毎秒地獄です

Flashアニメ専門・スタジオボイラー青木隆志の華麗にて波乱なる日々のドラマ

YouTube&HTML5アニメ制作・3分33万円
https://www.studio-boiler.com/

旅行

相模湖プレジャーフォレスト「風天」アドレナリン出まくり!

https://www.sagamiko-resort.jp/futen/
DSC_1127

DSC_1116

DSC_1109

相模湖プレジャーフォレストのマッスルモンスターがバージョンアップしたとのことで、行ってみた。
が、そっちより「風天」の方がずっとすごかった。地上20mのスッカスカのつり橋を渡り、一番難易度がキツいのは完全にケーブル2本だけ。足がすくみながらアドレナリンがドッパドパに出た。いやー、東京電力の鉄塔管理の人は毎度これをやってんだなー。
マッスルモンスターより体力使わず、高いスリルを味わえるので、普段そんなに体鍛えてない人はコチラをオススメ。
だが、風天行った後、すっかり脳汁出てしまい、疲れた状態でマッスルモンスター2もやってしまったので、そっちはあまり厳しいアトラクションはできなかったな。
そう、どっちかでいい。
それが風天とマッスルモンスター2。
参考になりましたら。

1日300円前後レンタルサイクルで荒川土手を自転車小旅行

ブログネタ
【公式】あなたの街の景色を見せて! に参加中!
s1

s2

s3

s4

s5

便利な時代になったもんで、自転車を1日200〜300円前後で借りられるサービスがあり、これを荒川に近い地域で借りて荒川土手を自転車でツーリング。
素晴らしい景色を堪能できた。
荒川の北の方はPiPPAというスマホで入金するタイプの自転車を借りた。
https://pippa.co.jp/
河口近くは江戸川区がやってるレンタルサイクルで都営新宿線の東大島駅にて借りる。(または葛西臨海公園駅とかがオススメ)
https://www.city.edogawa.tokyo.jp/e058/kurashi/kotsu/share_cycle/e_cycle/takokugo.html

土日のちょっとした運動にいかがですか?

荒川土手をツーリング3-東小松川公園〜若洲海浜公園

a1

東京都内荒川制覇の最終章、1弾は高島平〜王子駅第2弾は王子駅〜東大島駅(東小松川公園)、そして今回は東小松川公園〜海へと目指す。

a2

東大島駅の駐輪場で江戸川区がやってるレンタルサイクルを借りる。たった210円という激安レンタルなのだ。

a3

さて、ものの1時間ほどで葛西臨海公園についてしまう。
これだったら、第2弾の開始時間をもっと朝早くにしたら、一回で荒川河口まで行けたなあ・・・。
が、厳密にはまだ河口は続いていて、東京ゲートブリッジのある若洲海浜公園の方が海に突き出してるのでそこまで行くことにした。

a4

しかし葛西臨海公園から橋を渡るのがかなり難儀。正解は下り線の一般道の方に歩行者道があるのだが、ここの登り方がとんとわからんかった。正解はココが登り口ね。大分迷ったわ。
a5

そしてついに河口の最終地点まで到着。
これにて東京都内荒川制覇完了!
ちなみにね、他のみんながこの荒川制覇真似をするなら、ずーっと西側の土手でいいと思うよ。東側の土手は結構入り組んでいて、googlemap必須。迷いやすい。

いやー、でもいい運動になった。次は隅田川の自転車走破を狙おうかなーとか考えている。

荒川土手をツーリング2-王子駅〜東小松川公園

a2

aaa
PiPPAレンタルサイクルが思いのほか良かったので、東京都内荒川制覇をもくろんで、下記のような予定を組む。
今日はその第一弾で王子駅〜東小松川公園をツーリング。

1回目
こんなルートを設定。

sss
小松川公園からの帰り道は中川の堤防を行ったんだけど、途中江戸川競艇場があった。
スタンドはひさしが無いけど、対岸は高速道路が屋根になってて見やすいので、慣れたオッチャンたちはスマホで舟券を買ってレース見てた。入場料もかからないし、あったまイイー!
ss
30kmの道のりを5時間かかってヘトヘト。でも楽しかったなー。これで1日330円はコスパ良すぎでしょ。
で、第2弾ももくろんでいて、なんと江戸川区が貸し出しているレンタルサイクルは1日210円とかなりの低価格。これは利用しない手はない。次は海を目指すどー!!
2回目

PiPPAで荒川土手を自転車ツーリング

s1

s2

s3

ものすごいコスパのいい東京観光。
PiPPAというレンタルサイクルサービスがあり、1日330円と超激安!その代わりブルートゥース付きスマホ必須で現金無し全部電子マネー。僕はドコモ払いだったけど。
王子駅前でレンタルして多少迷いながら荒川までたどり着き、開けた土手の道をツーリング。
途中、パンダコパンダで出てた水門などを過ぎて、最後は高島平駅前のレンタル倉庫の近くの駐輪場に返却。
久しぶりに自転車での旅を楽しめた。これでだいたい1時間40分。330円って立川の昭和記念公園のレンタル自転車より安いよ!都がやってる他のレンタルサービスに比べても格段に安いことがわかる。これはコスパのいいデートコースにも使える。

・・・ちなみに前もって自転車の貸し出し状況とか見ることができるので先に確認しよう。
ホントは荒川に近い赤羽駅からレンタルしようと言ってみて、駐輪場でアプリインストールしたら全て貸し出し中というのを知って電車で王子まで戻るみたいな間の抜けたことが起きてしまう(起こした)
次は高島平から葛西臨海公園まで東京都内荒川全制覇とかしちゃおっかなー。
帰りダルいから電車に自転車のせたらDQNかな?

矢倉岳リベンジ見事に成功!

y1

前回矢倉岳を登ったときは頂上につく直前に雲が出て富士山だけみえなかった。今回再度挑戦し見事な富士山を拝むことができた。

y2

なんとハイキング用の新松田駅から地蔵堂に行くバスがあることを知る(平日は朝1本だけ。土日はたくさんある)。これで大雄山駅まで行かずに済むので便利。

y3

y4

今回、スタートは矢倉沢バス停から。
なかなかキツイ登りだったけど、日の差し込む青々とした広葉樹林帯がとてもさわやかで、実際の歩いた時間よりも疲れを感じさせなかった。秋から冬にかけての登山が基本的に好きだけど、春もいいなぁ〜。THE行楽って感じがする。


そして山頂到着!世界よ、これが富士山だ!と言わんばかりのカンペキな富士。

y5

y6

富士山だけでなく、箱根方面や相模湾も綺麗に見渡せる。江の島もくっきり!

y7

帰りは足柄万葉公園へ。地蔵堂から足柄万葉公園バス停は300mくらい高い所にあるんで、初心者向けにはバスでここまで来て、矢倉岳登るのがいいかもしれない。が、矢倉岳は金時山に似て頂上付近がポッコリした山なので、どちらにしろ頂上直前にキツイ登りがあるのだが。

y8

関本(大雄山駅)までいくバスが1時間半後と大分時間があったので、足柄峠と足柄城跡もちょいと見に行く。
足柄城跡の方が遮るものがなくて富士山がメチャ巨大に見えるでやんの!

そんなわけで楽しいGWをばっちり堪能したわけだが、2日連続の山登りは結構足にきたようでカカトが痛い・・・。ハッスルしすぎましたかな?

山火事のあった両崖山に行く

r1

2月に山火事のあった両崖山に登った。足利市駅ー織姫神社ー両涯山ー行道山とほぼピストン。

r3

足利市駅から歩いて織姫神社に向かうとなんと境内から富士山が!栃木から富士山よ!富士パワーの広範囲ぶりを思い知らされる。

r2

火事自体は思ったより大したことが無く、一番激しいのが火元の展望台のみ。これだけが全焼。
他は下草を焼いた程度。田舎で杉林の手入れ面倒くさいときにやるヤツっぽかった。
ただ少し気づいたのは、登山道の右と左で明らかに燃え方が違うところがいくつもあった。登山道が延焼を防いでいたのだ。
ほらほら!災害にも観光にも役立つ登山道。自治体は積極的に登山道整備していってはどうですかな!


最初の山の両崖山は非常にいい眺めで、足利市内から館林方面を綺麗に見渡すことができる。
GW中か子供連れもたくさん。危なくない程度に岩がゴツゴツしていてアスレチックな雰囲気もあるので、いいピクニックスポットだろう。

r4

行道山(ぎょうどうさん)へ行く道すがらもところどころ眺めのいいところがあって好印象


行道山もまあまあ眺めがイイものの、ちょっと低木が多くてベンチに座るとすぐ眺めが悪くなるのがイマイチかな?

r5

ただ、帰り道が思いのほかキツかった。何度もアップダウンがある上、往路は「一気に下り緩やかに登る」という山容なのだが、復路はまったく逆の「緩やかに下り一気に登る」現象が起き、ヒザが笑うほど疲れた。

なので僕みたいなマゾでなければバスで足利市駅⇒行道山入口バス停に行き、そこから行道山→両崖山→織姫神社→足利市駅という感じの山登りするのをオススメしたい。

しかし、山火事は随分大騒ぎしたものの結局大したことが無くて、逆にマスコミに露出しまくったせいでGWの観光客が増えるという風が吹けば桶屋が儲かる状態が起き、足利市には良かったのかもしれないな。

登山後の温泉の注意

山の4コマ書いてみました。
山4コマ-

奈良倉山・鶴寝山に登る

n1

上野原駅から季節運航の鶴峠行きバスから、奈良倉山・鶴寝山、そして小菅の湯に行った。
少し春霞が出ていたがいい富士山を堪能した。

n2

上野原駅からバスで一時間、もうバスの中だけでかなりヘトヘトになるくらい70分山道を揺られ、鶴峠へ。
やはり大月市や小菅村も登山観光の重要性に気づいているのだろうか、新たにバイオトイレが設置されていた。

n4

n3

山深いゆえに杉林の植林が少ないので非常に気持ちのいい山歩きができる。
マメザクラというこの地域特有の山桜も目をたのしませてくれる。


1時間ちょいで奈良倉山に到着。少し春霞がでてしまったが、見事な富士山だ。

n5

松姫峠へ到着。中央線沿線の山が一望できる。
なんとここから大菩薩峠まで行けるコースのようだ。

n6

そして鶴寝山に到着。ここからもいい富士山が見える。

n7

が、ここで失敗だったのが、小菅の湯に行く分岐をわざと過ぎ、意味もなく大マテイ山のピークを知るために登る。だが、なーんの展望もない。ここに来るとかなり大きく迂回して小菅の湯に降りる道となり、予定を1時間以上無駄に使ってしまう。バスもそんな本数多くない場所なんで、こういううかつな行動は以後つつしもう・・・

n8

ヘトヘトになりながら小菅の湯に下山。
ここの泉質はぬるっとしてて湯の花が浮くほど成分が濃い。おかげでさほど浸かってないのにバッチリ温まった。
そんで風呂上りの一杯!これが大当たりで、ざるそばとヤマメの唐揚げ、ヤマメの刺身とハイボールで大豪遊!
生まれて初めて食べたけど、ヤマメの刺身のうまいこと!そんで山女魚の唐揚げも一旦圧力鍋で蒸してるようで、柔らかで骨まで食べられる。いや頭から尻尾まで全部食べれた!

小菅の湯から上野原駅までの帰りのバスが長いんで、乗る前はかなりテンション下がってたけど、酒で酔っ払っていたのでほぼずーっと寝っぱなし。精神的には一瞬で駅についた。

いやー、小菅の湯、思った以上にいいねえ〜。
富士急山梨バスには是非通年で鶴峠へのバスを設置してほしいと思う今日この頃であった。

加波山〜足尾山へ登る

k1

以前筑波山のコマ展望台から見た景色が良かったので調べてみると加波山というらしいので行ってみた。
元は樺山でカバの木が生えてたから名付けられたみたいなんだけど、イモっぽいのでお隣の筑波にならって加波山にした模様。

k2

まず麓の加波山神社。里宮と呼ばれる地元の人がお参りするお社は普通なのに、本宮のやたらド派手なこと!中華街にあるかのようなゴテゴテの装飾に、天狗のお面からLEDライトが光っている!
加波山は海抜50mから700mまでを一気に登る感じの山だ。なかなかの急こう配で汗が噴き出すのだが、半端なアップダウンがないので非常にリズムよく登れる。

k3

そして頂上にはたくさんの小さなお社が立っている。ただビューハンターとしてはイマイチかな。ギリギリ親宮から平野部の眺めがいいというところだが、夏場は木々に葉がはえて視界も大分狭まるだろう。

k4

一旦降り風力発電所の前を通りながら進む。この丸山付近は道しるべがあいまいでヤマレコマップ必須の個所だった。先人たちの足の踏み跡がないと登山道がかなり見つけづらいのだ。

k5

そんで足尾山に到着。おお!ここは素晴らしい眺め!!
いやー、加波山も思い切ってお社を箱サイズにして、木を切り払い、事実上の展望台にすればもっとお客さん来ると思うのよね。


足尾山から15分ほどきのこ山側へ進むとパラグライダー場が!道を挟んで360度の大展望。
俺は茨城の全てを見た!と言っても過言でないほどの素晴らしいビューイングだ。

k6

さらにきのこ山から下山する道にもパラグライダー場があり、いい山のシメを与えてくれる。

k7

さらに下山して、真壁城跡バス停へ向かう道も広々とした田んぼの向こうに日光の山々や振り返ればさっきまで登っていた山が見え、旅の余韻を与えてくれる。

11

で、これらを見るにつけ、一つ語らないといけないのが「つぼろ台」。
巨石が石舞台遺跡のように積みあがってるところからの景色がいいというのが、関東ふれあいの道が設定された昭和40年代の話だったようなのだが、自然のままにしておいたら低い木が生えまくり視界を遮ってしまっている。

人を感動させる景観は自然そのままよりも人の手を加えた方が心に響きやすいということだ。
今回山頂よりもパラグライダー場からの景観の方に感動したのが何よりの証拠だった。
なんで、国有林とかの問題があるんだろうけど、もう少し観光課の人は山頂からの眺めのために木を切り拓いて欲しいと思う今日この頃。他のハコモノ建設よりはるかに安くできるはずだ。
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: