ときおり、「3Dっぽくして」ということを言われる。たしかにswift3Dとかあるけど、ファイルサイズとか絵の再現性を考えると3Dはあんまりやりたくないのが本音。
でも、3D映画というのが出始めて、3Dの感覚に新しい認識が加わってきている。
それは「カキワリ」だ。3Dの映画みたことある人はわかると思うけど、3Dの映画って「かきわりの背景が何重にもあって奥行きを感じる」こと。これをFlashアニメでも生かして欲しいってことだろう。
そこで見つけたジュースのDAKARAのサイト、まさに3Dっぽいけど全部平面画像。
DAKARA
何気に最近、こういう”奥行き感”を市場が求めてきていると感じる。
でも、アイデアひとつでどうとでもなるので、是非ともウチでも真似していきたい。