毎秒地獄です

Flashアニメ専門・スタジオボイラー青木隆志の華麗にて波乱なる日々のドラマ

2005年12月

マキシマムNEOについて

f4b69d29.jpg「超時空学園マキシマムNEO」
http://www.jigokuhen.com/max/mov.htm

これは、自分が初めて企業向けに書いた企画書でした。
ソフトバンクパブリッシング(現・ソフトバンククリエイティブ)のネットランナーのT編集長に何か仕事がないか打診したところ、どうも漫画の投稿の類と思われて、販売収益が5万本程度みこめるような内容の企画書を出せとのこと。なので、釜江さんと酒の席で話した「小学校の頃遊んだ消しゴム戦争や潜水艦ゲームなどで、人がバカみたいに死にまくる」ネタを用意し提出。T編集長自身そういう不謹慎なネタが好きなようで大好評。しかし、会社の会議ではそうでもなかったらしく、それじゃあとネットランナーの増刊号はT編集長が自由にできる部分だったので、そこに滑り込ませてもらった次第。ですが、いまいちアンケートが振るわず、企画はボツに。
ネトランに貸した版権は、一年の拘束期間という形にしていたので、そこで一年半後、今度は某有名B級映画会社の映画買い付けをする人に企画を持っていくとこれまた、大好評。すぐにでも金出すから作ってとのことで、シナリオ・絵コンテまで作ったのですが、いざ見積もりのときになって、ちょいと調子に乗って1千万円の見積もり出して、企画はおじゃん。ほかにもその会社がアニメ関連事業で振るわなかった時期だったというのもありますが、ま、あんましのぼせたらいかんという教訓になりました。

企画自体は、2つの有名会社のそれなりの鑑識眼を持った人から、評価をいただいて、かなり良いという感触があります。が、いかんせん製作者としての自分の限界があるようです。そのあたりは柔軟に対応しますので、どなたかこの版権でビジネスをお考えになりたい企業様いらっしゃいましたら、ぜひメールでご連絡いただけないでしょうか?よろしくお願いします。

日本人の平均年収461万

http://www.j-tgs.com/value/salary/01.html
日本人の平均年収は461万もあるそうだ。
今年、自分はぎりぎり平均に。同世代の年収よりは良い段階。

だが、クリエータで上記の値段をもらえる人間は、かなり少ない。
そして、離職率や転職率も高い。
今年は随分働いたが、よく考えたら割にはあってないような気がしている。
やはりもっと稼がねば・・・。

探険野郎エキスプローラ最終回についての言い訳2

3a4df6aa.gifここからは、本編をご覧になられた後お読みいただければ。

探険野郎エキスプローラの作品全体のコンセプトとか意味とかを語る気はないのですが、重要な補足として植村とトビ子の関係(植村のような奇怪な人物に、なぜトビ子が親密な間柄を維持できるのか)を書いておかねばなりません。
設定では、

トビ子は衛星都市をもくろんで造成されたが、バブル崩壊や人口減少で、微妙に廃れてしまった地方のニュータウンに生まれ、おじいちゃん・おばあちゃんと3人暮らし。田舎暮らしを嫌う母親と婿養子となった放浪癖のある父親はトビ子が生まれて早くに離婚して、家を去ってしまっている。

植村の本名は植村トビオ。放浪癖のある父親と一緒に2人で世界各地を飛び回り、あらゆるサバイバル技術をマスターする。父は、ナイアガラの滝を昇る鮭を捕まえようとし、あえなく水死。父の遺志をついで植村は、世の中の未知を求めて、旅をしていて、野生の感からトビ子のいる町にある緑公園に住み着く。

そう、トビ子と植村は生き別れた兄弟なのです。

放浪癖のある父親は子供2人とともに、世界を回る旅に出ようとしたのを、常識的な祖父母が大喧嘩の末、生まれて間もない孫娘の親権を守ったが、父を尊敬していた孫の方は父と共に国外へ。

探険野郎のシリーズの中で、トビ子が幼い頃に生き別れになった兄がいること、そしてその兄が植村ではないかと探るようなお話を用意するつもりだったんですが、いろいろと事情があり、テックウィンの連載期間中にはできませんでした。それでも、ネット公開時にはできるかもと、ずっと作品を寝かしていたのですが、結局なんのかんのでやりそうもないので、全公開とあいなりました。

植村がトビ子と別れる際、帽子を脱ぐシーンは、帽子を脱ぐと髪の毛の処理がトビ子と同じで、これまで匂わせてきた兄弟説をセリフに出すことなく暗に証明するという臭い演出だったんです。ですんで、トビ子のセリフも
「植村が・・・、お兄ちゃんがいなくなったら、きっとこの町は退屈でつまらない毎日に逆戻りだよ」
とするつもりだったのを、めんどくさくなって、そのまま公開してしまいました。

いわゆるお涙頂戴的なしゃらくさい話は嫌いなので、ギャグ漫画の中でそういったエッセンスを織り交ぜていく形で展開しようとして、失敗した形です。
うーむ、慣れないことはするもんじゃないかな?

アニメ講座

釜江さんにすると、現状では、仕事をするにもスキルが離れすぎていて、韓国人並のリスクをもっているらしいので、まかせてもらえる動画の量が減り、とんとアニメータとしてのやる気を失った青木です。が、おいそれとあきらめる様な殊勝な心がけを持っていないのも青木。釜江さんのアニメ製作のやり方を盗むため、セミナーみたいなのをやろうかと考えています。ただ、釜江さんは人前に出て講義するようなタイプではないので、ただ、永延と釜江さんには動画を描いてもらい、それを見続けるだけというセミナーにしようかと。自分は大人しく教えてもらうより、人から積極的に盗み出す方なので、むしろそっちの方がおもしろいと感じます。で、せっかくやるなら、金とって一儲け考えようかとも思うのですが、どうだろうか・・・。ビデオ撮影にしてそのテープを売る方にしようか・・・。

今日から実家に帰ります。

新幹線のチケットを早く買いすぎて今日から帰ります。
ですが、ノーパソ&タブレット買ったので、仕事を外で
できるかの実験です。
これでうまく行けば、作家みたいにどっかの旅館で
温泉入りながら仕事とかもできるかも。
どーなることやら。

アニメータの地位回復に原画家ビジネス

最近、アニメ業界の事情も広まるようになり、アニメータの賃金が安いことが問題になってます。アニメータは平等に収入が低いので、全体の底上げだけでなく、一発当てれば大もうけといった芸人的な構造を作ってあげるのも、重要かと思ったりしています。
そこで挙げられるのが、わたなべあきお。またの名を「ぽよよん★ろっく」
ナースウィッチ小麦ちゃんエロゲーの原画萌えローンなどの看板絵を描いたりと、今の萌えブームを代表するような原画マンです。
(まあ、氏はアニメータとして有名になったというより、いろんなことをして今の地位を得たわけですが。)
もし氏にきちんとしたプロモータがついて、がっちり稼ぐようになれば、とてつもない成功を収められるような気がします。
そんでもって、わたなべ氏はこれまでのアニメ有名人と違い、演出家をしていません。アニメで有名となると、宮崎駿もそうだったように、演出以外になかったのです。そういう意味で、純然たるアニメータとしての大成を望むクリエータには、新しい目標になるのではないでしょうか。
「坂井久太」「すしお」(今石洋之は監督やってんでNG)など他の有望株もいますし。
そうなると、先日話した件は、マンガ家のアシスタント的な意味でのアニメータという職業の確立は可能ではないでしょうか?マンガ家さいとうたかおの背景アシスタントは、普通に年金保険付の給料30〜50万もらってるそうですし。

「らぶげ」を見ましたが、すっかり衰えた印象をぬぐえないあかほりさとる氏はこういうビジネスやれば、絶対当たるのにと思います。

地獄変11話公開

いやだいやだ、クリスマスはいやだ。
まったくアニメの通りだ。癪なんで、仕事すっけど。

だれかFlashかデザインのできる女の子おらんかな〜。
ブリーフ一丁のサンタが、愛と仕事をあげるよ。

金田アニメの罪

クソ寒い中、釜江さんとg-creators2005の受賞記念で飲む。
いろいろと話したが、最近、動画マンと呼べるような人はもういなくなったそうだ。
昔はベテラン原画マンが描いてきたあと2枚くらい原画のほしい中5、6枚の動画をやるようなシーンがいくつもあった。だが、しかめっ面をしてもなんのかんのでこなしてしまうような動画マンによってアニメが支えられていた。
マジンガーZやあしたのジョーのようなぶっとい線のタッチで描いたアニメが減ったのも需要うんぬんより、できる技量のあるアニメータが減ったから&やりたがらないからだそうな。(それをやるより、均一線の動画を割ってた方が金になる)
そりゃ、なぜか。
いわずもがな動画ONLYで飯を食うことがありえないこと。動画マンはいつか卒業して、原画マンになってしまう。そしてなれないと業界での評価・給料は低い。
新人で入ってきたアニメータに厳しく・かつ懇切丁寧に教えるベテラン動画チェックは引退して、動画のいろはを教える人がいなくなったこと。
金田伊功の一派がアニメータ次第で、自分の原画パートが左右されることに我慢ならなくなり、綿密な原画を描いてしまうせいで、動画割が容易になってしまった。(でも釜江さんは大の金田ファン。)
で、こうした技術も中国人や韓国人には伝えられていない様子。
原画マンのフォルムや線、つまり作家性を読み取って動画に生かすようなエキスパート動画マンは自然と育たない環境になってしまったのだ。
「アニメ業界は飯が食えないので、良い制作者が育たない」
そういった業界のレベルの低下はすでに始まって、すでに終わっているのだ。

木村圭一郎が自主制作しようとしているカーツヴァイもどことなく見え隠れするショボさの原因は、動画マンにあるのだろう。
天才的原画を動かすに足る動画マンが、もういないのだ。

宮崎駿や今敏などアニメ有名人の下には、数多くの名前も出ないスタッフがいる。
だが、さらにアニメ業界ですら気づかなかった縁の下の力持ちがいたことに後になって悔いるのであった。

if構文のチップス

携帯Flashの仕事で使うので、ちょっとしたメモを・・・。

if構文でよく当たり判定をつけるのですが、どうも

if(●●<XX&&■■>XX){
 〜ほにゃらら〜
 }

と書くと動作が重いので、

if(●●<XX){
  if(●●<XX){
  〜ほにゃらら〜
  }
}

と、した方がよい。

来年4月に事務所予定

スタジオボイラーもだいぶ儲かってきたので、春先暖かくなってきたら
事務所を構えようかと。
で、現状必要なものは

パソコン 9万
19ich液晶モニタ 4
i620タブレット 3
机(中古) 2
イス(中古) 1
ケーブル類 0.2
上記がx2

ルータ 0.5
ケーブル 0.2
FAX 2
プリンタ 2
スキャナ 1.5

予備費 5

備品で約50万。

家賃を3万以下の安いところを狙っていて
それでも礼金10万。
初期費用に65万程度かかるかー。

ランニングコストは
家賃 3万
電気 1.5
ガス 0.3
水道 0.2

月々5万程度

最初の65万がでかいな〜。
でも、アコムったらキツイから、仕事多めに取るが、一番の答えか。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
最新コメント
livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
まさかのフラッシュアニメータ歴10年目。すっかりベテランになってしまいました。今年はFLASHアニメ制作の教室を画策中。
QRコード
QRコード