oo1

三浦半島の大楠山に登る。これで三浦半島のめぼしい山は制覇したかな?

三浦半島の山のいいところは1月下旬とか奥多摩だと雪で普通の装備じゃまず歩けないほど雪が積もっているのに、こっちは全然スニーカーで登れる点。でも、朝の逗子駅はちょうど0度で寒くて、足がかじかんだ。
逗子駅からハイキングコース入口の前田橋へは「長井」or「横須賀市民病院」行きのどちらかで行けるので、15分に1本はあるんでアクセスもかなりいい。

oo2

登山道の入口には「前田川遊歩道」というのがあって、川沿いの道を進むことができる。が、冬場なんでメチャ寒い。水の冷気がすっごい上がってくる感じ!でも夏は涼しくていいかもね。滝っぽいのがあったり、なんちゃって沢渡りがあったり、変化に富んでて面白い。

oo3

山道に入ると、杉林でもなく、かといって冬枯れでもない独特な雑木林が続く。これ1月下旬、普通はこんなに青々してないよ。三浦が南国なのを感じさせる。でも、この前田橋コースは結構階段が多くて大変。階段登るのが嫌な人はお隣の「大楠芦名口バス停」から芦名口コースを選んだ方がいいかもね。あっちは車も登れるコースだから。

oo4

もうすっかり汗だくになってくると、灯台が見えてくる。が、どうも灯台じゃなくてアメダスのレーダー塔らしいね。
実はここにも展望台が併設されている。ほぼ360度見えてる。頂上の展望台がごった返してるときはコッチで撮影するのも手かもね。ちなみにここが「大楠平」というそうな。しっかり水洗トイレまで付いてるんだけど、全部和式なんだよね。うーん、こういうトコが抜けてるんだよねー。洋式トイレじゃないとアラフォーの俺ですら、和式とかほとんど使えないよ。


そんでもって大楠山頂上到着。大楠山ビューハウスに併設されてる展望台はまさに360度!しかも人が歩いてると少し揺れるんで怖いw
下のビューハウスに降りてコーヒーを買おうとしたら、売店のおじさんがネコと格闘中。なんかノラネコが入ってきてて、人と猫が店の中をぐるぐる回ってたのが少し面白かったw

tizu

で、この後、衣笠山公園に行くハイキングコースをたどるんだけど、結構テンションが落ちた。
〇虻杵があるけどどっちに行けばいいかよくわからない。張り紙があったけど風で半分以上千切れてる。正解は右側。
△海海剖兇かかってるんだけど、すぐ隣に「不法侵入禁止」とか書かれてる看板が置いてあり、通っていいのかどうかわかりづらい。普通に郵便屋さんのバイク通ってたので僕も道を進んだけど(進入禁止はその横の畑に入るなという意味らしい)。地元住民がゴミ焼却場の建設に反対だから微妙に嫌がらせされてるようだ。
0甞涵誑の中の地図がイラストチックで大雑把でわかりづらい。アカテープとかも無いんで夏場とかヤブが発達したらすごい迷いそう。
ぐ甞涵誑公園から衣笠山公園の入口もかなりわかりづらい。僕の方で勝手に黄色い線書いたけど、これは地図が作られた後に新設された4車線道路で、地図に書いてないから現在位置が急にわからなくなるし、そもそも論として「衣笠山公園の入口はこちら」みたいな看板もない。てゆうか「衣笠城址公園」と「衣笠山公園」と2つ並んであるのも混乱する。(さらに「衣笠公園」ってのも近くにあるw)

おお5

が、一番テンションが落ちたのが衣笠山公園頂上にある展望台。
展望台の前にだけ電柱と電線がひいてあるの!東京湾を一望できる景色が台無し!植えてた木が発達しすぎて・・・ってのはまだわかるけど、電柱と電線って設置するときにわかるでしょ!こんなお役所仕事してるから横須賀市の人口は減るんだよ。

ここでご飯にするつもりだったけど、すっかり興が冷めて下山。JR衣笠駅まで降りていく。この市街地もかなり入り組んでいてgoogle mapsが無いとかなりわかりづらいのもテンション落ちる原因に。

でも、地図の部分は平成32年にゴミ焼却場が完成し、山のコースがきちんと確定するようになったら、もうちょいマシになるかな?正直、それまでは前田橋-芦名口コースで往復して帰る方が変な気苦労しなくていいかもね。