小学校の段階から英語教育をする

何でなのかと解説を聞くと、文化省の考え方

国際人を育てるため、外国人と話せる事が必要

グローバル社会に通用する日本人を育てる・・?

なそうである!

私の思う国際人とは、日本という国を自信を持って話す事が出来る人

日本から見た、外国の歴史、文化を話せる人

自国の事を知らずに、外国の人たちに何を話すのか?

日本の歴史、文化を話す事が出来ずに

相手国の人に何を話すのだろうか?

外国人に迎合して、自分を出せない人を

国際人とでも呼ぶのだろうか?

我国は英語で物事を考える事は出来ない

なぜなら、はっきりした四季があり

思考の繊細さが世界に類を見る事が出来ない種族である

感性、情緒を備えているからである

欧米人には考えられない表現が有るのである

国語は、日本の文化そのものである

英語を我国の全ての人が話す必要など無いのである

外国人が、日本語を小さいときから学校で勉強をしている国などない

何故日本だけが、英語を小学校の段階からやる必要があるのか

どうしても必要な人だけがやれば良いので

強制的に小学校で教えるなどは

国を滅ぼすもとである

それより、人としての道徳を、躾を、美しさを

しっかり教えるべきである

英語などの外国語はその後からでいいのである

世界の全ての国が英語で話しているのならともかく

正しい日本語を、美しい日本語を教えるべきである

日本人としての誇りを持たせる事が

重要であると考えます

『ありがとうございました』