2011年03月11日

地震 無事です

2011年3月11日14時すぎ、大きな地震がありました。
私も東京の職場にいたのですが、ゆれがおおきくなった時点で広いグランドに非難しました。そのあと同僚の無事などを確認しそうそうに徒歩で帰宅しました。

幸い家が近かったので早めに帰ることができ、また電気もきていたのでさっさと食事を準備し、ガスも個人で復旧させ先ほど食事を済ませました。

一応、連絡が取れる人には連絡をし(携帯が通じないのでほとんどダメですが)今はTVをみています。

とりあえず、無事です。

見てる人がいるのかわかりませんが、ご報告まで。

jiangkou38jp at 21:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年07月07日

2006年春季学期終了式

syuuryousiki

というわけで、おとといで今学期も終了してしまいました。特にこの学期は変える日本人学生も多く(含むインターン)ある種まとめ、総括の時期として位置づけられると考えています。

総括は、インターン生などにも協力してもらい行っていますが、まだまだ満足できるものではない、と個人的に思っています。この1年間で何ができたのか、できなかったのか、しっかり次につなげたいと思います。


そんな中で嬉しいことがひとつ。

毎回終業式では学生がスピーチするのですが、今回の日本人留学生代表のスピーチを半年前に来たばかりの学生に任せました(写真の彼です)

takeuchi



最初は半年しか勉強していないし、大丈夫かな?と心配しつつもだったのですが、本番前に僕のところに原稿を持ってくるなどしっかり準備をしていて、本番もかなり上手くスピーチができていました。

正直、半年でここまで伸びるのか、と少しびっくりしたくらいです。

また、今回参加した留学生たちの中で半年前の開校式、1年前の開校式などでは通訳を必用としていた学生も議事の進行を全部聞き取れるようになっていました。

最初、いつもの癖で、頭の中で翻訳しつつ聞いていたのですが、全く必要なかったです。みんながそれぞれ成長してくれて本当に嬉しいです。


また、こういう彼らの成長ぶりをみて、自分がこの1年間で何をしてきたのか、どこが成長したのか、振り返らなければいけないと思わされました。

jiangkou38jp at 19:19|PermalinkComments(5)TrackBack(5)留学事務所より 

2006年07月04日

今日はアメリカの国慶節だそうで

最近、サマーキャンプのために来ているアメリカ人の先生たちが今朝いきなりオフィスにやってきて、なにやら230年、230年といいながらアメリカの国旗の形のキーホルダーを配っている。

英語のため意味が分からないので「なにがあったの?」と同僚に聞くと「アメリカの国慶節だ」とのこと、要するに独立記念日??

先生たちが「アメリカは若い国、中国は何千年も歴史があるからね!」といっていた。230年って本当に若いな。

jiangkou38jp at 20:03|PermalinkComments(1)TrackBack(4)留学事務所より 

2006年06月22日

中国を知る

昨日、北京から取材に来られた記者の方と時間を取って会っていただきました。
お話をして、もっともっと中国のこと、中国の企業の動きを勉強したいし、知りたいと思いました。

学生にも、こういう機会が与えられるといいのですが。具体的にどういうアプローチ(学生に対しても、社会、会社に対しても)をすればいいのか、まだ明確なイメージがわいていません。


展覧会、何かのイベントに行くにしても結局は目の付け所ですしね。


というわけで、メモ代わりに大連で行われる各種展覧会を書いておきます。



--------------------------------------------------------------------------------

◆2006年7月−10月大連星海広場と星海会展中心活動日程表
7/5−7/8 会展中心20回中国大連輸出入商品交易会

7/14−7/17 会展中心 2006大連夏季家屋交易会

7/27−8/7 星海広場 2006中国国際ビール祭り

7/27−7/31 会展中心 2006中国国際食品博覧会

7/29−7/30 会展中心 第7回遼寧国際教育展覧会

8/3−8/6 会展中心 第4回中国工芸美術博覧会   大連国際古典家具博覧会

9/9−9/12 会展中心 第1回中国(大連)国際服装紡績博覧会

9/15−9/17 会展中心 第7回大連国際チェーンストア商品、施設及び技術展覧会
             第6回大連国際物流、貯蔵及び配送センター設備展覧会
             2006中国国際洗浄設備、清潔設備及び技術展覧会
        2006中国国際食品材料、添加剤及び食品加工、包装機械展覧会

10/13−10/16 会展中心 2006北東アジア現代農業博覧会

10/20−10/22 会展中心 第3回東アジア国際旅遊博覧会
第13回中国国際ホテル設備(用品)及びホテル家具展覧会

10/20−10/23 会展中心 第24回大連家屋交易大会(2006年大連秋季房交会) 第16回大連市中古住宅交易大会
第8回中国国際建築装飾材料及び安全インテリア産品展覧会第7回大連国際流行家具展覧会

10/25−10/28 会展中心 第5回中国大連国際海事展覧会





jiangkou38jp at 12:19|PermalinkComments(2)TrackBack(0)留学事務所より 

2006年06月16日

留学BLOG バナー作りました

この前記事で紹介していた領事館がやっている講演会、いつの間にかブログで学生が感想を書いてくれていました。

●JR西日本主催による講演会

●講演会@大連


いつの間にやら全然更新してなかったブログが一気に更新されてびっくりです。しかもWEBサイトの見た目改善ということで、留学生のブログのバナーまで作ってくれちゃいました。

これが僕のブログのバナー
viewpoint


いいですね、自分では作れないので、こういうのを作ってもらうと嬉しいです。

で、これが作ってくれた本人のバナー

zaha blog

バナーを押すと学生のブログに飛んでいきます。他の学生の分も作ってあるので、見てみてください。

来学期は是非この学生と一緒になって東軟学院で大連全体を対象にした講演会や、企業説明会をやろうと思っています。

他の大学の方、または中国に住んでいない方でも協力してくれる方を募集していきたいと思いますので、興味のある方は連絡ください。

jiangkou38jp@yahoo.co.jp


jiangkou38jp at 19:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)インターンシップ 

2006年06月14日

インターン生主催のホームページ作成講座

多忙です。部長にも「今日は残業するな」と言われてしまったので、ブログを書いてさっさと帰ろうかと思います。

さて、前回のホームページ作成でも紹介したインターン生ですが、最近僕がそうとうプッシュしたせいか、頑張ってくれています。

元々、のりが良くて何でもやってみたい!という感じの学生だったのですが、最近はそれがいい方向に出ている感じです。

お願いしているホームページ作成の仕事を単独でこなすには、まだまだスキルが足りないのですが、その足りない部分を埋めるため先週から、学生創業センター(SOVO)の学生を講師に招いてホームページ作成講座を企画しています。

本当は僕も参加する予定だったのですが、多忙のため行けず。代わりに3名の日本人留学生が参加してくれてるみたいです。今日連絡したら、空いてる時間を利用してSOVOにいってるらしく、ひょっとするとこのまま誘われてバーチャルカンパニーの一員になっちゃうかもしれません。


本当に行動力がある学生なので僕個人としては、もっと色んなイベントを企画したりしてほしいんですが、そのあたりは本人次第ですね。


#そういえばこの学生のブログが別のところに移った事をアナウンスしてませんでした。こちらをどうぞ。
●IRIE DAYS☆♪


jiangkou38jp at 19:21|PermalinkComments(2)TrackBack(0)インターンシップ 

2006年06月07日

東軟学院留学紹介サイト

view point

しばらくご無沙汰してしまいました。先日言っていた領事館がやっている中国人向けの講演会にとりあえず見学という形で参加させていただけることになりました。

今回はJR西日本さんの講演で、日本についていろんな事を話していただけるとの事。残念ながら僕は仕事で参加できないので、インターン生にいってもらい感想を書いてもらおうと思います。


さて、そのインターン生ですが、今学校の留学紹介サイトを作ってくれています。

すでに仮オープンということで、4月末に発行した留学メールマガジン「VIEW POINT」には紹介していたのですが、こっちで紹介するのをすっかり忘れていました。


こちらが一応完成した留学紹介サイトです

●東軟学院留学紹介サイト


実はこのホームページ僕が来たときからずっとやっている作業で、サーバーの問題や、技術的問題でなかなか前に進まずにいた仕事でした。

それを中国人の学生と協力し、留学を始めてから2ヶ月くらいで公開までこぎつけてくれたインターン生には本当に感謝です。まだまだ、改善していきたいし、新しいコンテンツを加えて行きたいと思いますが、まずは大きな一歩だと思います。


新しいサイトになってから以下のコンテンツが追加されました。

●教員研究紹介

普通、日本の大学というのは教授の紹介というのが詳しくされているのですが、中国の大学では見たことがありません。というわけで、どんな先生が教えてるか事前に知ってもらうためにこれを加えました。

まだ、簡単な紹介と一部の先生のインタビューしかないので、今後はいろんな先生へのインタビュー、学生からの評価などを加えていきたいです。


●留学生の感想

これも是非欲しかったコンテンツです。留学生全員というわけには行きませんが、特徴のある学生を何人か抜き出して紹介していきたいです。ここでメルマガで紹介したインターン生の感想を載せるのもいいかもしれません。


●メールマガジン
月刊で発行しているメールマガジンのバックナンバーです。基本的に東軟学院のお客様を対象に読んで頂いている機関紙です。インターン生のアイデアで外部のメールマガジンスタンドからも発行してはどうか?ということも検討したいです。

●留学Q&A

これもインターン生の提案で作ったもの。今まで1つ1つ解説していたものが、分かりやすくまとめられているかと思います。

●リンク集

リンクといっても、企業さんと相互リンクするのにはそれなりの手間が要るので、現在は留学生が書いているブログとのリンクになっています。


●学院紹介DVD

事前に学校の雰囲気をつかみたい、という人はこちらでDVD映像をダウンロードしてください。


そのほかにもイベント情報、などを更新できるニュース欄。留学生が来る前のオリエンテーション用パワーポイントファイルなどを作り、追加していきたいと思っています。

jiangkou38jp at 14:48|PermalinkComments(0)TrackBack(3)インターンシップ 

2006年05月30日

●学費、寮費全額サポートの留学+インターンプログラム●(第2期募集)

06年からスタートした「企業奨学金付き語学留学+インターンシップ」の第2期生の募集が始まりました。留学のあとのキャリアプランを模索したい方、留学費用が心配だという方にお勧めです。

現在、応募者の審査面接中です、お早めにお問い合わせください。


[募集要項]
▼応募資格
 2006年9月以降、1年間の留学が可能な方

▼研修先
大連ソフトウェアパーク内『Genpact』にて研修、インターン。
Genpactは、インド・中国・メキシコ・ハンガリー等に拠点を置くグローバル企業であり、世界100カ国以上で多様なビジネスを展開するゼネラル・エレクトリック(GE)のグループ企業です。

▼留学先
大連ソフトウェアパーク内のIT大学『大連東軟情報学院』。
東軟情報学院は、中国の国家重点大学である東北大学が設立したIT企業『Neusoft』と大連ソフトウェアパークの共同投資で設立されたIT学院です。

●WEBサイト:http://dalian.neusoft.edu.cn/corp/chinesetraining/jp/index.jsp


▼研修内容
Genpactの行う金融業務のコールセンターインターンシップです。
企業内でのトレーニングにも参加することができ、金融の知識、Six Sigmaなどの経営の知識も学ぶことができます。

▼留学内容
大連東軟情報学院の留学生と一緒に中国語の学習をします。
1日4時間通常通りの中国語の授業に参加できます(精読、会話、リスニング)

▼研修期間:2006年9月1日−2007年8月31日まで(1年間)

▼費用
現地での生活費、渡航費、留学ビザ取得費
海外保険費、留学登録費用(50$)

※インターンシップの参加者は学費及び住居費の全額サポートを
受けることができ、費用面での心配を軽減する方法を取っております。

▼締め切り:選考終了を持って締め切りとさせていただきます。

※応募を受け付け次第選考を始めますので、今回のインターン受け入れ人数  
 は定員となり次第、打ち切らせて頂きます。ご了承ください。

▼申し込み
研修ご希望の方は、以下のアドレスまでメールで参加希望の旨お送りください。

大連東軟学院国際部 江口朋行
E-mail:jiangkou@neusoft.edu.cn
正式な履歴書フォームとプログラムの詳細ファイルをお送りします。

▼申込み後の予定
書類選考、面接試験等を経た上で決定させていただきます。


本プログラムでは中国語の能力は問いません。やる気と責任感のある方なら
応募はどなたでもけっこうです。多数の応募お待ちしています。


jiangkou38jp at 18:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)インターンシップ 

2006年05月29日

日本人留学生のレベル  『何のために留学するのか』

今年の冬にネットで知り合った日本人留学生saimonさんのブログで「日本人留学生のレベル」に関するエントリーがあったので、僕も便乗して徒然と書いてみようかと思います。

本当は「留学生本科に行くより、中国人本科に行くほうがいいのでは?」という話を書こうかとも思ったのですが、僕が留学生本科の事に詳しくないので、もうすこし大きく捕らえて「日本人留学生のレベル」について考えてみたいと思います。

なぜ日本人留学生のレベルが高くないのか。
これは語学留学していたときの僕にも当てはまるのですが、ひとえに目的意識がなく、目標がないからかな、と思います。何のために中国に留学しているのか?そこをしっかり考えれている留学生は一部ではないでしょうか?

高卒できた留学生なんかは「とりあえず日本の大学に行かなかった(いけなかった)から来ている」という人がまだ多いのではないのでしょうか?まだ若いですし、最初から「これをやりたいから中国で勉強しているんだ」という目標を持つのは難しいと思いますが、常にそれを考えていなければ無駄に数年が過ぎてしまうことになります。

また、こういう留学生は自分が発展途上国で留学している、そして今後そこに活躍の場を見出そうとしているということも認識しておいたほうがいいかと思います。

そういう考える力、認識する力が足りない人の中には、本当に遊んでるだけの「遊学生」になってしまう人も少なくないと思います。そういう人、そうなりそうな人を見かけたら僕は「遊ぶなら日本で遊んだほうが楽しいから帰ったほうがいいよ」ということにしています。

また、大学の交換なんかで来てる学生も折角の留学をもっと有効に使う、という事を考えてもいいと思います。

留学の時間をもっと有効に使おうと考える留学生が増えれば、今の日本人留学生に対する評価も変わるかもしれませんし、そういう事を考えるためにももっと先輩の留学生や中国で働いてる社会人の方とコミュニケーションをとっていくといいのではないでしょうか。


そういう「貴重な海外留学の時間をもっと有効に使う」という意味で僕はsaimonさんの言う

「もしも学生をしながら仕事をする機会があれば、絶対にするべきです」

という意見には非常に共感を覚えます。報酬をもらう仕事というのは、違法なので本当はしてはいけませんが、インターンシップをしたり、仕事をとおしてより多くの情報を得ることができるし、中国語能力もやる作業の内容によってはアップするし、なにより、そういう経験から自分が進むべき方向というのがおぼろげながら見えてくると思います。


なんだか説教くさい話になってしまいましたが、留学生のお世話をしている立場としては「いい留学をして欲しい」と切に願います。

jiangkou38jp at 19:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)留学事務所より 

2006年05月24日

ささやかな喜び

この仕事をやっていて一番嬉しいのが、やっぱり学生の成長、とか喜びとか感謝だったりします。留学やインターンを楽しんでくれていれば、そのほかの問題が色々あっても「やってよかった」と思える仕事になります。


今日もそんな小さなことが1つ。
東軟学院は人数が少ないということもあって、結構厳しく授業の出席状況をチェックして、こまめに「ちゃんと勉強しろよー」という事を言っていますが、やっぱりそれでも全体の雰囲気ができていない、または一度壊れてしまうと、どうしても連鎖的に授業を休んだり、身が入らなくなったりする学生が出てきます。

ひどい場合は個別に呼び出して話をするのですが、まれにそれでも改善されない学生もいたりします。

先日も1人なかなか、授業に身が入らない学生に電話をし、話をしました。
実は彼とはもう何度か話をもっており、話のたびに「ちゃんとやります」とはいうのですが、いつのまにか、だれてしまう、そういうことが続いていました。

ので、先日はなした際にはかなり本気で「このままではだめになること」「自分の目標があるのだからそれに向けて頑張ること」そして「これが最後の忠告だから」ということを言いました。

そして、今週はとりあえず授業が終わった後、オフィスに来て報告をしてください。と。


正直、いままでもきつく言ってきたし、真剣に彼の将来を考えてアドバイスしてあげていたつもりだったので、今回の一件でいきなり変化が現れるかどうかは疑問でしたが、今日彼はちゃんと学校に行って、終わったあとオフィスに来て報告してくれました。

そのときは「お疲れ様。明日からもよろしく」とか簡単なことしか言えなかったのですが、正直嬉しかったです。

まだ彼自身が変わってくれたかどうかは分かりませんが、こういう小さなことが、僕がこの仕事を続けていく力になっていると感じています。

jiangkou38jp at 21:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)留学事務所より