毎秒地獄です

Flashアニメ専門・スタジオボイラー青木隆志の華麗にて波乱なる日々のドラマ

旅行

熊遭遇マンガ

mang1

mang2


先日の記事のマンガ化です

松生山・浅間嶺に登る&熊遭遇

11

多摩百山のコース30を参考に笹平バス停→松生山(まつばえやま)→浅間嶺(せんげんれい)→上川乗バス停という感じに登る。とんでもない大冒険になってしまった。

IMG_8579

笹平バス停からしばらく歩くと、松生山の入り口があるが、正直わかりにくい。道路を渡ったなんも書いてない畑のスロープから上がるそうな。→google map

IMG_8584

ちょっと先に行ったところなんだけど、まーここから見ても結構坂がきつそうなのがわかる。実際かなりきつかった。そんでアップダウンも何回かあり、山頂までバッチリ3時間はかかる。中級者向けコースと言って過言でない。僕の場合、体力がついてきたのか時間はかかるものの全然疲れはしない。ただ途中、木の道標が豪快に掘り返されているのを見てちょいとビビる。イノシシレベルじゃないなと一目でわかる。

IMG_8712

そうこうしてるうちに松生山到着。頂上には太陽光パネルと電波塔があって、眺めもそこそこいい。この写真の方向には本来富士山が見えているはず。

111

そんで危惧していたことがついに起こる!クマと遭遇!!
この画像はただのイメージ(とは言うものの遭遇から1分前の写真)なんだけど、画面右端に黒い倒木があるでしょ?それと同じ感覚で山道のすぐ脇に熊が寝転がっていたのだ。しかも直前まで気付かず。足元で「ガウ!」みたいな声を出されて初めて気付いたのだ。
ビビると同時にすぐ山梨で釣りをしていて熊に遭遇した人の動画が思い出され、「ウボァー」っと、とんでもない大声で絶叫。
https://youtu.be/_ItPnmx3X68?t=1m51s(音量注意)
熊の大きさ的にも上と同程度だった。
熊は一目散に逃げ出し僕も走り出したが、熊に背を向けるのは良くないとかも思い出して、再度振り返って叫ぶ。熊は走り去りながらちょっとだけ振り返り、軽く「ガウ」と言ってる姿が見えた。最初の遭遇時より、この振り返ったときの鳴き声の方が戦慄した。

そのあとは定期的に振り返って大声を出しながら、山を走り、本来30分かかる時坂峠への分岐にたった10分で着いてしまう。いやー、カラダ鍛えておいてよかった。
電話は全然通じたので#9110からの五日市警察署に通報。事情聴取のため下山して落ち合うことになる。


興奮して胸がバクバク、喉カラカラな状態で浅間嶺に到着。雄大な奥多摩の景色を眺めながらご飯を食べたらかなり気持ちが落ち着く。

そんですぐ上川乗バス停に下山。お巡りさんと落ち合って檜原村役場近くの交番で軽く説明。で、あとは帰るだけだったんだけど、本当は数馬の湯まで歩くつもりで、このまま駅に帰るのも癪だったんで、バスで数馬の湯に。平日だったんでガラガラで非常にゆったり浸かる事ができた。

そんでいろいろ考えることがあった。死はあまりに身近に、あまりに突然やって来る…というのは言葉ではある程度わかっていたけど、実際目の当たりにして経験として理解することができた。だとしたら、今生きてる1分1秒の間に自分は何をしたいか、何をしてあげたいか、世の中に対していかなる使命をもっているか…いろいろ考えさえられた。そう、アンパンマンの歌が繰り返されたのだ!(特に1番から)
なので、少々大変でもちょっと今年は積極的に仕事を広げていこうと思ってる。
世に在宅ワークを広めるため・・・

多摩百山

http://www.jac-tama.or.jp/tama100.jac-tama.or.jp/

うおおおお!多摩の名山100選サイト!
しかも日本山岳会・東京多摩支部が作ったホンモノ中のホンモノ!
しかもコース地図なんかも載ってて、かなり実用的!
これは山ボーイ必見のサイトですわ
(しかもテーブルレイアウトなのが熱い)

白山・巡礼峠に行く

h1

厚木の七沢森林公園から巡礼峠を経て白山に行くハイキングコースを登る。
大半が公園だから大したことないかな?とか思いきや結構階段が多くてきつかった。
でも、その分随所に展望台があって疲れと達成感を両方感じさせてくれるいいハイキングコースだった。

h22

まず最初に七沢森林公園の森の里口から登るために厚木バスセンターから「厚43系統」で森の里小学校前バス停に行く・・・はずだったが、間違えて「厚44系統」に乗ってしまう。4344、行き先表示がまったく同じなのよ!もー、カナチューちゃんとしてよねー!!なのでバスに乗るときは「森の里小学校前に行きますか?」と運転手さんに聞こう。ま、44に間違えて乗っても終点ひとつ手前の「森の里5丁目バス停」から15分くらいで小学校に行けるので、大したことはないんだけどね。

ru-to

僕がたどったルートは青い線のこれ。アスレチック広場の横を通り、やまゆり展望台を見て、おおやま広場に行き、森のかけはしを渡って、野外ステージを通って、もみじ展望台を見て、ながめの丘で昼ご飯。巡礼峠から白山へのハイキングコースへ。
森の民話館を通らなかったのは、ここは体験型施設なんで山登りのついでに来ても、大して見るもの無いのよね。
公園の中は随所に地図が張られていて、よく地図を見れば迷うことなく行くことができる。

ht

で、抑えておきたいのがやはり展望台。「やまゆり展望台(1番上)」「もみじ展望台」「ながめの丘」とこの場所に来るのにちょいと階段が多くてキツいのだが、関東平野が一望できる抜群のビュースポットだ。この日はものすごく暑かったんだけど、風も吹き抜ける感じのところなのでものすごく快適。階段登りでほてったカラダをクールダウンさせてくれる。

ht2

11

が、ここからは少々山道の毛色が変わる。巡礼峠から白山への道はコレまで以上にアップダウンがあったり、あまり展望がなかったり、アホみたいに長い階段があったりする。なるほど、信仰心を試されているわけだ。


が、その苦行の先に待ち受ける270度の圧倒的パノラマ!白山展望台。
関東平野だけでなく、湘南の海や大山もばっちり見える。ただ、ちょっと風が強いので帽子とかが飛ばされないように注意しよう。

その後一応隣の峰の桜山ってところも確認しに、一旦鞍部を降りて登ってしていったんだけど、頂上はまったく展望がなく見に行く必要なかった。ムダに疲れてしまった・・・。

なので、皆さんは白山展望台着いたらそのまま女坂から長谷寺へ降りよう。男坂はひたすらの階段で正直山登りenjoy勢にはいまいち。(下りの階段はヒザに来る)
いやー、思ったより疲れたんでバスの中で爆睡してしまった。

マッスルモンスター、まさにモンスター

1

相模湖プレジャーフォレストにある「マッスルモンスター」という山頂にできた巨大なジャングルジムみたいなのに行ってきた。
いやー!まさにモンスター。上空15mで完全に手だけで宙吊りになるターザンロープとかあってメチャ怖かったが、アドレナリンがどんどん出てきた。死と直面するとむしろ脳が活性化・集中力がガンガン上がるのよ。
実は内容自体は運動公園とかによくある遊具なんだけど、それを地上15mでやるだけでこんなに違うのかと思う。視覚効果って重要だなー。

が、何気にハードな遊具で普段からジムや山登りしてる僕ですら、結構内モモやヒザが痛くなってしまった。
普段運動していないお父さんが、子供の付き添いでちょいとやろうとすると次の日必ず筋肉痛地獄になること請け合いの施設である。注意して遊ぼう。

でも、こういうのを遊べるって普段から鍛えてて正解だったなーと思う。鍛えてるとできることが増えるよ。

車やバイクで登山の弊害

01


バスのかなり少ない山にバイクで麓まで行って、同じところに戻ってくるという山登りを、何回かやったことがあるけど、この手法の最大の問題点は「帰りの運転中に眠たくなってしまう」ということ。山に登ってカラダ酷使してる状態で座って運転すりゃぁ、そら睡魔も襲ってくるわな。
特に、町田とか八王子とかはすぐ混むので、渋滞のノロノロ運転のときに、眠気でブレーキ踏むの忘れてオカマ掘りそうになってしまう!
むき出しのバイクですらそんななのに、車だったら確実にやっちまうだろうな。
そこが車を買うのを逡巡してる大きな原因だったりする。

みんなも車登山は気をつけた方がいいかも。

青木ヶ原樹海

aoki

青木ヶ原樹海は俺の庭!的一枚。

宮野くんの慰労のために再び足和田山(五湖台)に登る。
以前のルートは少しハードなので、今回はゆるめに「一本木バス停」→「五湖台」→「三湖台」→「紅葉台」→「道の駅なるさわ」→「富士温泉ゆらり」の順番。全部で3時間半くらいの歩行時間。

結構正解だったのは、一番眺めのいい三湖台に12時くらいに到着するので太陽が真上にあってくれるので、青木ヶ原方面が逆光にならない。なので上記のような綺麗な写真が取れる。
「歩行時間=登山の充実感」より「山頂で景色が一番よく見える時間帯を狙う」というスタイルだ。

それに「道の駅なるさわ」にある無料の鉱物ミュージアムも見れるし、道の駅でお土産も吟味できる(前は遅めの時間に行ったので行く暇がなかった。)

山でヘットヘトになって温泉で汗流して酒を流し込むのも悪くないけど、誰かと一緒に行くときは刺激の多さ(観光スポットの多さ)でルートを選ぶというのも1つの手だなと感じた。

大楠山に登る

oo1

三浦半島の大楠山に登る。これで三浦半島のめぼしい山は制覇したかな?

三浦半島の山のいいところは1月下旬とか奥多摩だと雪で普通の装備じゃまず歩けないほど雪が積もっているのに、こっちは全然スニーカーで登れる点。でも、朝の逗子駅はちょうど0度で寒くて、足がかじかんだ。
逗子駅からハイキングコース入口の前田橋へは「長井」or「横須賀市民病院」行きのどちらかで行けるので、15分に1本はあるんでアクセスもかなりいい。

oo2

登山道の入口には「前田川遊歩道」というのがあって、川沿いの道を進むことができる。が、冬場なんでメチャ寒い。水の冷気がすっごい上がってくる感じ!でも夏は涼しくていいかもね。滝っぽいのがあったり、なんちゃって沢渡りがあったり、変化に富んでて面白い。

oo3

山道に入ると、杉林でもなく、かといって冬枯れでもない独特な雑木林が続く。これ1月下旬、普通はこんなに青々してないよ。三浦が南国なのを感じさせる。でも、この前田橋コースは結構階段が多くて大変。階段登るのが嫌な人はお隣の「大楠芦名口バス停」から芦名口コースを選んだ方がいいかもね。あっちは車も登れるコースだから。

oo4

もうすっかり汗だくになってくると、灯台が見えてくる。が、どうも灯台じゃなくてアメダスのレーダー塔らしいね。
実はここにも展望台が併設されている。ほぼ360度見えてる。頂上の展望台がごった返してるときはコッチで撮影するのも手かもね。ちなみにここが「大楠平」というそうな。しっかり水洗トイレまで付いてるんだけど、全部和式なんだよね。うーん、こういうトコが抜けてるんだよねー。洋式トイレじゃないとアラフォーの俺ですら、和式とかほとんど使えないよ。


そんでもって大楠山頂上到着。大楠山ビューハウスに併設されてる展望台はまさに360度!しかも人が歩いてると少し揺れるんで怖いw
下のビューハウスに降りてコーヒーを買おうとしたら、売店のおじさんがネコと格闘中。なんかノラネコが入ってきてて、人と猫が店の中をぐるぐる回ってたのが少し面白かったw

tizu

で、この後、衣笠山公園に行くハイキングコースをたどるんだけど、結構テンションが落ちた。
〇虻杵があるけどどっちに行けばいいかよくわからない。張り紙があったけど風で半分以上千切れてる。正解は右側。
△海海剖兇かかってるんだけど、すぐ隣に「不法侵入禁止」とか書かれてる看板が置いてあり、通っていいのかどうかわかりづらい。普通に郵便屋さんのバイク通ってたので僕も道を進んだけど(進入禁止はその横の畑に入るなという意味らしい)。地元住民がゴミ焼却場の建設に反対だから微妙に嫌がらせされてるようだ。
0甞涵誑の中の地図がイラストチックで大雑把でわかりづらい。アカテープとかも無いんで夏場とかヤブが発達したらすごい迷いそう。
ぐ甞涵誑公園から衣笠山公園の入口もかなりわかりづらい。僕の方で勝手に黄色い線書いたけど、これは地図が作られた後に新設された4車線道路で、地図に書いてないから現在位置が急にわからなくなるし、そもそも論として「衣笠山公園の入口はこちら」みたいな看板もない。てゆうか「衣笠城址公園」と「衣笠山公園」と2つ並んであるのも混乱する。(さらに「衣笠公園」ってのも近くにあるw)

おお5

が、一番テンションが落ちたのが衣笠山公園頂上にある展望台。
展望台の前にだけ電柱と電線がひいてあるの!東京湾を一望できる景色が台無し!植えてた木が発達しすぎて・・・ってのはまだわかるけど、電柱と電線って設置するときにわかるでしょ!こんなお役所仕事してるから横須賀市の人口は減るんだよ。

ここでご飯にするつもりだったけど、すっかり興が冷めて下山。JR衣笠駅まで降りていく。この市街地もかなり入り組んでいてgoogle mapsが無いとかなりわかりづらいのもテンション落ちる原因に。

でも、地図の部分は平成32年にゴミ焼却場が完成し、山のコースがきちんと確定するようになったら、もうちょいマシになるかな?正直、それまでは前田橋-芦名口コースで往復して帰る方が変な気苦労しなくていいかもね。

鳶尾山・八菅山に登る

1

本厚木からバスで鳶尾山(とびおさん)・八菅山(はすげさん)に行く。
展望台が2箇所もあって眺めが素晴らしいのもあるけど、それよりも山道の広葉樹林の森の素晴らしいこと!
山登りタイムも・・・
鳶尾団地バス停8:30→鳶尾山展望台9:30→鳶尾山山頂10:20→八菅山いこいの森大沢橋11:00→八菅山展望台11:30→(昼食12:30)→中津川ゴルフ場クラブハウス13:00→上萩野バス停13:33
こんな感じで少し控えめな山登りで初心者向き。(多少アップダウンがあるけど)
ここはねー、そのうち流行るような気がするよ〜。

7

最初、コンクリの階段を上がるんだけど、すぐに土の山道になり、30分もするとかっこいいフォルムの展望台が現れる。(ちなみに展望台のあるところは鳶尾山の頂上ではない)


そして360度の大パノラマ!
都心方面と相模平野が一望できるだけでなく、反対側は大山、さらに相模湾が光の反射でまるで浮かんでいるように見える。その奥の方にうっすら見える白い山っぽいのが大島だったりする。

6

何よりこの山が気に入ったのが広葉樹林。日差しが入り込んで1月なのにまるで小春日和な登山だった。しかも桜の木が7000本以上植わってるそうなので、4月に来たらとんでもない綺麗さだろうなぁ。こんないい山が本厚木駅から30分のところにあったとは盲点だった。てゆうかガイドブックとかにもあんま載ってないしね。

やなみ峠に着くとそこからはコンクリート舗装の道。やたら「不法投棄禁止!」の看板が多い。

で、八菅いこいの森に到着。が、ここで少し迷う。トンボ池ってところからカエデの小径に行かないといけないんだけど、地図にない直進する道と間違って進みヤブの中に・・・。いや、そもそもこのpdf地図もかなり見難いんだよね。

せっかくいい山なのに、これのせいで減点やね。これ、厚木市と愛川町にまたがったハイキングコースなせいもあるようだ。隣の市から来る客はシラネって感じ。こういうところがお役所仕事なんだよなー。
tobioyma

5

一応、山で見つけてきた鳶尾山と八菅山の看板の地図を掲載しときましょ。
鳶尾山は迷いようがないとして、八菅山いこいの森の入り口の橋(大沢橋)に着いたら、「ドングリの小径」の階段を真っ直ぐ登って、一旦八菅神社にお参りし、来た道を戻って展望台広場に行くというルートをオススメ。神社の表参道は石の階段がきついし、トンボ池からのルートは入り口がわかりづらいからね。

ここはね、ホント、近場で穴場っていう稀有なハイキングコース。そのうち注目を浴びそうな気がするので、人が増えないうちに行っておこう!

笹尾根・槇寄山に登る

IMG6273

檜原村の笹尾根の槇寄山に登る。
浅間尾根登山口バス停→大羽根山→槇寄山→数馬の湯の順番で登る。だいたい4時間くらいの山だった。
しかし寒かったー!バスの中が。朝6時に武蔵五日市駅についたんだけど、−4度!?こうなるとヒートテック着ててもヒザが寒い。はよバス来い!と足踏みしながら待ち、6時18分の数馬行きのバスに乗ったら、エアコンほとんど付いてないの!
どうも運転手さんが眠たくならないようにするためらしいんで、あんま文句も言えないけどさすがに氷点下状態は困る。バスの座席でも貧乏ゆすりしながら、目的の浅間尾根登山口バス停に到着。

1

すると最近、「中央区の森」ってのが整備されて、そこから大羽根山に行ける模様。広くて歩きやすい道だったなー。バスの中があんなに寒いなら、山のぼったら凍傷なるんでは・・・とか思ってたが、歩き出したらむしろ汗ばむくらい。スニーカーで霜柱をザクザク踏みしめながら登っていけた。

7

杉の木のゾーンも始めの方だけで、あとは冬枯れの森。俺も枯れた人間になったせいか、こういう風景にキュンとくるようになったんだよねー。

3

で、大羽根山到着。朝の澄んだ空気のおかげか奥多摩の御前山がくっきり見える。すぐ隣には大岳山が。冬場しかも朝で道路がわりと凍結してるんでバイク飛ばしてる音も聞こえず、静寂の中、山がそそり立ってる。ホント山は冬に限るな(雪ふるのは勘弁だけど)。

IMG_6178

数馬峠に着くと今度はドドーンと富士山。今日もバッチシ!目の前の山は大月市の権現山とかの尾根らしい。
笹尾根はこの他にも、田和峠(田和バス停って書かれた標識立ってる所)と槇寄山(1枚目の写真)の富士山の展望がいい。

ここは三頭山に比べたら人も少ない方なんで、下山して数馬の湯にも入れる意外な穴場かな。

・・・って今日は臨時休業で数馬の湯やってないでやんの!ついてねぇー。12/24〜28の連休取ってるんだって。あれかな?いわゆるバイトが集まらないんで営業止めるみたいな。確かにこんな山奥、なかなか人間集まらないだろうなー。
そんで、帰りのバスもメチャ寒い!山以外はとことんついてない1日であった。
山はね、100点だったよ。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

青木 隆志

Twitter プロフィール
まさかのフラッシュアニメータ歴10年目。すっかりベテランになってしまいました。今年はFLASHアニメ制作の教室を画策中。
QRコード
QRコード