毎秒地獄です

Flashアニメ専門・スタジオボイラー青木隆志の華麗にて波乱なる日々のドラマ

旅行

衣張山に登る

い1

最近また雨続きで陰鬱としていたが、ここぞと晴れたので鎌倉の衣張山にでかける。
い、イバリヤマだと思ってたら「キヌバリヤマ」とな!?ずっと源頼朝が威張り散らしてるイメージで登ってたわ!

i2

最初、逗子駅から逗29系統の小さなコミュニティバスで亀ヶ岡団地北バス停から登る。・・・、団地なのに片側一車線だけで町が構成されてる・・・。しかもほとんど対面通行OK。関東の都市計画って・・・。
バス停から歩いて5分くらいで名越の切通しに着く。岩盤を深く掘って道をなるべく平にして通りやすいようにしたそうな。ただ、足元も平にしてあるのでわりと滑る。
その後、写真のお猿畠の大切岸に。オサルってあるのは、日蓮上人が迫害されたとき猿に匿ってもらった土地だからだそうな。日の光が入り込む気持ちのいい散策路だ。

i3

その後、鎌倉市子ども自然ふれあいの森に行く。パノラマ台っていうのが有名なんだけど、まあヤブが深くて大変だった。しかも、昨日雨が降ったせいでもはや池レベルの水溜りができてた。そっちよりも水道局の施設のある展望広場の方が足場も良くて眺めがいい。(上記)写真じゃ写ってないんだけど、富士山もボンヤリ見えていた。これ、冬場に来たらドカーンと見えるだろうなぁ〜。

衣張山は鎌倉でも知る人ぞ知る山なので、自然ふれあいの森から先の道標があんまなくて微妙に迷う。鎌倉幼稚園の裏手の公園から衣張山の登山道に入るのね。そして20分もせずに登頂。が、最初に着いた場所は「宅間山」ってところで、またすぐ5分後に本命の衣張山がある。こちらもなかなかの眺め。でも、ここもやはりヤブが結構深め。

い4

衣張山山頂から北に降りると三叉路になってて、階段の方を降りると石切場跡があり、これが結構でかい。写真で見ても判るとおり、かなりの坑道になってて奥が見えない。さすがの僕も怖いんでちょろっと入ってすぐ出てしまう。

i5

後は普通に降りて鎌倉市街地で釜揚げしらすおろし蕎麦を食べて舌鼓。10時頃から登り始めたんだけど、2時間半くらいで降りたのでご飯食べ損なってたのよ。しかし、釜揚げしらす美味い!シラスって関西じゃ塩漬けにして乾したフリカケのことで、言うほど好きじゃなかったんだけど、これはしっとりしていて、生しらすより生臭さもなくてハマリそう。(吉野家の朝メニューにある)

しかしまあ、この鎌倉小町通りの写真は平日なんだけど、よくもこげん人間がおるよねー。お土産屋さんも大繁盛。が、衣張山では数人としかすれ違わなかったので、喧騒の鎌倉でも結構ゆったり過ごせる山ではないでしょうか。

靴選び

僕は普段ニューバランスのランニングシューズ(スニーカー)で、それで山も登ってしまうんだけど、古い靴の靴底の一部がめくれ始めたので、新しく購入。だが、どうにも山登りしてると足の小指痛くなる。
で、気付いたのだが、新しく買った分は同じニューバランス(MW880G)のだけど、ゴアテックス製で先端のヘリが固い。古い方はM440BK3でヘリが柔らかい。ヘリが硬いと小指が当たったら押しつぶされるので痛みが出てるようなのだ。
ま、歩き方にも問題あるんだろうけど、買いなおそう。

臼杵山に登る

u1

武蔵五日市の元郷バス停→臼杵山→荷田子峠→荷田子バス停→瀬音の湯 の順番で登ってきた。

いい景色、いい足の負荷、いいお湯だった。

u2

まず元郷のバス停のすぐ横にある登山道から登るんだけど、太陽光を完全にさえぎる杉林のせいでわりと寒い。が、すぐ急斜面の登りで、半そでだと寒いし、上着を着ると汗ばむしで、結構困る。それも、すぐ体動かしてる熱さで脱いでしまうんだけど。

で、山道にモノレールが張り巡らされていて、その終着点のラジオの電波塔の付近に来るとばーっと都心方面が見渡せて気持ちがよかった。(写真1枚目)

u3

その後もほとんど坂でヒーコラ言いながら臼杵神社に到着。ぬめっとしたデザインの狛犬が有名らしい。

u4

そんで10分もせず頂上なんだけど、うーん、展望がないわけじゃないけど、いまいちかな。
正直ご飯はラジオの電波塔の近くで食えば良かったなぁ・・・。

次の目的地の荷田子峠は一旦戻った三叉路から行くんだけど、これはショートカットルートみたいで、かなり道がヤブに覆われ、足場もギリギリで結構きつかった。自信ない人は神社のすぐ近くの荷田子峠への分岐から行った方がいい。

u5

グミ尾根ってところを下りていくと、ここでも刈り払われた箇所があり、絶景と採石場が見渡せる。
ここでメシにしても良かったなぁ〜。

u6

長らく降りていくと、今度は大岳山が見えるポイントも。
最後は瀬音の湯に使って、疲れを癒す。

ホントはさ、市道山と臼杵山一緒に登ろうかと思ってて、地図みたら5時間半とか書いててかなり迷ってて、結局臼杵山だけにしたんだけど、結果として大正解だったね。でないと電波塔の好展望見られなかったもの。そんでもってわりと急斜面の山だったから、ヒザ的にも苦痛になる直前で温泉来れたの考えると、俺みたいなぬる登山家にはこれで十分だったよ。
時間的にも
元郷バス停(10:23)→臼杵山(12:27)→荷田子峠(14:48)→荷田子バス停(15:16)→瀬音の湯(15:35)って時間割だったから、俺の脚で市道山登ってたら山の中で夕暮れになってたかもしんない。

初級=戸倉城山・中級=馬頭刈山・上級=臼杵山と、瀬音の湯に浸かりいくのに最適な山が見えてきましたな。

最後に1句...

臼杵山(うすぎやま)
薄着で登ると
寒い秋

おそまつ。

三浦富士・武山に登る

m2

京急長沢駅→三浦富士→砲台山→武山→津久井浜駅と山登り。
三浦半島とか行くとね、やっぱ湘南の香りというか湘南っぽさがあるのよ。日差しの強さ、海の近さ、低くても意外と勾配のある山、杉の木の少なさ...etc。あと、色黒のオッサンたちwばっちり堪能させていただきましたわー。

実際の行政の山の地図だとこんな感じだけど、京急長沢駅からも登山道がある。駅から5分くらいで、コンビニも近くにあって、いい感じの山道なのになんで載ってないんだろう?と思ったら・・・
m_0

この通り、共産党員の私有地を通るからのようで、行政からハブられてる模様www

m1

駅から50分くらいで第1目標の三浦富士の山頂到着。若干草が生い茂って景色を邪魔しているけど、いい感じじゃないの。

m2

で、次に砲台山へ。行く途中に展望台があり、三浦半島の先っちょがくっきり!
砲台山についたけど、高射砲の跡地みたいなのがあるだけでこれといって見所もないので、すぐに武山を目指す。


ここもね、すーぐ着いちゃうの。11時に駅から登り始めて12時47分に武山に到着。アゼリアハウスっていう展望台があり、そこから三浦半島だけでなく、横須賀・横浜、房総半島、千葉市内まで綺麗に見渡せる。(海の反対側に白いビルが見えるけど、房総の南の方はあんま高いビルなかったんで、きっと千葉市内だと思うのよね)ここは武山不動院の境内ってことで、ちょっと奥に行くと本殿があり、鐘をつけるところもある。ゴーン。

ご飯食べ終わった後、津久井浜観光農園方面に下山するが、ずーっと階段で結構大変だった。これ、登るときにコチラを選んでたらオオゴトやで。

700

京急の津久井浜駅に到着。が、地図を見るとすぐ近くに浜辺があるとのことで、寄り道。
うわー、山よりもぐっと向こう側の房総半島が近いでやんの。山と海同時に堪能できるとは、これは珍しいんでないの?真正面に見えるのが鋸山なのだ。
近くにパン屋さんがあったので、チョコパン食べながらコーヒーブレイク。潮騒と鳶の鳴き声を聞きながら、コーヒー飲むとしみるんだわ、これが。

いい山でしたわ。この調子で秋は山にどんどん登ろうっと。

逗子二子山(上ノ山)・乳頭山に登る

t0

鎌倉の先、逗子市の二子山・乳頭山に登る。いい山・いい景色だった〜。マップを印刷してから行くとイイネ。
最初、JR東逗子駅の二子山遊歩道歩いたとき、"遊歩"と呼ぶにはあまりに暗くてやぶ多く道も細く不安になったけど、80分くらいで頂上に着いたら、パッと開けて気分も上がった。
二子山っていうくらいだから、もう1つ「下ノ山」っていうのがあって、木々の合間から若干見えてるのだが、どうにもソッチへの道は素人お断りな感じの獣道。展望もないらしいので元来た道を引き返して...

n1

その後、乳頭山を登り、少し道を戻って田浦梅林(田浦梅の里)を目指すルートを行く。いやー、名前だけで絶対登ろうと思ってたのだが、気づいたらチクビは乳"首"なんでちょっと違う由来かな?乳頭山は東側が開けていて、まあまあな展望だった。
乳頭山の手前まではわりとなだらかなUPDOWNなんだけど、田浦梅林分岐に来た途端急な岩場が出てくる。登るのはそうでもないんだけど、降りるのが大変。ロープをしっかり持ち、三点ポジションを意識しながら降りていく。

t3

11

田浦梅林への道も結構キツかったんだけど(降道が急で)、田浦梅の里の展望台に登ったらイッパツでやられてしまう絶景!しかも梅の里とはいいつつ、芝も綺麗に手入れされていてものすごく気持ちがいい。晩冬以外でもここは来た方がいいね。

ただ、やはり鬼門は山登りよりも町歩き。この田浦梅の里からJR田浦駅までの道が少し迷う。なんの標識も無いんだよね。googleマップとにらめっこしながら移動。「駅なんて地元の人なら誰でも知ってるから看板なんて必要ない」みたいな対応してるから、あんまり東京の人には知られてないんでは?と思ったりした。

ま、でも街歩き以外はいい山、いい景色でした。

等々力渓谷に行く

2

世田谷の等々力渓谷に行く。
1

狭いところに押し込んだんだろうね、島式ホームの中に駅舎が造られている。

02

成城石井を曲がるとすぐに渓谷への入口。しかし・・・ドブ臭い!!
が、ドブくさいのはここだけで、後は普通だった。都会にしては緑が豊富。いい避暑地って感じやね。

03

川沿いに歩いて行って多摩川の河川敷に出る。広々とした道が気持ちいい。

04

多摩川台公園を通って東急多摩川駅に行く。ここには前方後円墳があって、googleマップの航空写真でみるとうっすらカギ穴型になっている。下からじゃまるで判らないのにね。

だいたい2時間くらい。かるーい運動になりましたわ。

謙信平に行く(晃石山に登った)

01

長躯、栃木まで2時間かけて謙信平を経由して晃石山に登ってきた。
いやー、コイツは上杉謙信もビックリするのがよくわかる絶景。すっかり保養になった。

1111

11

新太平下駅から登ったのだが、一番眺めがいいのは入り口近辺の駐車場だった。仲見世通りの前には見晴台が設置されてるんだけど、太平園地から生い茂った木が邪魔してきれいに見えない。これはいわゆる他の店の嫌がらせなのだろうか・・・。

02

03

眺めがいいのはここだけではない。
晃石山の登山道は太平神社の境内を通るのだが、神社の端にある茶店から栃木市内が綺麗に見渡せる。こっちの方が逆光になってないので、圧倒的スッキリ感!ここでラムネ飲んで一服。

そんでもって晃石山に向かうも途中にあった「富士浅間神社」をスルーしてしまう。まさかそこが太平山の頂上だとは・・・。看板書いといてよー、もー。

i4

ちょっとしたアップダウンがある登山道を抜け、晃石山に到着。少し低い木々に邪魔されてるものの日光方面が良く見えた。そして反対側は関東平野が見渡せるベンチがあり、そこでご飯。

その後、青入山・桜峠・清水寺と随所に眺めのいい箇所があって非常にいい旅だった。
が、一時土砂崩れで通れなくなっていた東山道の古道が復旧してたので通ったのだが、虫と蜘蛛の巣だらけになってしまう。これだったらアスファルト舗装の林道の方がよかったなぁ。

それに山の麓は一面開けた大きな農場になっているのだが、これを見せずに薄暗い山道(歴史ある古道だからしょうがないんだろうけど)ばかりにこだわるのは芸がないなと思った。農場を通ればぶどうもお土産に売ることができただろうに。

天園ハイキングコースの十王岩の場所

かながわの景勝50選とかに選ばれてるにも関わらず、見逃しやすいことで有名な鎌倉天園ハイキングコースの「十王岩」。

そこで、わかりやすい目印を紹介。
k2

勝上けん から歩いて5分くらいのところに、道の途中に急に開けたところがあって、そこに三角点がある。ここから30秒くらい歩くと2枚目の写真みたいな場所があり、赤矢印の部分が十王岩で、青矢印のところが見晴らしが良いところ。黄色矢印がかながわ景勝50選の薄っぺらい石版が置かれているところだ。
11

k4


この三角点の場所は通ってると嫌でも目に付くので非常にいい目印になる。三角点は国土地理院が整備してるので、夏場ヤブが深くても埋まることがないのだ。

ただ、眺め自体は勝上けんとあまり変わりがないので、絶対に見ないといけないスポットというわけでもないけどね。少々写りが悪いのは日の出の方向が逆なので、昼ぐらいにはもっと綺麗に見れるとおもうよ。
k3

高幡山に登る2

t1

高幡不動のあじさい祭りに行く。開花状況は7分ってとこかな(6月15日現在)。今度の土日あたりいい感じになりそう。

t2

で、実は高幡不動の正式名称は「高幡山不動尊金剛寺」でお寺の奥に山があるのだ。
そこでは四国88ヶ所巡りを模した地蔵参りとかもできて、全部回ると1時間くらいの結構な運動になる。
3年前にも行ったことあったのだが、あれから景観伐採されてすっかり眺めがよくなっていた。
tba

左が3年前の頂上、右が今年の頂上(高幡城跡)。これ、結構初心者向けのハイキングスポットって言ってもいいんではないかと思う。今は初夏なんで大分緑も茂ってるように思えるが、冬はもっと木々が枯れて眺めがよくなると予想。
で、頂上だけでなく、お地蔵さんの54番あたりや75番あたり(墓場の先の方)も伐採され、大山とかが綺麗に見えるようになっていた。
たしかにいきなり高尾山って鉄道の終着駅で結構遠いし、1号路はかなりきつい。でも高幡不動レベルならわりとそんなでもない。(近所のおじいさんが犬連れて散歩してたし)で、下山しても食べ物とか見るところに困らない。

ただアジサイ祭りの期間中は平日だったのにやたら人がいた。駐車場も満杯で川崎街道にあふれて渋滞起こしてた。やっぱり鉄道で来ないと。
d12


三頭山に登る

01


都民の森の三頭山に登る。頂上の景色もよかったんだけど、ブナの木々が青々として気持ちよかったなー。
02

青=緑だけど、こんな鮮やかな緑、都会で見る機会ないでしょ。
やっぱり杉林(針葉樹林)よりブナ林(広葉樹林)だよ。

三頭山は東峰・中央峰・西峰とあるんだけど、東峰は都心方面が、西峰は富士山が見える。
ものすごい山奥なのに人気の山で、結構な人がごったがえしていた。

04

なので、三頭山避難小屋の少し奥にある大沢山にて昼食。こっちも景観伐採されて富士山がよく見えるようになった。ただ、たんなる道沿いにベンチが2つしかないので、座れない場合もあるかもね。そこらへんに腰かけても通り道なんで邪魔になっちゃうし。

03

帰りは三頭大滝を見る。つり橋から見ることができるんだけど、結構な落差。

05

すごいのは、大滝から森林館まで延々と木のチップが登山道に敷き詰められていること。こんな贅沢な登山道聞いたことが無いよ。

しかし、今回も痛感したのは広葉樹林の素晴らしさゆえの杉林の欠点。杉が少ししかないだけで、こんな山が楽しいとは。なんか法律作って登山道の両サイドだけはブナを植え、観光登山に力を入れるような制度欲しいよね。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
最新コメント
livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
まさかのフラッシュアニメータ歴10年目。すっかりベテランになってしまいました。今年はFLASHアニメ制作の教室を画策中。
QRコード
QRコード