昨日は【乃木坂工事中】の話題を取り上げたけど、そうなれば今回は【欅かけ】

もう様々なサイトで取り上げられていたから、すでに周知のことだろうけど、何しろ凄かったのが、歌舞伎役者の中村勘九郎の欅坂46LOVEのガチぶり

対面した早々、
“ゆいちゃんずだ…”
と言うあたり、最初からかなりポイント高い。

IMG_6980

会話の端々に欅坂46に対する愛情が垣間見ることが出来た。
ちなみに中村勘九郎は、ずみこ推しのようだったが、ちゃんとゆいぽんのブログも読んでいることを報告するあたり、かなり好感度が上がった

何よりビックリしたのが、実際の歌舞伎の舞台上で、中村勘九郎が欅坂46にちなんだセリフを何度も挟みこんでいたこと
これにはホントにビックリした 

『僕は嫌だ
『がんばりき
『あたらっぷ あたらっぷ』
『なーこなーこなーこ』

【欅かけ】を観ていないと絶対に分からないアドリブを歌舞伎の舞台で差し込んでくる中村勘九郎…
素晴らし過ぎる
特に『あたらっぷ』なんて、モナの持ちネタを知っているとは、かなりな通と見た

今回、中村勘九郎はスタジオのつっちーに向かって、カタカナケヤキに入りたいと熱望していたが、亜門“亜門てめぇこのヤロウ”虹彦よりも中村勘九郎の方がネームバリューあるし、影響力あるはず。

芸能人の欅坂46ファンは増加の一途だ