毎秒地獄です

Flashアニメ専門・スタジオボイラー青木隆志の華麗にて波乱なる日々のドラマ

カテゴリ: 健康食品

IMG_7935

普段デスクワークをしていてあまり動かない人の1日のタンパク質の摂取目安量は
体重からkを抜いて×0.8をかけた数字だそうな。
http://www.weider-jp.com/protein/columns/detail/?id=3&category=muscle
僕が今、55kgなので55g×0.8=44gが摂取目安量。
ここで去年の僕の1日の食事を見てみよう。

●朝:
コーヒー・トースト・ジャム・チョコレート
タンパク質量:5g
●昼:
ざるそば
タンパク質量:10g
●おやつ:
チョコケーキ
タンパク質量:5g
●晩御飯
レトルトカレー
タンパク質量:15g

うーん、35g!なんやかんやツマミ食いとかしているから40gくらいは行くかもしれないけど、それでも摂取目安量に足りてない。
ちなみに厚生労働省が推奨する1日の摂取目安量は20〜70代男性で60gなんだよね!?
https://www.weider-jp.com/protein/columns/detail/?id=48&category=performance

全然届いてないじゃん!食の細い人間にとってあと20g分のタンパク質取るってとんでもないハードル。
しかもこの60gの目安って70代のお爺ちゃんも含まれる。昨今、足腰が極端に弱くなってる高齢者が増えてるって話だけど、筋力量の低下=タンパク質の摂取不足ってのはかなり関係しているらしく、TV番組とかで高齢者に幼児用粉ミルクを勧めてタンパク質を摂るようにさせてるらしい。が、個人的には粉ミルクじゃ全然足らないと思う。(タンパク質量5,6gくらい)
それなら、プロテイン飲んだ方がいいとなる。
僕も今は残りの20gくらいをプロテイン買って補っているうのよね。

オススメは写真のビーレジェンドの小分けパック。これでまず自分にあった味を調べ、好きなのを今度はデカイ袋でまとめ買いするという形だ。
僕はそんなバナナ味(+牛乳)と南国パイン味(+水)を買って飲んでいる。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

22

以前、飲み水のカルキ抜きや麦茶にカビ生えるの防ぐのにビタミンCがいいと言ったけど、ほんの数滴を入れるのにいいアイテムがあった。
ドンキで買ったんだけど、調味料スプレー。スプレーなんだけど、容器をぐっと押さえると、右側から1滴づつ中身が出てくれる。写真の黄色い水はビタミンC500mgのサプリを水100ccに溶かしたもの。
これで簡単食品用防腐剤の出来上がり。
スプレーもわりと使ってて、ビタミンCの酸化防止効果利用してレタスとか傷みやすい青物野菜の切り口にかけ日持ちがするようにさせてる。

アマゾンでさがしたらほぼ同じ商品があった。(ドンキのヤツの3倍の値段するけど)

一家に1ついかがでしょ?
    このエントリーをはてなブックマークに追加

11

最近、写真のようなレトルト食品にはまっている。
なぜなら栄養素がしっかり数字として出ているからだ。手の込んだ手作りの料理はだいたいの場合高カロリー。おいしく甘い物は味に比重をおいていて、糖分・塩分が多めなのだ。
さらには大体作り出すと1日1食では収まらず、タッパーとかに入れて翌日食べたりするが、食中毒リスクが出たりする。お腹壊して病院行くより、レトルト食べた方が安全なのだ。
よく2ちゃんねるとかでは「嫁が飯を作らない」とか言ってるが、こういうので食べる量をコントロールし、不足するビタミン・ミネラルはサプリメントで補った方が子供のためでもある。(もちろん、栄養素の分量はきちんと調べて)
    このエントリーをはてなブックマークに追加

DdCiWCrV4AE5rrj

前に難消化性デキストリンを買ってたけど、実はそれだけだとウンコがねばっこいんだよね。
お医者さんのブログで調べても「不溶性食物繊維:水溶性食物繊維=2:1」の割合で摂取した方が良いと描かれてる。

そこでセルロース400gを購入。
ゼロカロリーのカルピス100mlにセルロース5g、難消化性デキストリン1gを混ぜて飲む。これを1日朝と夜2回飲むので12gの繊維を摂ってることになる。
すると、ウンコにいい感じの塊感が出る。日本人の食物繊維推奨摂取量は20gらしいので、サプリで半分を補うのだ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_7935


ビーレジェンド プロテインお試しパック11種

日本人は一般的に炭水化物過多でタンパク質不足だそうな。長らく肉食が悪徳とされ、お米ばかり食べる文化が根付いてたせいもあるのかな。
なので、トレーニングとかしてなくても、体力維持のためにプロテインは飲んだ方がいい。
が、どれがおいしいかとかなかなかわかりづらい。そこでオススメなのがビーレジェンドのお試しパック。
いろんな味が試せる。

僕のオススメは「そんなバナナ」味。牛乳100cc+水100ccを混ぜて飲むと、森永の紙パックのバナナミルクそのまんま!
他には南国パイン味とかも水だけで作れるのにおいしい!

ただ、水だとおいしいのに牛乳だと不味いヤツ(コーラ味とか)があったりするので、パッケージの味を推し量りながら溶かすものを選ぼう。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

02


カルキの入った水道水そのまま飲むのが抵抗ある人にオススメなのがビタミンCを溶かした水を作ること。
ビタミンCのサプリを入れることで、カルキ(次亜塩素酸カルシウム)はデヒドロアスコルビン酸(酸化したビタミンC) + 塩 + 水になる。

ちなみにビタミンCは防腐剤としてもよく使われるので、家庭で煮出した麦茶とかにも入れると結構腐りにくくなる。意外と長時間飲まなかったせいでカビ生えたり、下の方に変な濁りが出たりするときあるよね。アレを防いでくれる。

だが、ここで、ちょいと気をつけたいのが入れる量。水500mlに2mlあれば十分なんよね。つまり写真のビタミンCのサプリは1粒500mlもあるので、まんま入れたらビタミンC過多で超 酸っぱい!なので、別の小さいペットボトルの容器で50mlの水にビタミンCカプセルを入れてシェイクし溶かし、その後数滴のレベル(僕はティースプーン半分以下)のちょろっとした量を水500mlに溶かす。ホント、ちょっとだけでいいのよ。
・・・難点はこの小さいボトルの方の水が余るんだよな・・・。一気飲みしてビタミンCとして飲むかな。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

GW020_L

世の中いろいろミネラルウォーターとかあるけど、結局わかったのは冷たいとほとんど味の違いはわからない。水道水で十分なのだ。
これ、冷たさでベロがマヒしてあんまり味を感じないのだ。
だからコカコーラとかも冷たい状態で飲むこと前提なので、あんなに砂糖が入ってる。

逆に言うと、本当に水の味の違いを知りたいなら、常温で飲むのが一番だと思う。たしかに常温だと特有の風味(金属っぽい香ばしさ?)が感じられる。

さて、そうなると気づくのが、水道水のカルキ臭。あれ?硬度の高い水の風味(マグネシウム)は「特徴」で、水道水のカルキ(次亜塩素酸カルシウム)は「難点」?しかも冷たくしてしまえばほとんど違いを感じないのに?
マグネシウムも摂りすぎると肝臓に負担かけたりお腹下しやすくなる。
後者の方が殺菌作用の分、食中毒リスクも低い。

そう、ブランドに惑わされてお金払い過ぎないように注意しないといけない。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

ko1

最近は意識して難消化性デキストリンを溶かしたお茶を食事前にチョイ飲みしているのだが、今朝はうっかり飲み忘れ、朝ご飯にコーヒーとチョコケーキ食べたら頭がグルグル。いわゆるグルコーススパイクというヤツだ。血糖値が急激に上がりすぎ、それを抑えようとして今度は急に血糖値が低くなって脳みそに糖分がいかなくなり、貧血みたいなのを起こしてしまう。そのまま失神することもあるらしいから、結構危険なのだ。歳は取りたくないなぁ・・・。

が、それも難消化性デキストリン(水溶性食物繊維)を食前に飲んでおくとかなり緩和される。腸で膜を作り、急激な糖の吸収を阻害するからだ。これまさに実際に試してみるといい。その代わり、濃いコーヒーとかもカフェイン全然吸収しないから、カフェイン中毒者だとかなり飲んでも飲んでも物足りない感じがする。僕はかなりのアメリカン派だから関係ないけど。
ただ、腸の消化吸収能力はすごくて、難消化性デキストリン(水溶性食物繊維)があったとしても、最終的には吸収してしまうらしいので、糖分の取り過ぎ自体も注意。

ただ、血糖値スパイク対策に、甘党は歳とったら難消化性デキストリンは食前に必須じゃないかな。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

1

これはもしかしたらバズりそうな発見。
エリストールって甘味料、花王のピュオーラ(マウスウォッシュ液)とかにも含まれる虫歯を予防してくれる物質。
実はこれを高配合してるのが味の素のパルスイートカロリーゼロ
まあ、他にもいろいろ人工甘味料入っているんだけど、中身1つ1つを検索してみると、どれも蝕う性(虫歯になること)がない。むしろ歯磨き粉とかによく入っている物質もある。
俺は顆粒状だとうがいをしにくいので、液体タイプを使い、少し水を混ぜてグチュグチュしている。

前に書いてた口の中をアルカリ性にする「重曹うがい」とかは味がかなりキツいので、子供にやらせるのは嫌がられるけど、これなら甘いので喜んでやるだろう。
その上、普通にコーヒーのガムシロップとしても使える一石二鳥。

食後のお口ケアとして、ちょいと試してみては。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

ko1

ko2

僕、食物繊維の入ったトクホのコーラよく飲むんだけど、ある日コンビニで最初の食物繊維系ドリンク「ファイブミニ」の食物繊維含有量みたらファイブミニの方が多いでやんの。しかも成分は同じ難消化性デキストリン

これだったら難消化性デキストリンの粉と自分でコーラ買ってきて混ぜた方が得では?と思い早速購入。
なんとアマゾンで粉末500g1000円くらい。俺らぼったくられてたんだなー。で、さっそく6gをゼロカロリーコーラに混ぜて飲んでみようとするも、ダマになって混ざらない!なるほどトクホコーラは買って飲むしかなさそうね。
それじゃあ代わりにということで、入れたての熱い麦茶に入れてみると綺麗に溶ける。そして味には一切変化なし。てか6gはホントにサラッと溶けてしまうので、思い切って日本人の1日の食物繊維の摂取量20gを150cc(ティーカップ1杯)の麦茶に入れて飲む。が、やっぱ全然お茶の味に変化なし。ホントに1日分あるんかな〜?と思いきや、飲んで1時間もするとドンドンお腹が張ってくる!?ほら、トロロ芋食ったときみたいに。これは間違いないようだ。
ウンコはなんか下痢とは言わないまでも少し緩めのが出る。ここが人によっては下痢になる場合があり、トクホ商品での難消化性デキストリンの配合量が少ないと思われる。
あと、一番困るのはオナラがやたら出るw

ま、これでコカコーラが出してるカラダすこやか茶Wの超安価な代用品ができてしまった。
そして普通のトクホ商品じゃ入れられないような食物繊維の量も入れることができる。
自己責任ではあるけど、うまい手ではないだろうか?
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ