としては、
得点より失点が多かったり、スタメンにルーキーあるいは
2〜3年坊が中軸に座り、no-nameのブルペンが試合を守る
等々、むしろD-BACKSのほうが"?"に満ち溢れているのだが、
ミステリーをミラクルに変えられるのは、やはり不確実な
ものではなく、地味だが底堅い投手力の充実があったから、
ということ。

それにしてもウェップはよかった。あんなチェンジアップ
投げられてしまうと、いくら何でもお手上げである。
COLORADOもよく攻めたが、ここ一番の詰めの甘さ、勝負弱さ
が出てしまった。経験不足なのか、連勝疲れか。
終盤、特にもう1本出ていれば、というところで腰砕けにな
ってしまった。ホリディに続く選手がもう1人弾けてくれれ
ば、あわやがあったのかも?

これでまさかのディビジョンクリンチの夢は幻に。
てか11試合も連続で勝っといて、もう無理だろう。
できればキレないで、あわよくばワイルドカード?も狙って
いって欲しいところだが...

松井

最後のバッターになってしまった。
来シーズン、この袖なしユニフォームに袖を通しているか?






これでD-BACKS、10月行き決定のようだが、いまなおグチャグチャ。

どうなることやら。

たくさんのもしもがありすぎて♪

スカパーMLBライブ COLORADO VS LAD をHDDレコーダーに録画して。

もう何が何だかわからないナショナルリーグ。
ある程度は時間が解決してくれることになるとは思うが、何があっても
おかしくない状況。
サプライズチーム同士がシーズン最後のmatch-upって、どんな八百長
仕掛けても、そうそう巡ってくるもんじゃない。機構のmatch-making
担当者、ってか外注に出しているところって凄すぎ。

そのサプライズチームの1つ、今日で11連勝のCOLORADOのスターター
はフランクリンモラレス。球数抑え目でヤバくなってきたところで
うまく"投げ逃げ"で、こんな最中でも勝ちながら育てる野球実践中の
クリントハドル。まあそれもこれも強力打線あってのことだが、目論み
どおり、序盤試合を壊さなかったおかげで、しっかりと打線の援護で
今日も無失点。
4回、アトキンスとホープのback-to-backでロアイザもたず。
ただその前の右に打って塁に出たホリディの存在はやはり脅威。
その後、勝ちパターンのプロクターを今日も崩すわ、8回にビッグイニ
ング作るわ、で今日もやりたい放題。

Brad Hawpe

今日4打点って...





どうなることやら。

開けド〜ア 今はも〜う 流れでッたらァ〜 アジアッ♪

スカパーMLBライブ COLORADO VS LAD をHDDレコーダーに録画して。

今シーズン最後のドジャースタジアムでのmatch-up。

COLORADOがしぶとく打線でねじ伏せにかかっている。
ここまでやってしまうと、ピッチャーは投球内容云々はあんまり
関係なさそう。momentumって恐ろしい。どこまでいけるか?
非常に見モノである。セオリーだと野球はピッチャーらしいが、
1ヵ月くらいならそうじゃないかもしれない、らしい。
相変わらずアトキンスはブレーキ気味だが、休み明けのホリデー、
トロウィツキー、ヘルトン、ホープ、と全然止まる兆しナシ。
せっかくブルペンでずっと点を取られてなかったプロクターも
血祭りに。

松井稼頭央 


試合に火をつけたのが、松井カズオとチンロンフー
(pronunciation致ってるか?)のアジア勢。





これでシーズン85勝。ブレイクストリートボンバーズ越え?
どうなることやら。

おいおい

スカパーMLBライブリピート放送、NATS VS メッツ。

アメリカンリーグは、あとは最高勝率チームがどこになって、
日程の確定のみの、いわゆる枠順待ちの状態になったが、
こちらのリーグは未だ勝ち抜けチーム、見当たらず。
とっくに逃げ切っていなければならないはずのメッツが、
思わぬところで足踏み状態。打線はそんなに悪くなさそうなのだ
が、ピッチャーがダメ。ブルペンは9月になってどこも量優先
で質が落ちてしまっているので、ある程度仕方ないとして、
スターターも騙し騙しここまで来たが、顎が上がってきてしまっ
ているの模様。
今日のペルフレーも球ひとつひとつは悪くはないのだが、組み立て
がまるでダメ。無駄なフォアボールから傷口を広げてしまい、
打たれたヒットの数は相手のチコより少なかったが、取られた点
とダメージは大きかった。チコもそんなにいいとは思わなかった
が、ノラリクラリでトットとブルペンに繋いで結果"投げ逃げ"。

あと気になるのが、アルーの守備。4回の一瞬後ろにそらしてしまった
ように見えたエラーがあったからって訳ではないが、肝心なところで
やってしまっているシーンだけが頭に残っている。まあいいプレー
も多々あるので相殺されてしまうのかもしれんが、少なくとも10月
野球やるに当たっては、ファインプレーはいらない代わりに、当たり前
に処理できることをどれだけ確実にやっていけるかがより重要。

カーンズ

5回のホームランは"らしい"一発。
昨日で最後だった打者不利のRFKスタジアム、
チーム自体は勝ち越しで終われたが、新ボールパ
ークではちゃんと本領発揮できるだろうか?




どうなることやら。
MLB
YANKEE


Archives
jeter

■生年月日:カートシリングの2週間後
■住所:東京都の山手線の中
■職業:インチキな勤め人
■家庭:なし
■贔屓球団:NEWYORK YANKEES
■贔屓選手:Derek Jeter
■贔屓日本人選手:Hideo Nomo
■推奨観光地:函館、大阪ミナミ、札幌、金沢、ニューヨーク、ボストン、ニース、台北、サンフランシスコ、三浦海岸、上海、神戸、マカオ、小樽
■推奨ホテル:ハイアットリージェンシー・ジャージーシティ・オン・ハドソン
■贔屓だったお馬さん:メジロパーマー

My Visited BALLPARKS
1.ドジャースタジアム
2.ヤンキースタジアム
3.ネットワークアソシエイツコロシアム
4.フェンウエイパーク
5.シェイスタジアム
シティフィールド
6.パシフィックベルパーク
7.コメリカパーク
8.カウフマンスタジアム
9.セーフコフィールド
10.オリオールアットカムデンヤード
11.シチズンズバンクパーク
12.グレートアメリカンボールパーク
13.トロピカーナフィールド
14.ドルフィンズスタジアム
  マーリンズパーク
15.USセルラーフィールド
16.リグレーフィールド
17.ペトコパーク
18.RFKスタジアム
19.PNCパーク
20.クアーズフィールド
21.ミニッツメイドパーク
22.レンジャースボールパークインアーリントン
23.チェースフィールド
24.ミラーパーク
25.エンジェルスタジアムオブアナハイム
26.ターナーフィールド
27.ターゲットフィールド
28.ブッシュスタジアム
29.プログレッシブフィールド
30.ロジャースセンター

【おまけ】
・Wukesong Stadium(中国・北京)
・蚕室野球場(韓国・ソウル)
・HIRAM BITHORN STUDIUM(プエルトリコ・サンホアン)
・天母棒球場(台湾・台北)
・台中洲際棒球場(台湾・台中)
・ESTADIO LATINO AMERICANO(キューバ・ハバナ)

※名称は訪問当時。
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Attention!
TB、コメントをいただきありがとうございます。現在スパム防止のため、TB・コメント確認後手動で反映させております。

■当BLOGは、単なる野球好きの素人勤め人♂が気まぐれで運営しております。掲載内容については当事者・関係者からの直接取材で得た内容ではありませんので、事実と異なる場合も多々あります。詳しくは主催者発表のものとご照合ください。

■当BLOGの内容・趣旨に合わないTB・コメントは削除させていただきます。空気の読めないお子様のお立ち寄りはご遠慮ください。

■TB、コメントを利用して、アダルト、出会い系、エロサイト等公序良俗に反するサイト、アフリエイト等商業目的のサイト、および法令を遵守していないまたはその疑いのあるサイトへの誘導はお断りいたします。また特定の政治・宗教等に関わる案件もご遠慮くださいますようお願いいたします。

■野球の勝敗、結果を利用した賭博行為(ファンタジーベースボールは除く。晩飯程度は見なかったことにします。)に参加・関係のある方の当BLOGへの立ち寄りその他一切の関わりについては、お断りいたします。

■当BLOGの美観向上を主目的に、記事に関連すると思われる楽天市場およびamazonの商品紹介を掲載させていただく場合がございます。また同様の目的で、独断と偏見で当BLOGにふさわしいと判断した広告バナーを、設置させていただいております。各リンク先と当blogとは特別な利害関係等はございません。万一各リンク先とトラブルが発生いたしましても当blogは一切関知いたしません。購入等のご判断はあくまで自己責任でお願いいたします。


■当BLOGにご用の方はコメント欄よりお願いいたします。


当BLOGで使用している文章・画像等の"無断"での複製・転載を禁止します。

Copyright (C) 2005-2015
jeter1128, Some Rights Reserved.
楽天市場
  • ライブドアブログ