10月も後半の日曜日。季節的には寒暖のバランスが取れた過ごしやすいシーズン。移動運用には最適だ。
この日、関東地方は帯状に広がる高気圧の覆われてベストな天候。
せっかくなので高尾山へ移動運用に赴く。
朝方は若干冷え込んでいたので、少し厚着で出掛けることにした。しかし、日中は気温が上がるだろうから上着は荷物になってしまうかと予想。実際は逆だったのだが。
さて、午前8時前にJR三鷹駅に到着。ホームにはハイカー姿の人が多い。
徐にハンディーの430FMメインに国分寺市市制50周年記念局のコールが入る。
呼んでみるとすぐにコールバックが来た。
なぜかこのJR三鷹駅ホームで移動局と交信することが多い。
地上ホームだから高度がある訳ではないのだが不思議だ。ロケーションの関係だろうか?
程なく0758発「ホリデーおくたま快速1号」が到着。御岳山方面には便利だが今日は高尾山なのでなんとなくもったいない。立川で高尾行きに乗り換える。
高尾で京王線に乗り換えるいつものパターン。やはりハイカーがラッシュ並み。
高尾山口駅は改装中で出口が狭くなっていた。
まだ9時前なので時間はあるが山頂まで行く気力はない。
さて、移動運用場所はどこにするか?
最近は徒歩で中腹の金毘羅台へ移動することが多かったが、この日は久しぶりにケーブルカーを利用することにした。
山頂駅からしばらく参道を歩き、鳥居の手前にある脇の登り道を上がってみた。
暫く行くと林野庁の殉職者石碑のある広場に出た。
DSCN0498
周辺は樹木が生い茂ってまったく眺望は利かない。しかし一つのピークであることは確か。
ハイカーも殆ど訪れないので無線運用にはベターだ。それに処女地ということもあり、今回はこの場所に陣取ることにする。
ベンチ脇にシートを敷き、ミズホのポータブルダイポールを木の枝に引っ掛けて9時50分頃より運用開始。
DSCN0495
好天とあってたくさんの移動運用局が出ていた。高尾山周辺でも景信山、陣馬山、小仏峠、城山湖、更には堂平山、大山、愛甲郡高取山など定番の移動地は無論のこと、湾岸のゲートブリッジ移動なども聞こえた。
昼からは千葉コンテストも始まって賑わう。ただ県外局同士は得点にならないので交信出来ず、ややもったいない。
こちらは相変わらずのQRP0.5w運用なのでCQを出してもそれ程呼ばれることはなかった。とはいえ500m程の標高もあってか時折お声がけいただける。
運用中は時たまハイカーが通り過ぎる程度であったが、昼前にフリーライセンストランシーバーメインの移動運用の方が訪れて声をかけられた。おそらく此処でいつも運用に勤しんでいる方なのだろう。他の無線家と出会うのは珍しいとのこと。
高尾山ではよく「同業」の方に声を掛けられる事が多いが、大抵はCBや特定小電力、簡易デジタル無線愛好家である。自分の移動スタイルもどちらかといえばアマチュア無線よりフリーライセンスのQRPに近いから自ずとそうなるのだろう。

さて、天候はよいのだが、木陰にいると風もあって結構着込んで来たのにも拘わらず寒い。日中は暖かくなると予想したがまったく逆だ。
平地での移動局の話では暑い位とのこと。体感気温がまったく違う。たかが高尾山といえど山は山。油断ならない。
ヒマラヤのほうでは季節外れの雪でハイカーの遭難者が多数出たというが、なんとなく解るような気もする。
昼過ぎには木陰では耐えられず、日向に出て身体を温める。ちょっと前までは暑さを避けて木陰を探したのにもう冬が忍び寄っているのか。
陽が若干傾き、日向がなくなってしまったので14時40分頃に撤収開始。
ケーブルカー山頂駅に戻る。もうハイカーの過半数は下山コース。駅にも行列が。
高尾山がミシュランに選ばれて以降、駅周辺には様々な店が出来ている。ビアマウント内は以前、寂しげなゲームセンターだったが、今は飲食店に戻っている。夏にビアホール化されている屋上はシーズンオフには開放されているが、人が多く移動運用で陣取るような環境はない。せいぜいハンディー機レベル。今日は430FMでCQを出し、3局ほど交信。
因みに今日の眺望は晴天ながら都心ビル群は霞んで覗えない。
DSCN0509
かつてはよくここでアンテナを張って移動運用する無線家を見かけたが、今は難しそうだ。
ビアマウント脇のスタンドでは「天狗ドッグ」なるものを名物として売っている。10年前は影も形もなかったアイテム。
DSCN0519
まさに栄枯盛衰である。
この日は、15時過ぎまで50MHz22局(SSB12、CW10)、144MHz5局(SSB4、CW1)、430MHz16局(SSB1、FM15)3局のトータル43局と交信。その内、千葉コンテストでの交信は11局。
地域別では東京9、神奈川8、埼玉4、千葉14等。
こちらのCQで応答頂いた局は15局。
DSCN0518
移動運用も終わって、ふと携帯を見ると「エリアメール」が受信されていた。
「八王子で震度7」?
よく見ると「訓練」である。午前9時に着信とあるがまったく気が付かなかった。この日、広域で防災訓練が実施されることも知らなかったのでが吃驚である。
八王子市圏内の携帯無線局エリアにある人向けに発信されたのだろうか?
携帯もまた「無線」の一種であることを再認識。
高尾駅でJRに乗り換える頃、ちょうど高尾山に日が沈む所であった。
DSCN0521