k1

本厚木駅からバスで45分。広沢寺温泉にある鐘ヶ嶽に登る。

k2

k4

どうも江戸時代から続く信仰の道らしく、歩きやすくて随所に眺めのいいところがあり、かといって歩く時間も片道1時間半くらいと初心者にも易しい山だった。

k3

が!頂上付近で現れる長い石段!どうやって持ってきたの!?
ヒザががくがくになりながら登頂すると・・・

k5
k6

景観伐採され、スカイツリーなどが見渡せる絶景。その前がベンチになっているので、そこでご飯。
ゆったり遠くを眺めていると、こころなしか視力も回復してくるように思われる。ボヤーっとしていた新宿新都心のビル群が段々ハッキリ見えてくるのよ。
ちなみに、鐘ヶ嶽の頂上もベンチはあるが、杉林の中で展望もなく、顔がつぶれた不動明王の石像が2体建ってて不気味・・・。

k7

帰りはらくらくコースから帰る。そっちはオバケが出ると噂の「山ノ神隧道 」を通る。面白いのは、昼間でも出入り口以外真っ暗なトンネルの中を歩いていると、出口の光がいまいち遠近感が無くて、本当に前に進んでるかわからなくなってくるのよね。なんかぐにゃーっとしてくる。
そして、突然自転車が駆け抜けるような音が!?振り返っても誰もいない!?まさか・・・。
実は天井の形が規則的に蛇腹みたいになってて、そのせいで天井から滴り落ちてくる水滴が連続で落ちてくると、まるで自転車の走行音みたいな音色を出すの。いやー、最初ビビッわ。

k8

トンネル抜けるとアナグマに遭遇。なんとコチラを一瞥した後その場で寝てしまった。→youtube厚木のアナグマは肝が座っとるで。

k9

最後は広沢寺温泉に浸かる。イノシシの毛皮やシカの剥製がずらりと並び、怪しい民芸品がいっぱいある雰囲気バツグンの宿だった。これもある種の昭和レトロなんだけど、明らかに異質なんだよね。たまらんかった。

が、お湯の方は昨日雨がふったせいでph10.8の強アルカリ泉は楽しめなかったな。

帰りはサクラが満開の道を歩いて帰る。いい山、いいフロだった。