12月に入りました。

師走になると、気持ちだけが焦って。

ろくに何も出来ずに終わってしまうというパターンが毎年続いている気がします。

まだ二日目ですが、コロナ禍の今年は特にそうなりそうな予感が。

まずは、落ち着こうです。

今朝起きて、カーテンを開けると。

黄金色に空を染めながら、朝の太陽が上がってきました。

IMG_5277

眺めていたら、ふとコーヒーのCMにも使われた詩人谷川俊太郎のこの詩を思い出しました。


朝のリレー
谷川 俊太郎


カムチャツカの若者が
きりんの夢を見ているとき
メキシコの娘は
朝もやの中でバスを待っている
ニューヨークの少女が
ほほえみながら寝がえりをうつとき
ローマの少年は
柱頭を染める朝陽にウインクする
この地球では
いつもどこかで朝がはじまっている


ぼくらは朝をリレーするのだ
経度から経度へと
そうしていわば交替で地球を守る
眠る前のひととき耳をすますと
どこか遠くで目覚時計のベルが鳴ってる
それはあなたの送った朝を
誰かがしっかりと受けとめた証拠なのだ


人生を豊かにするには、想像力を養うこと。
ものづくりは、その助けになるものでなければならないと、デザイン科の先生から習った記憶があります。

谷川さんの詩には、そんな役目を全うしている気がします。

この朝のリレーは、視点を広げてものを見る目を養ってくれているからです。

頑張った今日を、地球の誰かが受け止めてリレーしてくれている。

そう思っただけでも、一日の価値が変わる気がします。

人生をシンプルに考えれば考えるほど、これから何をしたら良いかが自ずと見えてくる気がします。

想像しながら、創造する。

究極、人生ですることはこれに尽きるのではないでしょうか。

世界を回り回ってあなたが受け取ったバトン、渡すまで、今日も頑張りましょう。


ハート&ジュエリーウェブサイト

ジュエリーアルチザンKENの屋久杉や富士溶岩を使った天然石ブレスレット、オリジナルジュエリー、ブレス作り体験イベント詳細についてはハート&ジュエリーウェブサイトをご覧ください。

人気ブログランキングに参加しています。 


良かったら1クリックをお願いします。
image

人気ブログランキング