毎秒地獄です

Flashアニメ専門・スタジオボイラー青木隆志の華麗にて波乱なる日々のドラマ

youTube向けFLASHアニメ制作・3分33万円
http://www.studio-boiler.com/

b1

秩父のランドマーク・武甲山に登る。
あのセメント鉱山でガシガシに削られてる山ね。あそこ反対側は普通に登山できるのよ。
表参道は石灰岩の搬入道路を1時間半歩かないといけないため、裏参道の秩父鉄道の浦山口駅からの往復。

dd

まずは橋立堂の巨大な石灰岩の絶壁がお出迎え。うひょー!デッカイどー

1o

が、最初の1時間くらいは砂利の林道歩き。全然楽しくない。さらに、この日は明け方氷点下だったため、なんか眼球が冷気にさらされて痛い。九州育ちには体感したことのない痛みにやぶにらみの目で歩く。遮光機土偶ってこの状態だったんかもね

44

沢渡りやら杉の森歩きなどあるけど、中腹になってくると日の差し込む気持ちの良い登山道に。雁坂峠方面もこんな感じに見える箇所も。(両神山は少し雪ふってるかな?)


そして3時間半かかって頂上に到着。最初に見かけた第2展望台が思ったより狭くて「たったこんだけかよ!」とか思ったが、そこから左に行くと動画のようにきちんと秩父市内を見下ろせる一大展望所が!どーよ、まるで空に浮かんでいるかの様!さらに鉱山の発破のシーンも見れた。実は思ったより爆音小さかったかなw噴煙も見れたけど、そんなもんかと思っちゃったw

頂上は-3度。コッヘルでまた雑炊だと意気込むもコンロを忘れる痛恨のミス。水も麓の湧き水(不動の名水)をもってきてたのに!しかたなく冷ご飯をかっこむのであった。昔はこれが普通だったんだけど、もう冬山で温かい汁物を体験しては冷たい昼飯は悲しいばかり。しかも、冷たいものが消化に悪かったのか胃をムカムカさせながら下山。

まあ、でも頂上の景色は相当すごかったので良い山・良い登り納めでした。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

http://studio-boiler.com/haruka/
随分前に作ったFlashLite1.1向けの絵を変えていくつも新しいゲームが作れる携帯アタッチメントタイプゲームのHTML5バージョンを作成し、沖縄vTuber・玉那覇はるかさんのゲームサイトを作成しました。
カジュアルゲームってことですね。
前の携帯アタッチメントタイプゲームはガラケーでしかできなかったけど、今回はPC、スマホ共用なんで1本2万くらいで売ろうかナーと。で、10本だと10万円みたいなディスカウントをする形にて。
そのうち購入のマニュアルと専用の販売ページも作成します。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

g0

奥多摩の御前山に登る。
起きたのが多少遅かったため、9時45分に奥多摩湖に到着。1枚目どうよ、見事な眺めでしょ。場所はサス沢山。"さす"が!

g2

が、ここまでの道のりがアホみたいにキツい。一応前に登った本仁田山よりは勾配ゆるいらしいんだけど、実際登った感覚ではこの大ブナ尾根の方がはるかにキツいと思う。本仁田山の登る距離が倍ある感覚なんだよね。奥多摩はガチの山が多すぎる・・・。ただ、広葉樹林の日差しが入り込む山道のおかげで、精神的にかなり楽。気持ちよく登れた。

g3

ヒーコラ登って何もない惣岳山に到着。景色見えない中でご飯食べるのはイマイチと小河内峠へ下ってソーヤノ丸デッコへ。ここは絵葉書みたいな見事な富士山が見える。写真が真っ白なのは登頂した時間が13時頃だったため。でも裸眼の方じゃばっちり富士山見えてたよ!

g4

んで、山料理。今回は前回ご飯が冷たくて雑炊がぬるかったの反省を踏まえて、ホイル焼きした上で麺なしラーメンのカップにぶっこもう。
ここでアクシデント!なんかすごい炭臭い臭いが。コンロに直接アルミホイル火にかけたらアルミホイルに穴が空く!そうか、燃えちゃうのかアルミホイル。慌ててとりはずすもご飯もこげてしまう。が、これが奇跡を生む。とんこつラーメンにご飯のオコゲがすっごい香ばしくて合う!これは金出して売れるかもしれないレベル。
が、再現性が難しいなw

gee

戻って御前山へ。御前山自体の展望はないけど、その前後では富士山見えるベンチや大岳山が見える岩のデッパリとかがある。ただ、休日は眺めのいい場所は取り合いになるだろうな、他が木に覆われてるんで。それならソーヤノ丸デッコでランチした方がいいよ。

g5

その後、栃寄 体験の森を経由して下山する。途中、栃寄沢登山道を行くも、なかなか険しい道でしかも大分朽ちかけてる木の橋を渡るところがあるなど、結構怖かった。こういう沢沿いの道の橋は木じゃなくて金属にしてほしいよなー。(または鉄で土台つくり、その上に木の板を貼る感じ)

g6

で、最後に「奥多摩もえぎの湯」に入る。なんと今日は第3金曜日でスペシャルフライデー。入湯料500円にソフトドリンク1杯無料(普段は250円)、つまりたった250円で温泉入れる!?安すぎやろ!それ以外にも東京都民で国民健康保険入ってる人は480円で入れる制度があるなどかなりお得。
難点は駅から10分も離れてるところだけど、夜6時に日もすっかり落ちた帰り道、全然寒くなかった。むしろほてった体にちょうどいい感じ。これが温泉パワーか。

しかし、全体で6時間半の長丁場。ちょーキツい山登りだった。
が、帰りの電車で稲村岩(奥多摩三大急坂の代表格)について調べる自分がいる。そう、完全に足をいじめるのにハマっているのだ。ドM登山・・・。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

t1

いやー、ついに買っちゃったよ、登山用ガスボンベ、ガスコンロ、そしてクッカー。
それぞれ買った商品はこれ
・ガスボンベ
・ガスコンロ
・クッカー

t0

フタがしっかり閉まって、かつガスボンベを中にしまうことができるクッカーがなかなか見つからず、好日山荘やモンベルショップを行脚し、結局アマゾンで買うという・・・。が、事前に大分見て回ったおかげでしっかりクッカー(コッヘル)とはなんぞやというのが勉強できたと思う。

t2

霧の中の塔ノ岳はそこそこ風もあったのだが、ちゃんとワンタッチで火がつき、しっかりお湯を沸かせることができた。手でコンロをかこうように風防にしたのはご愛嬌。ま、寒かったんで温まるのに調度いいしね。

t3

単なるカップラーメンじゃ物足りない...山料理がしたいと、麺なしのどん兵衛に冷ご飯とカラアゲをぶっこむ。仕上げにおかきとピーナッツを入れて、奈良茶飯のデキあがり。ご飯が冷たいせいかアツアツにならなかったが、メチャおいしかった。
が、それよりもセブンイレブンのどーでもいい抹茶玄米茶のティーパックのお茶が寒い頂上で飲むとやたらうまく感じた。
これは冬の山行がはかどりそうですわ!
なんでさすがにジーパン登山は卒業かな?
    このエントリーをはてなブックマークに追加

t1

先日、渋沢→大倉→塔ノ岳と登山に行ってきました。
いつも見る山中湖絶景君でもバッチリ晴れてるので、ダイジョブと思いきや・・・

t2

頂上登ったらこれですよ。完全に霧の中。で、スマホで絶景君見てると完全に晴れてるやんの。
そう、富士山の南側や丹沢は太平洋の海水が熱せられて雲ができやすくなり曇りがちになるのだ。しかもその雲は丹沢で堰き止められるので、奥多摩方面はピーカン照り。奥多摩の山に行っとけば良かった・・・。
奥多摩・中央線での山登りはほぼ100発100中で綺麗な富士山を拝めていた晴れ男も丹沢では形無し。

t3

そのあたりも天気予報で予想できるのでは?と思いきや、下山したらこんな感じである。
秦野市で天気予報検索しても、おそらく晴れだろう。つまり山だけ曇ってるのだ。

なので、丹沢で綺麗な富士山見るには、雲が張り出してこない9時頃までには頂上にいるか、海から雲が生まれない激寒の冬場に登るかという選択になるだろう。前者は山小屋宿泊か、後者は雪山登山か・・・。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ