23~24日と婆さんがゴンの所へ泊りに行くと言うので、単独で八経ヶ岳に行こうと思っていたが、先日のヤマレコの忘年会で晴れ男のkenさんに声をかけたら行きましょう!と即答 (^O^)
そのkenさんがsatokunさんにも声をかけて3人で行く事に。
DSC07367
                      八経ヶ岳に登ったど~!
  
メンバー:爺・kentaiki・satokun
DSC07324

天気:9月23日 晴れ後曇り
    9月24日 雪

12月23日
8:55 熊渡
3人で行くので、satokunさんがスタッドレスDSC07327
を履いているからと車を出してくれる事に。

なので本町で6時20分に集合して出発。
明るくなってきた空を見上げると快晴!
流石kenさんと誘って良かった !(^^)!
大淀に近づいたら、凄い霧!
でも、上を見たら霧の向こうに青空が見える
ので、この霧は吉野川の川霧だろうと判断。DSC07328

どんどん登って行くと霧が無くなり下市の街
は雲海の下。
川合の駐在所の登山ホストに入山届を出し
てから熊渡に。
熊渡の駐車スペースには結構な車が…
熊渡で登山の準備をして、いざ出発!
9:35 林道終点DSC07333
この時までは雪の気配も無く、スタッドレスな

んて要らなかったと思ってたのだが…
熊渡から長~い林道を歩いて弥山川分岐を
過ぎれば林道はお終い。
kenさんのザックがおニューとの事で、ザック
の調整もありここで小休止。
11:40 川合道合流点DSC07334
林道からは急登。

エッチラオッチラ登ってカナビキ尾根に出た所
で小休止。
家からアメ湯を暖めてボトルに入れてきたが、
これが美味い!
三人で一口づつ飲んで出発。
尾根に出たら所々に雪が…DSC07337

お!
先行者がいるみたい。
1人かな?2人かな?
でも踏み跡があるので楽勝!
カナビキ尾根の稜線も急登。
川合道へ出る手前で、前日の雨で雪がバリバリ
になって凍っている所も有るのでアイゼンを着けDSC07338
る事に。

アイゼンを着けてほんのしばらく歩いて川合道。
稜線は霧氷の花が満開!
残念ながら雲が広がってきている。
少し晴れ間が残っている空をバックに霧氷の写
真を1枚。
お昼に近いので、ここで昼食タイム。DSC07339
と言うより行動食を食べて出発。

13:05 高崎横手
天女の舞を過ぎて、頂仙岳のトラバースは夏通し
で歩けるかと思ってたが雪が少ないので、ここも
楽勝。
頂仙岳を巻き終わったところで小休止をして、高崎
横手に。DSC07341
帰りは八経ヶ岳から明星ヶ岳を回ってここに出

てくる予定。
明星ヶ岳への道を見たら数人のトレースが…
こりゃ明日も楽勝みたい。
13:25 狼平
高崎横手から少し下って狼平。
ザックを下ろして小休止。DSC07342
小屋にはご夫婦の方が…

今日はここで泊るらしい。
しばらく休んで、水を確保してから弥山へ。
尾根までの階段は半分出ているし、踏み跡もあ
るのでルーファイの必要も無し。
15:10 弥山
鹿柵の中の階段を終えて尾根に出た所で小休DSC07347
止。

霧氷がメチャ綺麗だが、もう少し晴れてくれてた
ら…
kenさんの神通力を信じて明日に期待…
尾根の途中でもう一度小休止をして…
鳥居が見えたら弥山に到着。
冬季小屋に入ってザックを下ろして、取りあえずDSC07349
山頂へ。
と言っても5分とかからないのだが…
山頂のお社で、明日は晴れる事をお願いしてか
ら記念写真。
ちょこっと降りて冬季小屋に。
さて、一杯やる準備に入るか!
今日も豚シャブ!DSC07352
豚シャブの湯を沸かしている内に、爺が持って来

た、お豆さんと豚の角煮を暖めて、satokunさんが
持って来たビールで取りあえずのカンパイ!
ヒェ!
冷たいは寒いは…
小屋に山ほどある毛布を座布団代わりにして…
豚シャブも出来たので、爺さんは何時ものブランデDSC07383
ィー。

kenさんはホッとワインと焼酎のお湯割り。
satokunさんは芋焼酎のお湯割り。
ガスコンロが二つにガスのランタンが一つ。
酒を飲んで豚シャブを食べてたら部屋が暖かくなっ
てきた。
途中でオシッコに外に出たら小雪が舞っている!DSC07360

イブのイブだけど、ホワイトクリスマスじゃ!
と、言う事で爺さんが持って来たケーキを!
オッサン3人のホワイトクリスマスじゃ!
satokunさんがブランディーを一口飲んで…
あかん!
キツ過ぎる!
と一時撃沈!DSC07363
最後はうどんを投入して…
ブランディーが無くなったので、satokunさんの芋焼酎
を飲んだら…
メチャ臭い!
こりゃ中国の白酒(パイチュウ)より臭い!
こんなのよう飲むわ!
ワイワイガヤガヤ言いながら…DSC07364
お休みなさい zzz…

敷布団の代わりに毛布2枚を半折にして、シュラフの上
からもう1枚。
暖かい~

12月24日
夜半にトイレに出たら、まだ小雪が舞っていDSC07365
る。

雪が積もり始めた…
タバコを一服して二度寝。
ガサゴソする音で目が覚めたら起床の4時
半。
ガスに火を付けて朝飯の準備。
昨日の鍋のスープにご飯を入れて雑炊。DSC07369
しかし、豚の角煮の残り汁も入ってるから闇

鍋ならぬ闇雑炊!
kenさん曰く、芋焼酎の匂いもする!
雑炊で温まってトイレを済ませて…
外は新雪が15~20cmほど。
昨日のトレースも無し。
satokunさんは、アイゼンを買いに行ったが、
靴に合わないとかで6本歯。
この新雪で6本歯のアイゼンでは…
と、言う事で明星ヶ岳は回らずに八経ヶ岳を
空身でピストンする事に。
おっと、その前に小屋代3000円也を払ってDSC07370
おこう。

幾ら毛布が沢山あると言っても、高いすぎる
ので証拠写真を撮って…
7:00 弥山小屋
さあ、出発!
雪が舞っているが新雪!
バージンスノーだ!DSC07376
ピッケルを見たら3人とも同じ!

爺は婆さんの軽いピッケルを持って来た。
次からこの2人と来る時は自分のを持ってこよ
う…
別にストックでも良いのだが、鹿柵の扉が埋もれ
ていたら掘り起こす必要があるので…
7:40 八経ヶ岳DSC07377
取りあえず国見八方を回って…

誰もテントは張って無い…
そりゃこの風だもんね…
霧氷が物凄い事になっている。

その下をくぐって八経ヶ岳にルートへ出る。
問題の鹿柵まで来たら、鹿柵が開いていた。
足はアイゼンのみでわかんが必要なほどの雪でDSC07382
はない。

鹿柵の出口を見失わない様にルートを確認しな
がら…
鹿柵を出て直登の夏道通しを行くか迷ったが、
6本アイゼンの事もあるので八経を少し巻いて、
明星ヶ岳よりの稜線に出てから八経ヶ岳に。
着いたど~!DSC07354
しばらく写真を撮るが、展望も何も無いので、下る

事に。
夏道の小さな岩場に足をかけてみたら6本歯でも
大丈夫なようなので夏道通しで降りる。
8:20 弥山小屋
弥山小屋で、暖かいお茶を作くり、ザックの片付
けと掃除をして…DSC07386
9:20 弥山小屋発
弥山小屋からも新雪なのでトレースは無し。
ルートを確かめながらポクポク下る。
10:10 狼平
霧氷がメチャ綺麗だが…
晴れていてくれさえしたら最高だけど…
晴れ男のkenさんに雨男のsatokunさんが一緒だDSC07387
からken大明神の神通力も半減して雪か…

それでも、そこそこの雪山を楽しめるから良しとし
よう。

狼平の小屋が見え始めた。
何か、可愛いお菓子の家みたい (^.^)
狼平に降りたらトレースがあった。
昨日は5~6人泊ったみたい。DSC07389
小屋の中で行動食を食べて…
10:30 狼平発
小屋の外に出たら雪が本降り。
まぁ、雪山だもんね (--〆)
11:30 天女の舞付近
頂仙岳の巻き道は西側になるので風が当る。
で巻き終わってしばらくした天女の舞で風がDSC07392
当らない場所を選んで小休止。
12:00 カナビキ尾根分岐
高崎横手はスルーしてカナビキ尾根に入る。
ここまではトレースがあったが、皆川合に降り
ているので、新雪を歩く事に。
14:00 林道終点
分岐から少し下ったところで行動食タイム。DSC07396
暖かいお茶が美味しい (^.^)

高崎尾根から外れるところで道を見失い、少
しだけ登り返してテープを発見。
一旦杉の樹林帯に入って出た所で小休止。
後は林道まで…
林道でも5~6cmの雪が…
昨日は全く無かったのに…DSC07399
林道の終点でアイゼンを外してからは林道歩

き。
14:45 熊渡
長~い林道を歩いて…
熊渡に到着!
は~い、無事下山です (^O^)/
車は5~6cmの雪!DSC07405
昨日は沢山停まっていたが今は1台も無し。

satokunさんのスタッドレスで来てて良かった
ね~

ザックの雪を払って車に。
登山靴は後で履き換えよう。
取りあえず下市温泉に入ろう!DSC07407
と言う事で下市温泉に直行!

暖かいお湯に浸かってポッカポカ (^.^)
kenさんは家でクリスマスなので、本町まで送
ってもらって、来年も宜しくね ^^v とサヨナラ。
爺は家の近くの何時もの居酒屋でチョイと一
杯飲んでからご帰還。
今回も楽しい山でした。DSC07409
kenさん、satokun
さん、有難うございました。
良いお年を!
そして新年3日の新年会で会いましょう!