k1

寄居町の鐘撞堂山に登る。
寄居駅から歩くんだけど、ほとんどアスファルトで山道も砂利が敷き詰められた林道。山頂付近になってようやく山道・・・って感じ。山も2時間半ぐらいと全然大したことなかった。THE初心者向きって感じ。が、寄居は結構遠いな・・・。でも、山頂からは素晴らしい絶景だった。

k2

山頂に展望台があるんだけど、展望台の周りにサクラの木が生えてるせいであまり展望ないという・・・。でも、サクラの木の下がよく見渡せるよ。で、展望台の下の急坂にロープが垂れ下がってて、そこを少し下ると筑波山方面が綺麗に見える。

u3

この日はスカイツリーもバッチリ。堂平山すらこんなに綺麗に見えてなかったのに、なんでだろ?と思っていると、山にいたおじさん曰く「前日雨だったせいでスモッグが地面に落ちて視界が良くなってる」とのこと。
なるほどー、富士山は前日雨だと逆に雲がかかりやすいんだけど、都心方面は排ガスとかの粒子が雨で舞い上がりにくくなり、展望よくなるということか!

u8

帰りは五百羅漢のある少林寺に行く。なんか石像が500体もあるとか気持ち悪いのかなと思いきや、いろんなポーズ・表情のある羅漢像が意外と愛らしい。あと千体荒神は石版に「荒神」と書かれてあるモノがたくさん置いてある感じ。これは写真とりがいがあるんで、女性とか意外といいかもね。

u7

帰りは波久礼(はぐれ)駅近くのかんぽの宿で日帰り温泉に。6Fに温泉があって、秩父の山々が綺麗に見渡せる。ぬるりとした泉質の温泉と普通のお湯とがあって配慮ばっちり。さらに屋上露天風呂も!が、こっちはびゅーびゅー風ふいてメッチャ寒かったなー。
お風呂あがって「戦国はーブー丼」という地元B級料理で舌鼓。これたったの500円よ。
さらに帰りは寄居駅まで送迎バス。至れり尽くせりやんけー!

いくつかのガイドブックでは寄居駅まで歩いて帰るみたいなコース紹介が多いけど、かんぽの宿逃すのはもったいないよー