2008年10月18日

JFF2009のビジョン(中身。H20.10.18.現在の話です)

 今度は実際にどういうJFFにしたいかという中身のお話です。
 でも、最初にがっかりさせる話で申し訳ないですが、予定は未定であって決定ではありません。

 実行委員の人数や予算に応じて、行えることに限界があることをご了承ください。

場所
 JFF2007サエラは設備的によかった!
 雨風がちゃんとしのげる場所があったし、トイレきれいだったし。
 きれいなトイレって、大事だと思います。
 これに風呂がついてたら文句なしだったのですけどね。

 でも、中部、関西方面の人たちが移動に大変だったという話も多く寄せられている以上、JFF2009は中部、関西方面の人たちがきやすいところにしたいです。

 もう一つ大切な事は、公共交通機関だけで会場に行く事が可能な場所。

 参加者全員が車を持っているわけでないのですから。まぁ、某王子みたいに歩いたほうがいい人もいそうですけど。

結論
 ・雨風がしのげて、みんなが集まれる場所がある。
 ・トイレがきれい。
 ・中部か関西。もしくは交通の便がいいところ。
 ・公共交通機関だけで会場までいける。
 ・あればお風呂。


火の安全管理
 JFFはファイアーイベントなので、当然火を扱います。
 「火を安全に取り扱うこと」を考えた上でのファイアーパフォーマンス、ステージ、イベントでありたいと考えています。
 初心者にはこのイベントで火の安全な使い方を学んでもらい、上級者には様々な視点からの再確認が出来る場を作りたいです。


コンテスト
 JFFの目玉です。このコンテストに向けて、1年間練習を積み重ねる人たちもいます。その成果を十分に発揮できるバックアップ体制を整えたいと思います。


とりあえず、この3つは今の実行委員の人数でもやれそうな気がします。

ただ、
 ・もっと楽しいJFFにしたい!
 ・エロコンをもう一度!
 ・みんなとジャムりたい!
 ・ワークショップやって欲しい!
 ・ご飯はどうするの?

 などの要望には、今の実行委員の人数では対処できません。

 ですので、実行委員もお手伝いしてくださる方も募集しています。
 やってくださる方は、米屋(yoneya.yuあっとまーくgmail.com)までご連絡くださるか、コメント、メッセージをお願いします。

JFF2009のビジョン(コンセプト)

 JFF実行委員長米屋です。
 H.20.10.18.現在、JFF2009実行委員の数は5人です。とりあえずバスケットボールチームは出来るようです。

 JFFに関して、いろんな人に声をかけています。
 何人かの人から「米屋が仕切るJFFのビジョン」を知りたいという要望がありました。
 と、言うわけで、ビジョンのお話。

 考え付いたのが「楽」っていうキーワード。

「楽しいJFF」
 これは基本。
 JFFって普段レイブとかに全く行かないし、行くのが難しい私にとってはみんなに会える、かけがえのない機会。
 私と同じように普段レイブに行かないけど、JFFだけには行くという人も多いです。
 そして、JFFには全国、果ては世界からもファイアーパーソンが集まってきます。
 そんな、かけがえのない機会だからこそ「楽しい」時間、「楽しいJFF」にしたいですね。

「苦楽をともに」
 準備をする時から終わるまで、楽しい時間を過ごしたいのが私の考えです。
 遠足じゃないけど「家に帰るまでがJFF」。準備もイベント中も撤収もすべて楽しく行いたいです。
 ファイアパフォーマンスって楽しいだけじゃないです。火の扱い一つで危険だったり、面倒なことに発展したりします。そういうネガティブな部分もみんなで共有してよりよい方法を考えあい、意見交換する場にしたいです。

「気楽に」
 米屋は「無理する」「無理させる」という行為が大変嫌いな怠け者です。
 実行委員が1人なら1人で出来るだけのJFFをします。実行委員が100人いれば100人でできるJFFをします。
 お手伝いをお願いする皆さんにも同じように「自分の余裕のある範囲で、自分のやれる事をやってほしい」と思っています。
 まぁ、米屋的には「15分やるつもりが15時間手伝っちゃった。でも、ま、いいか。」ってみんなに思わせれば大成功なんですけど・・・。


 長々と書いてしまいましたね…。
 何だかビジョンというか、コンセプトの話になりましたね。
 一旦ここで筆をおいて、次はビジョンの話をします。

2008年10月15日

JFF2009始動!

 そんなこんなで、JFF2009実行委員長になりました米屋です。

 JFF2009始動です。
 でも、JFF2009実行委員会の組織は私一人だけです。
 Webのあれこれがアレなのは、その修正に手が回らないからです。
 
 このままだと会場の準備だけで飲み会になります。

 なので、JFF2009では実行委員として、この会を作り上げ、支えてくれる人たちを大募集しています。
 手伝ってくれる人が増えると、コンテストもエロコンももっと楽しい事もできます!
 できる事を出来る時間だけやってください。
 まずは米屋に話しかけてください。
 メールでも、コメントでも待ってます。

 アドレスはyoneya.yuあっとまーくgmail.comです。


 あと、場所も探してます。

 2009.9.18〜9.23.の間で、

 火か使える
 キャンプが出来る
 音が早くても24時までならせる

 キャンプ場とかスキー場とか探してます。

 場所はどこでもいいです!
 知っている場所があれば是非、米屋までご一報ください。
 なお、URLを添付してくれると嬉しいです

 では、これから一年足らずですがよろしくお願いします。

JapanFireFestival2008 公式フォトアルバムリリース♪

jffphoto09
JapanFireFestival2008 Photo Album

JFF08が過ぎずいぶんと秋も深くなりましたが、
来年JFF09の開催も決定の方向で話が進んでおります。

今回はJFF08フォトアルバムリリースのお知らせです♪
記録の作業を手伝っていただいた方々からの写真と僕の写真を使いアルバムサイトを作成いたしました。
かなりリッチな設計なので見れなかった方ごめんなさい。。。

おかげさまで記録としての写真も多く残り、今後のプレゼン、協賛獲得などの資料作りに大いに役に立ちます。

まだ詳しい内容はまったくの未決定で、JFF09がどのような形になるのかはわかりませんが、再び、来場された皆さんと素晴らしい一瞬を切り取っていければ幸いです。

2008年07月30日

2008ホームページ開設しました!!

先週末は地元羽田の祭りで金曜日から3日間、神輿を担いで来ました

町を彩る提灯付けから始まり、祭りに関する様々な準備をやってから担ぐ神輿はまた格別に興奮するものです。
毎年の事ながら気合を入れすぎて肩が腫れて擦れて大変な事になってしまいました。
それも頑張った証しとして誇りに思っている僕です

月曜日の片付けもしっかりやって、その後の打ち上げで今年は漁船に乗ってお台場の海で宴会をしたんですが、青年会の悪乗りであの汚い臭い海にダイブしちゃいました
しかもその後みんなもダイブが続くのかと思いきや、船頭さんに怒られて結局飛び込んだのは俺1人だった・・・・・

とそんなこんなで俺が神輿を担いでいる間に、ジャパン ファイアー フェスティバルの実行委員のみんなは頑張ってくれていました。

まだ見れない部分もありますが、これからどんどん更新していきます。
ご意見質問ありましたらジャンジャン問い合わせしてください。

今年はコミュニティーイベントとして、 参加者全員で作るフェスティバルを目指しています。
参加する人には何らかの仕事を手伝ってもらいます。
誰かが作り、提供するものに遊びに行くフェスティバルではなく、このフェスティバルの趣旨を理解してもらいみんなで一緒に作っているという意識を共有したいんです。

参加者全員が何かしらの仕事を分担すれば、実際にする仕事は少しで済むんです。実行委員はすべてボランティアで作業をしています。
そして今年は俺も含めて実行委員もお金を払って参加します。

初めて参加する人も仕事を手伝う事によって他の参加者とコミュニケーションを取る場が自然に生まれて、よりこのフェスティバルに参加してよかったと終了時に思えると思います。

みなさん宣伝よろしくお願いします。
みんなが宣伝をしてくれたら凄い多くの人がこのフェスティバルの存在をしる事になるんです。


2008年03月08日

ABOUT JFF2008

--------------------
Hi everyone

Many people asked us about JFF2008, but We havent decided it when we hold it yet.

But, we will choose the date from followings


Jul 19 -21
Sep 13 - 15
Oct 11 - 13
Nov 1- 3
Nov 22 - 24



I'll update the information when we make any deceision,
so please be patiant and save money to travel Japaaaaaan




2007年09月16日

JFF2007フォトジェニックコンテスト

軽やかなダンスや富士を背景に美しくたなびくテールポイ、炎を扱う女性、当日会場内で輝いていた女性を選ぶ写真コンテストがフォトジェニックJFF2007。
他薦、自薦問いません。我こそは!!とか、思い当たるような事、そんな写真があれば是非JFF実行委員会へ。こちらも豪華商品をご用意してお待ちしております。

●概要
JFF2007会場内で輝いていた女性を募集しています。自薦・他薦問いません。
審査対象は被写体の女性自身と写真になります。
応募された作品は順次FlickrフォトアルバムにUPしていきます。
こちら⇒Flickrフォトアルバム@Photo Genic

皆さんの思い出を共有しよう!!

●応募方法
デジカメの場合は
info@firefestival.jp
にメールにてご応募ください。
フィルムカメラの場合、現像した写真を
〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2-6-3-504

JFF実行委員会宛
に郵送でお願いいたします。
尚、送付いただいた写真の返却はございません。ご了承ください。

どちらの応募方法も以下のデータを記載してください。
・ニックネーム
・被写体となった方のニックネーム
・写真のタイトル
・メールアドレス
・電話番号
・複数人が映っている場合どの方が対象か
・被写体の方の今後のJFFの宣伝・広報活動へのご協力の可否
(確認出来たらで結構です。)

複数応募可能ですが郵送の場合写真とタイトルなどのデータが
一対一で参照出来るようにしてください。
例)アルバムに入れてそれぞれの写真にタイトル記入など

●賞品
被写体である女性と撮影された方と2人に賞品が授与されます。
・最優秀賞 1名
 Art of Staff & Sage DVD×1
 DVD COL2006×1

 ルーズポイ(※)×2

・優秀賞 若干名
 ルーズポイ(※)×2
※色は選べません。
中に入れるテニスボールは付属しません。
お手数ですがご自分でご用意下さい。

●締め切り
10月14日

●発表
JFF実行委員会での厳正なる審査の上、10月下旬にJFFオフィシャルサイト及びmixiのJFFコミュニティにて発表いたします。
また入賞者には直接メールやmixiメッセージでご連絡いたします。

●注意
当人の了承を必ず得てください。
ショーやコンテストの出演者は予め了承されているので不要です。
入選者には本名・住所等を問い合わせいたします。
登録コードがございましたらそちらでも結構です。

応募作品の著作権は応募者に帰属しますが、入賞した作品はJFF実行委員会で広告や宣伝、
販売物などで利用することをご了承ください。
入賞した女性には今後のJFFの宣伝・広報活動にご協力をお願いすることがございます。

JFF2007の素敵な思い出をみんなで残そう!〜JFF2007フォトコンテスト!〜

Tomoさん猿
ファイアーパフォーマーたちの素晴らしいパフォーマンス。
音と炎に酔いしれて激しく踊る姿。
霊峰富士の神々しい姿。
参加者それぞれが思い思いにJFFを楽しむ姿。
「楽しく明るく愛のある空間」「炎の祭典」というテーマで皆さんの写真を募集します。
JFF実行委員会選考の上、素晴らしい写真には賞品を差し上げたいと思います。
どんどんご応募ください。

●概要
「楽しく明るく愛のある空間」「炎の祭典」というテーマで、JFFに来て下さった皆様からの写真を募集いたします。
応募された作品は順次FlickrフォトアルバムにUPしていきます。
こちら⇒Flickrフォトアルバム@Photo Contest
JFFでの思い出に残る一枚をみんなで共有しましょう!!

●応募方法
デジカメの場合は
info@firefestival.jp
電子メールにてご応募ください。

フィルムカメラの場合、現像した写真を
〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2-6-3-504

JFF実行委員会宛
に郵送でお願いいたします。
尚、送付いただいた写真の返却はございません。予めご了承ください。

どちらの応募方法も以下のデータを記載してください。
・ニックネーム
・写真のタイトル
・メールアドレス
・電話番号

複数応募可能ですが郵送の場合写真とタイトルなどのデータが
一対一で参照出来るようにしてください。
例)アルバムに入れてそれぞれの写真にタイトル記入など

●賞品
・最優秀賞 1名
 Scales of Poi DVD
 ルーズポイ(※)

・優秀賞 若干名
 ルーズポイ(※)

※色は選べません。
中に入れるテニスボールは付属しません。
お手数ですがご自分でご用意下さい。

●締め切り
10月14日

●発表
JFF実行委員会での厳正なる審査の上、10月下旬にJFFオフィシャルサイト及びmixiのJFFコミュニティにて発表いたします。
また入賞者には直接メールやmixiメッセージでご連絡いたします。

●注意
被写体となった人の顔が判別できる場合は当人の了承を得てください。
ショーやコンテストの出演者は予め了承されているので不要です。
入選者には本名・住所等を問い合わせいたします。
登録コードがございましたらそちらでも結構です。
応募作品の著作権は応募者に帰属しますが、入賞した作品はJFF実行委員会で広告や宣伝、
販売物などで利用することをご了承ください。

2007年09月15日

JFF2007レビュー(感想文)コンテスト!!

JFF2007レビューコンテスト!!

台風一過!!そしてファイヤーショー、ハイレベルなミドルクラスコンテスト、しかしさらに上を行く超絶アドバンスクラスコンテスト!!会場を盛り上げてくれたアーティスト、夜の闇に炎舞うフリーパフォーマンス。たくさんの出会いや驚きや感動が参加してくれた人の数だけありました。その思いをレビューとしてJFFの公式サイトに載せませんか?
JFF2007の感想をお待ちしています。

●概要
JFF2007参加者による感想文コンテストを開催します。
JFF2007に参加した方ならどなたでも応募可能です。
入賞者には豪華賞品を進呈します。
JFF2007に参加した方からのいろいろな思い、楽しかった、感動したなど熱いメッセージをお待ちしています!
●応募方法
下記の何れかの方法でご応募ください。

1.ブログへのトラックバック(推奨)
JFF2007オフィシャルブログの感想文コンテストの記事
http://app.blog.livedoor.jp/jffec/tb.cgi/50752518
へトラックバックする形でご自身のブログで感想文をお書きください。
トラックバックが行えていれば応募完了です!
万一トラックバックが行えない場合は、感想文の書かれたブログの記事のURLをコメントでお知らせください。

2.mixi日記
ご自身のブログをお持ちでなくmixiに参加されている方は、mixiの日記で感想文をお書きください。
mixiのJFFコミュニティの感想文コンテストトピック(URL)へのコメントで、感想文の書かれた日記のURLをお知らせください。
これで応募完了です!


●注意事項
感想文記事内での画像の利用は自由です。
但し被写体となった方の顔が判別できる場合にはご本人の了承を得てからご応募ください。

入賞作品はJFFオフィシャルサイトにて紹介させていただきます。その際感想文記事中に含まれる画像をコピーして公開させていただきますことをご了承ください。

感想文中にはJapan Fire Festival (JFF) オフィシャルサイト(http://www.firefestival.jp/)へのリンクを入れてください。リンクがない場合は応募は無効となりますのでご注意ください。

ブログまたはmixiの日記自体を一つの感想文にしてください。「感想文コンテストへ応募します」といった文章は必要ありません。

JFF感想文コンテスト要項発表前に書かれた感想文でも応募可能です。お気軽にご応募ください。

●優秀者のレビューは英訳されることがございます。
ご本人による英訳を望まれる方は予め日記を日英文両方で
書かれるか、ご自分で英訳されたいことをJFF実行委員会までご連絡下さい。

●mixiの日記については公式site内に記事転載させていただきます。

●BlogもJFF実行委員会が独自にデータのバックアップを行います。
万が一リンク切れやBlog閉鎖された場合には、
公式site内に記事転載させていただきます。

●景品
・最優秀賞 1名 (選者 実行委員長Tomo)
 JFF Event archive 2007(仮称)
 これから制作するDVDで発売未定ですが、
 でき次第お届けいたします。
 ルーズポイ(※)
・米屋賞 1名 (選者 実行委員宣伝・広報TD 米屋)
 お笑い要素の高い応募作品の中から米屋さんの独断選出
 Fire safety DVD
 ルーズポイ(※)
・優秀賞 若干名 (選者 実行委員各位)
 ルーズポイ(※)

※色は選べません。
中に入れるテニスボールは付属しません。
お手数ですがご自分でご用意下さい。

●締め切り
10月14日


●発表
JFF実行委員会での厳正なる審査の上、10月下旬にJFFオフィシャルサイト及びmixiのJFFコミュニティにて発表いたします。
また入賞者には直接メールやmixiメッセージでご連絡いたします。



2007年09月12日

JFF2007無事終了

JFF2007実行委員長Tomoです。

第1回目であるJFF2007は無事終了いたしました。
来場いただいたみなさま本当にありがとうございました。

台風で始まりどうなることかと思いましたが、開催期間中大きな事故もなく無事に終了することができました。
ありがとうございました。

今年は500人を超える方がフェスティバルに参加していました。

1000ポイへの参加登録者数は現在281人ですが
登録していない参加者はもっと沢山いらっしゃいました。

改善すべき点、こうしたらいいああしたらいい、
こんな事をしてみたらいいなど、色々な意見があると思います。
来年の開催はまだわかりませんが、みんなの思いがあれば必ず実現できると思いますので、自分たちで作り上げていくんだ!
と思っていただける気持ちを是非メールでご連絡ください。

全国から多くのファイアー好きが集まってみんなが楽しんでいる姿が見れて嬉しかったです。
開催できて本当によかったと思ってます。
ありがとうございました!

来年の実行委員をやりたい!!という熱い気持ちを持っている方は連絡ください。
一緒によりよいフェスティバルを創っていきましょう。
よろしくお願いします。