misuji

ゆるキャン△で有名な三筋山に登る。噂には聞いていたが来てみたら圧倒的高原。
こここそ本物の高原、別荘地ばかりであんまり高原感のない伊豆高原は名前を返上せよ!と言いたくなるくらいの最高のロケーションだった。

a1

朝、伊豆急伊豆稲取駅から出発。藤沢あたりでは雲が出ていたので心配していたが、伊豆は抜群の快晴!
a2

朝ご飯は「ふたつぼり」というみかん園に併設された施設で生絞りみかんジュースをいただく。
濃縮還元ではない優しい味。氷までミカン汁を使っており、ガリガリ噛んで完飲。

a3

登山の行程はほぼ全てコンクリートのアスファルト道。が、抜け感のある気持ちのいい景色が見れるところが随所にあったので全然気にならなかった。

a4

2時間半、一般道を歩いて細野高原に到着。
これから登る三筋山がとうとう全貌を表す。見よ!このラスボス感!
テンション上がってきたー!

a5

a6

amagi

登り始めると完全にすすき野。東を向けば奥に海が見え、西を向けば天城山が見える。こんな景色が1時間ずーっと続く。
が、登りはかなり急。ここまで登ってくるまでも結構急な気がしていたが、山頂に近づけば近づくほど角度が増し、息が上がってくる。

misuji

が、とにかく景色が良すぎて全然疲れない。
空にはパラグライダーが舞って、まるで桃源郷のよう。

iii

a7

a8


そしてついに山頂到着!
うわー!海と空が溶け合うような伊豆ブルーに僕も飛び出して行ってしまいたい!
山頂の両サイドには巨大な風車が立ち並んで自然と異様な人工物とが忘れがたい思い出を目に焼き付けてくれる。

a10

帰りは来た道をそのまま降りて、最後は駅近くのセブンイレブンでアイスを買って食べましたとさ。

都心から3時間半、登るのも4時間かけたかなりハードな山登りとなったが、ただただ幸福な1日だった。
アスファルトの道は山道より衝撃が固いので、想像以上に足腰にダメージあるようでそして翌日、ヒザが痛い・・・。

→YAMAPの記録