k01


埼玉県比企郡小川町にある官ノ倉山に登る。
メジャーな東武竹沢駅からのルートじゃなく、僕はJR八高線の竹沢駅から行ったのでちょっと判りにくかったかな。254号線の竹沢歩道橋を超えて竹沢保育所の看板がある信号交差点を右に曲がるのが正解。

k01-2

非常にイージーな山で、上の写真の右が官ノ倉山、左が石尊山(せきそんさん)で、微妙に斜面が切り立って見えるあたりの2,3分が大変だった以外はスムーズに登れた。
が、楽に登れたのに景色は抜群。さいたま市や群馬高崎方面が綺麗に見渡せた。

k02

さらに30分くらいで石尊山にも行けて、こっちの方が群馬方面が綺麗に見れる。
ネットだと群馬は随分未開の地みたいに言われるけど、すっごい大都会じゃん。でも、その背景にある山の巨大さと威圧感はすごいと思った。

k03

結構丁寧に看板が出てて、わかりやすい登山道。官ノ倉峠の看板はちょっと多過ぎw

が、帰りがイマイチだった。「←八幡神社・小川町駅」って標識が続いていたのに、急に「←八幡神社」だけしか表記の無い標識が三叉路で現れたり、八幡神社近くでは小川町駅への標識がなかったり。特に後者は神社脇の駐車場への道と住宅への入り口以外に道がないから標識なかったのかもしれないが、うっかり他人の家に入りそうになってしまった。
せっかく登り易くて眺めがいい山で、練馬とか東武東上線沿線の人には高尾山並の好立地にも関わらず、いまいちメジャー感がないのは、こういう抜けたところに原因があるような気がする。「地元民なら小川町駅の場所くらい言わなくてもわかる」的な態度。
ちょっと興ざめしてしまった。