毎秒地獄です

Flashアニメ専門・スタジオボイラー青木隆志の華麗にて波乱なる日々のドラマ

2011年12月

年末の予定

青木です。
年末ですが、12/28(水)〜1月8日(日)まで帰省します。
ちょいと長いですが、この1年よく働いたのでいいでしょう。

誰のためにアニメを作るのか

最近、ちらほら酒を飲むヤツと話す。まあ、仕事はスーパーのバイトで、「人手が少なすぎる」とか「ポイントセールのときポイントつけるシートが今でも手でハンコ押すのがウザイ。自動化しろや」とか、「包装紙がキレイ過ぎて包むとき指を切る」とか話すけど、そんなちょっとしたグチの中でも相手を「お客様」という。俺は終始「お客さん」と言っていたので、違いというか違和感というかはっきり感じた。日本はスーパーのパートでもこうしてプロ根性ができるあたりすごい国だなと思う。
で、僕の仕事の話。アニメは職人芸だとか、作家性だとか言われるけど、アニメCMの場合はそうじゃないと思う。商品を誰に向けて作っているか、それを考えたときクリエータの独りよがりなんて微塵も出すことはできないと思う。もっとお客様本位でものづくりをしないといけない。
こういう考えは、存外飲食店のコンサルティング業界とかではもう常識だと思う。飲食店は彼これ何百年も前からある職種なのでそういう商売理論が発達して当然だけど、黎明期からFLASHアニメに携わっている人間として、とうとうここまでの域に達したのだなと感慨深く思う。
そして、これをもっと沢山の人に広めなくてはという欲望にかられている。

疲れた・・・

この1年本当に良く働いた。社会人1年目でブラック企業にいた頃よりはるかに多く働いたと思う。そして、その仕事は普通の労働ではありえないような「支出」もあり、責任も伴う仕事、その頃よりもはるかに疲労度も高い。
そう考えてみたら、今までどれだけ楽な仕事でそこそこの収入を上げていたか身しにみてわかる。ここ最近、パチンコもパチスロもやらなくなってしまった。TVもビエラの結構高いやつ買ったのにほとんどつけてない。そしてしゃべるのが面倒なので、極端に口数も少なくなってしまった。あれしようこれしようと毎年思っていたし、ボイラーの持つスキルを評価してくれて、ああしたら?こうしたら?と言ってくれる人もいるけれど、今に至ってはもう「とにかく何もしたくない」というのが本音。
やっぱ人間、休息が大事なんだな〜・・・。

新宿 弁天湯

http://bentenyu.jimdo.com/

新宿の住宅街にある(ヘンな言い方だが)にある弁天湯。2分の1の確率で露天風呂に入れるよ。
やっぱ都心になるとスーパー銭湯ないからこういう施設ありがたい。特にサウナがあるところ。
夜1時までやってるのもポイント高し。
あと、こういう道順教えてくれる動画はありがたいね。最初行った時結構迷ったもの。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
最新コメント
livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
まさかのフラッシュアニメータ歴10年目。すっかりベテランになってしまいました。今年はFLASHアニメ制作の教室を画策中。
QRコード
QRコード