I LIVE FOR THIS by "j"eter

MLBに貢ぎ続ける負け犬中年♂の YANKEES中心の極私的MLB”観戦”日記。                                  ほかにもいろいろキーボード叩くよ...。

2008MLB

先物買い(メディア辞令)

FOXSports.com より。

ペドロイアが6年$40.5MMの長期契約を締結する模様。

調停でえらいことになる前に手を打っておこうというトレンド
に乗っての動きだが、長年悩みの種だったセカンドをこれで
落ち着かせることができたから、BOSTONにとっては安い買い物
だろう。

ちなみに主な先物買われした連中。(金額は推定)
David Wright six years, $55 million
Pat Burrell six years, $50 million
Ryan Braun eight years, $45 million
Brian McCann six years, $37.8million
Grady Sizemore five years $30.95million
Evan Longoria four years $31.95million
Robinson Cano four years $42.49million


Dustin Pedroia

MVPについてはまあいろいろあろうが、よく
やった。毎度のことながら怖いのはケガ。







どうなることやら。

MVPがMLSに

ESPN.com より。

今シーズン、ナショナルリーグのMVPのプホルズ。

MLSがエクスパンションをやるらしく、地元セントルイス
エリアのMLSのチームに出資するらしい。

ちなみにエクスパンションで名前の挙がっている地域とオーナー。

Arthur Blank - Atlanta
FC Barcelona and Marcelo Claure - Miami
The Saputo and Gillett Families - Montreal
Eugene Melnyk - Ottawa
The Paulson Family - Portland
Investment group led by Jeff Cooper - St. Louis
Greg Kerfoot, Steve Nash and Jeff Mallett - Vancouver


Albert Pujols

シーズン通じて、とういうことだとまあ妥当なところか。
ハワードのようにムラがあったり、ラミレスのようにサボ
ったり?ってのはダメか。






どうなることやら。

3日かかったが"9≠1"

WS Game 5 RAYS VS PHILLY をNHKBSでチラ見。

バドセリグが絶対やると宣言してサスペンデッドで迎えた
GAME5。これがMILWAUKEEだったらと意地の悪いこともちょ
っと思ったが、関係者はいい迷惑だったろうが、テレビの
レーティングもムチャクチャだった折、興行としてはきれ
いに幕を引くことができた。

試合は1日空いたが、momentumはPHILLY。ブルペン勝負だった
が勤続疲労?ちょっとブルペンに頼りすぎだった?

岩村

敢闘賞。よくやった。







ごちそうさまデシタ。

打たなくていい人まで

WS Game 4 RAYS VS PHILLY をNHKBSでチラ見。

ハワードがとうとう爆発。1本目のopposite方向に飛ばした
当たりは完璧。
さらにジョーブラントンにまで1発出てしまった。

今日は完璧な空中戦で王手。RAYSブルペンもバテ気味。

どうなることやら。

テッペン越えて鐘が鳴る

スカパーMLBディレイ放送 WS Game 3 PHILLY VS RAYS。

今日やっとロリンズ、ハワードに兆しが出てきたが、ペーニャとロン
ゴリアがイマイチ。ここまでどれだけ内野ゴロを転がせたか?どれだ
け2塁から3塁を奪えたか?で結局ちょっとした隙が決まり手にな
っている?

実はポストシーズン脚をけっこう使ってたRAYS。8回さすがに緩慢
プレーは影をひそめたアップトンが1人で走って同点にした時は、
1時間半遅れでさらにEXTRA?と思いきや、9回ハウエルがhit-by-p
itch。ナバーロ、ペーニャの指示に従ったのかどうなのか二塁に投げて
しまって悪送球。最後ゾブリストがグラブを替えて内野手5人体制
で臨んだが及ばず。

それにしてもポストシーズン3度目の正直でモイヤーはよく投げた。
6回は自ら舌出しながらよく切り抜けたが、たぶんスライダーだろ
うか?ヒッターズパークでホントよく凌いだ。


ライアンハワード

ホント、スロースターターである。







どうなることやら。

こりゃもつれるわ

スカパーMLBディレイ放送 WS Game 2 PHILLY VS RAYS。

ニッポン放送が柄を押さえているらしいAki猪瀬サンも言ってた
が、海っ縁にある石油タンクのようなトロピカーナフィールド。
どうでもいいが、今朝移動中ラジオを聴くチャンスがあったので
AFNにチューニングしたが、普通のレギュラー番組。ラジオは
AFNがかなりの国・地域をカバーするとのことだったが、この国
はニッポン放送の牙城だった模様。だったらくだらんレーティ
ング編成なんかやんないで、こっちやってくれ。

今日のRAYSは、空中戦ではなくイマイチのマイヤーズを揺さぶり
に行って、勝ちパターンを変えてきた。そうそうアップトンも打
てないだろう。一方Phillyは相変わらず振り回して来てたが、好
守とナバーロの辛抱強いリードであと1本が出ず。ジミーロリンズ
がドツボにハマッてしまっている。

7回、当たりが出てきたハワードが出てくるってところ。勝負どこ
ろと見てプライス投入。この起用法って9回限定クローザーという
最近のトレンドからはある意味逆行するが、勝負どころで1番いい
投手を起用して勝ちを呼ぶという本来の火消し役・クローザーの
あるべき姿というのを見せてもらえた。ハワード三振はお見事だった
が、残念ながら今日は見た中で1番良くなかった。点の取られ方が
やはりスタータータイプか?ここ1番の絶体絶命の場面にマウンドに
立ちはだかってガチンコ勝負するというより、ある程度長いイニング
の中で試合を支配していくというタイプっぽい。
逆にPhillyから見ると、8回・9回で点を取ったってのは、三戦目以
降必ずしも切り札にはならんぞということを示せたんで、ルーキーに
洗礼を浴びせる以上の効果があったかもしれん。

スィープで終わられるよりはこの展開で最後までいってもらえれば。

どうなることやら。

エイを型にハメル

WS Game 1 PHILLY VS RAYS をNHKBSでチラ見。

カズミアーの立ち上がりの悪さがさらに際立たされてしまった
この試合。てか、ハメルズってこんないいピッチャーだったの
か。

いつものごとくあくまで見た目の印象だが、どちらもポストシー
ズンの流れのままでこのシリーズに入れた模様。ただ同じこと
やってたらたぶんPHILLYの方が1枚上っぽい。あまり余計なこと
しない方がいいかもしれんが、RAYSはわがYANKEEをシーズン中
苦しめた時のように脚使う戦法もありかもしれん。

ハワードはまだお休み中、岩村の方が先に起きたようだが、勝負
にはつなげられず。
RAYSのブルペン、もつんだろうか?

どうなることやら。

9=2

NHKBS1 ALCS BOSTON VS RAYS をチラ見。

BOSTON行くかと思ったが、RAYSのmomentumがその上を行ってた模様。

9回、球高めで見ていて危なっかしかったデビットプライス。
ドサクサに紛れて、とんでもないシチュエーションでのOJT。
とてもフルシーズン2塁守ったのは初めてとは思えない岩村
のところに最後ボールが飛んでTHE-END。

アイバーとバルデリを今日スタメンで起用してきたマドン。
難攻不落のレスター相手に2回投げ勝ったガルザ。
そしてバートレットとともにガルザを獲ってきたフロント。
チーム全体で見事にワールドシリーズを勝ち取った。
オーナー変わって、このチームはホントよかった。

BOSTONは結果論だがやはりラミレスのトレードについて今後
しばらくは叩かれまくるに違いない。

なんとなく似たようなチーム同士のワールドシリーズ。
大人の振りして相手の失敗を粘り強く待つ横綱相撲と違って、
駆け引きナシの空中戦。と見た。
エリア的に偏ってるんで、全米的にはイマイチで放送局や代理
店は真っ青かもしれんが、結構わかりやすくて
おもしろいかもしれん。

どうなることやら。

COMEBACK KINGS?

スカパーMLBライブ ALCS BOSTON VS RAYS。

あんな大逆転喰らっておいて、マッドンが今日勝つって言っ
ちゃったあたりで大丈夫かいな?と心配してたが、そら見た
ことかの逆王手。

初回のアップトンの特大の1発でmomentumを掴むかと思ったが、
ベケットが、力に頼らずどちらかというとコマンドに気をつけた
丁寧なピッチングで空中戦に持ち込ませないで試合を作れたのが
デカかった。こうなってくると、横綱相撲が取れるBOSTONが圧倒
的に有利。ホームランは打ったが大暴投をやっちまったバートレ
ットは痛かった。こういうチョンボは未体験ゾーンに入ってしま
っているチームにはどうしても出がち。我慢比べでは悪いがかなう
わけない。
結果的に暴れてたのはユーキリス一人だが、オルティーズとバリ
テックを完全に起こしてしまったってことで、完全にシリーズの
momentumを掴んだBOSTON。

呆然と観客席に座り込むタンパのみなさんの姿が印象的。
てか、もっと普段からトロピカーナフィールド来てやれよ。

どうなることやら。

THE REAL DEAL

スカパーMLBライブ ALCS RAYS VS BOSTON を録画して。

BOSTONが有り得ない負け方で連敗。

まあ昨シーズンもここから巻き返してきたんで、まだ
なんとも言えないが、オルティーズとペドロイアが
絶不調。一足早くロンゴリアが目覚めたRAYS的には、
この2人が起きてこないうちに、一気にいきたいところ。
それにしても、アップトンといいロンゴリアといい、見
るたびにプレーが洗練されてきている。緩慢なプレーで
お灸を据えられてたシーズン中から比べれば別人のアッ
プトン。勢いに任せてただ振りに行くだけでなく、ボー
ルをきちんと見られるようになったロンゴリア。とにか
く中心選手が現時点で満遍なく機能しており、スターター
が大崩れせず、ある意味普段どおりの仕事ができれば、な
んとかいけそう。ただ逆に言うと水モノの打線への依存度
がそれなりに高い分、ちょっとしたきっかけで歯車が狂っ
てしまう危うさともまた隣り合わせである。

移動日、吉と出るか凶とでるか?

どうなることやら。

20年振りに

スカパーMLBライブ NLCS Philly VS LAD。

今日はタイガーウッズが観客席にいたドジャースタジアム。

チャーリーマニュエルに続いてビクトリーノも葬式控えて、
できればロサンゼルスにいる間に決めてしまいたいところ
だったが、試合がモイヤーがまたしても崩れて初回で決まり。

ちょっとイライラしていたマーチンへのhit-by-pitchの報復で
黒田がビクトリーノの頭近くに。チェンジの際に一塁のところ
でどっちかが余計なことを言って全員集合。乱闘までは行かな
かったが、レフトからラミレスが登場して別の誰かとひと悶着。
以降表向き平穏に試合は進んだが、さすが本気モード、ちょっと
したことで切れてしまうと...という危うさと隣り合わせの緊
張感満載の10月の両チーム。

その黒田、初回の援護点を受けて今日も安定感抜群のピッチング。
最後になった【追記:黒田は7回も登板】田口もショートゴロに抑
えて、ハーシュハイザーの時以来のポストシーズン地元勝利に貢献。
それにしても、真相はよくわからんが、もしあれが黒田からビクト
リーノに仕掛けていったのなら、内弁慶気味の日の丸選手もある意
味立派になった。ビクトリーノは日系選手だが、ゆくゆくは日本人
選手同士でこういった騒動を勃発させられるようになれば、それは
それである意味おもしろくなるのだが...

どうなることやら。

RAYMONDも大の字

スカパーMLBライブ ALCS BOSTON VS RAYS。

昨日、球の走りがよかった松坂が6回までノーヒッター
というすんばらしいピッチングでBOSTONの先勝で迎えた
2試合目。

この秋、スターターが試合を支配していた投手戦をずっと
見てきたが、今日のベケット、カズミアーはダメだった。
ベケットは悪くはなかったが、去年のことを思うと球が
走ってなかったし、変化球の切れもイマイチ。カズミアー
は球数多く無駄なフォアボール出して試合は乱戦模様。
看板的にはザ投手戦の両スターターだったが、両方ともに
大誤算。さらにまずかったのが、ペドロイア、ロンゴリア
とイマイチノリの悪かった若いキープレーヤーの目を覚ま
してしまったこと。
momentumが落ち着かず、我慢比べ、"どっちが先にミスする
か対決"に入ってしまう。
岡島が2イニング完璧に抑えて試合を締めたのに対し
RAYSは8回からダンウィラーが登場、お得意のキーストンコ
ンビのDPで終わりのはずが、その矢先の有り得ないワイルドピ
ッチで同点に追いつかれ、EXTRA。ここまで来るのに4時間
半越え。
一応クローザー役のダンウィラーが50球近く投げ、昨日に続
いて今日も英才教育にもってこいの場面でデビットプライスが
登場。まだまだ雑だが球速いわ。

試合が動いたのは11回、ストライクボールの判定で審判に
ティムリンが崩されて、ペレスが脚をうまく使って見事生還
でTHE-END。たられば、だがエルズバリーならアウトだったか
もしれん。
ガップリ四つを最後寄り切ったRAYS、momentumだけで来た訳で
はないってのが証明されたこの試合。おもしろかった。
それにしても、9回まで時間かかりすぎ。

どうなることやら。


9=4

スカパーMLBライブ ALDS RAYS VS W-SOX を録画して。

序盤はインタビュー収録中のコーチにむけてひまわりの種を投げて
遊んでたオジーギーエン、イニングが深まるにしたがって険しい表
情に。昨日のCUBBYに続いてサウスサイドも自滅。

今日のロンゴリアはイマイチだったが、ペーニャ、アップトン、
岩村、ナバーロと満遍なく当たりが出ていて、ここまで極端に
凹んでいる選手がいないってのがよかった。9月ちょっとヤバカッた
が逆に張り詰めたままここまで来なかったのがむしろここまでのいい
結果につながっている?パーシバル不在も今日バッチリ投げたバルフ
ォーとウィラー、ブラッドフォードで短期決戦ってことでなんとか
乗り切ろうという魂胆の模様。これはけっこう笑えるかも?

K Griffey Jr.

クェンティン不在の穴をもはや存在感と名前だけで
は埋められなかった?皮肉にも最後のバッターにな
ってしまったこの人にチャンピオンリングはもうムリ?






どうなることやら。

BREWの次はBLUE

スカパーMLBライブ NLDS PHILLY VS MILWAUKEEを録画して。

寒い上に小雨模様で屋根が閉まってたミラーパーク。
DIRECTVの飛行船はお話にならなかったが、5回カウンセルが屋
根に当たった打球をナイスキャッチ。実物見た時は結構高い屋根
かと思ってたが...

ナショナルリーグの方がもつれると勝手に思ってたが、意外とあ
っさりと、というか一方的に決まってしまった。

STATSを厳密に見ると違うと思うが、あくまで見た目割と似たよ
うな両チーム、ここまでどちらも自分たちの野球ができていない
っぽかったが、野手の経験不足?若さが出てしまってた。
見事に空中戦に持ち込まれて、東京でも投げたジョーブラントン
に対し全く打つ手ナシのMILWAUKEE。キャメロン、ケンドールでは
役不足だったか?もうチョイ残っていて欲しかった。
3回代打で両リーグでホームラン打ってるサバシアが登場。結果的
にはこれが最後か?スーパンに次いでガヤルド、パーラーと来シー
ズンの想定ローテーションのお披露目も併せて行った今シーズンの
最終戦。

PHILLYも決していい状態ではなかったようだが、とりあえず悪いな
りには何とか格好をつけたという感じ。それはそれで強さの証とも
言えるが、ちょっとまだ信用ならん。ハワードのスロースターター
っぷりが気になるところ。

SVEUM& FIELDER

お代理サマの神通力もここまで。
おとなりは、7回、やっと"らしい"ドデカい1発
が出たが、焼け石に水。






どうでもいいが、今日のミラーパークはサンダースティック配布
だったようでAki猪瀬サンお得意の「揺れるッ〜」のフレーズは
お休み。

どうなることやら。

セリグも警告

MLB.com より。

MILWAUKEE入りしたバドセリグがチケット代高騰について
昨今の経済状況を鑑み、オーナーたちに釘を刺す。

ちなみに、ディビジョンシリーズのこのオッサンが頼む
ブローカーのチケット価格。(現地9月末)


Game Home Team (Opponent) Avg Low High

Playoff Chicago White Sox ( Minnesota ) $155 $70 $525



Gm. 1 LA Angels ( Boston ) $151 $45 $951

Gm. 2 LA Angels ( Boston ) $180 $55 $1,146

Gm. 3 Boston (LA Angels) $274 $112 $1,468

Gm. 4 Boston (LA Angels) $268 $123 $1,468

Gm. 5 LA Angels ( Boston ) $205 $40 $1,230



Gm. 1 Philadelphia ( Milwaukee ) $228 $90 $671

Gm. 2 Philadelphia ( Milwaukee ) $240 $96 $669

Gm. 3 Milwaukee ( Philadelphia ) $306 $189 $1,118

Gm. 4 Milwaukee ( Philadelphia ) $258 $114 $1,118

Gm. 5 Philadelphia ( Milwaukee ) $302 $135 $895



Gm. 1 Chicago Cubs (LA Dodgers) $391 $143 $2,796

Gm. 2 Chicago Cubs (LA Dodgers) $447 $126 $3,075

Gm. 3 LA Dodgers ( Chicago Cubs) $178 $73 $1,113

Gm. 4 LA Dodgers ( Chicago Cubs) $153 $55 $1,399

Gm. 5 Chicago Cubs (LA Dodgers) $665 $224 $3,355



Gm. 1 Tampa Bay (MIN or CWS) $125 $54 $476

Gm. 2 Tampa Bay (MIN or CWS) $125 $59 $554

Gm. 3 MIN or CWS ( Tampa Bay ) N/A N/A N/A

Gm. 4 MIN or CWS ( Tampa Bay ) N/A N/A N/A

Gm. 5 Tampa Bay (MIN or CWS) $150 $68 $951



GAME4,5のチケットをこの価格で買っちゃった連中は熱いだろう。
シカゴの$3,355って、やはりおかしいって。


どうなることやら。

100年ぶり VS 50周年

スカパーMLBライブ NLDS CUBBY VS LAD。

セレブが一杯、いつもと違って試合開始から満席のドジャース
タジアム。

打てないってのも問題だったが、たらればだが、9月調子のよ
かったテッドリリーを4番手にしたのが失敗だった?シーズン
勝ち抜けが順調過ぎたのが逆に仇になった?
シカゴトリビューンによると、現地金曜日の朝にORDのTerminal
BでトレードになったからCIN行きの便に乗れというアナウンス
されてしまったらしい、踏んだり蹴ったりの福留。ベンチの隅
っこでもはやスタメンでは出番ナシ。なんだかんだで6回途中
からセンターの守備に就いて、黒田からセンター前ヒット。
ただちょっと遅かったか。
対するもう1人の日の丸戦士、黒田はすんばらしいピッチング。
序盤ちょっと大丈夫かいな?という内容だったが、スライダー
なのかツーシームなのかがバッチリ決まってゴロの嵐。こちら
はガッチリとなくてはならない存在に。
試合は、初回アラミスラミレスの緩慢なタグプレー、ローニー
のタイムリー、マニーラミレスの激走、ラリーボーワ興奮のコ
ーチャーズボックス抜け出しで2点先制、5回はファーカル、
マーチンで追加点。4回と7回に詰めきれなかったCUBBY、8回
1点取るのがやっと。やはり打てなかった。ソリアーノ、アラミ
スラミレスの罪は大きい。

リグレーフィールド スコアボード

虚しい白旗。
この業界名物の呪い話が再燃か?







どうなることやら。

DE-JA BREW

スカパーMLBライブ NLDS PHILLY VS MILWAUKEE。

バドセリグが特別席で観戦のミラーパーク。

モイヤーが今日は乱調。たぶんこれがすべて。
ホームに戻って、やっとライアンブラウンに続いて
キャメロン、ケンドール、ハートに当たりが出てきた。
あとはフィルダーだけ。1発出るとだいぶ雰囲気が
変わると思うのだが...キャメロンがやけに元気で
ある。あまりこの人のキャラ的には似合わないが、
ベテランらしい経験値に富んだ脚を使った今日の
プレーは、ある意味時の流れを感じさせられる。
9回、サロモントーレスを攻めたPHILLYだったが
やや勢い余ったというか雑だったというか、もうちょい
丁寧に攻めてればまた流れが変わってたかもしれん。

しかしこうもmomentumが変わるものなのか?サバシア
まで持ちこたえられるか?

Dave Bush

ベンシーツ不在の中、この10月、そして
来シーズン鍵になる?もうチョイ威圧感が
欲しいトコだがフィルダーとケンカできれ
ば立派なもんか。





【追記】フィルダーとケンカしたのはパーラー
デシタ。

どうなることやら。

ボラスが陣取りサルが舞う

スカパーMLBライブ ALDS BOSTON VS LAA。

ある意味、事実上のリーグチャンピオンシップ。
はっきり言って、完成品同士のオトナのmatch-upでイ
ケイケの神懸ったムチャがあまり起こらないので、
極私的には1番つまらんmatch-up。

主審が見切れてて最初気づかなかったが、ネット裏に
スコットボラス。A-RODの一件でミソをつけてしまった
が、いよいよこの人の"集金"の季節がやってくる。
席がないのか何なのか?ずっと立ち見のボラス。
終盤欠伸こいたりして壁にもたれてややリラックスムー
ドだったが、ふんぞり返っててもおかしくないのに、
ちょっと意外。

アービンサンタナはもったいなかった。2回以降、ナポリ
にキャッチャーが替わるまでいいピッチングだったのだが
ジェイソンベイにやられてしまったことですべてパー。
マウンド上ではデカく見せてたが、肩を落としてマウンド
降りる時のまあなんとも華奢なこと。見た目は20代の遊び
たい盛りの兄チャンだった。

あと1本clutchできないLAAと締りの悪いBOSTON、結局ネタ
キレでクローザーをイニング跨ぎで投入とむなったが、
決めたのは先制打を打ったドリューの1発。

松坂

相変わらず自己中心のピッチングしかしない
5イニングが精一杯の強情なこの男。今日は
スライダーとチェンジアップの出し惜しみ?






たぶんこのままsweepだろう。

どうなることやら。

昇り"エイ"

スカパーMLBライブ ADS W-SOX VS RAYS。

ちっちゃい二連奏メガホン?カウベル?がどうやら応援グ
ッズらしいトロピカーナフィールド。何とかの1つ覚えで
風船飛ばすしか能がないどこぞの国とは違う営業の知恵満
載の10月興行。30,000人以上動員すれば圧倒的な勝率を
誇るRAYSご一行がジンクス通り、終わってみれば圧勝。

普通クローザーと4番バッターがヤバいとなると、白旗
ムードが漂うのが、全くそういう気配は感じられず。
最後イケイケで10月になだれこんできたW-SOXだが、
ただの普通の強いチームに成り下がってしまっていた。
バブリーさではなくmomentumで言うとシーズン通してと
1週間程度とでは年季が違うってところか?
序盤はバーリーがきちんと投げて試合は僅少差で壊れちゃ
いなかったのだが、オジーギーエンのベンチでのイラつき
を見るに、シーズン中ニガテにしてたってのは割り引いて
もやはりmomentumはRAYSだった。

パーシバルの替わりになんとデビットプライスをロース
ターに入れてきているRAYS。きたねー!ただ出しどころ
が難しい。モノもらい?で欠場の代役アイバーが渋い活躍。
岩村がいいトコで1発、福留がルーピネラからこき下ろさ
れた昨日の今日だけに存在感がなお一層光る。この試合を
見るに、前回間に合わなかったシャンパンファイト、もう
1回はあるだろう。
昨日カブレラと一触即発だったバルフォー、ハウエルと手堅
く継投。いいところで打ったナバーロのある意味審判のくせ
をうまく読んで味方につけたリードも良かった。

スコットカズミアー

悪いなりに試合を作るということを覚えてきたのか?
良く言えば洗練されてきた?悪く言えば小さくまと
まってきた?







どうなることやら。

グランドスラム流行中

スカパーMLBライブ NLDS MILWAUKEE VS PHILLY を録画して。

大車輪でコキ使われてきたCCサバシア、ついに力尽きたか?
フォームのバランスが良くなかった。
この"良くなかった"をしっかり見逃さないのが10月の野球。
9月末から見るたびことにいい仕事をしていたビクトリーノ
がgrand-slamで試合を支配。ハワード頼みでハワードこけたら
みなこけたってことになってないのが、強み。ジェイソンワース
も相変わらず渋い。スターターが試合を作って、ブルペンが
リッジに渡せばあとはなんとかなるという自分たちの型をここ
まで崩していない。こうキーボードを叩くと良いトコずくめだが、
今のところ死角ナシ。

フィルダー

ライアンブラウンとうまくつながってない。
プレッシャーか?








どうなることやら。

硬い

スカパーMLBライブ NLDS LAD VS CUBBY を録画して。

契約延長が決まったルーピネラ、100年の重みを跳ね返す
べく臨んだ第1戦。チーム全体ちょっと硬くなってたか?
シカゴでやるなら昼間やらせてあげたかった。
結局はデンプスターのBB出し過ぎがすべてだったが、打つ
ほうもブルペンもいいトコなし。

逆に普段どおりの野球をしてたっぽかったLAD。
ポストシーズン男のラミレスがユニフォーム変わっても健在。
デレックロウも良い方のいつもどおり。
普段どおりのことをどれだけできるか?気負ったら負けの短期
決戦。

マーク デローサ

鍵になりそうな選手?の予感をさせた先制打だった
が、後が続かず。







どうなることやら。

スタンドは真っ黒けのけ

スカパーMLBライブ AL Tie-Breaker MINNESOTA VS W-SOX
を録画して。

ブラックバーンとダンクスのこの時期らしい投手戦。
メンタルのことは本人に聞かないとわからんが、
シーズン中とはちょっと違う何かが出ていたすんばらしい
ピッチング。あと守備が完璧。スーパープレーは特に見当
たらなかったが、両チームとも確実にボールを処理できて
いる。できて当たり前のことを確実にやっていた両チーム。
地味ながら強さの秘訣をここでも見えた。

5回、打てない中で貴重なランナーになったカダイヤー、
結果的にはややムチャだったのでは?とも言えるが、
1点の重さを知ってて貪欲に失敗を恐れず一か八かで
突っ込ませたのか自分から行ったのか?このMINNESOTAの
執念、その執念があったから9月のどん詰まりになった今日
も野球ができているのだろう。首位打者のマウアーがセーフ
ティーバントしたり、と結果は出なかったが、この執念が
重要。

それにしても7回のトーミーの均衡を破る1発はデカかった。
こういう1点を争う試合ではやはり1発である。ホームラン
バッターをズラッと並べて、7点差がついた終盤に打つ1発
とは訳が違う。昨日はルーキー、今日はベテランの日替わり
ヒーロー。乗ってるわ、W-SOX。雌雄を決する大事な試合での
オジーギーエンのインタビュー、いい笑顔で答える監督に
むかってピーナツのかす?が舞ういい意味でリラックスした
ベンチ。momentumはうまく引き寄せた、と見た。

ケングリフィJr.

5回のホームへの送球はピアジンスキーとの呼吸
ピッタリ。7回のダブルはいい角度で飛んだが、
あれがスタンドに入らないって...







どうでもいいが、秋口まで残るとジャケット・トレーナーなど
単価の高いアウター系の売上も見込めるから、営業的にはぜひ
勝ち進んで欲しいわな。

congratulatio〜n!

土俵際

スカパーMLBライブ DETROIT VS W-SOX を録画して。

10月に野球ができるチームがだいたい出揃って、残りは1席。

結局DETROITが獲得したガルシアが今日のスターター。
例によって、だが太った。内容はそんなに悪くなかったが、
カラダのキレがなかったというか上半身だけで投げてたっぽく、
ケガする前の面影は見られず。故障は癒えたのかもしれんが、
戦う状態ではまだなかった?まあとりあえずユニフォーム着て
マウンドに立てるということを見せることが最優先といった
ところか。

試合はリーランドの細かい投手交代が裏目?まあ交代も何も
来シーズンに向けての調整で勝負にいってる訳じゃないだろう
からまあこんなもんか。結局元気だったのはインジだけ。
シェフィールドの扇風機っぷりがやけに空しい。

G Floyd

いつのまにやら17勝。







なんとかワンデープレーオフ。
MINNESOTAをきちんと見てないんでなんとも言えんが、
momentumはありそう。

どうなることやら。

52+8=26年ぶり?

スカパーMLBライブ CUBBY VS MILWAUKEE。

DIVISION-CLINCHはできなかったメッツだが、WILD-CARDには最後
しぶとく残っててややこしくしている、泣いても笑っても16
2試合目。
10月に向けて調整モードのCUBBYに対し、中3日を3回もやらさ
れてしまっているCCサバシア以外は金縛り状態のMILWAUKEE。
2回にフィルダーが固まって先制されて試合は膠着状態。7回に
やっとこさあで追いついて、決めの一手は8回ライアンブラウン
が先日のグランドスラムに続いていいトコで勝ち越しのダブル。
いや、このチーム見ておいてよかった。

スーパン&CCサバシア

深いイニングまで投げても安定感と気迫は全く
変わらず。8回はベアハンドって...ここ一
番でおんぶにだっこができるピッチャーがいる
といないじゃこんなに違うってこと。






とりあえずメッツ待ちだが、昨日サンタナのカードを切ってしまった
差が出てしまったってことか。

どうなることやら。

今年も"揺れる、ラリータオル"

スカパーMLBライブ NATS VS PHILLY。

メッツが一応今日は先に勝ったがやっぱりというか自滅で、
このDIVISION、PHILLYが去年と同じこの時期このmatch-upで
自力の勝ち抜け、DIVISION-CLINCH。

コマンドが効かないのか、確信犯なのか、内角攻めのラナンと
しぶといモイヤーの3回までは投手戦。
野手が満遍なく打ってどう見ても格が違うNATSを圧倒。
最後はここまで成功率100%のリッジ、ここ一番の勝負弱さを
少し見せてしまったが、ジミーロリンズの守備に救われてなん
とかTHE-END。勝った瞬間この2人でハグしたってのは笑えた。

知らぬ間にステアーズまで獲得して10月への体制を固めてた
PHILLY。組織力の差がはっきり映し出されたこのmatch-up。
それにしても田口と井口の影があまりにも薄い。

チャーリーマニュエルの穏やかないい笑顔が印象的。赤鬼も老
けたわ。


ラスティングミレッジ

1人気を吐いてたが後が続かず。
45歳モイヤーがガチンコで処理しにいった
あのバントヒットはよかった。






どうなることやら。

今度はこっちがFINAL

ケーブルテレビ経由BSフジ CUBBY VS メッツ をちっちゃいテレ
ビで。

事と次第じゃ10月もう1回あるかもしれん両チームのmatch-up。

昨日のヤンキースタジアム騒動が一段落して、今日からはクイー
ンズの方に主役の座が移るはずなのだが、今日見る限りシェイス
タジアムの最後の神通力は届いていない?さらにこっちはポスト
シーズン射程圏内に入ってるにも関わらず、とてもじゃないが獲
りに行っているチームとは思えない今日の内容。逆に言えば、サ
ンタナ以外全く顔が見えない投手陣でよくこの位置をキープできて
いるってことはある意味ミラクルか?気配的には世紀の大失速の
かおりがプンプン。デビッドライトがどこまで引っ張れるか?
早くわがキャプテンのように、ああいう場面で高給取りスター軍団
を従えての華のあるスピーチが型にはまるようになるには、もう
1踏ん張り、今日の1発もよかったが、何かを見せて欲しい。

マーキーが投げて試合を作り、自らgland-slam含む5打点でやり
たい放題。一足お先にポストシーズン決めてるがホームフィール
ドアドバンテージ獲りという真剣勝負。サマージャ、マーモル、
ウッドの必勝リレーを投入でさらに足許を固めにかかって着々と
10月に向けての準備をすすめている。

デレック リー

センター深いトコの1発もマーキーのほうが
今日はインパクトあり。ちょっとホームラ
ン少ないのが物足りないが、まあ立派なもん。







どうなることやら。

あの鐘を鳴らすのは...

スカパーMLBライブ ATLANTA VS PHILLY をメインのテレビで
音ナシでチラ見。

メッツと最後のマクリ合いを演じている目下絶好調のPhilly。

序盤は地味な投手戦で試合が動いたのがスターターが降りて
から。空中戦ではあったが、切れたATLANTAの雑なプレーが
自分たちの首を絞め、タバレスがブチ壊してTHE-END。9回
ちょっと見せ場もあったが、もはやmomentumが全然違ってた。
Phillyはバールやアトリーといった打つべき人が打って、って
のもあったが、今日はロリンズが渋いところでいい活躍。確か
7回のホームへの矢のような送球はチームの勢いを示すような
すんばらしい送球。となりのちっちゃいテレビでメッツを見比
べている限り、どうもこっちに分がありそう。

ジャージエンス

このチーム状態ながら2桁勝ってれば立派なもん。
来シーズン、これができればほんまもん。
かつての投手王国再建なるか?






どうなることやら。

25年と15年

FOXSports.com より。

2010年オープン予定の Minnesotaの新ボールパークのネーミング
ライツを地元有力企業のターゲットが25年契約で獲得。
ティンバーウルブスのホームと合せて両方ターゲットの冠がつく
らしい。そういやあ同じ街で同じ企業が複数の競技場のネーミン
グライツ持つ例ってちょっと記憶にない。

一方、CLEVELANDはプログレッシブフィールドの賃貸契約を2023年
まで延長。

オッサン、次の契約更改時はいくつ?

どうなることやら。

"That was a shocker,"

MILWAUKEEのオフィシャルリリースより。

ネットヨースト、解任。

ワイルドカード、やっぱり無理と見たか。

サバシア獲りで一気にコンテンダーの仲間入り
の雰囲気作りに成功したが、この解任劇で士気
を下げてしまうことになる?

ネットヨースト

観客動員もいい感じで来ているし、もう1年くらい
猶予あげてもいいと思うのだが、大ナタ振るって、
詰めの甘さを克服ってことか...怖っ。






どうなることやら。

ひとりの"BIG-Z"ショー、$25也。

スカパーMLBライブ CUBBY VS HOUSTON。

どこかで意識過剰で崩れるものとあまり本気で見てなかったが、
見事にno-hitterやっちまったザンブラーノ。
カットボールなのかスライダーなのか、一応ブレイキングボール
のようだが速いのなんの。自分でヒットも打っちゃうわ...。
ハンターペンスあたりが崩すかと思ったが、momentumが違ってた。
それにしてもこの時期にまだ切れてないしかもどちらかというと
チーム状態上げ潮のHOUSTONの強力打線相手に達成したってのも、
大いに価値あり。
9回110球、三振10個で試合時間も2時間半かからず。

参りマシタ。

途中からってのは何度かない訳ではないが、頭から最後まで
見たのは、史上初。9回は音声ヘタクソのスカパーなんで、
副音声に切り替えたが、異常な雰囲気のミラーパーク。
【追記:回線の関係だと思うが、主音声だと現地音声が
薄くなってしまうので、日本語コメンタリーを聴けなくな
るのは残念だが、ここは大記録ってことで泣く泣く切り替え。】

アイクのおかげで、ミラーパークに戦いの場を移してのHOUST
ONの主催ゲームだったが、スタンドは青い小熊のマークで一杯。
シカゴから車飛ばしてきたみなさんはそのかいがあったってもん
だろう。チケット代が$25って...

ランディウルフ

この人は全然お話にならず。








ごちそうさまデシタ。
MLB
YANKEE


Archives
jeter

■生年月日:カートシリングの2週間後
■住所:東京都の山手線の中
■職業:インチキな勤め人
■家庭:なし
■贔屓球団:NEWYORK YANKEES
■贔屓選手:Derek Jeter
■贔屓日本人選手:Hideo Nomo
■推奨観光地:函館、大阪ミナミ、札幌、金沢、ニューヨーク、ボストン、ニース、台北、サンフランシスコ、三浦海岸、上海、神戸、マカオ、小樽
■推奨ホテル:ハイアットリージェンシー・ジャージーシティ・オン・ハドソン
■贔屓だったお馬さん:メジロパーマー

My Visited BALLPARKS
1.ドジャースタジアム
2.ヤンキースタジアム
3.ネットワークアソシエイツコロシアム
4.フェンウエイパーク
5.シェイスタジアム
シティフィールド
6.パシフィックベルパーク
7.コメリカパーク
8.カウフマンスタジアム
9.セーフコフィールド
10.オリオールアットカムデンヤード
11.シチズンズバンクパーク
12.グレートアメリカンボールパーク
13.トロピカーナフィールド
14.ドルフィンズスタジアム
  マーリンズパーク
15.USセルラーフィールド
16.リグレーフィールド
17.ペトコパーク
18.RFKスタジアム
19.PNCパーク
20.クアーズフィールド
21.ミニッツメイドパーク
22.レンジャースボールパークインアーリントン
23.チェースフィールド
24.ミラーパーク
25.エンジェルスタジアムオブアナハイム
26.ターナーフィールド
27.ターゲットフィールド
28.ブッシュスタジアム
29.プログレッシブフィールド
30.ロジャースセンター

【おまけ】
・Wukesong Stadium(中国・北京)
・蚕室野球場(韓国・ソウル)
・HIRAM BITHORN STUDIUM(プエルトリコ・サンホアン)
・天母棒球場(台湾・台北)
・台中洲際棒球場(台湾・台中)
・ESTADIO LATINO AMERICANO(キューバ・ハバナ)

※名称は訪問当時。
Recent Comments
Recent TrackBacks
さらば“King George”──ヤンキース中興の祖 (上田龍公式サイトRyo's Baseball Cafe Americain Annex  「店主日記」)
葬儀は身内だけで...
「カネに使われた」Aロッドの野球人生 (上田龍公式サイトRyo's Baseball Cafe Americain Annex  「店主日記」)
出で立ちは青いセーターで
Attention!
TB、コメントをいただきありがとうございます。現在スパム防止のため、TB・コメント確認後手動で反映させております。

■当BLOGは、単なる野球好きの素人勤め人♂が気まぐれで運営しております。掲載内容については当事者・関係者からの直接取材で得た内容ではありませんので、事実と異なる場合も多々あります。詳しくは主催者発表のものとご照合ください。

■当BLOGの内容・趣旨に合わないTB・コメントは削除させていただきます。空気の読めないお子様のお立ち寄りはご遠慮ください。

■TB、コメントを利用して、アダルト、出会い系、エロサイト等公序良俗に反するサイト、アフリエイト等商業目的のサイト、および法令を遵守していないまたはその疑いのあるサイトへの誘導はお断りいたします。また特定の政治・宗教等に関わる案件もご遠慮くださいますようお願いいたします。

■野球の勝敗、結果を利用した賭博行為(ファンタジーベースボールは除く。晩飯程度は見なかったことにします。)に参加・関係のある方の当BLOGへの立ち寄りその他一切の関わりについては、お断りいたします。

■当BLOGの美観向上を主目的に、記事に関連すると思われる楽天市場およびamazonの商品紹介を掲載させていただく場合がございます。また同様の目的で、独断と偏見で当BLOGにふさわしいと判断した広告バナーを、設置させていただいております。各リンク先と当blogとは特別な利害関係等はございません。万一各リンク先とトラブルが発生いたしましても当blogは一切関知いたしません。購入等のご判断はあくまで自己責任でお願いいたします。


■当BLOGにご用の方はコメント欄よりお願いいたします。


当BLOGで使用している文章・画像等の"無断"での複製・転載を禁止します。

Copyright (C) 2005-2015
jeter1128, Some Rights Reserved.
楽天市場
  • ライブドアブログ