2023年07月11日

 常石敬一・神奈川大学名誉教授が4月24日、膵臓癌で亡くなった、とついさっき知りました。
 旧日本軍の731部隊の研究で知られる科学史の大家だが、ぼくには地下鉄サリン事件当時、テレビで拝見したお姿が忘れられない。
 日本のソーンダイク博士、と密かに敬愛していた。享年79。ご冥福をお祈りします。

jigokuan at 00:17コメント(0) 

2023年01月17日

 唐突ですが、ブログを再開します。
 読了本 小沼丹『古い画の家』中公文庫
『黒いハンケチ』という連作推理小説集がある著者の推理短編を拾遺したもの。独特のユーモア感が愉しい。巻末に収められた私小説をもっと読みたくなった。
で、続けて『春風コンビお手柄帳』という、これまで未刊行の少年少女小説を集めた短編集を読むことにした。幻戯書房から二〇一八年の七月に上梓された単行本である。なんと北村薫さんが解説を書いている。
 枚数の制限もあるのだろうが、どれも甚だ中途半端だ。たとえば、後者の二つ目に収められている表題作の第一話「消えた時計」というのは、こういう話だ。
 主人公のひとり、ナカムラクンのお父さんは、ご自慢の時計を客が来ると見せたがる人だったが、その日もひとりの客がやってきたところで、時計を見せていると、四階がたいへんだ、と外で叫ぶ声がした。ナカムラ家は五階建てのマンションの最上階。驚いて廊下に出てみるが、誰もいない。部屋に戻ってみると時計がなくなっていた。客は何も知らない、という。どうか調べてほしいというので、ポケットから鞄まで検めるがどこにも見当たらない。窓から外に投げたのでは、と調べても、外の道には何も落ちていない。
 トリックは単純だけれど、児童ものの推理小説としてはまず及第点の出来だ。
 ただし、動機とか、犯人がどういう人物なのか、まったく書いていない。
 次の「消えた猫」にしても、不可能状況での犯行(?)方法と、それに関わった人物の特定がテーマで、その他のことは省いてしまっている。というか、関心がないのだ。
 こういう作者の割り切り方というのが面白いと、ぼくは思う。 

jigokuan at 10:22コメント(0) 

2020年05月22日

 昨年末の、このブログでの呼びかけに、中のおひとりからご連絡をいただきました。
 以前、TRICK&TRAPにお越しいただいたお客さまでした。
 ありがとうございます。久しぶりにご様子をうかがえて、嬉しかったので、ご報告させていただきました。

jigokuan at 01:54コメント(0) 

2019年12月23日

 もし、かつてTRICK+TRAPにいらしてくださったお客さまで、このブログをご覧になった方がいらっしゃいましたら、ブログのコメント欄に書き込んで、ご連絡いただけませんでしょうか。
 新井夕紀様
 北川俊明様
 土井美里様
 谷真由美様
 あるいは、以下のアドレスにメールをいただいくのでも構いません。
 furakuin@gmail.com
宜敷お願い致します。                      戸川安宣拝

jigokuan at 14:30コメント(0) 

2014年08月08日

 新しいブログを始めています。
 といってもことさら新味はありません。
 ミステリ専門書店の臨時店員日記、ではなくなった、というだけです。
 ブログのタイトルも前のものを継承いたしました。
 「パン屋のないベイカー・ストリートにて供廚埜〆してみて下さい。

jigokuan at 17:55コメント(0)トラックバック(0)日記・挨拶 

2014年07月01日

 TRICK+TRAP最終イベントと位置づけた島田荘司先生のサイン会も無事終了しましたので、ミステリ専門書店TRICK+TRAPは閉店させていただきます。本当に長い間(そして実店舗が閉じた後も延々と)お付き合いいただき、ありがとうございました。
 思い起こせばこのブログ「パン屋のないベイカー・ストリートにて―ミステリ専門書店の臨時店員日記―」も、2005年の5月5日に始まり、9年超の間ご愛読いただきました。感謝いたしております。
「はじめまして。吉祥寺のミステリ専門書店でこのところ産休のオーナーに代わり、店番をしている者です。小さな書店のレジ机の後ろから眺めた風景やら、お客さんとお話ししたこと、本の話などなどを綴っていきたいと思います」 
 というご挨拶で始まったこのブログ、中道商店街の通りから見上げた位置の窓に、TRICK+TRAPという店名とシャーロック・ホームズの横顔が描かれていましたので、ここはやはり、「最後の挨拶」とさせていただきます。
 でも、最後の茶話会や、島田先生のサイン会にお越しいただいた皆さんから、また会いたいね、とお声を掛けていただきました。
 近く形を変えて再開し、皆さんとの再会を期したいと存じます。それまで、さようなら! そしてもう一度、ありがとう!

jigokuan at 22:42コメント(5)トラックバック(0)日記・挨拶 

2014年06月18日

創元220140618
創元120140618
創元320140618
創元420140618 創元推理文庫の新刊です。
 月原渉「太陽が死んだ夜」
 岡田剛「十三番目の王子」
 山本弘「MM9―invasion―」
 デボラ・クーンツ「規格外ホテル」
 レーナ・レヘトライネン「要塞島の死」
 エヴァンジェリン・ウォルトン「スィールの娘」
 ブライアン・ラムレイ「風神の邪教」
 鮎川哲也賞受賞作ほか、話題作勢揃い。

jigokuan at 15:25コメント(0)トラックバック(0)日記・挨拶 
二都物語20140611 新潮文庫の名作新訳コレクション、今回はディケンズの「二都物語」を加賀山卓朗さんが担当しています。
 このシリーズの特色は初版本のイラストを完全収録していること。この本でもハブロー・ブラウンの挿絵がいいですね。
 各社から新訳が続々刊行されているのは、翻訳の寿命というか、日本語の変遷(人によっては崩壊、というかもしれません)を考えると必然の結果といえますが、新訳が必ずしも旧訳に勝っているとは言えないようで、消えていく旧訳を惜しむ声がないわけではありません。
 昔から名作のガイド本は数々ありますが、今求められているのは、この名作はこの訳で読め、というものではないでしょうか。
 あるいは消えた名訳全集、という企画も面白いかも知れません。


jigokuan at 11:05コメント(1)トラックバック(0)日記・挨拶 

2014年06月16日

リップ20140616 横溝正史賞受賞作家・長沢樹さんの新作が出ました。
 「リップステイン」(双葉社)
 奇妙な美少女が活躍する青春ミステリの新機軸だそうです。

jigokuan at 17:28コメント(0)トラックバック(0)日記・挨拶 
冷たい太陽20140612 鯨統一郎さんの新作は、なんと誘拐もの!
 「冷たい太陽」(原書房)

jigokuan at 17:24コメント(0)トラックバック(0)日記・挨拶 
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ