マンガ

2016年10月01日

A22100


先日から話していますが、
漫画界の巨匠(きょしょう)、
手塚治虫氏の作品で、
「ブッダ」というマンガがあります。

その中で、親を殺した、
悪名高いアジャセ王が登場する。

親を殺した後、
アジャセ王の頭に腫れ物(はれもの)ができ、
その腫れ物はどんどん大きくなり、
アジャセ王は苦しむ。

治(なお)すための治療(ちりょう)方法も見つからず、
医者も途方(とほう)にくれるなか、
ブッダは、

「ためしてみる!」

と言い、
ブッダ独特(どくとく)の治療を始める。

そしてその治療を一日12時間、
三年間も続けた。

そしてブッダの治療は功(こう)を奏(そう)し、
アジャセ王の病気は
回復(かいふく)に向かう。

そんな中、
ブッダを嫌(きら)い
憎んできたはずのアジャセ王が、
ブッダに向かって、
感謝のまなざしで

「ニコッ」

と微笑(ほほえ)む。


ブッダは喜ぶ!!

「王がはじめてほほえまれた!」

「かいがあった・・」

「あの微笑みは・・・
まるで・・・・・
神のようだった!!」

「・・・、
神・・・・
神だって!?」

「なんたることだ!?
神・・・・・」

「わかったぞ!
そうだ!
わかったぞ〜〜っ!」

「人間の中にこそ・・・
神がいる・・・
神が宿(やど)っているんだ!!!」


ブッダは喜びのあまり、
走りつづけ、さけびつづけた!

「私はアジャセ王の微笑みに
神のような美しさを見つけました!!」

「修行僧(しゅぎょうそう)でもない、
聖者(せいじゃ)でもない、
ふつうの人間です!!」

「神というのは
だれの心にも宿っているのですな!?
だれでも神になれるのですね!?
そうでしょう?」

「私はいままで、
きびしい修行をして聖者になることを、
弟子たちに教えてきました。」

「そうじゃない!
そうじゃないんだ!!
聖者どころか、
神には・・・
だれでもなれるんだ!!!」



マンガとはいえ、
鋭(するど)いと思います。

神というと大げさかもしれないけれど、
アジャセ王の微笑みに
神を見たと言っているので、
その「神」というのは
大げさな超人的(ちょうじんてき)なものではなく、
人間性に直結(ちょっけつ)するもの、
より人間らしいもの、
人間性の究極(きゅうきょく)、
人間の中にある
「大いなる尊厳(そんげん)」
のようなものなんだと思う。

その「大いなる尊厳」
「人間性の究極」のようなものが、
すべての人の中に、
そなわっている・・・!!!


そのようなことを
言いたかったのではないか? 
と思う。


そしてその、神のような生命は、
実は、
すべての人の中に
そなわっている!!


実は、ここに、
仏法(ぶっぽう)の
優(すぐ)れた思想と哲学(てつがく)がある。

神のような生命というと、
わかりづらいかもしれませんが、
幸せをもたらす生命、
幸せをもたらす無限の力(ちから)と考えると、
わかりやすいかもしれない。

幸せをもたらす生命、
幸せをもたらす無限の力は、
元々(もともと)、
すべての人の中に、そなわっている!

その元々そなわっている無限の力を、
引き出せるのが、
『仏法(ぶっぽう)』だということです。


ここに重要なポイントがあります・・!


すなわち、幸せをもたらす無限の力は、
自分の外にあるものではない。

「自分の中にある!!!」


このように、
幸せを自分の外に求めるのではなく、
自分の中に求める生き方を、
『内道(ないどう)』
といいます。

「内(うち)」に幸せを求める「道」
ということです。


それに対して、
自分の外に幸せを求めることを
『外道(げどう)』
といいます。

地位や権力(けんりょく)、
お金や世間の評判(ひょうばん)など、
自分の外にあるものによって
幸せになろうとする生き方が、
「外道」の生き方だと言えます。

環境がこうだから幸せになれない。
あの人がこうだから幸せになれない・・・と、
幸せになれない理由を、
自分の外に並(なら)べ上げたりする生き方も、
『外道(げどう)』の考え方であり
生き方だと言えます。


そして、「外道」の典型(てんけい)と言える宗教が、
実は「キリスト教」です。

キリスト教は、神という、
自分とは、かけ離れた存在に、
幸せを祈ります。

自分には幸せになる力(ちから)がないから、
神におすがりするということです。

自分には幸せになる力(ちから)がないから、
自分とは、かけ離(はな)れた存在である神様に、
ひたすら、
おすがりして、ほどこしてもらう・・。

そういう意味合いが強くなっていきます。

けれど、ここには、
はっきり言って希望はありません。

神をあがめても、あがめても、
自分と神との距離は
永遠に縮(ちぢ)まることはなく、
神をあがめれば、あがめるほど、
逆に人間との距離がどんどん離れていく。

人間は、どんどん卑小(ひしょう)になり、
みじめな存在になっていく。

そして精神的には、
自分という存在(そんざい)が、
神の奴隷(どれい)のようになってしまいます。

この絶望(ぜつぼう)のドグマから
解放(かいほう)されることは永遠になく、
人間は救われない生き物だということに
なっていきます。


ここにキリスト教の限界(げんかい)があり、
キリスト教に疑問(ぎもん)をいだき、
キリスト教から離(はな)れていく人も
多いと思います・・。

また、キリスト教でなくても、
現代の日本の宗教、
葬式(そうしき)仏教や神社信仰、
観光宗教なども、
単(たん)なる「外道の宗教」でしかないと言っても、
おかしくないと思います。

正月などに、「パンパン」と手を合わせて、
棚(たな)からぼた餅(もち)のようなことを
祈る・・。

それこそ、
自分の外にあるものによって幸せを求める
典型(てんけい)だと思います。

葬式仏教などでは、
葬式で坊(ぼう)さんに高いお金を払って
お経(きょう)をあげてもらう。
それで亡くなった方が
成仏(じょうぶつ)するんだったら、
こんな簡単なことはないけれど、
そんなことはありません。


大切なことを、
人におまかせして祈ってもらう。
考えてみたら、おかしなことです。


一番大切な幸せを、
なにか外から降(ふ)ってわいてくるように、
神頼(かみだの)みしてみたところで、
それで幸せになれるとは考えられません。

それどころか、
葬式仏教や神社信仰、
観光宗教それ自体(じたい)が、
実際、デタラメな間違(まち)った宗教であるために、
それにおすがりして祈るということは、
間違ったもの、デタラメなものに、
おすがりすることになり、
その人を不幸にしてしまう・・。

どういうことかというと、
間違ったデタラメな宗教に祈るということは、
間違ったデタラメの宗教に
自分の生命と人生を
ささげることになります。

間違ったデタラメの宗教に
人生と生命をささげたならば、
当然(とうぜん)、自分の生命と人生は、
デタラメで間違ったものになっていく。

自分の生命と人生が、
間違ったデタラメなものになっていったならば、
その結果として、
さまざまな形で
不幸がもたらされてしまう!
ということです。


不幸の根源(こんげん)には、
葬式仏教や神社信仰、
観光宗教など、
それらの間違った宗教がある!
ということです。




手塚治虫のマンガ「ブッダ」の中で、
ブッダは言った。

「人間の中にこそ・・・
神がいる・・・」

「神というのは、だれの心にも宿っている!」

「神には・・・
だれでもなれるんだ!!!」


神というと、やはり少し大げさで、
取っ付(とっつ)きづらい感じがしますが、
「神」という言葉を、
「幸せ」「幸せをつかむ無限の力」
に置き換(おきか)えると、
わかりやすいと思う。

「人間の中にこそ・・・
幸せをつかむ無限の力がある・・・」

「幸せをつかむ無限の力は
だれの心にも宿っている!」

「幸せには・・・
だれでもなれるんだ!!!」

そう言い換(か)えると、
わかりやすいと思います。


そして、その通り、

『幸せには、だれでもなれる!!』

その力が、人間の中には、
元々(もともと)、そなわっている。


問題は、その幸せになる力を、
引き出せるか、
出せないかにかかっている!
ということです。


では、その幸せになるための無限の力を、
どうやって引き出すのか・・・?

実は、ここに仏法(ぶっぽう)の命題があり、
その究極のメッセージを伝えたのが
「ブッダ」すなわち「釈尊(しゃくそん)」
だと言うこともできます。

そして、その釈尊の究極のメッセージを、
唯一(ゆいいつ)正しく汲(く)み取り
理解し、広めたのが、
日蓮大聖人(にちれんだいしょうにん)です。


その日蓮大聖人が発見し広めた、
釈尊の究極のメッセージとは何か・・・?


実はそれが、
「南無妙法蓮華経(なんみょうほうれんげきょう)」
なんです。

そしてその「南無妙法蓮華経」が、
人間の中に元々そなわっている、
幸せになる無限の力を引き出す、
究極の力であり
法則(ほうそく)だと言えます。

だから南無妙法蓮華経とは、
人間の中に元々そなわってる、
幸せになるための無限の力を引き出す
『秘宝(ひほう)』
だと言えます。

幸せになるためにロックを解除(かいじょ)する、
パスワードだと考えると、
わかりやすいと思います。

そして、その人間の中に元々そなわってる、
幸せになるための無限の力を引き出す方法が、
『南無妙法蓮華経をとなえる!!』
ということです。

だから、南無妙法蓮華経をとなえていった時、
自分の中から幸せになるための
無限の力を引き出すことができ、
そのことによって、
悩みを解決できたり、
困難(こんなん)を乗り越えることができたり、
夢や希望をかなえていくことが
できたりするわけです。

そしてそれが、
創価学会(そうかがっかい)が実践している、
ご本尊に南無妙法蓮華経をとなえる
という仏法の信仰です。

また、
仏法の神髄(しんずい)である
『南無妙法蓮華経』を
唯一(ゆいいつ)正しく把握(はあく)し、
その南無妙法蓮華経の仏法を
正しく実践(じっせん)しているのが、
『創価学会』だということもできます。

それゆえに、
創価学会は世界192カ国に広がり、
世界中の人の悩みを解決し、
夢や希望をかなえさせ、
その人たちに幸せと勝利をもたらしている・・・!


そう言えると思います。


・・・・・・・・・・・・・こころの向こうに、あるもの・・・・・・・・・・・・・

手塚治虫のマンガ「ブッダ」の中で、
ブッダは言った。

「神というのは、だれの心にも宿っているのですな!
だれでも神になれるのですね!」

「神には・・・
だれでもなれるんだ!!!」


それは、人間性の勝利を
意味していると思います。

人間の中にある尊厳(そんげん)の勝利!

人間という生命の勝利!!

その人間の勝利の凱歌(がいか)である叫(さけ)びが、
マンガ・ブッダの言葉だと思う。

そして、その人間の中にある
尊厳の勝利、
人間の中にある生命の勝利は、
人間を開花させる
具体的なエネルギーとなっていく。

すなわち、
人間の中の尊厳の力、
生命の力が、
悩みや問題を解決する力となり
エネルギーとなっていく。

また、人間の中にある尊厳の力、
生命の力は、
夢や希望をかなえる
大きな大きなエネルキーとなっていく。

そして現実に、
悩みや問題を解決でき、
夢や希望をかなえていくことができる。


なぜなら、
幸せになるための無限の力は、

「自分の中にある!!!」

からです。


そして、自分の中にある
幸せの力に目覚(めざ)め、
その力を引き出していったならば、
その人は当然、
幸せになり、
勝利していく。


それが、創価学会が実践している、
南無妙法蓮華経の
仏法(ぶっぽう)の法則であり、
その幸せの法則通りに実践しているから、
創価学会の人たちは
幸せになっていけるわけです。



幸せには、だれでもなれる・・!


幸せになるための無限の力は、
人間の中にある!!


マンガ・ブッダの中で、
ブッダがそのことを発見し、
大地を走り、
大きな大きな歓喜(かんき)を味わったように、
その「幸せになるための無限の力」である
『南無妙法蓮華経』をとなえていった時、
その人の生命は歓喜する!!
その人の生命は高揚(こうよう)する!!

その歓喜は、
生命を開花させる喜びであり、
幸せをつかむ感動であり、
勝利をもたらす
巨大なエネルギーになっていく。

そして、悩みや問題を解決し、
夢や希望を
かなえていけるようになっていく!!!


それが、ブッダ、
すなわち釈尊(しゃくそん)が伝えたかった
『南無妙法蓮華経』であり、
創価学会が実践している、
南無妙法蓮華経をとなえる、
仏法(ぶっぽう)の信仰だと
いうことです・・・。


・・・・・・・・・・・・・こころの向こうに、あるもの・・・・・・・・・・・・・


jewelju1jewelju1 at 13:54│

2016年08月03日

A90500


先日、話しましたが、
漫画界の巨匠(きょしょう)、
手塚治虫氏の作品に、
「ブッダ」というマンガがあります。

その中で、アヒンサーという人物が登場する。

アヒンサーは高貴(こうき)な貴族の身分であったが、
悪い坊主(ぼうず)に、
100人の人を殺すように
催眠術(さいみんじゅつ)をかけられる。

そして毎夜、人を殺し続ける。

最後、100人目に殺そうとした相手が
自分の母で、
その時、我(われ)にかえるが、
すでに遅(おそ)く、
その後、世の中から罪人(ざいにん)として
手配(てはい)される大悪人となっていく。


そしてアヒンサーはすべてを憎み、
ブッダを何度も殺そうとする・・。


しかし、ブッダを殺すことに失敗し、
自分が穴(あな)に落ち、
閉(と)じ込められ、
外に出ることができない。

閉じ込められた穴の空間の空気が
徐々(じょじょ)になくなり、
アヒンサーの死が近づいていく。

アヒンサーは、
死を恐(おそ)れ、苦しむ。

穴の外から声をかけることは可能だったため、
ブッダはアヒンサーに語りかける。

「おまえはいままでに、
何百人も殺したという・・。
だが、一度くらい、
なさけをかけてやったことはないか?」

アヒンサーは答える。

「あ・・・ある。
あかん坊(ぼう)だっ。
ひとり見逃(みのが)してやった!

あんまりかわいかったからからな。
殺さなかったんだ・・・・・」

ブッダは言う。

「もしそうなら、それだけでおまえは、
大きな善(ぜん)をほどこしたのだ。

なぜなら、その子は無事(ぶじ)に育ち、
子孫(しそん)をふやすことができるだろう。」

アヒンサーは反発する。

「それがどうだってんだ・・・!」

ブッダは答える。

「かりにあと百年たって、
その子の子孫が百万人にふえ、
こういうだろう。」

「百年前、ある人間が命を助けてくれた、
そのおかげで、
こんなに栄(さか)えてるんだとね!」

「おまえはあがめられ、
その一族に永久にかたり伝えられる。」

アヒンサーは言う。

「お・・・おれがあがめられ・・・、
じょうだんじゃない!
おれは・・・
何百人も殺した殺人鬼(さんじんき)だぞっ!」

ブッダは言う。

「百人殺すのはよくない。
だがな、
ひとりを生きながらえさせるのは
尊(とうと)い。
百万人になるからな・・・・!」

「おまえはこれから
不思議(ふしぎ)な世界にいく。
そこには宇宙のあらゆる
霊(れい)が集まる。
そこで胸を張(は)って、
こういうがいい。

『おれは赤ん坊を助けたアヒンサーだ!』

とな・・!!」



わかりやすい譬(たと)えだと思う。

確かに「ひとり」を救うことは、
決してひとりには留(とど)まらない。

それは、あらゆるものに影響をもたらし、
環境(かんきょう)や世界、
人々を変えていくことにつながっていく。

確かに、その「ひとり」から
その子孫が何百万人にも
広がることもある。

「ひとり」は「ひとり」であるけれども、
その価値(かち)と可能性は
無限に広がる。

また、すべては
「ひとり」から始まるのであるから、
その「ひとり」をおろそかにしていけば、
未来は開けてこない。


すべては、「ひとり」から始まる。


だから、ひとりを救うこと、
ひとりを幸せにすることには、
計(はか)り知れない、
ものすごい価値がある・・!!


問題は、はたして、
その「ひとり」を
本当に救うことができるのかどうか・・。

その「ひとり」を
本当に幸せにすることが
できるかどうか!だと思う。

その「ひとり」を
本当に幸せにすることができたならば、
大きく言えば、
この世界を、
この環境を、
人類の未来を、
幸せへと
転換(てんかん)することになっていく。

人間における、
人類における、
ありとあらゆる問題も、
この「ひとり」を幸せにすることができたならば、
解決へと向かう。


そう表現しても、いいと思う・・。


そして・・・、
創価学会(そうかがっかい)がやっていることは、
実は、そういうことです・・!!!

ひとりを本当に幸せにしきっていく!
ひとりを根源(こんげん)から変革し、
幸せにする!!

それを現実の上でやってきたのが、
『創価学会』なんです。

だから、創価学会は、
ものすごいことをやってきているんです。

大きく言えば、
人類の幸せ、世界の平和、
それを現実の上で
着実(ちゃくじつ)に、
確実に世界にもたらしてきているのが、
実は『創価学会』だと言えます・・・。


世界の有識者たちは、
そのことがわかっているから、
創価学会に
最大の賞賛(しょうさん)と敬意(けいい)、
期待をたくしているんです。

そして、その「ひとり」を
幸せにしていける、
個々人の宿命(しゅくめい)を
転換(てんかん)していける、
決定的な方法が、
創価学会が実践している、
南無妙法蓮華経(なんみょうほうれんげきょう)
をとなえる、
仏法(ぶっぽう)の信仰だということです。


なにも、創価学会の人たちは、
宗教が好きで、
その仏法を
実践(じっせん)しているわけではない・・・。

ひとりひとりの悩みを解決していける、
ひとりひとりの夢や希望をかなえていける、
そして幸せになっていける、
決定的な方法だから、
この創価学会の
南無妙法蓮華経をとなえる
仏法(ぶっぽう)の信仰をやっているんです。

また、それがそのまま、
世界の平和、
幸せへとつながっていく。


・・・・・・・・・・・・・こころの向こうに、あるもの・・・・・・・・・・・・・

創価学会インターナショナル会長の
池田先生が、言っています。

「今、世界は、
紛争(ふんそう)やテロ、
貧困(ひんこん)や格差(かくさ)、
自然災害や地球環境問題など、
幾多(いくた)の深い闇(やみ)に
覆(おおわ)われています。

だからこそ、私たちは、
いやまして、
英知(えいち)の炎(ほのお)を、
一人一人の生命に
赤々(あかあか)とともしていきたいと
思うのであります。

どんなに迂遠(うえん)に見えようとも、
これこそが、
人類の前途(ぜんと)を照らし
晴(は)らしていく
最も確実な道だからであります。」


確かに確信をついていると思います・・・!

一人を良くしていく。

一人の生命に希望を灯(とも)していく。

それは小さなことのようだけれども、
すべては、そこから始まる。

もし、一人を良くすることができなかったら、
世の中を良くすることなど、
到底(とうてい)できない。

世の中を、
おおざっぱな塊(かたまり)として見て、
ああだこうだ言ったところで、
何も変わっていかない。

けれど、一人を良くすることができたならば、
それは地域を、
世界を良くすることに
必ずつながっていく。

しかも、「幸せ」ということから考えたならば、
それは、
おのおのの生命の問題であるだけに、
深く、重い意味がある。

その生命における
「幸せ」を実現していくためには、
やはり・・、どうしても・・、
『ひとりの生命』に
たどり着かなければならない。

すなわち、
ひとりの生命を変えることができなかったら、
現実の上で、
「幸せ」も「平和」も
実現はできない。

その「ひとり」を、
ひとりの生命を、
現実に、
根源(こんげん)から変え、
より良くしていける力(ちから)が、
創価学会が実践している、
南無妙法蓮華経をとなえる、
仏法(ぶっぽう)の信仰だということです。

ひとりの人間を、
ひとりの人間の生命を、
本当の意味で変革(へんかく)していける力は、
この創価学会の、
南無妙法蓮華経の仏法しかないと言えます・・。

また、だから創価学会の人たちは、
幸せになっていけるんです・・。



創価学会のやっていることは、
幸せの拡大(かくだい)であり、
平和の拡大です。

それを可能にするために、
またそれを可能にする決定的な方法が、
南無妙法蓮華経をとえなる
仏法(ぶっぽう)の信仰であるがゆえに、
その仏法を実践(じっせん)しているわけです。


もう少し、掘(ほ)り下げて言うと、
この創価学会の仏法は、
単なる理屈(りくつ)ではないということです。

ああだ、こうだ、
理屈で良いことを言うのは、
いくらでもできる。

けれど、いくら、
ひとりを良くする、
ひとりの生命をより良く変革していくといっても、
そこに具体性(ぐたいせい)と
現実性がなかったら、
単なる言葉だけに終わってしまう。

すなわち、
現実に結果がでなかったら、
意味はない。

ひとりひとりに突(つ)きつけられた、
さまざまな悩みを解決できなかったら、
「絵にかいた餅(もち)」
になってしまう。

またひとりひとりの
切実(せつじつ)な夢や希望を
かなえていけなかったら、
なんの意味もない・・。


その悩みの解決、
夢や希望の実現が
現実に可能になるから、
創価学会の人たちは、
この南無妙法蓮華経をとなえる、
仏法の信仰をやる!ということです。


そこに、創価学会の仏法(ぶっぽう)の
大前提(だいぜんてい)がある!!


現実を変えることができる!
悩みを解決でき、
夢や希望を
現実に実現できる!!!
ということです。


そして、
ひとりひとりの悩みの解決、
夢や希望の実現が、
現実にもたらされたならば、
それは必ず、幸せへとつながり、
家族や地域、
社会と世界を、
幸せに、平和にしていくことに
つながっていきます。

ひとりひとりの幸せと勝利が、
家族の勝利、
地域や社会の勝利、
そして世界の幸せと勝利へと、
連(つら)なっていく。



最初に話したように、
「ひとり」を幸せにすること・・・!
「ひとり」を救っていくことが、
どれだけ大切か・・!!

手塚治虫のマンガ「ブッダ」の中で、
ブッダが言ったように、

「ひとりは、百万人にもなっていく!」
「ひとりから、無限の希望が広がる!!」


その一人を
根源(こんげん)から救っていける、
本当に幸せにしていける、
決定的で唯一(ゆいいつ)の
方法と言っていいのが、
創価学会が実践している、
南無妙法蓮華経をとなえる、
仏法(ぶっぽう)の信仰だということです・・・・。


・・・・・・・・・・・・・こころの向こうに、あるもの・・・・・・・・・・・・・


jewelju1jewelju1 at 08:58│

2016年06月05日

A81300


漫画界の巨匠(きょしょう)、
手塚治虫氏の作品に、
「ブッダ」というマンガがあります。

ブッダとは知ってのとおり、
仏教の創始者(そうししゃ)です。

釈迦(しゃか)とも釈尊(しゃくそん)とも呼ばれています。

その「ブッダ」が主人公のマンガなので、
堅苦(かたくる)しいというか、
おもしろくないマンガのように思うかもしれませんが、
それはそれ・・!
さすが手塚治虫で、
いいマンガ、おもしろいマンガが、
みな、そうであるように、
読んでいるうちに、
その世界に引き込まれてしまいます。

やはり魅力(みりょく)は、
巨匠・手塚治虫が創(つく)り出す、
創造的(そうぞうてき)な、
さまざまなキャラクターだと思います。


奴隷(どれい)の身分でありながら、
その身分を隠(かく)し、
将軍の養子(ようし)となり、
のし上がろうとするチャプラ、

そのチャプラも、やがて、
奴隷であることが暴(あば)かれ、
母親と一緒に串刺(くしざ)しにされて、
死んでいく。

自分のこころ(精神)を、
動物に乗り移(うつ)らせて、
動物として行動することのできる、
不思議(ふしぎ)な少年、タッタ。

そのタッタは、
親友であるチャプラと、
親のように自分を育ててくれた、
チャプラの母を殺され、
その王国に対する復讐(ふくしゅう)を誓(ちか)う。

ブッダが国の王子であった時代、
身分をわきまえず、
そのブッダを好きになり、
愛してしまったために、
そのブッダの父であり国王に、
ブッダの結婚の邪魔(じゃま)になると、
両目をつぶされてしまう女性、
ミゲーラ。

契約(けいやく)により、
大蛇(だいじゃ)の魔物の子供となった、
アナンダは、
どんなに刺(さ)されても切られても、
必ず蘇生(そせい)してしまう、
不死身(ふじみ)の身体(からだ)を持つ。

そのアナンダは、
大蛇の魔物(まもの)と共に、
ブッダの命を狙(ねら)う。

しかしアナンダの不死身の能力も、
人を好きになったり愛したりすると、
無くなってしまう・・。
アナンダの運命は・・・。

大悪人、ダイバダッタも登場しますが、
なんとも言えない悪人に仕上(しあ)げています。
けれど、ダイバダッタの、
出生(しゅっせい)から幼少時代の物語を描くことによって、
そのダイバダッタの中にも、
人間性や愛情があることを、
かもしだしています。


読み終わって感じたことは、
この手塚治虫のブッダのマンガの中に出てくる、
数え切れない人々、
理不尽(りふじん)に虐(しいた)げられ、
死んでいった人々。

宿命(しゅくめい)にもがき、
泣きながらも、
精一杯(せいいっぱい)生きようとした人々。

その登場人物たちの生命が、
なぜだか、自分を、
励(はげ)ましてくれているような感覚(かんかく)を、
おぼえました。

ブッダの登場人物たちが、

「ガンバレ!」
「負けるな!」
「あなたの人生は、あなただけのものではない!!」
「ぼくたち、私たちの生命のための
人生でもあるんだ!!」

「だから負けるな!」
「勝つんだ!」
必ず、幸せになるんだ!!」


そう・・、自分を、
励ましてくれているような、
そんな錯覚(さっかく)をおぼえました・・・。


・・・・・・・・・・・・・こころの向こうに、あるもの・・・・・・・・・・・・・

ブッダの話し、
言い換(か)えれば、
釈迦(しゃか)、釈尊(しゃくそん)の話しは、
創価学会でも、
よく、引用(いんよう)されます。

創価学会(そうかがっかい)インターナショナル会長である、
池田先生が、言っています。

『御書(ごしょ)に、
「教主釈尊(きょうしゅしゃくそん)を
うごかし奉(たてまつ)れば、
ゆるがぬ草木(そうもく)やあるべき
・さわがぬ水やあるべき・・」
と仰(おお)せの通り、
ご本尊(ほんぞん)への必死の祈りは、
一切(いっさい)を動かしていく。』

ちなみに、御書(ごしょ)とは、
日蓮大聖人(にちれんだいしょうにん)が書かれた、
論文や手紙をすべて集めたものです。

また、ご本尊とは、
仏(ほとけ)の生命そのものを、
あらわしたものであり、
自分の生命そのものを、
あらわしたものでもあり、
その必ず幸せになっていける仏(ほとけ)の生命が、
自分自身の中にあることをあらわしたものが、
ご本尊(ほんぞん)です。


ここで、まず引っかかるのは、
当然(とうぜん)これは、
創価学会の
南無妙法蓮華経(なんみょうほうれんげきょう)を
となえる仏法(ぶっぽう)の信仰のことを
言っていますが、
創価学会の信仰と、
『釈尊(しゃくそん)』は
関係あるのか??ということです。

さきほど話しましたが、
釈尊とは、ブッダとも釈迦(しゃか)とも言われる、
仏教の創始者です。
日本のさまざまな仏教の大元(おおもと)は、
この釈迦(しゃか/釈尊)から来ている
と言えます。

ただし、現代の日本の仏教は、
釈迦(しゃか)の仏法(ぶっぽう)とは、
かけはなれたもので、
単なる形だけです。

釈尊(しゃくそん)の教えのかけらもない!
と言ってもいいでしょう。

だいたい、釈尊は、
『坊主は葬式(そうしき)に出てはいけない!
葬式というものは親しい知人や家族でやるものだ。
そんな暇(ひま)があったら、
今、苦しんでいる人のもとに行ってあげなさい。』
と言っているので、
坊主が葬式でお経(きょう)をあげるのは、
仏教でもなんでもない。
ただの金儲(かねもう)けの
エセ宗教だと言えます。

形だけ真似(まね)て、
お金儲けに利用しているだけですから、
かえって害(がい)になり、
そんな害になるものを人々に信じ込ませていれば、
その人々に害毒(がいどく)が伝わり、
その人たちを不幸にしてしまう!
ということです。

どういうことかというと、
間違(まちが)ったデタラメの宗教に
祈るということは、
その間違ったデタラメの宗教に、
自分の生命と人生を
ささげることになります。

間違ったデタラメの宗教に
自分の生命と人生をささげていけば、
当然(とうぜん)、
自分の生命と人生は、
間違ったデタラメなものになっていく。

自分の生命と人生が、
間違ったデタラメのものになっていったならば、
その結果として、
さまざまな不幸がもたらされてしまう!
ということです。


不幸の根源(こんげん)には、
形骸化(けいがいか)した仏教にかぎらず、
神社信仰や観光宗教など、
それらの間違った宗教がある!
ということです。


話しを戻(もど)しますが、
釈尊は、仏教の創始者です。
そして、釈尊が、
何を伝えようとしたか?
というと、
それは、
『生命の法則(ほうそく)』であり
『宇宙の法則』です。

簡単(かんたん)に言えば、
それは、
『幸せになるための法則』です。


それを、釈尊は、伝えようとしました。


そして、その幸せになるための
究極(きゅうきょく)の法則が
こめられたものが、
釈尊の『法華経(ほけきょう)』です。

だから、釈尊の法華経には、
その生命における、
あるいは宇宙における、
『幸せになるための法則』
が込(こ)められています。

だったら、
その釈尊の法華経(ほけきょう)を
やればいいじゃないか・・!
と思うかもしれませんが、
それも違(ちが)います。

法華経というと、
釈尊の法華経を思い浮(う)かべますが、
法華経というのは、
さっきも言ったように、
幸せになるための法則です。
そして、それは
時代時代によって、
表現の仕方(しかた)が違ってきます。

釈尊の時代であれば、
その、釈尊の法華経をやれば、
幸せになれましたが、
現代では、なれません。
この現代に、
釈尊の法華経を
いくら、やったとしたも、
幸せにはなれないし、
何の効力(こうりょく)もありません。

これは、釈尊自身が
言っていることですが、
釈尊が亡(な)くなってから
2000年以上経(た)った、
この現代という、
思想・人心が乱(みだ)れた時代では、
釈尊の法華経は、
返って害(がい)になり、
人々を不幸にする
原因(げんいん)にしかなりません。

だから、現代の日本のさまざまな仏教は、
良く見積(みつ)もっても、
その釈尊の仏教の域(いき)をでていないし、
はっきり言えば、
釈尊の仏教を適当(てきとう)に変え、
めちゃくちゃにしたような宗教ですから、
なんの効力もなく、
幸せにもなれません。

返(かえ)って、でたらめなメチャクチャな宗教ですから、
そのメチャクチャの当然の結果として、
害になり、
人々を不幸にしてしまう!
ということです。


では、釈尊が、
本当に伝えようとした
『幸せの法則』とは何なのか?


さきほど、法華経といっても、
時代時代によって、
表現の仕方(しかた)が違うと言いましたが、
今生きている人々を、
現実に幸せにしていける
『現代の法華経(ほけきょう)』とは何なのか??
ということになっていきます。

実は、
その答えが秘(ひ)められているのが、
釈尊の法華経だと言えます。

その釈尊の意図(いと)と
隠(かく)れたメッセージをくみとり、
唯一(ゆいいつ)正しく理解し、
その現代の人々が幸せになっていける
『真実の法華経』を発見し広めたのが、
日蓮大聖人(にちれんだいしょうにん)です。

そして、現代の人々が幸せになっていける、
『真実の幸せの法則』
『生命の法則』
『宇宙の法則』が、
『南無妙法蓮華経(なんみょうほうれんげきょう)』
なんです。

だから、『南無妙法蓮華経』とは、
釈尊が本当に伝えたかったものなんです。

そして、『南無妙法蓮華経』が、
今生きている人々が
真(しん)に幸せになっていける、
『現代の法華経』なんです。

だから、今、現実に効力(こうりょく)のある、
悩みを解決していける、
夢や希望をかなえていける、
力(ちから)ある幸せの法則が
『南無妙法蓮華経』であり、
それが、『現代の法華経』です。

ですから、創価学会が実践(じっせん)している、
南無妙法蓮華経をとなえる信仰は、
釈尊が真に伝えたかった法華経であり、
人々を幸せにしていける、
仏法(ぶっぽう)の
究極(きゅうきょく)の真髄(しんずい)なんです。

だから、創価学会と釈尊は、
深く密接(みっせつ)な関係があり、
釈尊が望み、伝え、
実現したかったものが、
創価学会の中にある!!!
ということです。


釈尊が望んだもの、
釈尊が望み実現したかったものが、
まさしく、
創価学会によって実現されている!!
ということです。


だから、

「『教主釈尊(きょうしゅしゃくそん)を
うごかし奉(たてまつ)れば、
ゆるがぬ草木(そうもく)やあるべき
・さわがぬ水やあるべき・・』
と仰(おお)せの通り、
ご本尊(ほんぞん)への必死の祈りは、
一切(いっさい)を動かしていく。」

と話したように、
創価学会のご本尊への必死の祈りは、
そのまま『釈尊』に通じていく。
なぜなら、
創価学会が実践している
南無妙法蓮華経の仏法(ぶっぽう)は、
「釈尊の望み」、
「願い」そのものであり、
『南無妙法蓮華経』が
釈尊が伝えたかったことだからです。

ゆえに、創価学会の、
南無妙法蓮華経をとなえる祈りは、
釈尊のいう宇宙の法則、
生命の法則、幸せの法則を
実行することになり、
それはいわば、
釈尊自身をうごかすような
大きな結果を生み、
その結果、
悩みを解決できたり、
夢や希望をかなえていけたり、
さまざまな困難(こんなん)も乗り越(こ)えて、
幸せになっていけるわけです。


それが、創価学会の祈りなんです。


ゆえに、池田先生が言うように、

『教主釈尊を動かすことができれば、
ゆるがぬ草木はない!
さわがぬ水はない!』

そして、祈りをかなえ、
幸せになっていける!!


それが、
釈尊が本当に伝えたかった
宇宙と生命の幸せの法則であり、
究極の力(ちから)である、
創価学会の、
南無妙法蓮華経をとなえる、
仏法(ぶっぽう)の信仰だと
いうことです・・・!


・・・・・・・・・・・・・こころの向こうに、あるもの・・・・・・・・・・・・・


jewelju1jewelju1 at 23:18│

2016年01月08日

A20170


人気のあるマンガ、
あるいはアニメに、
「進撃(しんげき)の巨人」
というのがあります。

その「進撃の巨人」の中で、
「女型(めがた)の巨人」というのが
出てきます。

女型の巨人は、
強力な敵(てき)で、
最終的に、この女型の巨人と
主人公であるエレンは、
戦うことになるのだけれど、
その女型の巨人の正体が、
軍の訓練兵として、
3年間、同じ釜の飯(かまのめし)を
食べた仲間である、
アニであることを知って、
エレンは戦うことができない。

エレンの巨人化の能力を
使うためには、
確固(かっこ)たる目的が必要で、
目的がはっきりしないと、
エレンは巨人化の能力を
使うことができない。

敵であるアニが、
訓練兵時代の仲間であったために、
それがブレーキとなって、
どうしても巨人化することができない。

最終的には、他の仲間の
叱咤激励(しったげきれい)によって、
エレンは巨人化して、
アニと戦うが、
エレンが躊躇(ちゅうちょ)し
巨人化できなかったのも、
ごもっともだとも思う。


何かの明確な目的がないと、
どんなにスゴイ力(ちから)も
使うことができない・・・。

明確な目的を持って、
本当にそうしようと思わないかぎり、
その力を使うことができない。


確かにそれは、うなずける。


目的もなく、本当にも、
そう、思っていなかったら、
その力が出てくるとは
思われないからです。

また、自分が、
目的のもと、
本当にそうしようと思うから、
その力を発揮していくことができる。


これは、アニメやマンガの
中だけの話しではなくて、
現実の中でも、
そうだと思う。


人は、何かの目的を持って、
ほんとうにそうしようと思わなかったら、
その力を発揮(はっき)することができない。

目的に目覚(めざ)め、
ほんとにそうしようと思うから、
そのように行動し、
それを成し遂(と)げていく。

はっきりとした目的意識をもって、
ほんとうにやろうと思う時、
そのための、
さまざまな知恵や能力を発揮し、
自分が実現したいことを
成(な)し遂げていく。


それが、人間というものだと思う。


けれど、
それが難(むずか)しいのも、
現実だと思う。

だから、幸せになりたいのに、
なかなかなれないことも、
多々(たた)あると思う。

また、
不幸に沈(しず)んでいってしまう人々も、
多くいる・・。

やはり、幸せになっていくためには、
明確な目的意識と、
それを開花させていくための
『方途(ほうと)』が、
必要になってくると思う。

その明確な目的意識と、
それを実現していくための
方法と行動が噛(か)み合っ時、
人は幸せになっていけるのではないか・・!
と思う。


実は、その、
幸せに対する明確な目的意識と、
それを実現していく究極(きゅうきょく)の方法が、
創価学会(そうかがっかい)が実践している、
南無妙法蓮華経(なんみょうほうれんげきょう)
をとなえる、
仏法(ぶっぽう)の信仰なんです。

創価学会が実践(じっせん)する、
南無妙法蓮華経をとなえる
仏法の信仰は、
自分の中に、
幸せに対する最高の目的意識を
もたせてくれる。

目的意識を持つというよりも、
南無妙法蓮華経をとなえていると、
自分の中から、
幸せになろうとする、
「最高の意識(いしき)」が、
自然に湧(わ)き上がってくる。

やがて自分の中から
湧き上がってきた
「幸せに対する最高の意識」は、
さまざまな知恵や勇気、
行動となって、
その人を動かし、
結果として、
その人を幸せにしていってしまう。


南無妙法蓮華経をとなえることは、
自分の中から、
幸せに対する最高の意識を
目覚(めざ)めさせ、
幸せに対する最高の目的、
また、幸せに対する最高の生命力、
最高の勇気や知恵をもたらし、
それは、自分の中から、
さまざまな力(ちから)、
能力や可能性を
発揮(はっき)することになっていき、
そうなった時、
おのずから、
その人は、
幸せになっていくことができる。


それが、
創価学会が実践している、
『南無妙法蓮華経をとなえる、仏法の信仰』
だということです。

また、南無妙法蓮華経を
となえることの可能性と力(ちから)は、
無限大なので、
南無妙法蓮華経をとなえていくことによって、
自分だけでなく、まわりの人々、
環境や世界からも、
幸せをもたらす、
さまざまな可能性を引き出し、
それは、結局(けっきょく)、
自分のいる世界、
環境を幸せに変えていくことになる。


ゆえに、勝利していける。
幸せになっていける。


・・・・・・・・・・・・・こころの向こうに、あるもの・・・・・・・・・・・・・

進撃の巨人の中の
エレンのように、
人は人生において、
戦うか戦わないかの、
瀬戸際(せとぎわ)に立たされる時が、
ある・・・!!

その時に、勝つか負けるかは、
その人の中にある、
『目的意識』にかかっている。

その『目的意識』が、
真(しん)に正しく、
強靱(きょうじん)なものであるならば、
その人は、どんな瀬戸際(せとぎわ)に
立たされたも、
戦うことができる。

そして、勝つこてができるだろう。

その最も正しく、
最も強靱(きょうじん)な
目的意識を持つことができるのが、
この創価学会の、
南無妙法蓮華経をとなえる、
仏法(ぶっぽう)の信仰だと、言えます。

幸せと平和に対する、
これ以上素晴らしく、
これ以上強靱な目的意識は、
ありません!!

また、幸せと平和に対する、
これ以上の希望であり、
エネルギーもありません。

幸せと平和に対する、
無限(むげん)の力(ちから)となるもの!

それが、
創価学会の、
仏法(ぶっぽう)の信仰です。


だから、創価学会の人たちは、
幸せになっていけるんです・・!

また、創価学会の信仰と、
他の信仰との違(ちが)いは、
ここにあります!!!

どんな苦難(くなん)の中でも、
どんな絶対絶命(ぜったいぜつめい)
の時であろうとも、
平和と幸福に対する、
最高の目的意識をもって、
立ち上がることができる。

エレンが立ち上がったように・・!

そして、勝利していける!!!


・・・
重要なことは、
創価学会が実践している、
『南無妙法蓮華経をとなえる』
という仏法の実践が、
自分の中から、
幸せに対する最高の目的意識を、
『現実に、湧(わ)き上がらせる!!』
ということです。

そして、それにともない、
幸せをもたらすための
最高の生命力、
最高の勇気、
最高の知恵が、
実際に湧(わ)き上がってくる!
ということです。


それは結局、
自分の中から、
さまざまな可能性を
発揮していくことにつながり、
やがて、悩みの解決や、
夢や希望の実現など、
さまざまなことを可能にし、
その人に
勝利と幸せをもたらしてくれる。


あたかもそれは、
「進撃の巨人」の中で、
エレンが、明確な目的を持った時、
巨人化という、とてつもない力を
発揮できたように、
大きな大きな可能性と力を、
発揮してくれる・・・。


・・・・・・・・・・・・・こころの向こうに、あるもの・・・・・・・・・・・・・


jewelju1jewelju1 at 08:06│