芳野慎史.の芳野慎史的心

星空JETTに勤務、ポップロックバンド「NOW」のギターボーカル芳野慎史.が芳野慎史.的目線で世の中をぶった斬る! 音楽の話も深い内容も日々の進歩も 殆ど無い、日常を綴ったブログ。

現在NOWではドラマーを本気で大募集中!!!
君の力が明日のNOWを作る!

次回のLIVEは…

12/17(日)@松山 星空JETT
星空JETT18周年LIVE
に、ACOUSTICで出演します!

NOWのHP
http://www.hoshizorajett.jp/now/
星空JETT
http://www.hoshizorajett.jp/
過去の日記
http://www.alfoo.org/diary2/jett6969/

Justy-Nasty、中学生の時に聞いてました。何ならギターで弾いてました。
そんなJusty-NastyのVo藤崎さんにこんな形でお会いできるなんてシンジ感激。
当時の自分に教えてあげたい。

29年後に会えますよ!と。
image1
緊張の色が動きの硬さ(ノンアルコール)に出てるな...。
Justy-Nastyの曲もACOUSTICでやってくれました!今聞いても名曲。
聞いた瞬間に気分は「もう中学生」。どうりで肌艶が良すぎるな。

King Biscuit Timeの本間さんが参加してるNICKEY&THE WARRIORSも二十歳頃聞いてました。
image2
こちらは本間さんとの長年のお付き合いと、自分もライブ出演後(飲酒済み)のため砕けております。
来年NICKEY&THE WARRIORSで来てくれるってお話になったのでこちらも今から超楽しみ~!



さて、ガラケーで振り返るUM&Kツアー二日目岡山ダンゴシティー!
DVC00160
この日の箱はBLUE BLUES!アメリカンで西部劇で体育館な店内にテンションMAX!
DVC00161
こんな所で一杯やれる大人の男になりたい。

DVC00162
こんな所で一っ風呂浴びれる男にはなった。

DVC00163
打ち上げ後に行く店の下見もぬかりなく。

DVC00165
本日のNOWホイホイ。

DVC00166
岡山のポップアニキ、
strike three!


出演後の楽屋で、半額の刺身から、半額という栄養を吸収する直前のジェリド・マサ。
DVC00168


DVC00169
BLUE BLUESのシンクが欲しい。


打ち上げも早々に退散し、いざ、二年ぶりのビストロパールへ!
DVC00173
フィリピンパブではなく、フィリピン居酒屋ビストロパールである証拠①

DVC00175
フィリピンパブではなく、フィリピン居酒屋ビストロパールである証拠②

DVC00172
フィリピンパブだと勘違いされる写真①

DVC00176
本人映像の山根康広を歌うと顔も山根康広になる証拠①

前回の教訓を生かし、フィリピン居酒屋で飲み過ぎないようにセーブすると…
DVC00179
呑み足りないと、コインパーキングで呑み出すジェリド・マサ。

みかんへ続く。




遅刻して高松入り。
リハという名の練習を執り行い、いざ吉鳥へ!
以下、この日撮った写真を時間軸にのせてすべてお見せします!

DVC00152
メニューをみんなに見せることができるようになったガッキー。
大人だねぇ~。


DVC00153
いきなりのイベント終盤!この日ナッヂで泣きました…。


DVC00155
二次会、本日二度目の吉鳥の座敷に沈むジェリド・マサ。


DVC00156
閉店のためジェリド・マサを蘇らす心優しきジュンヤさんと、そのケツを狙うTOMO☆CAT。


DVC00157
ジュンヤさんの下の口に入り込もうとする濃い口醤油。


DVC00158
車がオーバーヒートしたのに愛媛から来てくれたトモキングさんと、
高速移動中のためぼやける林野タカシ氏と、
明日の自分がどうなっているか、この時はまだ知る由もないジュンヤさん。

初日終了。

今年の「うどんとみかんときびだんご」ツアーが終わってしまった。
僕の心と体が通常運転に戻るには、まだしばらくかかりそうです。

写真を見返すとあまりの少なさに「楽しかったな」とまた痛感。
そんなツアーを、ガラケー目線で振り返ってみたいと思います。


ツアー初日、松山を出発後、車内ではCDのパッケージング作業が始まりました!
レコーディングスタートから約一年と十ヵ月。LIVE当日の車内で完成。
なんとか完成して良かったです。
見かけたら買ってやってください。

パック詰めも終わり、好スタートな車内の後部よりいきなり
「ダダダダ!」
という大きな異音が出てすぐ消えた。

後部座席にはジェリド・マサ一人。

何やってるの⁉と、声には出さずに振り向くと、
申し訳なさそうに座っているジェリド・マサ。
(後で聞くと、何もしてなかったけど二人からメッチャ見られたから「何かすみません」と思ったらしい。)
越智君、また変なことして変な音でもしたのかな?とスルーしてしばらくたった時、

「ダダダダ・・・・!」

さっきの音が今度は止まらない!
ハンドルは取られてないけどこりゃヤバイ!

スピードを落として越智君に見てもらうと、
「泥除けがタイヤに当たってますね。」

あ~、ゴムの泥除けが朽ちて落ちかけてタイヤに当たってるのかな~。
PAに止まって切ってのけるか。
とか思いながらゆっくりハーレーダビッドソンみたいな音をさせながら、
(今思うと、カスタムしたスズキのテンプターがSW-1みたいな音だった気がする)
3km走って石鎚山PAに到着。

急いで見てみるとタイヤの表面がベロリベロリ。
具のワイヤーまで見えてる…。あと一歩遅ければ…南無南無。
よく考えればこの車の泥除けはゴムじゃなくてFRPだったな。
その泥除けも剥げたタイヤに鞭のようにしばかれボッコボコ。


DVC00151
バイクに続き、今月三日目にして早、二度目のJAFにお世話になりました。

ツアーの間に二回タイヤがバーストしたバンド、「ターンコート」の事、もう笑えんな。

つづく

このページのトップヘ