2011年11月09日

エアK!5

スイスインドアで、日本の錦織圭選手が、世界ランク1位の
ジョコビッチに勝った。

いくら右肩を負傷していたとはいえ、男子テニスで、
日本人が世界1位に勝ったのだ。

歴史的快挙である。

しかも、準決勝でジョコビッチを破って進んだ決勝の相手は
かつての世界1位、ロジャー・フェデラー、である。

2日連続で、このビッグネーム相手の連戦。


残念ながら、フェデラーには2−0のストレートで敗れてしまったが
今後の可能性を多いに感じさせる若者だ。


久々に、テニスで嬉しくなるニュースだった。






高校時代、テニス部だったんで。

jigangyi at 00:39│Comments(0)TrackBack(0)ブログ 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔