かお包丁が落ちて足に刺さリ、病院へ行く途中で意識が・・・

2017年12月03日

缶詰で指を切って、血が止まらない。

夕方、30歳代の女性から、缶詰で指を切って、血が止まらないと救急要請。

缶詰で手を切っても、そんなに出血はしないはずだが・・・。

と隊員間で話をしつつ、現場到着。

その女性は立って待っていて、押さえているハンカチは血に染まっている。

女『料理中、缶詰で手を切っちゃたんです。で、すっと血が止まらなくて・・。』

Q『指、見せてください・・・・』

Q『・・・・・・・・・』

Q『・・・・・・・・・・・・・・・?????』

Q『あのぉ・・怪我はどこにあるんですか?』

隊長が指を見ているが、怪我の箇所が見つからないらしい。
私も確認したが、らしき場所が見つからない。

女『ほら・・ここここ、こうすると。ね?血が出てくるでしょ?』

女性が指をしごくとジワッと出血する。

女『何分かこうしてたんだけど、やっぱり血は止まらなくて、心配で救急車呼んじゃったんですけど。』

Q『そんなことしてたら、血、止まりませんよ。さっき救急車待ってたときのように、傷口、ぎゅっと押さえてください。』

と、新しい清潔なガーゼを渡し、その間に血圧測定などをした。

Q『血圧などには異常はないようです。じゃ、傷口、もう一度見てみましょうか。』

先ほどと同じように、傷口が見えないほど塞がっている。

Q『このまま、触らないでください。絆創膏貼っておきましょう。で、これからどうしましょう。どうしても病院行きたいと仰るならお連れしますが、行くほどでもないと思いますよ。』

女『どうしましょうか。行かなくてもよさそうですしね。』

Q『一旦私達帰ります。もしこのまま出血が続くようであれば、また要請してください。』

とそのまま帰ってきた。

最近の缶詰は缶切りが無くても開けられる様になってきているが、縁は結構鋭い。

先日私も空になった缶を洗っていたとき、指を切ってしまった。

皆さんも指の怪我には十分ご注意ください。




ji2del at 16:30│Comments(6)

この記事へのコメント

1. Posted by 由美のママ   2017年12月04日 04:11
99さんこれって正直なところ、ため息出る事案ですよね。
最近何処ともなんですが、どうでもいいようなことでの救急要請が多すぎて、本当に重病で救急車が必要とするところへは、届けられずに亡くなられる方が増えてきていることは確かなんです。
この問題で、病院の方でも何度も注意しても、分かってもらえず、困っていることだけは事実なんです。
ほんとに罰をあたえるとか、何らかの方法を取らないと、ますますエスカレートしていく一方だと思います。
この女性は、結果としては、救急隊員さんの処置だけで済みましたが、もっと言えばご自身で出来る事のように思いますがね。
隊員さんたちがほんとに気の毒に思います。
出場ご苦労様でした。
2. Posted by オラシオン   2017年12月05日 12:34
ほんっとくだらなすぎて涙出そうです。

救急車が走ってるのを見るたびに、重病者が乗ってると思うとなんだか心がきゅっとしていましたが、
99さんのブログを見てると救急車見ても、どんな人が乗ってるんだろうって感じです。

もちろん乗るべき人が乗ってることも多いと思いますが。

この人、せめて病院行かなくて良かったですね。
行っても何もすること無いでしょうけど。

私がお医者さんだったらバカバカしすぎてかける言葉も見つからないかもです。
3. Posted by ポテチ   2017年12月05日 22:15
助かって良かった

血を見たら誰でも不安になります

4. Posted by 99   2017年12月06日 13:58
>由美のママさん

私達のエリアには、救急の情報ダイヤルがあるんです。もし、そのダイヤルが皆さんに119番と同じくらい浸透していれば、迷ったときにはまずダイヤル・・。
となればいいんですけど。

今回は私達のの話を聞いてくれたから良かったものの、どうしても病院へ連れて行け・・って人も少なからずいます。

すると、時間帯によっては私達救急隊ばかりか、救急外来まで占拠されかねません。

本当に必要な人のところへ救急車が届けられないばかりか、設備の整った病院も手が空いてない・・なんて状況になります。

もっと、安易に相談できる方法ってないものでしょうか。
5. Posted by 99   2017年12月06日 14:04
>オラシオンさん

このようなブログや、救急隊員の話を聞いて、
交差点で目の前を横切ろうとしている救急車に遭遇した時、
『どうせ大した事無い患者なんだろ』
と、横目でこちらを見ながら止まらない車もいます。

もちろん、救急車の存在に気が付くのが遅れたり、後方からの車両が追突しそうな勢いだったりで『停まれない』人が大多数だと思います。

こんな現実をブログに載せて大丈夫かな・・なんて思う日も有りますが、でも、不適切な利用は紹介するほうがいいと思って書いてます。

でも、同じ様な事ばかりで、目新しいのがなくなってきています。

更新は気長にお待ちください。
6. Posted by 99   2017年12月06日 14:07
>ポテチさん

血・・赤い色は危険色らしいです。

同量の違う色の液体より、赤は沢山に見えるらしいですね。

心配になって頼られることは良い事だとは思います。

結果的に絆創膏一枚で済みましたw

(でもこの絆創膏、『税金で買った』物です。こんなこと書いちゃうと、皆さん絆創膏取りに消防署に押しかけてきますかね。)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
かお包丁が落ちて足に刺さリ、病院へ行く途中で意識が・・・