哺乳はいのちの営みそのものである

 「いのちの電話」 に 「自分の産んだ子だけれど、子どもはウルサイ、キタナイ」
少しも可愛いいと思わない。reenex hongkong 
 どうしたら子どもが好きにされるでしょうか」 という電話が数多くかかってくる現代の
世相は、たんに教育や思想の変化によるものではないのです。

  私は小学校のころ 「終身」 の時間に先生から 「親孝行の教えはむかしからたく
さんあるが、、親に子どもを可愛がることを教えた言葉はひとつもない。 それほど親の
子に対する思いというものは、自然で深いものだ」 と訊かされて、子供心にも、納得し
た思い出があります。
  とくに、親の愛と訊けば、すぐに母のことを思い浮かべてしまうのですが、その愛は
たんにお腹痛めて産んでもらったからというだけではなかったのです。Reenex 好唔好
 
 それだけでなく、赤ん坊が乳頭を吸う刺激は母体の子宮の収縮を早め、妊娠中にお
腹や腰や大腿部についた約6キロにも及ぶ脂肪を、お乳に変えて赤ん坊の体に送りこ
んで、赤ん坊を養うとともに母体も自然にもとの体形にもどすのだそうです。 もし母乳
を吸わせないで、6キロの脂肪を取り去ろうと思えば一日じゅうランニングしても取りき
れないといいます。 哺乳をすることは一面からいえば母親」が自分の身をけずって子
どもを育てるのですが、同時に赤ん坊に削り取って貰って美しい体系を保っていくとい
うことにもなるのです。 自然の摂理、それは、私たちの 「いのちの営み」 そのもの
でもあるのです。reenex cps