毎秒地獄です

Flashアニメ専門・スタジオボイラー青木隆志の華麗にて波乱なる日々のドラマ

Flashアニメtips

Flashスゴロク

flashスゴロク

未だに作画段階でブラシツールの描き心地の良さから、FlashMXを使う。
そのため、AnimateCCで作業してても、一旦FlashMXにまで戻して作画しなおすことが稀にある。
よって上の画像からわかるとおり、1つづつ1バージョン前で保存ってのをやる。
(AnimateCCはCS6でも開くので実際の段階は少ないが)

もし、Flashを昔のバージョンに戻して欲しいみたいな依頼があっても対応しますよ。
「有料で」

gifアニメはプレミアが有利か



gifアニメを最近作ることが多いのだけれども、Flashで動画を作って、それを連番pngにして、photoshopでgifアニメにすると、やたら遅い。上記は24fpsなんだけど、まったくスロー。いろいろ試行錯誤したものの、フォトショップだと10fps以上のgifアニメは作れない印象がある。


が、swfをPremiereに持っていって書き出すと、フレームレートもきっちり反映されている。
作業工程も少ないし(いちいち連番書き出ししなくていい)、動きの再現度ははるかに高く、ジャギーも出ずに綺麗に出力されている。

難点はファイルサイズには倍くらい多いのと、透過gifは作れない模様。そして1秒以下のアニメは結構書き出しができたりできなかったりする。(このジャンプするアニメも同じ動作を2回繰り返して1秒を越してる)

が、作るモノによってはgifアニメ作るときはプレミアがいいのでは・・・?

ちなみにキャラクターはゆるっとフロンティアの「ティリス」
アニメ本編はこちらからご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=gkuum81l--U

ゆるフロの作り方・コンテ編

新作Flashアニメ連載・ゆるっとフロンティア
https://www.youtube.com/watch?v=gkuum81l--U

キャラ作画編に続き、コンテの描き方編。
●シナリオ
11

まずワードにてシナリオ書きます。僕の場合はもう台本に近いようなシナリオ。
これ、お正月に実家に帰ってたときに、寝正月ついでにチマチマ作っていました。

●絵コンテ
ゆるフロ_ティリス編コンテ1

次にコンテ。左のワクに4コママンガみたいにしてラフ画面を描いていきます。これ、全部Flash。
で、セリフや場面説明は右側。僕の場合、セリフは黒文字・場面説明は青文字で描いています。
これなら場面説明をセリフと勘違いするみたいなことが起きなくて便利です。

●絵コンテアニメ

実際はコンテだけ描いても、セリフのテンポが良いかなかなか判断つきません。そこで絵コンテアニメ(他の業界ではVコンって呼んでます)を制作します。これの仮ナレーションはアニメータ自身でやるので、ここでセリフの言い回しがイマイチだったときは、コンテもささっと変更できます。これならクライアントもどういうアニメができるのかわかりやすいです。
アフレコはサンワのUSBマイクAudacityでやっています。
絵コンテの画像をFLASHに貼り付け、swivelで作成します。ま、そんな画質良くなくていいので640x360でやっちゃってます。(1分くらいなんでメール添付で送れる)

いやー、シナリオ作り以外は全部Flashなんで楽でいいですわ。

ゆるフロの作り方・キャラ作画編

新作Flashアニメ連載・ゆるっとフロンティア
https://www.youtube.com/watch?v=gkuum81l--U

新連載の「ゆるフロ」をもりあげるため、メイキングを大公開します!

raf

これがティリスのキャラのラフデータ。
色分けしててわかるとおり、ラフもいくつもレイヤー作って書いています。正直、ラフ一発目はやたら頭がデカくなったり、目が小さくなったりと絵が安定しないので、投げ縄ツールで囲んで拡大縮小したり、歪ませたりして、調整します。それには頭のみ、髪の毛のみ、体のみ・・・とパーツわけして描くと調整しやすいのです。

bunkatu-1

それをエンピツツールでなぞり、バケツツールで色を塗ります。
それだけではなく、手足を動かすので、パーツごとに分けて作画。ま、レイヤーに分けて書けば大した作業じゃないんだけどね(画像上部のレイヤーも綺麗に名前付けて作業する)。これをやっておけば、首を動かしたり、手を振ったりなどのアクションはFLASHのトゥイーン機能で簡単にアニメとして動かすことができます。

キャラデ_ティリス45

合体させるとこういう風になるわけです。

今回のゆるフロは相当な登場キャラクターがいて、1体1体にこの行程を施しているのです。
いやー、大変ですわ〜。

swiffPlayer

suzu

http://www.globfx.com/products/swfplayer/

Flashでswf書き出し、ウインドウズのフォルダからswfファイルをダブルクリックするとFlashのスタンドアロンプレイヤーが立ち上がるのだが、
それだとメディアプレイヤーみたいに再生バー(シークバー)が付いてないので、最初から見る以外に確認する方法がない。
昔はFlash(Animate)にドラッグ&ドロップすると、Ctrl+Enter押したときの簡易再生+プロファイラで見れたけど、最近はswfの中身をタイムラインに配置しようとしてしまうので、確認しにくくなっていた。

が、このswiffPlayerだと再生バーがついてるのでささっと確認しやすい。
ま、ムービークリップは再生バーとは関係なく再生しちゃうけどね。

頭の動きは気持ちの動き

op


他のFLASHアニメみてて(特に海外)「動いていないとアニメじゃない!」みたいな病にかかってるなと思うのが散見される。単なる会話で無意味に頭をガクガク動かして動いているように見せているんだけど、正直ウザイ以外にない。
しゃべっているときにアゴを引くと気持ちが沈みを表現し、アゴを上げると気持ちの高ぶりを表現したり・考えたり思い出したりして脳をフル回転させてる精神の動きを表現する。頭が動くってそういうこと。
人間ドラマの中でキャラが動くって「気持ちの動き」ってことよ。

実際、アメリカアニメみたいに話しながら頭を小刻みに動かすヤツいたらミスタービーンか挙動不審者だって思うでしょ。アニメ・マンガの感覚にばかり捕らわれていてはいけないって先人たちが言うのはそういうことかと、今ごろ思ってしまう。

突然フォルダが復活する事象

作業してる途中で一時的にデスクトップに作ったフォルダ。
作業が終わったので消したのだが、ある日突然復活したりする。まあ、その都度消せばいいんだけど、なんかものすごく気持ちが悪かった。ハッキングされてデスクトップを勝手にいじられてんじゃなかろうかと。
または幽霊!?

が、気づいてみたらなんてことはない。
FlashCS6のCreateJSの書き出しパネルにて、書き出し先のフォルダをその作業フォルダのディレクトリ記載していたら、フラッシュ起動するごとに自動的にフォルダ作っておいてくれるようなのだ。
なーんだ。

そんな感じで、消したはずのフォルダが復活した!みたいなことが起きたら、各ソフトの書き出し先設定を疑った方がいいってことですわ。

スマホ時代の配色

last_smn2300


https://youtu.be/YPuw0voVHp0

最近、昔に比べ色使いがビビットになってきている。要素を抑えつつ、高コントラストで見せたいものを強く浮かび上がらせる感じの。似た例でいうと初期のファミコンかな。まあ、あれは色数が16色しか出せなくてそうなってるんだろうけど。昔のHPの愛生会病院とはまた違う。これはコントラストは強いけど、要素が多すぎて見づらい。

この高コントラスト傾向はスマホという画面の小ささが原因にある。さらに次から次へと映像を飛ばしながら見るという視聴スタイルから、一瞬でもわかりやすく記憶に残りやすい画面を作った方がいいからだ。

そう、まさにFlashみたいなベクタベースのアニメが生きる舞台なのだ。
もちろん、ビビッドなだけじゃなく、赤=暖色、水色=寒色みたいな演出意図から外さないよう配色していかなくてはいけない。
デザインは理詰めよ。
そう考えるとPIXABAYのアメリカンな雰囲気はスマホで映えるという意味では正しい戦略なのかもしれない。

無料写真のPIXABAY

https://pixabay.com/ja/
完全ロイヤリティフリーで、パブリックドメイン的に使える無料写真のサイト、PIXABAY(ピクサベイ)。
なかなかの物量だけど、写真の感じがアメリカンでコントラストが強いのが難点か。
一発で「日本風じゃない」っての気づくよね。
ま、タダなんで文句言ってられないか

720pで納品

https://www.youtube.com/watch?v=wb2IDveETeg
実はブレフロフレンズは1280x720で納品している。
テレビなんかの主流は1920x1080のフルHDだ。なんでそんなことしているかというと、視聴者層がほとんどスマホゲームやってるので、動画の視聴もスマホで済ませてしまうからだ。1080pの画質の違いがわかるのは40インチ以上のモニタで、それ以下だとかなり注意深く見てないと違いがわからない。画面の小さなスマホならなおさらだ。
さらに、スマホユーザーの中には家に光ネット回線引いておらず、携帯会社の7GB制限の中で動画まで見ている層が少なからずいる。1080pだとやはり720pよりもファイルサイズが重くなる。視聴ユーザーの設定ミスで"違いなんかわからない"フルHDの動画を見てしまい、転送量を多く使ってしまうかもしれない。それならそもそも1080が無ければ間違いは起こらない。見る側への配慮なのだ。

ちなみに720にしているのはPCやiPadなどで見る人用。640x360でもスマホなら問題ないが、やっぱ21インチモニタくらいになると、見劣りしちゃうのよね。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
最新コメント
livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
まさかのフラッシュアニメータ歴10年目。すっかりベテランになってしまいました。今年はFLASHアニメ制作の教室を画策中。
QRコード
QRコード