毎秒地獄です

Flashアニメ専門・スタジオボイラー青木隆志の華麗にて波乱なる日々のドラマ

YouTube&HTML5アニメ制作・3分33万円
https://www.studio-boiler.com/

筋トレで参考にしているyoutube

・ダブルプログレッション
https://www.youtube.com/watch?v=OvzU7vL3Gj8
この動画のダブルプログレッション法のおかげでベンチプレス100kg持ち上がった。
1回目=8回×8回×7回×6回、2回目=8回×8回×8回×7回、3回目=8回×8回×8回×8回
と8回×4セットが上がるようになったら2.5kgづつ重りを増やし、また上のループを行うことで
少しづつ重量を増やして行く手法。

・バタフライサイドレイズ
https://www.youtube.com/watch?v=oq-d0iL2ACY
この動画の中盤で出てくるバタフライサイドレイズ。これが一番肩にキューンと来る。
なんか普通のサイドレイズやっても前腕部は疲れて肩が疲れてくる印象が少なくて結構意味のあるトレーニングなんかな?と不信に思っていたが、重量3kgくらいとかなり軽くしてバタフライサイドレイズを20回くらいの高回数でやったらバッチリ肩が燃える!バーン!!

・クレアチン
https://www.youtube.com/watch?v=8tsVCHm-AEE
ほんと、魔法のサプリ。クレアチンを3日飲んだだけで腕回りが目に見えてデカくなった。
が、実は筋肉量が増えたんじゃなく筋肉の保水力を高めただけだったんで水ぶくれというのが最新研究なのだが、水ぶくれ=お肌のハリが良くなるとも言え、見た目が抜群に良くなるので、飲んだ方がいい。

・加重懸垂
https://www.youtube.com/watch?v=txEm-Sm1NQQ
いくつか段階があり、
1・ラットプルダウンはディスられるほど筋電図解析では悪い数値は出てはいない有効なトレーニング。
2・が、それでも自重懸垂の方がすべてにおいていい数値が得られる。(他の人への見栄えもいい)
3・加重懸垂...というか加重ぶら下がりは背中・腕を発達させる最短トレーニング(これが本命)
3は腕・肩・背中にビシビシ効くので数回自重懸垂ができるようになったら積極的にやった方がいい。重さも3回できたらすぐ重量UPしてどんどん負荷を増やして行き、真面目に上下しなくてもぶら下がってるだけでもかなりの筋トレになって、普通の懸垂の回数も増える。

・ゆっくり懸垂
https://www.youtube.com/watch?v=Uftu-y-9v68
上の加重懸垂も慣れてくるとぶら下げる重りが無くて困るようになってくる。その次にやるのがゆっくり懸垂。筋肉に緊張を与えている時間を増やしてあげることで、これまたビキビキに効く。
が、ここまで来るとまさに自衛隊級。僕もまだ1、2セットしかできてない。

・・・
こんなもんかな?
他にも胸圧→腹圧とかあったりしたんだけど動画が見つかんなかった・・・
ま、参考に

鳴神山から桐生アルプス大縦走

v1

吹上バス停から鳴神山へ登る。
桐生岳からは360度の展望、第一展望台からは断崖に突き出したスリル&パノラマで楽しかったけど、桐生アルプス縦走はキツかったー。

v2

朝のバス停、桐生市が宣伝している梅田小学校からのバスは0。川内吹上バスは8人ほど、みな登山客。みんなちゃんと山の調べがついていると言うことか。そう、梅田小学校からのルートはアスファルト歩きが長過ぎなのだ。

v3

駒形の登山道は岩場に挟まれた昔は渓流だったことを思わせる。なかなかダイナミック。
そこそこ傾斜はあるもののわりと歩きやすい。

v4

v6

v5


山頂(桐生岳)につくと360度パノラマ!目を凝らせば富士山もみえる!今年は暖冬で日光の男体山は全然雪がない。ただ、山頂は結構狭いわりにどんどん人が登ってきてせわしない。さらに転落防止のためか低い木が生えていて、それも景色に距離を感じさせる。

v8

そこで第一展望台。赤柴口方面に3分ほど行くと、断崖に張り出した岩場があり、市街地と赤城山を一望!これだよ、コレ!スリル&パノラマ!

v7

ちなみに第二展望台は大したことなかった(第一展望台で事足りた)

v9

そこから吾妻山方面へ大縦走。
最初のうちは快適な登山道なのだが、金沢峠越えるあたりからアップダウンがキツイ。登ったり降りたりの頻度も多くなり膝と腰が悲鳴を上げる。

v10

それでも吾妻山からの桐生市街地を一望する景色で救われる。世界が美しくて良かった。

v11

v12

そこから下山路も岩場だらけの油断ならない下り。しかもどんどん日が沈み暗くなる!ついに吾妻公園への橋で完全に真っ暗となり、3年ぶりにヘッドライトを使用する。準備しといて良かった。公園の中の道もトイレなどを除いてほぼ真っ暗。

v13

最後は桐生市のメガドンキホーテで17アイスとコーヒーを食べてフィニッシュ。
今回、ペースはほぼ100%。日の入りもこの時期だと普通。そんでこの真っ暗感はちょっと見通し甘かったかも。もうちょい早く歩けると思ったんだけどなー。

そんなわけで冬場の桐生アルプスはライト必須です。

YAMAPの地図

大室山・加入道山-西丹沢激キツ富士見登山

v1

中央線沿線に住んでるといつも富士山をさえぎってる大室山に登る。
今回行ったルートは西丹沢ビジターセンター→用木沢出合→犬越路→大室山→加入道山→白石峠→西丹沢ビジターセンターの周回コース。
まさかの登り5時間の激キツ山だったが、随所に富士山が見れて疲れを感じさせなかった。(下山までは)

v2

v3

まず西丹沢ビジターセンターから犬越路へ向かう道。
最初は沢渡りゾーンや豪快に橋がぶっ壊れてるところなどを越える。冬なんで水辺から湧き上がる冷気が肌を刺すが、まだここはアスレチックで楽しい部類だったのかも。
この道の本丸はラスト400mの登りの凶悪さ。看板が見えて後少しかな?と思いきや200mの表示。これだから山の「あと何m」表示はアテにならない。
犬越路の由来は武田信玄が犬を先導させたとか言うてるけど、実際はあまりの登りのキツさに人間も四つん這いになって登ったから犬なんて地名ついてるんでは?と勘繰るくらいキツかった。

v4

もう汗でビッチョビチョになりようやく犬越路に到着。
ベンチから大涌谷の噴煙が見える。富士山より先に大涌谷の方が噴火しそうよね。

v5

・・・そして、振り返ると大室山まではさらにここから500mほど登る。このぽっこり山は別の山で大杉丸っていうらしいね。たしかに何本か杉の木が生えている。
やれやれ、見えてる斜面を足取りも重く登る。

v6

v7

が!斜面をあがるとそこでパリッとした富士山が!ゲンキンなもんですっかり疲労も回復。
ここから大室山まで随所で富士山が見える。
最初に見える箇所で草地に座ってご飯にしてもいいし、20分ほど進むともう少し進むと富士山見えるベンチもある。僕はここでお昼休憩。

v10

v9

大室山もまあまあ登らされるが日の当たる登山道と富士山パワーのおかげであまり疲れない。

v11

大室山につくも何にも展望無し。あれだけ多くの三多摩市民の邪魔してたのに拍子抜けだね。

v13

v12

ここから加入道山へ向かうと途中の階段からも随所に富士山がみえる。ただ夕方過ぎてハレーション起こしてるけどね。
一番開けていて眺めが良かったのが、「前大室」西側の階段だったので、ここを目指して白石峠からピストンするのも悪くない。

v14

加入道山の手前から先は展望無し。白石峠からは山が日陰になってあまり雰囲気は良くない。
稜線での富士山三昧から下山の時間2時間半が長くて見ごたえもなくこれといって書くことがない。

v15

16:30に西丹沢ビジターセンターのバス停に到着。が、ビジターセンターは12/29〜1/3がお休み。アイス食べられないのか...。

さて、富士山たっぷり見れて良い登り納めになったけど、残念ながら西丹沢まで来るなら檜洞丸の方がいいかもね。檜洞丸から犬越路に向かう階段ほどの大感動はない。
ただ、登りは本当にキツかった。ドM登山家にはオススメしたい。翌日ふくらはぎがばっちり筋肉痛でいだい・・・。

YAMAPの地図

ヘルニアから大分回復

さて、ここ1ケ月苦しめられてきたヘルニアもお薬のおかげでだいぶ回復に向かっている。
お医者さんから体重の増加はヘルニアの予後に良くないと言われて、現状維持する程度に続けている。
そして嫌でもじっとしてないといけなかったおかげかいろいろ考えることもあった。
そしてちょっと新しい挑戦をしなくてはと思うようになった。
それはこのブログやTwitterのような時間つぶしの半端なクリエイティブをやめるときではないかと。

幸か不幸か後関東圏で登ってない眺めのイイ山は「大室山・加入道山」「鳴神山」「雪頭ヶ岳」「妙義山」くらいになっている。おそらく来年には登り尽くすだろう。

それが終わったら、僕の最後の作家への挑戦を再開したいと思う。よくよく考えたら24〜44までの20年間長い夏休み、斜に構えたニート生活だったのかも。

ゼロカロリーデザートの食べ時

PRD2009-09-0195_100028_00_1644392371_62021e33655b5

https://www.morinaga.co.jp/in/jelly/vitamin_noncalorie.html
この「inゼリー マルチビタミン カロリーゼロ」が最近のお気に入り。水溶性食物繊維が豊富だし、0カロリーなんでtwitterダイエットの際もカウントしてない。
ただ、この手のゼロカロリー食品、空腹の気を紛らわせるために食べようとすると逆にストレスが高まるという逆効果の実験結果がある。
そこで、自分は昼ご飯後のデザートという形で食べるようになった。
まず食前に1口2口程度食べ、その後お米のご飯の食事を普通に食べ、最後にデザートとして全部飲み干す。すると、まずビフォーでは1口で腸に水溶性食物繊維の膜を張らせて栄養の吸収を鈍らせ、アフターではご飯を食べることで増進された食欲を0カロリーゼリーでごまかす2段階守備が完成!
人工甘味料特有の「甘いのに血糖値が上がらないのでイライラしてくる」というのも、メインのご飯である程度血糖値上がってる状態なのでイライラも起こりにくいし、甘味自体はあるんで満足度はあるという状態に。
人工甘味料目の敵にする人がいるけど、賢く使えば非常に強いダイエットの味方となる。
ただ、できればinゼリー、他の味も出してほしいなー。パイン味おいしいんだけど、そろそろ飽きてきた。
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: