日本社会は大衆を利用しあう内需に依存している。人びとは騙し騙されながら一生をすごす。独立してモノを考える人間がいて、人々に考えさせたりすると騒動になるのでそのような人間は排除の対象になる。大衆が自らの安定のために排除する。マスコミは大衆が見たいものを見せようとする。バカな大衆がバカなスクリーンに自らを投影しているわけだ。おバカさんの輪が日本。