IMG_9094

富士山で身につけたもの、
リュックの中に入れたもの
...については語ったけど、逆に持っていったけど必要ないものについても話そうかな

▼酸素ボンベ
高山病対策に・・・と使ったけど、正直効いてるのか効いてないのか全然わからなかった。
むしろ山小屋で教えてもらった「ヨガ呼吸法」で十分対処できたので、無駄な荷物だった。

▼ヒートテック上下
ユニクロのヒートテックを上下もっていって、パジャマ兼防寒着として富士山頂館で着替えたんだけど、周り見ると翌日着る服の状態で寝てるのよね。まあ、もしかしたら早朝は寒いかな?と思って下のモモヒキみたいなヤツだけ履いてたんだけど、全然寒くなかった。そんで御来光終わったらすぐ温かくなってむしろ暑いぐらい。臭い大用のトイレで脱いだね。みんなはジーンズとかじゃなく、ちゃんとした山用のズボン買うだろうから、余計必要ないと思うのよね

▼防寒着
レインウェアとは別に別途ユニクロのウルトラライトダウンを持っていってたんだけど、これも暑くて着なかった・・・。いや、レインウェアでどうにかなったのよね。かさばる服を余計に1枚もっていく必要なかった。せいぜい10度くらいだと防寒+防水+防風だけど薄手で収納しやすいウェアがあると思うのよね。そういうのを好日山荘で1着買ってもっていけばいいと思う。

▼個別包装されてないお菓子
▼チャックがついてないお菓子

ブルボンプチシリーズのチョコチップクッキー持って言ったけど、個別包装されてないと1度開けたら全部食わないと、リュックの中で散乱して汚そうなんで、結局食わなかった。個別包装されてたら、雑に尻ポケットに入れておくこともできるんだよね。梅の香ってお煎餅はそれだったんで、歩きながらポリポリ食べてた。
後は口を閉じれないお菓子とかもね。カバヤのコーラグミは口がチャックみたいなので止められるけど、ハリボーのコーラグミは止めるやつないよね。山では前者がイイ。

▼歯ブラシ
山小屋では水場が無くてハミガキできないのよね。なのでタオルで歯の中をふいて、水でぐちゅぐちゅやって飲み込むの。

▼懐中電灯
ヘッドライトとは別に、消灯時間後、山小屋でトイレ行くとき使うかなー?とか思ってたけど、懐中電灯はライトの光が強すぎ。スマホで十分すぎた。(他の客はLEDライト使ってたけど、向けられたときビックリする。わりと迷惑だった)

▼文庫本
どうでもいい岩波新書のヤツ持っていったけど、まあ、スマホで事足りた。充電器も2回分できる十分なヤツだったし、富士山の地図や入山時にもらったパンフ見てたらなんだかんだで時間が過ぎていった。

▼登山ストック
これは個人次第か。岩場の多い富士山では、登るときにストックは邪魔。むしろ手をついてはいつくばって登った方が滑落の危険がないからいらないと思う。一方、降りるときにはとっても便利。ブルドーザーの荷揚げ道路は比較的ならされているので、ストックがしっかり4本目の足として活用できる。なんで降るとき用に頂上で金剛棒買うのも手かな。ま、リュックを軽くするという点で僕は持っていかない派かな。

まあ、防寒着については俺が登ったのが7/31と暑い時期だったのかもしれないし、夜出歩くのがNGな山小屋で日の出直前チェックアウトで寒い夜がほんの20分程度だったから、一概には言えないのかもしれない。そのあたりは「てんきとくらす」を見ながらうまく判断してね。まあ、でも、防寒着とレインウェア両方兼ねるウェア・・・ってのはビンゴな気がしてるよ