IMG_8936

富士山登山で着ていくモノ以外でリュックサックに入れてもって行ったものを箇条書きで紹介。下記とは別途帽子やら登山靴やら身につけて行った物は後日書こうかな

●水のペットボトル
いろはすとか十六茶とかの全部飲みきったらペシャンコに潰せるやつを購入。ゴミは基本持ち帰りだから、またリュックにしまうんで小さくなった方がいいもんね。登りで「3本半」消費したかな(1本あたり555mlなんで2Lよりちょい多いくらい)。なので、もっていく時は4本あったらイイ感じだろう。山小屋で晩御飯食べるときに1本買い、下山前に頂上で2本程度買っておくことをオススメする。
●地図
富士山五合目の案内所で配ってた山のパンフの他に1000円で売ってる山と高原地図の富士山の地図を携帯。
●行動食(お菓子)
カバヤのコーラグミお煎餅、そしてカバヤの塩タブレットを購入。コーラグミはカロリー摂取用で、塩タブレットは熱中症防止用。個別包装のおせんべいは山小屋で知り合った人におすそ分けするとき、かなり便利だった。汚さがないもんね。飴はやめた方がいいよ。いつまでも口に残って息がしづらくなる。
●手袋
夕方頃に9合目付近行くと結構寒い。が、道は険しいのでポケットに手を入れて歩くわけにはいかない。すると手袋が役立つ。雨振る可能性を考えてバイク用の防水防寒手袋にした。軍手だと雨でビチャビチャになるからね。
●レインウェア
雨の可能性と防寒用に。ここの6000円くらいのレインウェアでわりとどうにかなった。防寒用としても使ってて、フードをかぶってその上から帽子をかぶることで頭が冷えるのもかなり防げたよ。上下1セットだったんだけど、ズボンは使わなかったな。
●防塵マスク
顔全体を覆い隠すような感じのもの。下山路が結構砂が舞い上がりやすいからあるといいのと、日差しがとてつもなく強いので日焼け防止用に。
●タオル薄手2枚
薄手の汗拭き用タオル2枚でいいと思う。登り用と下山用でね。ちなみにタオルで寝る前に歯も磨く。ほら、ペットのハミガキする要領で。
●パンツ
替えパンツは1枚でいいと思う。俺2枚持って行ったけど1つは使わなかった。
●靴下
登山靴を買った際に、店員に勧められるままに登山用に厚手の靴下を買った。替えも1枚。意外といいのは、布の厚さのおかげで靴ズレしなくなること。そして足への衝撃が幾分和らぐ。厚手だと暑いみたいなことはなかったな。
●替えのTシャツ2枚
替えのTシャツ。これは2枚持っていった。1枚は下山用と2枚目は下山してバスや電車に乗るとき用。本当は温泉に入るつもりでしっとりしたTシャツ着たくなかったってのがあったんだけど、バスの中で臭いかなと思い始めてね。(実際かぐわしい人いたしね)
●替えの長袖ボタン付きシャツ
腕の日焼け止めとして薄手のボタンのついたシャツ。オックスフォードシャツっていうらしいね。オレが持っていったのユニクロのヤツ。意外と富士山は普通の山同様に蜂やアブがいるの。虫刺され防止用にね。下山用に替えを1枚もっていった。
●スリッパ
100円ショップで売ってる旅行用のペラいスリッパを土足用として使う。ビーチサンダルじゃダメ。靴下はいてないと富士山の夜は寒い。山小屋行くとトイレは一旦外に出る必要があるんでね。
●ヘッドライト
御来光みるために夜歩く用のヘッドライト。ま、他の人もライト付けて歩いているので、夜もそこそこ明るいため、そんな高性能じゃなくていいかなと思った。単三か単四電池で動くタイプのがオススメ。電池が安い
●日焼け止めクリーム
日差しがメチャ強いので、日焼け防止に。多分、汗で落ちてしまうので2時間ごとくらいに塗り直しが必要だと思う。意外に塗り忘れが多いのが手の甲。おれ、塗り忘れて真っ赤になっちゃったw
●汗拭きシート
汗拭き用のスーッとするヤツね。山小屋はお風呂が無いので、これで拭いて終わり。顔・首筋・腕など日焼け止めクリームがついてる箇所は勿論、脇の下・耳の裏・足の裏・おチンチンなど臭いが気になる箇所も拭いておく。
●携帯用リセッシュ
携帯用の消臭スプレー。コンビニとかで売ってる。脇の下とかズボンとかにシュシュっとして、山小屋で臭わないように。
●高い耳栓
山小屋で寝るときイビキのうるさいヤツがいたとき用。100円ショップの安いヤツだと効果うすいのでイヤープラグっていう2000円くらいするヤツをオススメする。かなり聞こえなくなる。が、取り外すときに耳を傷めないように注意。ゆーっくり抜かないと中耳炎になるかも。(それくらい密閉性が高い)
●アイマスク
アイマスクはゆるいヤツがいいね、頭を締め付けない感じの。山小屋で寝てるとき、おしっこ行く人がライト照らしたりするときがあるの。が、それ以外は完全に真っ暗なんで、100円ショップの安いヤツでいいと思う。
●腕時計
高い時計もって行ってはダメ。気圧と山道のせいで壊れやすい。100円ショップで売ってる安い腕時計をオススメ。時間確認は別にスマホでもいいんだけど、存外疲れてくるとスマホ見なくなり、うっかり山小屋のチェックイン時間に間に合わなくなる・・・みたいになるかもしんないよ(なりそうだったw)
●リップクリーム
100円ショップで売ってる安いヤツでOK。唇がかなり乾燥してガサガサになりがち。
●ごみ用小さいビニール袋
コンビニで貰う小さいヤツ。ご飯とか食べたときに出るゴミを捨てる用ね。大きいヤツは出したり直したりが面倒くさい。
●使用済み下着などを入れる大きいビニール袋
汗で汚れたタオルやTシャツ、パンツなどを入れる用の大きなビニール。これは山小屋で使ったら下山するまで出さないからね。
●スマホ用充電池
山小屋で寝てる間に充電する用。山は寒いのと気圧が低いせいで電池の減りが早い。2回分くらい充電できる大容量なヤツをもっていった方がいい。あ、充電ケーブル忘れないでねw
●小銭入れ&小銭2000円分
100円ショップとかで売ってる小銭入れと100円玉10枚、500円玉2枚くらいを用意。山小屋のトイレって有料で200円くらい出すのよね。後、お土産とか水とか買う際もなるべく山小屋の人のことを考えて、お釣りが無いようにしておきたい。
●トイレに流せるポケットティッシュ
トイレで流せるポケットティッシュ・・・なんだけど、各山小屋のバイオトイレの仕組み次第で、流せるヤツと流せないヤツがあるんだって。ま、どちらも行けるから流せるタイプでいいと思うんだけど。あと、鼻水ふく用にね。
●お昼ご飯
これは好みの問題だけど、オニギリ2個+から揚げみたいなコンビニで売ってるお弁当。山小屋で食えればいいんだけど、時間帯によっては座れないくらいごった返す時があるんだよね。朝登る前に事前に買っておいては?翌日の昼は山頂で買うしかないかなー。
●ハガキや封書
親に出すハガキや封書。富士山の郵便局で扱ったっていう特別な消印押してもらえる。その他スタンプとかあるので、無地のコピー用紙持っていって、それを押して封筒に入れてポストに投函するといいかもね。たしかアラビアのりは郵便局にあったような気がするけど、一応、口止める所に予め糊が付いてる封筒を持っていった方がいいかもね。
●ロキソニン
高山病の頭痛対策用。「痛みをマヒ」させる形で根本的な解決はしないけど、ドラッグストアで買えるロキソニン。ただ、ひどくなるとロキソニンも効かないらしいんで、そのときは諦めて下山やね。
本当は高山病に効く薬・ダイアモックスがお医者さん(内科)に行くと処方されるらしいんだけど、珍しい薬だから取り寄せになって、まあ面倒よね。でも、家の近くで「ダイアモックス」処方してくれる所検索してあったら、もらってみてはどうかな?「トラベル外来」っていうのがあるそうな。
●サプリメント
これはプラセボかもしれないんだけど、「ビタミンC」「ビタミンB」「ザ・ガード」を適当に入れて、無印で売ってた小さいプラ瓶に入れてもっていった。お昼ご飯に食中毒予防で上記を飲んだんだけど、ビタミンBのおかげかかなり疲れが取れたと思うし、ビタミンCの保湿効果で唇のカサカサ感が大分収まった気がした。

ま、こんなもんかな。女性はコレに櫛とか手鏡とか持っていくんだろうね。

これらがコールマンの33Lのリュックサックに入る感じ。通り雨程度は防げるヤツだったので今回は防水カバーは持っていかなかった。
IMG_8937

上記でも4kgくらいあると思う。水が重いのよ。頂上や山小屋で水買うと500円くらいするんで高いんだけど、ザックが重過ぎて疲れるくらいなら500円払った方がいいかなと、6本(3.3kg分)も水を持っていった僕が自戒する・・・。