毎秒地獄です

Flashアニメ専門・スタジオボイラー青木隆志の華麗にて波乱なる日々のドラマ

2009年11月

赤字

事実上今年の収入が確定した(売掛金は計上して支払いは来年のヤツがちらほらあるので手元資金の確定という意味)。
95万の赤字!(プラマイ10万くらいで)うち半分は今年は事務所開設費用があったのだが実質50万くらい赤をだしてしまった。一番ショックなのはかなり忙しかった(今も忙しいが)のに、赤をだしてしまったこと。
大阪時代は毎年130万くらいの貯金ができていたのが、一転この逆噴射。事務所開設はもっと慎重を期さなければいけなかった・・・。
で、今からジムとケーブルテレビの解約をして固定費をけずります。ジムはもうダイエットには成功して元はとったし、ケーブルテレビも最近はほとんどみてなかったから、別にいいもーん!
でも、東京では年収400万はかなり節制をしないと厳しいことがわかった。と、いうわけで単価計算を再びやり直します。

動く人間は評価してほしい

・・・昨日広告代理店の人と他のクリエータさんとともに忘年会。コーラにいいちこ混ぜてベロベロになる。
さて、僕らのほかにもアニメ制作してるクリエータとかが売り込みにきてるそうだが、「青木さんたちまかせれば安心なので、あまり相手にしてない」と言われた。だが少し心がゆれる。

「制作管理or納品に関する補償を僕がしてもいいので、試しに発注してみては?僕は動く人間は評価したい」

今このメールは送信せずに下書きフォルダに入れてる。

下請けだけするなら圧倒的に地方がいい

残念ながら今年の年収は微減。でも仕事をした時期で来年の収入になってる分があるのでなんとも言えないけど、圧倒的に増えたのが経費。今年は所得ベースでは100万切りそうなくらい経費がかかってしまった。今まで事務所の家賃や運営費分が自宅作業だったからそのまんま貯金に回ってたから、随分ウハウハ言ってたわけだ。
そして東京の物価の高さ、家賃の高さはやっぱりレベルが違う。去年ブログで言及したけれど、体感として「東京で仕事とってきて地方でこなす」が一番儲かるということを思い知らされる。

うーん、下請け仕事を減らさないといけないんだよなぁ〜。

ワーカーホリックを他人にも強要しちゃいかんな

実はスタッフの山本君が新型インフルエンザになって長らく休んでいた。保健所から外出しないよう指示がきてたそうな。で、電話したら「生きてます」とのこと。なので、つい軽い気持ちで「じゃあ家でキャラデザの対応できない?」と聞いたら電話の向こうで絶句してる模様。ま、そこは俺も空気を読んでよく休むよう伝え電話を切った。
うーん、いかんなぁ。死人が出てるような病気になってるのに働かせようなんて・・・。
ただもうそろそろ考えないといけないのは、ここ4、5年仕事とパチンコ以外なんもしてない。「仕事手伝ってもらえる嫁が欲しい」っていう言い方するのも、ワーカーホリックの一環で、自分の忙しさに他人があわせるのが当然のように考えてたのかもしれない。ここ1年山本君と仕事するようになって、俺がどれだけ働きすぎかわかる。
人生の多様性の無さは感性の後退を生む。

スパコン補助金廃止は正しいのか

スーパーコンピュータの補助金が廃止されるというのを聞いて愕然。我らが池田先生は大して費用対効果がないからやめてもいいみたいなこと書いてるが、費用対効果が出るような研究体制に直すよう指示出して、それがうまくいかなかった後に廃止しても遅くなかろうに。無論、大学教授たちの湯水のように金を使い、大して社会に還元しない姿勢もわかる。そして、そんな大名商売でも補助金が出てた官僚のザル見積もりもわかる。
が、未来につながる補助は続けていくべきだろう。
ただ、財政難の昨今、「老齢年金を減らしてでも子供の将来を考える補助&投資を」と考える人間が減ったとも言える。これが民主主義の重大な欠点で、今生きている人間の権利があっても、これから生まれてくる人間には権利がない。そのくせ負債は負わせることができる。
まさに亡国の2文字がふさわしい・・・

市橋容疑者と国民総背番号制

例の市橋容疑者を雇ってた寮付きの茨木の土木工事会社。大阪にはあの手のタコ部屋がわりとある。そして市橋に支払われていた給料の方式もおそらく個人事業主という形で、社会保障費は払ってなかっただろう。そして従業員がある日フトいなくなることにわりと慣れている様子。
実はさ、国民総背番号制に反対しているのは、いわゆる政治活動家とかではなく、こうした税金をアレしてる中小企業の社長さんの要望なのよね。さらに政治家は自身が元・社長みたいなケースも多い。だから直接自分の懐に影響してくる場合もある。さらには少々ブラックな企業でも、彼らが西成でブラブラしてる連中を雇用してくれてるおかげで、失業率が減ってるような事実もある。
似たような例で、アメリカにも国民総背番号制はないけど、不法就労者に仕事を渡すには身元確認がザルな方がいいから。社会保障が弱い国では、仕事が無くなれば犯罪に走るだろうからね。

しかし、その会社、25万の給料から食事代と家賃で10万を引いてたなんて、税金対策バッチリな感じで笑うw僕は外注さんの源泉徴収をしてるので知っているが、源泉徴収の振込みって相当ザル。誰に支払ったという部分は書き入れる必要がなく、何人に支払ったかだけ書けばいい。

不況なので、今この部分を明快にしても失業率が増えるだけだろう。かといって国の財政状況は相当悪いので、いつかは導入しないといけない。

ただ少なくともマスコミは、国民総背番号制について「国家による国民支配につながる」なんて政治家や活動家の言い分をそのまま記載するのはやめるべき。実際は『後ろめたいことをしていても日本の雇用状況は厳しい』という点で話を進めるべき。

イノベーションは忙しさと対にある

マルクスがイギリスの労働者を例にとって言ってたけど、間違いなくイノベーションは忙しさの中からは生まれない。日本人は賃金が高いから、一生懸命労働者の労働効率を上げているけど、おそらくどんなに働いても中国人の安さに勝てない。自分がアニメCMのビジネスモデルを作れたのも暇なときにタダでアニメを作り、仕組みを考えることができた自身の実感から感じる。
母親とかは「忙しいこと=仕事があること」だと考える。それは「働く機械」の考え方だ。イノベーションは「思考する暇」から生まれるのだ。よって思考する暇もない僕は2流のビジネスマンなんだろうなぁ・・・。

上場企業の平均年収

上場企業の平均年収
http://www.nenshu.jp/
下にスクロールしていくとグラフもあって大よその中央値(単純な平均だと年収1億の社員も年収200万の社員もいるから)もわかる。だいたい560〜590万前後だろう。
派遣採用が進んだ現在に至ってはこの数字はほとんどホワイトカラー。

さて、中小企業のサラリーマン平均はというと
http://nensyu-labo.com/heikin_kibo.htm
400〜500万。大企業の方が2割ほど高いわけか・・・。

池田信夫の本を読んで

マクロ経済での大衆の幸福と個人の幸福が一致しないことがわかった。
そして、僕なりにマクロ的幸福を生み出すとするなら、

●人間は○○才まで生きたら強制安楽死。それによってイノベーション変革についてこれない人間を排除して、社会の強制代謝を推し進める。
●女性の社会進出をある程度制限する。女性の就労時間に厳しい制限を与える代わりに出産・子育てそのものを労働とみなすようにして1人生んだら毎月生活保護と同等のお金が無条件でもらえるようにする。
●義務教育と社会教育、生活教育と3つのカリキュラム性にして、基礎学力と企業側から社会に出るまでにこういうスキルをつけさせておいて欲しい要望、そして社会生活を円満に行使できる本来なら親が教えるタイプの教育にわける。その代わり、古文・歴史教育は中学校では全廃していい。
●円の資産価値が上がって欲しい人間と下がって欲しい人間の利害に大きな隔たりがあり、それは地域で大別できる。よって日本を兵庫県から西の西日本国と、福島県から東の東日本国、東京大阪名古屋を有する中央日本の3つに分割して、現時点での借金を全部中央日本が受け持つ。そして、西日本国と東日本国にはそれぞれ人民元か独自通貨を作って、通貨の資産価値を著しく下げて高い収益力→生産性を創出する。
●軍隊は中央日本だけが持つ。西日本国、東日本国はロシアか中国の傀儡。引き続き軍事的コストを他に投げて経済優先。が、他国に攻められないようにするため積極的に体外債務をする。(今日本が中国に攻めたら、対中投資をしている日本人が損する理論)

なんというかね、道州制なんていうものじゃなく、軍事や補助金などあらゆる面ではっきり地方を切り捨ててあげる事がむしろ地方の自立につながる。世界で植民地経営がなくなったのは先進国の温情ではない、奴隷制度が廃止されたのも人間愛のおかげではない。自立した国・人間に賃金労働させた方がはるかに効率的だからだ。

売上高人件費比率

業種別の売り上げ高人件費比率。
http://blog.sr-inada.jp/keiei/jinkenhiritsu.html

業種別の労働分配率
http://blog.sr-inada.jp/keiei/roudoubunpairitsu.html

広告制作業 25%!!会社員時代は「給料の3倍儲けなくてはいけない」みたいなことをよく言われたけど、実際は4倍かよ!?
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
最新コメント
livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
まさかのフラッシュアニメータ歴10年目。すっかりベテランになってしまいました。今年はFLASHアニメ制作の教室を画策中。
QRコード
QRコード