ふしじそkblog

1分1秒、時間の切り売り、使い捨ての都会に対して、
野山、田畑の広がる、自然に恵まれた地域で暮らすお年寄りたちの、一日一日の丁寧な暮らし。
子供世帯は、都会へ出たまま、帰ってこないので、残るのは高齢者ばかり。
これは、どこの農村部、限界集落でも同じ光景だろう。

子供が心配して、子世帯に引き取りたいと申し出ても、都会での同居を断るお年寄りたち。
自立できる生活のぎりぎりまで、最後の一日まで、この集落で住み続けたいと望む。


これが、過疎地でなくても都会でも、高齢者がどこまで自立した生活を送れるか、共通のテーマでもある。
最期は在宅(老人ホームを含む)か、病院か。
(現在、8割が病院で最期を迎えるらしいが、
政府は、病院から在宅へ、医療費削減のため、今後、在宅看取りを積極的に推し進めるとか)

多くの家族に囲まれ看取られるのが幸せとされているが、ほんとうにそうなのか。
どんなに回りに家族が大勢いても、死ぬ時は、一人だ。
福祉の隙間から零れ落ちた、凄惨な孤独死とは、また少し意味合いが違うが。


上野千鶴子氏は、著書で述べている。
死ぬ時が、どんな死に方なのかが、問題なのではなく、どのように生きていたか、だと。
生きている間に、どのように、周りと接していたか。

ふ~む・・・つまり・・・
おひとりさま(高齢死別、含む)であろうが、家族が大勢いようが、
生きざま、暮らしぶりが、死にざまを左右するということなのか。
生きている内容が問題であって、死そのものは、単なる点、エンドに過ぎない。

・・・

しかしながら、突然、エンドが来るのなら、よいが、そうはいかない。
自宅で生活するには、
自立しているか、あるいは、同居の家族やヘルパーさんに、介護してもらって生活できるか、である。
自立していなければ、一人では生活できない。
誰かの手を必要とする。
人の手が足りない場合は、人の手をおカネで買うこともある。
経済的にも人間関係的にも厳しい状況の場合は、家族が呑み込まれる、悲惨な事件になっていることもある。
政府は、いくら税金を投入して施設をたくさん作っても、働く人が充実していなければ、中身はスカスカだ

「嘘をつけ、お前なんか見たことねぇぞ許智政
   「たった今、言い交わしたのや、なぁお蔦」
 お蔦が頷いた。
   「それ見ろ、嘘なものか」
   「お蔦は、うちの親分の女だ、どこの馬の骨かわからん奴に渡せるものか」
「そうか、それならここ二・三日中に、親分に挨拶に行くわ、帰って親分に言っとけ」
   「バカぬかせ、これが黙って引き返せるものか、生意気な口が叩けぬようにしてやろうぜ」
 四人は、手に、手に匕首を握り、切っ先を三太に向けた。
   「わいを怒らせたら、痛い目に遭うで」
   「煩せぇ、黙らせてやる」
 一人の男が三太の懐に飛び込もうとした時、三太は二歩飛び下がって男の右上腕を打ち据えた。男は「ひーっ」と悲鳴を上げて、匕首をその場に落し、ふらふらっと蹌踉めきながら五・六歩下がってしゃがみ込んだ。
   「次、誰や?」
 三太は三人の男を見回したが、匕首を突き付けているものの、飛び込んでくる様子はなかった。
   「じゃまくさいから、三人一遍にかかってきやがれ」
 三太は六尺棒を頭上高くで回転させた公司註冊
   「憶えておけ」
 三人の男は、捨て台詞を残して走り去った。上腕を打たれてしゃがみこんでいた男も、落とした匕首を拾うと、三人の男たちに続いた。


 辰吉たちは三太に遅れて、二日後の昼前に戻ってきた。才太郎も痛みに耐えて、意外と元気な
顔をしている。辰吉の励ましと手当が、功を奏しているようである。
   「遅かったやないか、何を愚図々々しておったのや」
   「ここ何日か月夜だったから、兄ぃは夜駆けしたのだろ」
   「まぁな」
   「それでお蔦さんは無事だったのか?」
   「ああ、今、畑に野菜を採りに行っている」
   「独りでか?」
   「ああ、すぐ近くやさかい、大丈夫やろ」
 三太ともあろう者が何と迂闊なと、辰吉は腹がたった。慌てて飛び出そうとした辰吉を三太が止めた。
   「坊っちゃん、この縁側に来て寝転んでみなはれ」
   「何?」
   「お蔦ちゃんが菜を摘んでいるのがよく見えていまっせ」
 別に寝転ばなくでも、まる見えである。
   「本当だ、良かった」
   「今なぁ、又八さんのおっ母さんが、昼餉の支度をしてくれている、飯食ったら昼から殴りこみや、又八さん、覚悟しときや」許智政
   「へぇ、有難うごぜぇます」

 哺乳はいのちの営みそのものである

 「いのちの電話」 に 「自分の産んだ子だけれど、子どもはウルサイ、キタナイ」
少しも可愛いいと思わない。reenex hongkong 
 どうしたら子どもが好きにされるでしょうか」 という電話が数多くかかってくる現代の
世相は、たんに教育や思想の変化によるものではないのです。

  私は小学校のころ 「終身」 の時間に先生から 「親孝行の教えはむかしからたく
さんあるが、、親に子どもを可愛がることを教えた言葉はひとつもない。 それほど親の
子に対する思いというものは、自然で深いものだ」 と訊かされて、子供心にも、納得し
た思い出があります。
  とくに、親の愛と訊けば、すぐに母のことを思い浮かべてしまうのですが、その愛は
たんにお腹痛めて産んでもらったからというだけではなかったのです。Reenex 好唔好
 
 それだけでなく、赤ん坊が乳頭を吸う刺激は母体の子宮の収縮を早め、妊娠中にお
腹や腰や大腿部についた約6キロにも及ぶ脂肪を、お乳に変えて赤ん坊の体に送りこ
んで、赤ん坊を養うとともに母体も自然にもとの体形にもどすのだそうです。 もし母乳
を吸わせないで、6キロの脂肪を取り去ろうと思えば一日じゅうランニングしても取りき
れないといいます。 哺乳をすることは一面からいえば母親」が自分の身をけずって子
どもを育てるのですが、同時に赤ん坊に削り取って貰って美しい体系を保っていくとい
うことにもなるのです。 自然の摂理、それは、私たちの 「いのちの営み」 そのもの
でもあるのです。reenex cps

このページのトップヘ