b03

b02

b01

奥多摩の川井駅から清東橋行きバスに乗って棒ノ折山(棒ノ峰)に登る。
前に登ったときは頂上からの景色がガスってて何も見えなかったから、天気いい日にリベンジしようと思っていたのよ。

最初川井駅とバスの接続が3分しかなくて、みんなダッシュでバス停まで駆け出して行ってたのが笑ってしまった(俺も走ってる)。みんなわかってたんだなー。

終着バス停から百軒茶屋を過ぎたあたりに登山道がある。ちなみに本家からノレン分けして100軒(約1.9km)のところにあるから百軒茶屋なんだって。(→エピソード)

b00

最初、ワサビ畑を通るルートを行くのだが、だんだんと杉林になってきてずーっとキツイ登りが続く。「山頂まであと400m」と書いてて、ヒーコラ言って30分ほど歩いたら「山頂まで200m」だって。これだから山のメートル表記は気休めにならない。


が、頂上についたら見事な絶景。しかも遅咲きのサクラが咲いている。(少し散り気味だったけど)

帰りは河又バス停方面(滝ノ平尾根)の道を進む。

b04

そこで東京方面とダムが見渡せるいい場所(白地平)があったのだけれでも、東京方面は柵で囲われてあまり見れなかった。高月田畑滑空班という団体がラジコン飛行機飛ばすのに使ってるらしいが、ラジコン飛行機飛ばさないときには登山客にも見せてあげたらいいのに。

帰りはさわらびの湯に浸かって、足をよーく揉んで疲れを取る。
あーあ、もう孤独な旅人になっちゃってもいいかなー。