毎秒地獄です

Flashアニメ専門・スタジオボイラー青木隆志の華麗にて波乱なる日々のドラマ

YouTube&HTML5アニメ制作・3分33万円
https://www.studio-boiler.com/

旅行

多摩湖自転車道をレンタル自転車で制覇!

v1

連休中台風直撃でずーっと家の中にカンヅメ。悶々とする日々が続いたがようやく今日晴れマーク。
そこで西武多摩湖線多摩湖駅にある多摩湖を一周し、多摩湖自転車道を通って吉祥寺の井の頭公園までレンタルサイクルツーリングをしてみた。

v2

レンタル自転車はダイチャリ。菊水亭(所沢市民なら誰でも知ってる有名な中華料理屋)の駐車場に自転車があったので、数分で堤防まで行けて最高のビューイング!写真じゃわかりづらいかもしれないけど、スカイツリーもバッチリ見えた。ここでコンビニで買ったタンパク質が摂れるチキンサンドを食べる。

v3

自転車道は上下2車線でしっかり確保され、かなり快適。

v4

突如なぞの光に襲われるも、西武ドームの反射光だったw
目開けてられないほどまぶしかったわ。

DSC_1118

非常に快適なルートだったおかげで1時間ちょいくらいで一周できてしまう。
こんなもんじゃ物足らないとばかりに、そのまま「東京一長い直線道路」こと、多摩湖自転車道へ降りる。

v5

多摩湖自転車道は西武線の横を通るのでなかなか迫力ある電車を撮影することができる。

v6

途中にコンビニやおふろの王様、小平ふるさと村など寄り道できるところも多数あり(さすがにお風呂は入らなかったけど)

v7

どこまでも道なりにまっすぐ行って、ついに井の頭公園に到着!
が、連休最終日のせいか人の多いのなんの。井の頭池も自転車で一周するつもりだったけど、すぐに断念。一旦返却して歩いて一周する。

tizu

こちら本日のマップ。
昼の11時30分から夕方16時まで。まだまだ全然体力的に余裕があった。
関東平野と多摩湖自転車道の抜群の整備ぶりのおかげだろう。快適な旅ができ、吉祥寺でブタタンで1杯やって今日は心地よく寝ることができるだろう。

浦賀〜観音崎〜三笠記念公園・自転車の旅

v1

天気が良かったので京急本線の浦賀駅にてダイチャリで自転車を借りて、観音崎をめぐって馬堀海岸を通り、戦艦三笠記念公園へ行く。
残暑厳しかったが、三浦の海と青空を堪能した一日だった。
uraga

ルートはこちら。
結構回った気でいたけど、たった14kmなのね。まあまあ坂がキツイところもあったけど、車の通りも多かったので無理せず電動自転車モードでスイスイ快適なツーリングができた。これは初心者向きかも。

v2

浦賀駅周辺はブロック塀で海が見えにくようになっているのだけれど、観音崎の入り口付近でドドーンと鴨居海岸が登場。で、気づくのが千葉半島の近さ!黄河を見慣れてる中国人が見たら東京湾も川だと見間違うかもと思うくらい千葉が近かった。
v3

v4

そしてやっぱり東京湾の外側のおかげか海はまあまあ綺麗なんだけど、この後東京湾の奥に向かって自転車を進めていくと、目に見えて海が汚くなるのがわかる。
だんだん茶色っぽくになってくのw
そしてひっきりなしに多数の貨物船が行き来している。その中には超大型タンカーもいて、ちょっとした怪獣映画並みの巨大さがある。

v5

観音崎を抜けて馬堀海岸へ。
ここのヤシの木が並ぶ直線道路がすごい「ヨコスカ!」って感じがして好き。
僕はここを山下達郎通りと名付けよう。Ride On Timeとか聴きながら通ってみては。

v6

昼ご飯は焼肉さかい 横須賀馬堀海岸店へ。
パチンコ屋の2階にあるチェーン店だけど、なんと店内から海が見える!
僕はランチメニュー1000円の焼肉セットだったけど、こんな大衆店でこんなオーシャンビューとか日本の観光指数のバグり具合がよくわかる。よその国じゃ100ドル以下でこの景色見ながらご飯食えるトコないよ。

v7

最後は戦艦三笠記念公園へ。
日露戦争日本海海戦の熱いエピソードを見ながら大興奮。横浜に日本郵船氷川丸があるけど、断然こっちの方が面白い。

いやー、今回も海をしっかり浴び英気を養った旅だった。
正直週に1回は光合成しないと本調子にならない体になってしまったな〜。

山手線一周自転車の旅

山手線一周

登山河川敷など大自然に触れるアウトドアもいいのだが、今回は趣向を変えて都会のド真ん中、山手線を自転車で一周、スタンプラリー感覚で全駅を写真で撮影してきた。
コロナでそういえば都心の人ごみの多い所はあまり出歩かなかったせいでダイナミックに建物が切り替わっていることに気づかされたり、23区といえど土地の起伏がわりとあることなどが知れて非常に面白かった。

v1

まず朝7時に目白駅出発。
今回はどうせ一周して戻ってくるので、PiPPAの550円の1日レンタルの自転車を利用。
PiPPAは赤羽ー王子ー池袋ー新宿ー中野あたりに勢力が強く、ダイチャリに比べ値段も1/3なんでこれを選んだ。24時間借りれるので、もし疲れてもマンガ喫茶とかで仮眠して翌日の7時までに返せばいい、なんならもう550円払って2日分借りてもダイチャリより安いという感覚だw
ただ、借りる自転車が電動アシストなしでタイヤの径が小さいのが少し難点だけどね。

v2

最初に驚いたのが、新宿歌舞伎町で作られていた東急のなんたらビルがもう完成していること。
あんな狭小な土地でしかも工期の早いことよ・・・。

v3

次に渋谷の宮下公園が空中庭園化!下はショッピングモールみたいになってる。もうこれ、宮上公園じゃん!行ってみたかったけど、朝9時からか・・・現在8時なので残念。

v4

新設された高輪ゲートウェイ駅はまだまだ何にもない感じ。昔のバスケットコートがあったころの秋葉原を思い起こさせる。この空もすぐに巨大な摩天楼で埋め尽くされるんだろーなー。

u1

土日ともあって逆に都心は人が少なく、わりと快適な道路事情だった。
でも、残暑厳しく東京駅に着く頃には炎天下。ゴアテックス製の帽子ですら日光でアッチンチンになり頭フラフラ。

v5

v6

連続で自転車乗ってると頭が火照ってしょうがないので、何度も休憩。で、今日は別にダイエットしていないので豪遊につぐ豪遊。朝からマンゴーパフェを食べ、昼はねぎしの牛タンセット。こんだけ動き回ってるんだから多少栄養のあるもの食っても大丈夫よねw

v7

わりと空いてた23区の道も一番混んでるなと思ったのが意外や意外、御徒町〜上野間。ガード下のお店が歩道に勝手にテーブル出して多くの人が昼間からビール飲んでいた。ラーメン屋も何店も行列作ってるし、意外なエネルギッシュポイントなんだなと。

v9

地形的な発見は田端〜駒込間。
田端駅の内側は山になっていて、山手線に沿う道は50〜60mくらい上にあるんだよね。おかげで田端駅の写真とってもう一度 田端高台通りっていう駒込駅に続く道に復帰するのに急坂を登り直すはめに。ここが一番きつかったなー。

v10

ま、なんやかんやあって最終的に出発地点の目白駅に到着。
夕方の16時30分。

FbJyCzxVUAAyL3t

山手線に沿う道は正直かなりわかりづらかったけど、これもGoogleMapsでルートファインディングしながら移動。道標の無い山で目的地を探すレクリエーションぽくて面白かった。そんでなるべく山手線のラインに沿うように移動した。
その記録はヤマレコで行っている。本来の使い方とは違うけどw
移動時間9時間、距離48kmとなかなか大変だったけど、かなり休憩したり写真とったりしてこの数値なんで、実質自転車に乗ってたのは8時間。しかもママチャリ以下のタイヤサイズのミニベロで。
だとしたらロードバイクとかならもう少し早く一周できたかもしれない。
この程度なら結構誰でも自転車山手線一周の旅できるだろうなと思う。
それにダイチャリにして途中で乗り捨てギブアップしたり、東京駅で新宿方面にわたって半周で済ませたりなど楽できる選択もいくつもある。

都心に住んでて安くガッツリ体を動かすバカンスを楽しみたいなら、レンタル自転車での山手線一周の旅、おすすめです。

ヤマレコ

荒川&富士見ツーリング・朝霞台〜川越市

v1

v2

長らく続けてきた荒川レンタル自転車ツーリングの最終章。
実はPiPPAで赤羽〜彩湖一周は以前にしていたので、今回はダイチャリにて朝霞台駅〜川越市駅までの荒川を遡上。入間川の分岐のところで折れて川越市に行った。

昼間は刺すような日光でヤバいけど、さすがに始発で朝の6時から乗り始めるとだいぶ日差しも少なくてありがたい。快適な温度の中開けた河川敷の道路がキモティイイー!そんでほぼずーっと富士山が河川敷から見えているの。東京には大して富士山見えないくせに「富士見台」とか「富士見町」とか名乗る所が多いが埼玉の富士見市だけは許してやろう!というくらい富士山が見え続けてくれていた。

date

ただ、川越市に入ろうかというタイミング・埼京線の高架の手前あたりから道がダートコースに。GoogleMapで点線のところが砂利道なのだ。
しかもゴルフ場の作業道。正直、借り物の自転車でダートコース行くのは気が引けるんでやめて欲しいし、観光面ではかなりデメリットなので、川越市はちょいと考えた方がいいと思うね。

長いダートコースを抜けたところ、入間川と荒川の分岐でちょうど自転車道が工事中だったため、もう興が冷めてしまい、そのまま川越観光にシフトチェンジ。

うう

今、絶賛はまってる歴史チャンネルのYUKIMURA CHANNELの扇谷上杉氏の居城・川越城本丸を見て

DSC_0934

DSC_0932

川越の小江戸を散策。
朝早くの川越城は雰囲気がすごく良くてまったりするのにオススメ。
一方、小江戸の方は通りが幹線道路としてあまりに使われすぎていて、狭い道にドデカいバスが行き来してせわしないなと感じるので、自転車でさらっと見て帰るくらいで正解だったな。
歩行者天国にしてコスプレの人(無論着物ね)とか誘致すらええのに。

さて、川越より北側はレンタルバイクのスタンドがないためこれにて荒川自転車ツーリングは終了。
定期的に青空を見ておくと精神を病むのを防げるのでオススメです。

江戸川ツーリング

top

また210円にて江戸川区のレンタルサイクルを利用。今度は江戸川を遡上してみた。
スカイツリーを横目に見ながら開けた川をさかのぼり、自然とたわむれ、中川に泣かされた1日だった。
ルートはこちら。
long

地下鉄新宿線の篠崎駅駐輪場からスタート。江戸川河川敷に出て北上。水元公園の園内を通って中川に出たら東岸を南下。一之江駅でゴール。全32km。走行時間6時間(ご飯食べたりしたので正味は5時間くらい?)

v1

v2

このルートがいいのが、コンビニが近いこと。
念願の筋肉弁当を河川敷で食べるというイベントをこなすことができた。

v3

水元公園では蓮の花が満開でたくさんの紫色の花が咲いていた。

v4

水元公園というだけあって、水辺が近くイイ感じの抜け感。

v5

が、中川・そして新中川がイマイチだった。
自転車が通る道の導線がしっかりしておらず、河川敷を登ったり降りたり。で、降りてみたら行き止まりorダートコースとか、まっすぐ行ってみるとかなり交通量の多い橋で無理して渡らせないように中央分離帯に柵がして大きく迂回して横断歩道に行かないといけないなど、かなり右往左往させられた。
そんで、バイクが入ってこないようにする車止めの幅がシビアでガッツリぶつかって膝を痛めてしまう・・・。

やっぱり江戸川区レンタルサイクルの黄金コースは浦安だなと再認識させられた一日だった。

が、210円で丸一日有酸素運動できたんでヨシとするか。

鎌倉〜江の島〜平塚・湘南自転車ツーリング

v0

浦安にて海の良さを知ってしまったがゆえ、今度は鎌倉→江ノ島→平塚と湘南の海岸線をダイチャリにてツーリング。
脳内で様々なシティポップが流れるような素晴らしいシーンの連続だった。

v1

v2

まず始発にてJR鎌倉駅へ。鶴岡八幡宮の二の鳥居の横にあるファミマがスタート地点。
行ったことある人ならわかると思うけど、日中の若宮大路はとてつなく観光客がいて快適な自転車の旅ができないのと、鎌倉のレンタル自転車は競争率が高くすぐ貸し出されてしまうので、アサイチから出発(それでもあと1台しか無かった)

v3x

空いた道路を軽快に飛ばしあっという間に由比が浜。
うおおおおお!いざ、鎌倉!!眼前に広がる太平洋に心躍る。
まだ朝6時なんで日差しがそんなに強くないのもありがたい。(この後モリモリ気温も上がってくる)

v4

vvv

由比ヶ浜〜稲村ヶ崎〜江ノ島へのルートはまさにシーサイドフロント!
潮騒を聞きながら江の島に向かって走っていくと、店先で鮮やかな緑のチューブトップにホットパンツを履いたお姉さんが、ホースから水を出して窓や看板を洗っている。「おいおい、湘南かよ!」と思ったが、ここは湘南だった。
鎌倉の防御線の1つ、稲村ケ崎は少し登り坂になっているのだが、その瞬間だけ電動自転車モードを起動。なんかこう後ろからグイグイ押されてる感じがするが、途中で立ち止まることなく坂を超えることができる。
朝7時くらいになると国道134号はすでに渋滞が始まってきている。その横をすいーっと自転車で通ると気持ちがいいのなんの。

v5

江ノ島に到着。
本当は登ろうかとも思ったけど、江の島はダイエット中の身には誘惑が多いので、さらっと見て次の目的地へ。

v6

西浜=湘南海岸公園はビーチの脇が歩行者専用道になっているので砂浜をじかに感じられる。
ドラマやマンガでみたまさに湘南の景色そのもの!(ただ海の家とか食の誘惑が多いが)

v7

v8

ただ、この鵠沼海岸(くげぬまかいがん)の道はちょっと大変だった。
自転車道って触れ込みだけど、砂が道路まで舞い上がって降り積もり走りにくいのなんの。
あまりに何度もコケそうになるためギブアップ。

v9

すぐお隣の国道134号線脇の歩道を行く。
ここで嬉しい誤算があるのが、富士山が見える!
いやー、もうすぐ富士登山シーズンですなー。また登りたいなぁ〜。

v10

平塚の湘南大橋もまさに湘南って感じの造形。そこから見える富士山や丹沢の山々の綺麗なこと。

DSC_0747

さて、かくして平塚海岸に到着。このまま平塚駅にダイチャリを返しに行ってもいいのだけれど、この時点でまだ朝の9時30分。まだ体調的にも全然動ける。こりゃ、海沿いに行けるところまで行っちゃう?という気分になってしまう。
そう、これが観光有酸素運動の醍醐味。自発的により痩せる行動を取りたくなっちゃうのよね。

が、どうも首都圏のダイチャリは二宮駅までしかない模様。小田原駅くらいまで全然いけるんだけどなー。
そこで一計。湘南大橋が渡っていた相模川を北に俎上するという案。
すると寒川駅・・・あるいは橋本駅まで北上しちゃう?とかいう気分になってしまう。
相模川も相模川で非常によい旅だったので、こちらはまた次の記事にて。

ま、普通に観光するなら、鎌倉-江の島で自転車移動で十分だと思うよ。
ダイチャリで湘南ツーリング、オススメです。

ダイチャリで多摩川ツーリング

v1

ss

v5

今回は多摩川の河口から府中の大国魂神社までをツーリング。朝9時から昼15時までがっつり5時間(+休憩1時間くらい)・走行距離35kmの観光有酸素運動。超炎天下だったけど、楽しかったなー。

adfasf

利用したのは京急川崎大師線の終着駅小島新田駅の駐輪場にあるダイチャリ。なんかルールがわかりづらいんだけど、ヘルプを読みながらなんとかレンタル開始。丸一日借りて1800円。江戸川区PIPPAに比べたらえらい高いけど、正直これくらいが本当は適正価格なんかもね。江戸川区で1日210円は安過ぎよ。
チャリを借りたらぼんやり北に向かって進むとすぐ多摩川河口。羽田空港の離発着が見えるダイナミックなビューイングがいきなり拝めてテンションフルMAX!

33

xx

ああ、JR川崎駅前の市街地に入る前にこの地図が欲しかった。
点線の部分ですごい迷ってgoogle Mapとずーっとにらめっこ。ま、わかってしまえば「普通ならこの道行くでしょ?」的な感じなんだけど、なんか東京のヨソものに冷たい接客を感じてしまう(神奈川だけど)

v4

途中、稲城長沼駅にも寄り道してスコープドッグ像も見に行く。ムセル・・・

v6

ちゃんと途中のご飯もカロリーコントロール(計450kcal)
キンキンに冷えたコーラが飲みたいばかりに、セブンのアイスコーヒーを氷だけ買うセレブレティ。

xxp

最後は府中の大国魂神社の横にあるファミマで自転車を返してゴール。

v3

やっぱダイチャリの会社もこういう観光ツーリングを意識しているようで、多摩川の河川敷自転車道路の途中に突然現れるレンタルスタンド。結構利用者も多いようで、カップルとかも使う人がいた。

さすがに今回の計35kmはガッツリすぎるけど、登戸や二子玉川あたりでやめておけば、半日のさらっとした自転車遊びになるだろう。
都内のコンクリートジャングルを脱して、広い空の下に出ると気分も晴れるので、多摩川のツーリング、オススメである。

レンタル自転車で浦安海岸を堪能

v8

再び、江戸川区のe-サイクルを利用して、ちゃっかり隣の県の千葉浦安をツーリング。
これほどのリゾート気分を23区のお隣で堪能できるとは!僕がミシュランなら★1観光地にしちゃうね。

v1

JR葛西臨海公園駅の駐輪場にて自転車レンタル。変則ギアも何もないただのママチャリ。今日はこれが相棒だ。まる一日借りて210円は民業圧迫レベルの安さ。

v2

v3

江戸川を超えるとすぐに千葉県。葛西臨海公園駅のお隣といえば舞浜駅。そうディズニーランド。
今日は休日でコロナ規制もないゆえ、とんでもない人数が行列を作り、駅と入場口広場のスロープの前まで押し迫っていた。
ディズニーランドってガラでもないおっさんなので、ランドの周りを一周することに。
すると・・・

v0

v4

v5

ババーンと江戸川河口を見渡す展望デッキがある。
今日はよく晴れてキモティいい〜♪
さらに、普段見ることは無いディズニーシーの施設を裏側から見ることができる。
しかも堤防はずーっと一直線で抜群に飛ばしやすい。童心に返ってペダルをこいでしまう。

v6

ディズニーリゾートのある埋立地を過ぎると、下町ゾーンに突入。見明川にはガスタンクや昔は貨物船で荷下ろしをしたであろう工場の設備群をみる。

v7

途中イオン新浦安でお昼ご飯を購入し、浦安市総合公園へ向かう。
このあたりは京葉線沿線と違い、外国みたいな雰囲気。(外国いったことないけど)
そんでもって・・・

v8

浦安市総合公園はババーンてなもんですよ。芝生と海を同時に楽しむことができる公園で、何気におとなりのホテルの1Fにローソンがあるんでそこで買い出しもできる。

v9

僕はダイエット中なのでイオンでカロリーを吟味した昼食。ご飯はへるしごはんで1パック163kcal。焼き鳥が114kcalと驚異の低カロリー。サラダドレッシングのカロリーが少し高かったので、キムチ36kcalを買ってドレッシング代わりに。キムチサラダはなかなかあたりで美味しかった。特に生ワカメとの相性抜群。今後も試そうっと。
昼飯=349kcal。

v10

v11

昼食後、一応ゴールに決めていた日の出海岸展望デッキへ。
こちらも素晴らしいヌケ感。千葉市内がものすごく間近に見える。(ここも千葉だけど)
そして、たくさんの船が行きかっている。
もう夏なんだなー

v12

展望デッキのちょっと裏手の河口の三番瀬というところでは、みんな潮干狩りをしていた。遠浅なようで結構沖の方まで人がいた。
僕は貝はそんな好きじゃないけど、潮干狩り(貝掘りって言ってた)は結構好きだったなー。

v13

さて、帰りは同じ道を通るのも芸がないなと思い、JR浦安駅から葛西駅に向かう。
そう、江戸川区で定めた施設ならどこで自転車を返却してもOKという便利制度。これで210円ってヤススギ〜!

おかげで葛西駅の下にある地下鉄博物館も見ることができ、素晴らしい休日とあいなりましたとさ。
めでたしめでたし。

こちら、本日のツーリングルートのgooglemaps。参考にしては?
maps

城ヶ島を横断-ミシュラン2ツ星の観光地を歩く

a1

いつも山ばかりだったので、急に海を見たくなり三浦半島の城ヶ島に行く。太平洋を感じた旅だった。

a3

tt

a2

バスで城ヶ島バス停に付くともう磯の香りがいっぱいに感じられる。
バス停付近は食べ物屋さんやお土産屋さんでにぎわっており、ダイエット中の身には目の毒。(まぐろのカマうまそうだったな〜)
江の島のような路地を歩いていくと、城ヶ島灯台があり、南欧風建築になっている。
で、ダイエット中なので早々にお腹が減ってしまったので、海を見ながらゼロカロリーコーラと玉子サンド(150kcal)をほおばる。サイズこそ小さいが、たんぱく質12gでお腹いっぱい。

a4

普段の山道と違い、特にどこを目指すというわけでもなくあてもなく歩き続ける。
この海底が隆起した磯辺はかなり歩きにくいが、アスレチック的な楽しさがあってまた面白い。
時折、カニや小魚がいる潮だまりで遊んだりした。
そんな中、なにか奇妙な気配?

a5

なんと、釣り客の獲物を狙って、ネコが闊歩している。
たくましいなぁ。

a6

割と一番の名所の馬の背の洞門。穴の向こうに千葉の舘山が見える。

a7

グアーッと階段を上がって城ヶ島公園へ。
展望台があり360度パノラマ!今日は午後から黄砂がやってきて水平線が黄色くかすんでしまったが、素晴らしい景観。
帰りは白秋碑前バス停まで降りて、三崎口駅に帰るのでした。

a8

で、ここからは苦言。
僕が行ったルートは、ミシュラン星2つだけの情報を頼りに、電車の行き方・バスの行き方以外大して調べずにバスでやってきた人のルートだと思って欲しい。
これだと帰りのバスが城ヶ島バス停にならないせいで、お土産屋さんとかでお金を使わないのだ。googleストリートビューみたらわかる通り白秋碑前バス停はなーんにもない。(そんで城ヶ島公園からここの行き方も微妙にわかりづらい。)
これで、逃している客は「車を持たない首都圏在住の人」及び「パック旅行じゃない形でやってきた海外旅行者」だ。前者はみさきまぐろきっぷとかのターゲットだし、円安インバウンド狙うなら後者の取りこぼしは痛すぎる。(パック旅行じゃない観光客は玄人かアッパー層だから)
バスは城ヶ島公園の駐車場の中まで入って公園正門の前で観光客を降ろし、観光客は島を廻って足が疲れたところに城ヶ島の中心街に来てご飯やお土産を買って、城ヶ島バス停から三崎口へ帰る。
こういう導線が必要なのだ。

そういうところが、高尾山がミシュラン3ツ星で、城ヶ島が2ツ星止まりの理由なんだろう。

ヤマレコでの記録

雨引山に登る-筑波と田んぼとセイコーマート

ame

JR岩瀬駅から雨引山に登り、雨引観音へ降りて、あわよくば孔雀を見に行く。
孔雀は檻の中だったんだけど、基本的にはいい避暑登山となった。

a0

JR岩瀬駅からものの10分で関東ふれあいの道に。すぐに歩いて登れるのはありがたい。
今日は初夏の陽気で気温もぐんぐん上がってきていたが、登山道の多くがうっそうとした雑木林で日差しを遮ってくれてありがたい。だが、杉林のようにただただ同じような景色が続く人工的な感じもしないので「山、登ってんな」と感じられて好印象。

a1

a2

a3

御岳神社周辺は要所要所で刈り払いがされていて、眺めがいいポイントが作られている。
桜川市、やるじゃない。ほんと、こういう配慮が観光で飯を食っていこうという自治体に必要なのだ。大変ありがたい。

ax

山頂直前でなかなかの階段。360段以上あるらしい。
汗が噴き出す。

a4

tyojo

雨引山山頂到着〜。
山頂も大部分は木陰で覆われてるが、東屋の先から筑波山と水田が見渡せる。最初ソーラーパネルかと思ったw。
この山頂の日陰は非常にありがたく、ご飯を食べるときまぶしくない。気温も快適そのもの。うん、ここは夏場に登る山だな。

a5

ご飯後、雨引観音に下山。
結構有名な名刹らしく多くの人でにぎわう。そして、なんと孔雀がいるらしい!?
とりのエサを買って境内をうろつくも・・・

a6

残念ながらバードケイジの中。これだと羽を広げてもらえそうにないな・・・。

a7

駐車場に雨引観音バス停というのもあるのだが、是非下まで歩いて降りるのをオススメ。
頂上で見ていた筑波山と田んぼが麓でも見渡せるのだ。もうちょい僕に学があれば、一句読みたいレベルの抜け感。
ただ、下界はかなり暑く帽子をかぶっていても熱中症になりそうなくらい体が火照ってしまう。

a8

フラフラしながら、大通りの最寄りバス停・本木バス停へ。
関東じゃ珍しい北海道のコンビニ・セイコーマートがあり、ここで独自ブランドのアイスクリームとコーヒーを食べ、火照りを冷ます。

夏場はあんまり登山しないんだけれど、ここは結構いいなと思った。登山道は日影が多いけど、まったく暑さを感じさせる部分がないのも物足りないが、1時間くらいならギリギリ耐えられるといったところか。
それに山はほとんど広葉樹の森だったので、紅葉シーズンもかなり綺麗だろーなと。

朝10時に岩瀬駅から登り始め、山頂に12時、雨引観音に13時、下山してセイコーマートで14時と、初心者+αぐらいなレベルの人にお勧めの山である。
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: