毎秒地獄です

Flashアニメ専門・スタジオボイラー青木隆志の華麗にて波乱なる日々のドラマ

2014年07月

馬頭刈山に登る

01

02

03


武蔵五日市駅からバスに乗って馬頭刈山(まずかりやま)に登る。軍道というゴツイ名前のバス停から山に登る。
途中いたるところに山頂への道を示す看板が立ってくれたおかげで、迷わずに行けた。
高明山からの尾根道では多摩地区が綺麗に見えた。霞んでたのでスカイツリーとかは見えなかったが、西部ドームが良く見えた。
が、山頂に着くとほとんど雑木林の中のちょっとした広場で、視界はかなり悪い。
数年前の他のサイトから比べて、あきらかに草が生えすぎて見えない。これじゃあ、富士見100選はちょっと違うんじゃない?と落胆。まあ、東京方面の眺めが良かったから良しとするか。

帰って今度は「瀬音の湯」に向かう。
瀬音の湯はなかなか良かった。明らかに泉質が特異でお肌がぬるっとする。アルカリ度が高いせいらしい。露天風呂も杉山の風景を堪能できて非常に良く、同時にお湯の温度も41度と露天は比較的ぬるめになるのを抑えていて非常に良かった。

夕ご飯は天ぷらそばに梅酒ソーダ。乾いた体にアルコールが効きまくる!ヘベレケになってバスや電車で爆睡して帰るのでした。

湘南鷹取山に行く

t03

t01

t02


京急厨子線の神武寺駅から歩いて鷹取山に行く。かなり古くからある伝統的なハイキングコースらしいが、最初駅出るところから迷いそうになる。が、「駅の通りを出て最初の三叉路をガソリンスタンドESSO方面に曲がる」と教わってなんとか行くことができた。

最初は雑木林的なところから、だんだん石がゴロゴロした道が多くなり、鷹取山頂上に行くと見事な巨石文明。昔の石切り場で100年くらい前にこんな感じになったそうだが、なかなか壮観。頂上はたったの139mしかないのに、横須賀港が見事に見えた。(ちなみに写真に小さく潜水艦が浮き出てるのも映ってる)
そのまま追浜(おっぱま)駅方面に歩いていくと、巨大な石仏まであった。

・・・正直千葉の鋸山まで行く必要なかったのでは・・・なんてことは露も思ってないよ!
t04

帰り道にあった鷹取温泉に入る。バスタオルはなく、石鹸とシャンプーと髭剃りは売ってあるのだが・・・「お釣りが無い」と番頭のお婆ちゃんに言われ、渋々コンビニでガム買って崩す。お風呂は43度とかなり熱め。だが、俺にはちょうど良かった。別途小さめのジャグジー風呂は少しぬるめだったから、まずソッチで体を慣らした方がいいかも。
この温泉で一番の収穫はお風呂のタイル絵。裸の女の人が5人くらい様々な官能的ポーズで描かれている。いわゆるドット絵だ。施設の古さからしてPCの無い時代にグラデーションつけたタイル絵はなかなかの職人芸だと思う。乳首もグラデかけてたのはうなった。タモリ倶楽部とかで紹介されるべき物件と思った。

ちなみに、鷹取山ハイキングはかなり有名なんで、高尾山並みに土日は混むかもしれないことを伝えとく。やっぱ平日休みな仕事はありがたいね。

一蘭で下痢

空腹時、一蘭の秘伝のタレを「普通」で頼んで食べると3,4時間後に激しく下痢ってしまう。一蘭が小倉に出店した当時から感じてることなので、食の安全とかとは別次元の話だろう。確かに俺は辛いものが苦手でお腹も弱い方だけど、びっくりするくらいお腹急降下するので、ちょっと一蘭は特別だ。おそらく唐辛子以外の何かの香辛料が胃腸を刺激しているのだろう。
だが、一蘭はうまいから困りモノ。どうしても食べたいときがある。九州特有の甘めのとんこつスープに、味をキュッと締める辛口の秘伝のタレ、カンスイの入ってない小麦の味がダイレクトにわかる細麺、あれを辞めろと言われるのは酷な話だ。
対処法は2つある。1つは秘伝のタレを無しにすること。・・・が正直物足りない。
そこで青木流で編み出した対処法が以下の通り。

蒟蒻畑クラッシュタイプ」をコンビニで買う。

ラーメン食べる前に蒟蒻畑を半分くらい食べる。

そんでもって普通に一蘭のラーメン頼む。

一通り食べ終わった後、残りの蒟蒻畑を全部食べる。
以上!
蒟蒻成分(水溶性食物繊維)で刺激の強い香辛料を包み込んで胃腸を刺激しすぎないようにするのだ。

お腹を下さない人にも利点があり、蒟蒻畑クラッシュタイプのせいでお腹がものすごいハるので、替え玉頼まなくて安上がり。

同時に欠点でもあり、食後なかなか膨満感がなくならないので、それが不快な人もいるだろう。後、コンビニだと蒟蒻畑は170円するので少し高いという点も。

今まで、お腹下すの我慢して一蘭の魔力に取り付かれていたけど、これで大分不安感がなくなった。まあ、まだ人体実験は俺一人でしかやってないけど、似たような経験ある人は青木流お試しあれ。

追伸・
コカコーラのからだすこやか茶W(トクホのお茶)でも、下痢をしないことを確認。難消化性デキストリンも水溶性食物繊維だからだろう。こっちの方がお腹のハリ具合が少なくていいかな。

鋸山ほぼ登山

n01

n03

n02

九十九里浜の続き。いすみ市から折れて、無料になった房総スカイライン通って浜金谷へ。石の採掘でノコギリ状になった鋸山(のこぎりやま)に登る。ロープウェイを往復で上り下りしたんだけど、ほぼ登山になってしまった。
n05

それは大仏がほぼ山の麓にあるんで、一旦長ーい階段下りてしまったから。無論、ロープウェイは往復で買ったんでて再び上まで登んなきゃいけない。かかった時間は往復で1時間半くらい。しかも、ほとんど階段なんでヒザが笑ってしまう。
ただ、大仏は冗談かと思うくらいデカかったんで、見た方がいいけど。

九十九里浜に行く

k01

k04

泊りがけで九十九里浜に行く。写真の場所は蓮沼海浜公園にある浜辺。
聞きしに勝るとはこのことで、浜辺の端がかすんで見えないほどの巨大ビーチ。九州のこじんまりとした浜しか見たこと無い人間にとってはかなりのショックを受けた。日本も十分でかいよ。
k05

上は朝の9時頃。もやっているのは砂が太陽光に熱せられて熱々になってるところに、波がかかるのでどんどん蒸発していってるところ。こうやって雲ができて行くんだろうなぁ。

k02

k03

蓮沼海浜公園には展望塔(9時〜17時)みたいなのもあって、無料で登れる。
そこからの眺めも絶景。浜辺だけでなく、関東平野も一望でき、確かに地球が微妙に丸いことに気づかされる。

ますます見聞を広める35才。やっぱ視野が狭いと作るものも小さくなっちゃうよ。
ただ、バイクで下道6時間はやっぱキツかったけど。

BF4にヤクルトっぽい自販機

正面大


側面B


側面


BF4の拡張パック「ドラゴントゥース」入れたら、Pearl Marketという面でヤクルトっぽい自販機が。
いろいろ調べたら、ヤクルトは牛乳とか飲む文化の無い東南アジアで販路作ってて、シンガポールや香港でもヤクルトの自動販売機たくさんあるそうな。(暖かいから牛乳腐りやすい)

ホワイトカラーとアルゴリズム

http://ameblo.jp/principia-ca/entry-11581751786.html

アメーバピグでやってる麻雀のアルゴリズムに関する記事なんだけど、奇妙な共感を得た。
こういうのを教育現場で教えていくべきだと思った。
アルゴリズムは以前書いたディレクターの切り分ける能力に直結する。
時に「中国人は仕事が雑」みたいな論調があるけど、発注するこちら側のアルゴリズムが雑だから、アウトプットも雑なのではないだろうか。
やっぱり、ヘタな大学出るよりも、プログラミングできる人間になる方が優秀なホワイトカラーになれる素地を身に着けられると感じる。

XPの壁紙みたいな車山高原

04


先日行った車山高原の写真なんだけど、まるでXPのデフォルトの壁紙っぽくなった。

IXY3というコンデジ撮って、photoshopの上部メニューから「イメージ」→「色調補正」で、コントラストを+15、色相を+10、彩度を+25にしただけ。この機能は12000円のphotoshopエレメンツにもある。

いやー、やっぱ写真は光量だね。

棒ノ折山に登る

02-

0101

04

埼玉県飯能市の棒ノ折山に登る。有間ダム側から登ったんだが、岩場と沢を越えるなかなかアスレチックなトレッキングコースだった。
最初のうちは普通の杉林を抜ける山道なんだけど、30分くらいすると一気に岩場に変わり、水が流れる沢を飛び石で越えるような場所がいくつも出てくる。鎖をつたいながら急な斜面を登るところも多くて、おかげでスッ転んで一の腕にタンコブ作ってしまう。
かなりきつかったが、水を500mlペットを2本、途中で食べるオヤツ(携行食)にカスガイのつぶグミを持っていってたのでしのげた。

まあ何のかんので、無事2時間半かけて山頂へ到着。霞がかかってわかりにくいが、飯能の市街地がぼちぼち見えた。ただ、自衛隊員の壮行会かピクニックみたいなので狭い山頂にアホみたいに人がいたので早々にご飯食べて退散。

05

帰りは「さわらびの湯」につかって帰る。内湯はなかなかの熱さ。別府で鍛えられた身としてはちょうどいいが、苦手な人は露天風呂がぬるめだったのでそっちをオススメ。

でも、今回は大山並にきつかったなぁ〜。

原付2種の限界

01


僕は原付2種のスズキのアドレスV125に乗ってるんだけど、そろそろ限界を感じつつある。
東京近郊は一通り見て回って、もう高速使わないと泊まりがけになることが多くなったからだ。
でも、原付2種は高速や大部分の有料道路に入れない。
50ccの原付に比べて、30km/h以上出しても捕まらないとかメリットはあるけど、旅のツールとしては物足りなさを感じ始めている。本州は想像以上に広い。九州だと原付2種でも十分堪能できる範囲だったんで考えが甘かった。(小倉から熊本まで1日で行けて、さらに熊本から鹿児島も1日でいける。)
ここでアホなことをしたと感じるのが、免許を普通2輪で取った上でアドレス買っておけばよかったということ。俺は小型2輪AT限定というアドレス乗る以外に選択肢のない免許の取り方してしまったので、大後悔時代。

今は暇だし、また免許取り直しに行こうかなと考え中。

上の免許取った上で普段乗るのは下の車種って考え方、大事だと思ってしもうた・・・。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
最新コメント
livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
まさかのフラッシュアニメータ歴10年目。すっかりベテランになってしまいました。今年はFLASHアニメ制作の教室を画策中。
QRコード
QRコード