01hirao

石割山からの続き。
平尾山の頂上もまあまあ景色はいいんだけど、もっと見やすいポイントは、太平山へ向かう階段。ここからだと湖面と大平山、別荘地、南アルプスまで綺麗に見渡せる。(上の写真)ただ、休日人が多いときはこの階段混むので邪魔かなw

02kaidan

大平山への道は結構階段が多くてかなりげんなりする。一旦降りたと思ったらまた登る...の繰り返し。でも、最後の大平山の登り階段はぜひ顔を上げて登った方がいい。1段ごとに富士山がにょきーっと見えるのでテンションが上がる。


大平山到着!広々した頂上で、ここが一番富士山も山中湖も一望できる。ボクもここでお昼ご飯。富士山を見ながら食う雑なコンビニおにぎり2個が本当に染み渡る。日が高くなると山中湖の湖面に日光が当たってキラキラと輝いている。とても綺麗だ。

その後花の都公園方面(途中で山中湖方面に反れるけど)に向けて下山。ずーっと階段のアップダウンで結構きつい。すぐ横を工事車両の作業路通っているので、そっちを行くのも手だと思うが、結構車飛ばしてくるし、ぼーっと歩いていると忍野村方面にふわーっと行ってしまいそうなので注意かな。(注意してれば山中湖への分岐はわかる)

hakutyo

舗装路に出てぐねぐねバンク道を降りていくと、大出山入口バス停に到着。ちょうどバス停の前は柵が無いので、すぐ山中湖の湖畔に降りることができる。ハクチョウたちの群れがいたので戯れてたら、目の前をバスが過ぎ去ってしまう。
ケガの巧妙か湖畔のサイクリングロードをテレテレ歩いていると、潮騒?が心地いい。

ree

ものはついでと紅富士の湯まで行く。ここの露天風呂はスゴイ。さえぎるものの無い麓なんで超大迫力の富士山が見えるのだ。ただ、12月と寒いのでみんな(俺も含め)ひぃ〜って言いながら小走りでフロに入ろうとするのが面白いかなwいや、逆に一体感すらある。

fujisanko-ra

昼ごはんが雑だった分、ここで腹ごしらえ。ザルそばを食べる。結構おいしい。
右の白いのは「富士山頂コーラ」。見た目は真っ白だけど味はバッチリコーラ。ふっしぎー。しかもゼロカロリーと来てる。

帰りはまた「ふじっこ号」に乗って、富士山駅から立川駅へ1時間半かけて帰る。
いやー、本来なら泊りがけで体験するレベルの旅を日帰りでやれてしまう。富士山周辺じゃなく立川のポテンシャルの高さを逆に感じてしまった。そんで都心も25分で行けちゃうんだからね。恐ろしい町だよ、立川は。

ともあれ富士山周辺まで行動範囲が広がってしまったことを認識。
俺の旅はまだまだ続く。

BGMはエレファントカシマシの「孤独な旅人」にて。