adobe animateCCじゃないとHTML5書き出しができないため、すでに作業はアニメートCCに移っているのだが、最新の2018を触ってての雑感を1つ

1.
ステージ枠が常に見えるのがいい。今まで見えなかったので一番上のレイヤーにアタリ枠を置いて作業していたがその必要性がなくなった。

2.
鉛筆ツールとは別にペイントブラシツールというのがあり、後で線の強弱が付加できるらしいのだが、普通に鉛筆の代わりとしてもペイントブラシの方が書きごこちは優秀で、変なゴミ(ヨレとかはみ出し)を作らない

3.
シェイプトゥイーンで波の動きとかを再現・・・みたいな作業が格段にやりやすくなった。
昔は白矢印ツールに変えて、ポイントレベルで調整しても、トゥイーンかけたらやたらポイント増やしやがって調整しづらくなるみたいなことが起きてたが、それが起きなくなった。

4.
2013年に買ったSH-04eだけど、HTML5書き出しして、全画面でもわりと動く。
だいたい性能的にはiPhone5(無印)くらい。今、業界的な端末ターゲットはSEなんで、まあまあ動くだろう

5.
たとえ、本のデータが小さくとも、ムービークリップの矩形が大きいデータが動かすと重くなる。たとえば、縦1px横1000pxの棒を倒すみたいなのすると、斜めになった時点で矩形は1000x1000になるのでそこで重くなったりする。

6.
1レイヤーに1シンボル以上置けない

7.
シンボルの色の変化はNGで、アルファ値のみ。

癖はあるけど、慣れてくるとこれは楽しい。いいね、仕事の幅が広がるよ。アニメートCC
アニメート講座もおそらくゲーム講座を始めたら、みんな急に目の色が変わるんじゃないかと思ってる。が、それはタイムラインを理解せずにはじめるのはかなりきついと思うから、「絵が描けなくてもできる...」はやる意味あると感じる