2008年12月10日

かわらないもの

かわりやすいが 変わらないものが その根底にある

だから変化を感じることができます

変わらないものとは、いったい なにでしょうか

それを考えると面白いです

冬の天気がかわりやすいのは、変わらない時期を知っていると思う。

一方だけを知っていても、感じることは無いと思います。  
Posted by jheart at 17:47Comments(0)TrackBack(0)調和と合一

2008年12月09日

かわりやすい

冬の天気はかわりやすい
突然雨が降ったかと思うと パッと晴れたりする
人の感情も冬の天気のようだ
自然でさえ 移り気なのだから 皆も それで いい
人だけが 一筋とか 目的に向かってまっすぐに なんていうのは 自然じゃないようにおもえます
ただ 人だから それが可能だ ということです
無理にする必要は何一つないと 思います  
Posted by jheart at 11:11Comments(0)TrackBack(0)

2008年10月31日

明日は11月

11月に入りました。明日からですが

私の経験値も、グッとあがった。

8月からの出来事に一つの区切りがつきそうです。

そのうちまた書き込みますが、とりあえず、元気で次の波を待っています。

では  
Posted by jheart at 22:41Comments(0)TrackBack(0)調和と合一

2008年10月10日

明日は十三夜

明日の11日はお月見です。

先月の一五夜とは、ちょっと趣が違いますが、今月は十三夜。

肌寒さが感じられます。たぶん。

満月に近い月ですので、あまり夜遅くには見れなくなるかもしれません.

深夜ならだいじょうぶ。




今日は10月10日

晴れの特異日。
昔なら体育の日で運動会。

今日のような天気の方が運動会日よりです.
ことしはちょっと暑いですがね.



では、また  
Posted by jheart at 13:28Comments(0)TrackBack(0)調和と合一

2008年09月29日

最近やたらと、水にかかわってます。

みずはいろんなところに、隙間に入り込みます。
みずはいろんなことを流してくれます。
みずはいろんなひとに役立つ、日常の、優れものです。
  

2008年09月19日

老子2

老子の道徳経という中国の古い経典を読んでいます。
そのなかには、様々な事が書いてあるのですが、これからの方向性を考えさせるものが多いです。

水は高きところから低きところへ流れる。
こういう当たり前のことが大切であって、機をてらったり、作為するのは良くないと言っています。

陰陽が、こういう老子の考え方に大きく作用しているのは、間違いのないことです。

きょうはここまで。
潤さんより  
Posted by jheart at 10:53Comments(0)TrackBack(0)調和と合一

2008年09月18日

老子

きょうスタバで老子を読んでいました。
陰と陽のバランス。
まさしくそうだと感じていました。

原点です

きょうはここまで
じゅんさんより
  

2008年09月17日

原点(写真)

写真続きで。

モノクロ(白黒)写真は、光と影のコントラストで、全てを表現します。
写真を知っている人なら、わかると思います。
ハイキーとローキー

ハイキーとは、全体が白っぽく光がいっぱい当っている写真です。
ですから、影の部分は少ない。
そして、影の部分が少ないから、黒が強調されます。

ローキーは逆で、黒っぽい。
芸術的な写真に使われます。
白の部分、すなわち光の部分が強調されます。

ふつう、白黒の写真は、そのバランスがととのっています。
日中に逆光でとれば、ハイキー的になりますが、暗いところでとれば、ローキー的になります。
しかし、普通に何気にとれば、バランスがとれた、白黒写真ができます。
そのほうが、全体に強調はないけれども、安心してみる事ができます。

きょうはここまで。
潤さんより  
Posted by jheart at 16:50Comments(0)TrackBack(0)調和と合一

2008年09月16日

原点

私の原点は、何かと考えていました。
その一つが、「陰と陽」です。

子供のころから、陰と陽がなんとなく対になっていると感じていました。
右と左、前と後ろ、なんだか鏡を見ているように思っていました。

それから、小学生のとき、写真に目覚めました。
それも、白黒写真です。
文字通り、陰と陽のコントラストが奏でるなんともいえない、白と黒の組み合わせを、感じていました。

中学高校とモノクロの写真にしか興味はありませんでした。
高校では、写真部にはいり、毎日暗室に篭り、写真を焼いていました。

白黒の写真は、カラーにない、真実が隠されているのではないかと、常に思っていました。
しかし、その当時では、それがわかりませんでした。

私の原点の一つは、モノクロ写真に代表される、「陰陽」なのだなあと思いました。

きょうはここまで。
潤さんより  
Posted by jheart at 22:36Comments(0)TrackBack(0)調和と合一

2008年09月13日

復活します。

 2008年8月、ある出来事を機に、ブログを復活させます。

 元気種というタイトルを変えようかと思いましたが、このままで行きます。
 元気というのは、根源のような気がするからです。

 そして、ゆるーいお話ですが、真理に近づこうとしていることは変わりないです。



 ヤプログの潤さんの八卦占いから飛んできたみなさんへ。
 私の以前の日記を残しています。
 私の思いを感じたまま書かれている日記です。
 よろしければ過去ログをお読みください。  
Posted by jheart at 08:43Comments(1)TrackBack(0)調和と合一

2006年03月23日

終了しました

7dfb4159.JPGまた新しい形で登場します  
Posted by jheart at 15:43Comments(1)TrackBack(0)

2005年09月08日

携帯からです

昨日はおやすみしました。なぜか日記をかくきになれませんでした。台風が来た日の夜バタバタとうるさく、眠れなかったのもあったかとおもいま。
さて、今日は良い天気で、台風の前に設置したロープなどを片付けました。ちょこっと片付けるつもりだったのに、目についたところを掃除して、たいそうお疲れです。
いま、カフェでお茶してます。
  

2005年09月06日

携帯から

台風で雨風が強くなってきました。
無事に過ぎてくれればよいのですが。
  

2005年09月05日

087 元気種 備えあれば・・・

 夕方です。
 台風が近づきそうなので、家の周りの点検をしました。
 アジサイが枯れたままの状態で、咲いています。
 ちょっとさびしいです。
 ことしの梅雨が、空梅雨だったので、雨が降らず、花が早く枯れてしまったのでしょう。
 台風の季節ですが、14号はかなりデカイ台風だそうで、こんなのが来るとやっぱり不安です。
 季節だから仕方ないのですが、多少の準備はしておく必要がありそうです。  
Posted by jheart at 18:20Comments(0)TrackBack(0)元気ダネ!

2005年09月04日

086 元気種 性分は変えられない

 夜遅い時間です。
 台風の影響でしょうか、雨が降っていて、すこし風が強いようです。
 毎日、悩むことが多くて、といっても、たいしたことではないのですが。
 それでも、一所懸命答えを見つけようとしています。
 考えすぎだと、鍼灸の先生は言うのですが、こちらとしては、答えが出ないとやはり気持ち悪いですから、どうしても考えてしまうのです。
 まあ、性分だから仕方ないです。
 性分は、治るものでもなく、治すものでもなく、認めてしまわないとしんどいですから。
 性分をうまく使うことで、きっと長所に変わると思います。
 なぜなら、短所と思う反対側、裏側は長所になりえるからです。
 飽き性の人は、好奇心が旺盛とも取れます。
 シツコイ人は熱心です。
 めんどくさがり屋は、工夫できます。
 そういった反対の面を長所にしてしまえばよいのです。  
Posted by jheart at 23:16Comments(0)TrackBack(0)不思議ダネ!

2005年09月03日

携帯からです

今日はパソコンが使われているので、アップできそうにありません。またあす、アップします。
  

2005年09月02日

084 元気種 もうひとりの自分

 9月2日です、己(つちのと)酉。
 もう日もどっぷりと沈んでいます。
 秋の気配、といいたいですが、今日の日中は暑かったのです。
 アメリカでは、ハリケーンの自然災害で、数千人が危ないという観測もあるようです。
 自然にはなかなか勝てるものではありません。
 勝とうとか、負けたとか、そういうレベルではないのに・・・。
 災害からのがれられるものは、逃げてしまう勇気。
 いきなり来たら、諦める心。
 パニックだけは避けれるとは思うのですが、イラクでは、デマのパニックで、数百人が死亡したそうです。
 冷静になる秘訣は何か。
 それは、もう一人の自分を意識しておくことです。
 いつも応援してくれるもう一人の心の中の自分をいつも意識することで、少しでもパニックから解放されます。
 それ以外にも自分を信じてくれる人ですから、自信を持って頑張れる。
 災害や事故にあったときは、頑張ってもいいと思うのです。
 ゆだねることも有効ですが、それは大災害のとき。
 小さな災害なら、少しの間頑張ったらなんとかなることも多いのです。
 もう一人の自分は、いつもそばにいてくれます。
 二重人格では決してなく、ほんとうに友のようなヤツです  
Posted by jheart at 19:09Comments(0)TrackBack(0)不思議ダネ!

2005年09月01日

083 元気種 きょうから2学期

 学校が始まりました。
 また、気分のいい事が続きます。
 家に誰もいなくなるのは、いいと、さんざん書いています。
 静かなほうが良い。
 といっても、外には出ます。
 カフェにお茶しにいくのは、ほとんど日課です。
 大勢の中の一人きりになれるから、好きなのです。
 きょうの晩御飯は何にしようか、実は決まってます。
 そろそろ風呂が沸きます。
 一人、ゆっくり入って参ります。  
Posted by jheart at 17:09Comments(0)TrackBack(0)元気ダネ!

2005年08月31日

082 元気種 モグラ君

 今日も一日が終わろうとしています。
 先ほど帰宅しました。
 きょうは一日中どんよりとした日だったようです。
 というのは大阪にいてたのですが、地下がおおくてモグラ君をしていたため、あまり天気を見ることがなかったからです。
 大阪といい、東京といい、モグラ君になることが多い都会は明らかに恐怖を感じます。
 地震や大雨などの自然の驚異を感じざるを得ません。
 地上での出来事が一日中わからないこともあります。
 こんなんでいいとは思えないです。
 久しぶりに地下にもぐってましたが、そんなことを考えてしまいました。
 とはいえ、地下鉄に乗らなきゃ東京なぞどこへもいけないでしょうね。
 ちなみにわたしはドライブのように地上を車で走るのが大好きです。  
Posted by jheart at 22:19Comments(0)TrackBack(0)

2005年08月30日

081 元気種 人の評価

 きょうは、久しぶりのちゃんとした雨が降りました。
 かなり強く降り、道路はびしゃびしゃと雨の返りがありました。
 帰宅途中は止んでいたのですが、またまた、降りだしました。
 まとまった雨は、人様の都合で、恵みの雨になったり、災害の雨になります。
 天からふってきている雨に責任なんてないのに、評価されてしまいます。
 人に対する評価なんて、実は評価するほうのご都合主義にすぎません。
 それに一喜一憂するほうもバカですが、評価するほうはもっとバカみたいなことをやっているのです。
 もし、わたしが評価する立場なら、こんなことバカらしくてやっていられない。
 数字で出てくる売上とか利益だけしか評価なんてできない。
 よく頑張ったかどうかなんて、問題外。
 結果のみの評価でしか、評価できません。
 それなのに、何々をクリアーしましょうなんていう意識の目標なんか意味無い。
 数字だけでいいのです。
 売上3番、利益1番、よってあなたの報酬は1000万、以上。
 じゃないでしょうか。
 もちろん手法や人の能力を上げることは大切です。
 ルール違反した成績は論外でしょうから。
 これと、評価とはまったく違うものと認識すべきです。
 あえて、数字以外のものをなんとか査定に組み込むとしたら、大変よくできました、花マルです。
 かな。
 花マルが多いほうが、人徳があったり、上に立ってもいいんじゃないかという評価になるのでは。
 そんなもんでしょ、人間の評価なんて、すぱっとできるのは数字上だけですから。  
Posted by jheart at 18:01Comments(0)TrackBack(0)